日帰りで余市・小樽の旅に出かけてきました。

 というのも、ウニが食べたかったんです。
 旬の時期に入って、近所のスーパーでも見かけるようになったウニ。食べたいけど、店頭に並んでいるのはムラサキウニ。
 私は、バフンウニが食べたいんじゃぁぁあ!

「なら食べに行けばいいよね!」
 と思い立ってしまったわけです。

 padomのウニ知識は偏っています。美味しいお店として認識しているのは2つ。
 函館のウニ屋さんが経営している「うにのむらかみ」の札幌支店。
 それと、余市にある「柿崎商店」という商店の2階で運営されている「柿崎商店・海鮮工房」。

 うにのむらかみは美味しかったけど、あれは従業員補正(※身内が働いておりました)かもしれない。あと、いわゆる「量ほどほどでお高い」という、よくあるウニ屋。
 一方、柿崎商店は「自分の店で売ってるウニを丼に乗せて出すことにしました」というだけのお店で、ウニの売値+300円くらいでウニ丼が食べられます。
 間違いなく安くて美味いのですが、いかんせん余市という立地(※片道2時間とか掛かります)なので、時間は掛かるし交通費もかかるし、それを差し引きすると、札幌のウニ屋で食べた方がいいんじゃ?なんて思ったりもするわけです。

 ところが。
 実際余市に行くとして、交通手段はどんな感じになるじゃろー、と調べてみたらですね。
 ちょうど、週末に夏祭りが開催されるという告知が見つかったじゃないですか。
 その名も「北海ソーラン祭り」。ふむふむ。なんか楽しそうだ。

 ここで私は考えたわけです。
 余市でウニを食べる+夏祭り見物をする+近所のニッカウイスキーに行って試飲してくる+帰りに小樽に立ち寄って更に観光をしてきてもいいじゃないですか!
 ……くらいのオプションがつくなら、ちょっと遠出してもいいんじゃないかなー、なんて。
 というわけで、ウニ食べるぞ+αの日帰り旅行を思い立ったのでした。

 さて、行くと決めたら全力です。
 柿崎商店は10時開店なので、それにあわせて出かけます。なんでかというと、柿崎商店は今やすっかり有名店。大行列の店だからです。まして、お祭りがある日となれば……うん。混雑して長蛇の列になるのはイヤだ。
 そして、遅い時間に行くと売り切れの可能性があるので、そこら辺考慮して開店と同時に入店するくらいの勢いで行こうと、固く胸に誓います。
 いやあ、ウニの力は素晴らしい。
 ウニの為にちゃーんと早起きできました。
 さくっと仕事を終わらせて出発します。向かった先は札幌駅前バスターミナル。ここから余市を経由しつつニセコへ向かう「高速ニセコ号」というバスに乗ります。
 力んで30分近く前についたせいか、他の小樽行きのバスを見送りつつ、運転席真後ろの最前列の席なんぞに陣取ることができました(笑)でも、これが良かった。いわゆる観光バスの車体なので、遮る物が無いから景色がいい! 海をたっぷり眺めるのに素晴らしくいい席でした。海好きの私は感動しつつ、海岸沿いの道なんかを眺めているうちに、あっという間に余市です。
 途中、混雑していたのでバスは8分遅れ。おおっと、10時2分です。開店時間を過ぎてしまいました。バス停から徒歩1~2分くらいの柿崎商店を目指します。
 ちなみに余市にバスで行くのはじめてだったのですが、よく見知った駅近くにバス停があったので、迷わず行けました(というか、バス停からもう店が見えてる)。
 良かった良かった。迷ったら洒落にならん。

 お店に到着して10時4分。なんと、もう既にお店の前には列があるではないですか。ぎゃ!
 ヒヤヒヤしましたが、中は座席が多いので無事中に入れました。席に着いた時点で、あとテーブル2つとか、そのくらいしか空いてなかったけど……。
 柿崎商店は、入店時にレジで注文&会計をします。本日、ウニは全種類入荷! 柿崎商店でのウニは「赤or白」の「カップor折」になります。白がムラサキウニ、赤がバフンウニ。折が「板に綺麗に盛り付けられたウニ」で、カップが「塩水の入ったカップに入っているウニ」です。
 もちろん頼むのは赤、バフンウニです。一般的にバフンウニの方が美味しいけど高価でレア。折とカップに関しては、私はカップ派です。折は美しい形を保つ為に添加物バリバリで、一方カップは「できるだけ自然に近い状態で保存する」というのに主眼を置いているので、添加物が少ない上、鮮度もいいのです。ただし、カップに入ってるのをざばっとやるので、形はどうしても崩れる。でも、見た目よりも味なのさ!

 というわけで、バフンウニのうに丼と、あとかすべの煮つけを食べてきました。かすべ、大好きなんです。ここのかすべは前に食べて凄く美味しかったので、毎回頼むようになりました。
 ウニ丼は時価ですが、今日の赤カップは2300円。かすべの煮つけは価格固定で420円。
 食券番号は18。お店においてある新聞を読みながら15分ほど待つと、うに丼が運ばれてきました。
 いやあ、美味しい! たまりませんね!
 かすべも大変美味しかったです。ちょっと量が多くてもてあましそうになりましたが、すべて美味しくいただきました。は~。満足~。

 長くなったので、その2に続く。

2009/07/05 (Sun) 22:07 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
 正確には、会社のスキー合宿だったのですが。
 富良野旅行に出かけてきました。

●1日目
 車中で揺られて3時間。JRを乗り継いで新富良野プリンスホテル(宿泊先)へ。
 ホテルのすぐ目の前にある「ニングルテラス」という工芸ショップが集まっている一角を見物に行って物凄く興奮し(笑)、さっそく自分用に万華鏡なぞを買ってしまい、そいでもって、その少し先にある喫茶店「森の時計」へ。
 ここは、フジテレビのドラマ「優しい時間」の舞台になった喫茶店です。ドラマの終了後、その建物を使って、本当にそのまま喫茶店を開業したという。
 ケーキセット頼んできました。
 カウンター席だったのですが、カウンターの場合、自分でコーヒー豆を挽けるそうで。普段、コーヒーそのものがあまり好きではない私ですが、自分で挽いて香りを楽しんで、それを一口飲んでみたら

「おいしい」

 これはビックリしました。コーヒー苦手なのに、ここまで美味しく感じるなんて。コーヒーって、引き立ては味が違うとか、ちゃんとした豆とスーパーで売ってるようなコーヒーでは味が全然違う(格が違う)、とか聞きますが、この喫茶店で実際に体験しました……。

 ちゃんとしっかりした喫茶店を探して、美味しいコーヒー飲みに行ってみたいかも、と、割と本気で思いました。

 ……値段は高かったけど、個人的にその価値はありました。
(どちらかというと、高いのはケーキであって、コーヒー自体はそんなに酷い値段ではなかったけど)

●2日目
 一応スキー合宿だったので、それっぽくスキーしてきました。
 ここのゲレンデは、割と初心者に優しい(わかりやすい)感じで滑りやすかったですね。

 お昼は、上のロッジの食堂で「白いカレー」を食べてみました。
 白いカレーというのは、富良野で最近話題のメニューなのですね。そりゃ、お品書きにあるなら挑戦ですよ。
 かなり辛かったけど、スキー場補正なのか、もともと普通にこのくらい辛いメニューなのか、ちょっと判断に悩みます。

 夜は再び「森の時計」で、軽食メニュー+ケーキセット。「森のカレー」というのを食べてきました。あくまでも「軽食」と呼ぶのにちょうどいいくらいの、ちょい軽めなカレーライス。軽食メニューは2つしかなくて、あと1つが「雪のシチュー」。昼間が白いカレーだったので、夜は白くない方にしました(笑)
 ケーキは3種類あって初日が「初雪」。今回が「雪解け」。もう1つ「根雪」という白いケーキがありますが、こちらは食べ損ねました。で、初雪と雪解けはどちらもチョコレートベースなのですが、私はスポンジでボリュームのある雪解けよりも、クリームたっぷりの初雪の方が好きでした。

●3日目
 合宿には道外から来ている人が多かったので、旭山動物園ツアーへ出発。
 動物園まで片道2時間。そろそろ疲れてきていたので、移動時間は見事に睡眠時間に化けました(笑)
 旭山動物園は、冬に行くのは初めてでしたが、大変楽しかったです。歩き回ってると寒さはそれほどでもなかったです(風の強い日は大変だろうけど)。
 冬の目玉、ペンギンの散歩はとてもよかったです。よちよち歩いて可愛いこと可愛いこと!
 ついついお土産に、ペンギンの散歩風景の写真を使ったポストカードを買ってしまいました。

 といった感じで、ホテルに戻って夜。一泊して、翌日の昼にチェックアウトして、また鈍行列車に揺られつつ帰ってきましたとさ。

 とりあえず、富良野はニングルテラス+森の時計がすごくいいですね!
 ホテルが市街地から離れてしまうので、富良野の町を散策できなかったのが悔やまれますが、そこを除いてもいい旅でした。次は、夏に行って、あちこち景観地を巡りたいものです。ラベンダーの季節は、すごくよさそうな町なんですよね~。今年の夏くらいに、タイミングを見つけられたら、ちょっと行ってきたいものです。
2009/03/12 (Thu) 21:35 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
 秋葉原で立ち寄ったラーメン屋さんがこちら。
 「自分仕立てラーメン 康竜」さんです。
 秋葉原には2つお店があるそうですが、私が行ったのはラジオ会館のある通りにある方です。駅から出たらラジオ会館の前を通って、もうちょっと進んだ所にあるような感じ。とても分かりやすいです。

 このお店はネットで以前目にしたお店で、名前の通りラーメンを自分好みにオーダーできるというお店です。
 ベースは、とんこつ。
 でも福岡に本店があるとか、そういうお店ではなくて、東京中心に展開しているお店のようです(他は大阪と沖縄)。

 まずは食券を購入。すると店頭で待ち構えているお姉さんがオーダー表をくれます。これに、自分の好みを書いていくのだそう。
 選べるのは「麺の固さ・味の濃さ・油・博多ネギ・辛さ・焼豚」。これはどのラーメンでも選べます。更に自分仕立てラーメンを選ぶと、8つあるトッピングの中から4つ、好きな物が選べるようになっています。
 「」でくくった方は『デフォルトはコレね』と教えてくれるので分かりやすいです。とりあえずデフォルトにしてみました。トッピングは、「辛子高菜・きくらげ・半熟玉子・豚の角煮」をチョイス。
 あ、注文したメニューは「自分仕立てネギごまラーメン」です。トッピングで悩んだので、こっちにしてみました。曰く、ネギが通常の2倍になってて、ごまが加わっているラーメンだそうです。
 (メニューの詳細は、お店のサイトに詳しく出ているので、そちらをどうぞ)

自分仕立てラーメン というわけで、やがて運ばれてきたのがコレ。
 最初の感想は「え、これでネギ増量なの?」でした。だって全然入って無いよネギ? いや普通のラーメンはこんな物かもしれないけど。私の中での「ねぎラーメン」のイメージよりも、かなり量が少なかったので、そこはちょっと肩透かし……。
 味の方は、これまたフツー。悪くは無いけど、劇的に美味しいって程ではありません。
 んー、これ900円のラーメンなんだよね。なら、もうちょっと良いラーメン屋さんがあるよなぁ……ってのが正直な感想。トッピングが4つあるといっても、卵は半分だし角煮はひとかけだし、劇的に増えているわけではないのです。

 あー、つまりあれだ。元が高いのだな、このラーメン。普通のラーメンを頼む時点で700円で、自分仕立て(+トッピング4つ)にすると100円増加。そこにネギごまプラスで更に100円増加なのだもの。トッピングそのものは決して高くないから、そう悪い店ではない。
 700円なら札幌ラーメン食べられるもんね。博多なら500えんで食べられる。そう考えると、明らかに高いんですよ、ここ。だからかな、イマイチ感があるのは。

 自分仕立てってフレーズが面白そうだと思って行ってみたお店でしたが、ここは夢を抱きすぎていたようです。あんまり期待しないで行ったら、そんなに酷く感じなかったんじゃないかって思うんだけど……東京は美味しいラーメンが多いからなー。これでは、かなり物足りないです。
 秋葉駅前すぐ、って立地はいいけど、でも私はもう行く事は無いと思います。

DETA:
 自分仕立てラーメン 康竜(秋葉原駅前店)
 東京都千代田区外神田1-15-5

(その4に続く)
2009/02/01 (Sun) 23:18 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
 前日、悪天候で大変だったせいか、この日はゆっくりでのスタート。……起きられませんでした(汗)あんま自覚なかったけど、疲れていたんですね~。
 というわけで、午後から始動。
 秋葉原に行くなら今日しかないだろーと踏んでいたので、秋葉原まで行ってきました。

 本当は、お台場の「船の科学館」を見てみようと思っていたのですが、午後スタートになったので、そっちは見送ることにしました。
 うーん、1度行きたいんですけどね~。去年も今回もタイミングが合わなくて行けていません。いつか、ちゃんと行ってみたいものです。

 そんなこんなで秋葉原。なかなかの混雑です。コミケを次の日に控えているからでしょうか。まあ、こういうタイミングじゃなくても、秋葉原はいつも混んでいる印象なんですけどね。
 で、まず向かったのはラジオ会館。というのも、ここのコトブキヤで「ケータイ捜査官7」のアイテムを販売しているからなのです。
 もちろん、今日のお目当てはこれですよ!(笑)
 コトブキヤは確か上だったよね~……とエスカレーターで上がってみますが、あれれ、セブンさんの姿が見当たりません。おや?と首をかしげたところで、重大な事実に気付きました。
 店内にですね、イベント告知のポスターが張ってあったんですよ。

フォンブレイバーセブンが店頭にやってくる!
場所:ラジオ会館1Fコトブキヤ
(※イベント名はうろ覚えです)

 1階……?
 そういえば、ラジオ会館の1階に、キャラクターグッズを扱っているお店があって、確かそこもコトブキヤだった、ような……(※2階はフィギュアショップ)。
 てことは、コトブキヤはコトブキヤでもフロア違いですか!

 イベント告知を見れば、セブンさんは滞在時間が決まっているそうです。
 時計を見れば、ちょうど現在セブンさん登場中。でもあと5分で終了。

 ええ、急いで階段を降りましたとも!(歩いて)
 そしてコトブキヤでセブンさんを探しましたとも!
 階段を降りたので、ラジオ会館内の入口から入ったんですが、セブンさんは店頭、道端(秋葉原駅のある通り)に面しているところにいましたよ!

セブンさん
 すげー! 格好いいー!
 最初は棒立ちでしたが「セブンさんだー!」ときゃーきゃー言いながらカメラを取り出したら、気さくにポーズを取ってくれました。
 撮影したら、もういっちょ。

セブンさん2
 すぐさま別のポーズを取ってくれましたよ! これもまた格好いいー!
 まさか2つもポーズ取ってくれるなんて予想外すぎる! 嬉しいのなんのって!
 有難く、ぱしゃりとやらせて頂きました。

 撮りながら、きゃーきゃーやってたら他に女の子達が来て、セブンさんと記念撮影。そうかその手があったか!と思いましたが、彼女らと撮影した後は、そのまま帰って行ってしまいました。
 一緒にとり損ねたのは、ちょっと残念。
 でも、この時点で既に5分オーバーしてた(※多分、セブンさんと遭遇した時点で終了時刻になってた)ので、むしろ2枚もサービスしてくれて、ありがとうセブンさん。

 撮影後は、店頭の特設コーナーでお買い物。
 お目当てだった、限定商品の「セブンさんジュース」をげっとです。缶が2種類あったので、両方とも買ってみました。どちらもグレープ味だそうな。勿体ないので、まだ飲めてません。
 レジ脇でシールが配布されていたので、一緒に貰ってみました。フォンブレイバーの全身+表情のシールがそれぞれ何種類かあるものでした。も、もっと勿体なくて使えない(笑)
 他にも……と思ったけど、グッズらしいグッズはコレだけで、あとはDVDとブルーレイって感じでした。おもちゃのセブンさんは、もう持ってるから買っても困っちゃうしね。DVDはクリアファイルが特典になっていましたが、ちょっと高価だったので既刊を揃える勇気がありませんでした。

 さっそく颯爽と荷物を増やして(笑)秋葉原散策を続行です。といっても、もう目当ては見終わってしまったので、後はもう特に予定はありません。
 うろうろしていたら、通りすがりのアニメイトに置いてあるガチャガチャで、ケータイ捜査官7のブラブラスイング発見。回してみました。出てきたのはゼロワンさん。次がサード。あんまりまわすとダブって寂しい思いがするので2回で打ち止め(笑)

 そののち、ガシャポン会館の中にあるお店で、このブラブラスイングのコンプが定価(200円×8種類で1600円)で売っているのを見てしまったので、先にアニメイトで回してなければ、こっちを買ったのになぁと、ちょっぴり思ったりして(笑)

 あとは、秋葉原駅の方へ折り返し。途中、ラーメン屋さんに立ち寄りつつも、かなり長時間の滞在になっている事に気付いたので、明日に備えて早めに引き上げることにするのでした。

(その3に続く)
2009/02/01 (Sun) 22:16 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
 さて、ちょっと間が空いてしまいましたが、年末の東京旅行の様子を、いつものように、つらつら(だらだら?)と書いていきたいと思います。

 今回の旅程は、12月26日(金)~1月4日(日)まで。
 寸前まで仕事でバタバタしていたものの、何とか準備を終えて出発前日。
 天気をチェックした私は、いやーな予感に囚われるのでした。

 だって、どこの天気予報も「明日は大荒れ」「空の乱れがどーのこーの」「強い風と大雪にご注意ください」とか書いてたり言ってたりするんだもの!

 ……ええと、明日ちゃんと飛行機飛ぶかな……。
 まあ、私が不安がっていようがいまいが、もう天気なんてどうしようもないわけで。あんまり気にせず、明日に備えてさくっと寝ておきます。

 ……電気消して布団に入ったら、なんかすごーく風がびゅーびゅーいってます。
 こんなにうるさい夜なんて、珍しいよ? 一体どんだけ天気悪いの?
 やっぱり一抹の不安を抱きつつも就寝です。

 で、まあ、翌朝目覚めた私が目にしたのは「真っ白で外の様子が全く見えない」という、とんでもない窓からの景色でした。
 ありえん! 景色どころか地面すら見えん! ひたすら吹き荒れてる雪しか見えん!
 ……いわゆる、「視界ゼロになるような悪天候」ってやつですね……。
 経験上、こういう天気の日は外を歩くのすら一苦労です。これはまずい。まずそもそも会社に行くまでがしんどそうですよコレ(旅行用の荷物を運ぶ=荷物が多いから)。

 ふおおお、と青褪めて半泣きになりつつも支度をして家を出ます。
 まず、凄い風。
 次に視界を覆う凄い雪。つか、前見えないよ! 多分今5m先も見えてないー!
 だって隣、幹線道路なのに、走ってる車のライトすらわからないもの……これは酷い。
 そして次に足元ね。いきなりこんな雪だから、まだ除雪されてません。
 いやー、すごいですねー。
 普通に靴の上まで雪が積もってますよ~。はっはっは!(※この日ショートブーツでした)。

 かくして、荷物をがっちり抱えて、まっすぐ歩けよ自分ー、と念じながら、信号だけを目印にして、雪に埋もれての行軍(会社に行くだけです)のスタート。
 道は、ほんと酷かった。あまりに酷いので、途中で車道の脇を通った事もあったくらいです。膝くらいまでの雪が普通にあったら、流石に歩道歩けません……。
 いつもの倍の時間をかけつつも、何とか会社に到着。

 この辺りで、もう当然のように思ってます。
 これは飛行機もヤバイ。
 実際、会社からネット経由で発着案内を見れば、朝1から早速ダイヤが乱れてます。
 その後も、合間合間にチェックしてたら、どんどん出発が遅れること遅れること。朝2以降の飛行機は、最初遅延だったけど、諦めが入ったのか徐々に欠航へと変わっていきます。
 各社の朝1の飛行機が13時過ぎくらいにようやく飛んで、他の午前の便が大体欠航になり、午後の便はまだ遅延を出しつつも、まだ頑張ろうと足掻いていた午後3時頃。

 乗る予定の飛行機が欠航……(汗)

 その前の便も前の前の便も、遅延しまくってるけど欠航にはなってないのに! いきなり私の便だけ欠航デスカ!?
 まあ多分、機材繰りの関係で、諦めざるをえない便になってしまったって事なんだろけど……。
 これは飛行機に乗れなくなるかも、もしかしたら今日のうちに飛べなくなってしまうかも、と、大慌てしつつ飛行機会社に電話。1つ前の便に空きがあったので、まずそっちの予約を確保して、新千歳空港に向かいます。
 あ、JRもダイヤが乱れまくりでした。来ない来ないエアポート。久しぶりに指定席券の販売が停止になってました(※時間通りに来ない時は販売ストップになる)。

 新千歳空港に到着後、すぐさまエアドゥのカウンターへ。
 乗る予定の便は……ああ、チェックインが停止中です(汗)。ああ、これは危険な香り。スタッフを捕まえて聞けば、18時に始まる予定です(この時17時50分頃)、とのことなので待ってみる。
 待ってみたけど、時間を過ぎてもまったくもってチェックインが始まる気配なし。ちなみに正規の出発時刻は18時50分です。えーと、大丈夫かねこれは?
 不安になったので、もう1回スタッフを捕まえた結果が

「まだ未定なんですよ。あ、でも、1つ前の便がまだ飛んでないので、飛ぶとしてもその後になります。前の便の空席待ちをしておくといいですよ」

 だそうで。
 ……さっきのスタッフどこだコラー!
 確か、確かさっきの人は名札に研修生って書いてあったような気はしたけど、だからってこの状況で不確かな情報を言うか! しかも前の便の空席待ちがまだできるって情報もだんまりなのか!
 ぐあー。この状況で15分のタイムロスは痛い。かなり痛い。
 とりあえず仕方ないのでカウンター待ちの列に並ぶ。予約の話をし、可能なら前の便に乗りたいから空席待ちを、と交渉。
 この時点でもう18時30分なのに、カウンターで「14時30分の便に乗りたいです」って言うこの状況は、本当に面白いですね!(笑)
 係の人は、空席待ちできないっぽい反応を返してきましたが「できるって聞きました」の一点張りで主張します。なぜならば、この14時30分の便には、ほぼ飛びそうな空気を感じていたからです。一方、これの次の便、私が現在登場予定の便はまだ出発時刻が決まってすらいない。これは飛ばない可能性が十分あるっていうことだ。
 そりゃあ、なら何としてでも前の便に乗りたいじゃーないですか~。

 というわけで、取りましたよ空席待ちの手続き。50人以上待ってるから期待しないで下さいね、とやんわり遠まわしに言われましたけど、ちょっとでも早く飛べる可能性があるなら待ちます。待ちますとも。
 空席待ちの呼び出し時刻まで待機。ああ、こういう日はDSがほんとーに有難いです。私が使ってるケースには3枚ソフトが入るので、飽きても別のソフトに変えるって手がありますよ。大丈夫、全部に飽きる頃には電池が切れます(笑)
 さて、運命の時。19時30分からスタートです。もう時間については何もいうまい。
 悪天候も手伝ってか、欠航が多発していた割には、ぞろぞろ呼び出されて手続きしていきます。番号から察するに、大体60人くらい先に待っている人がいるようです。まあ、あんまり期待していませんが、呼び出しが続くのでじーっと待ってみます。……でも、荷物が重い。
 この荷物の重ささえなければ、いくらでも待てるんだけど。重たい荷物抱えて、30分くらい呼び出しをずーっと聞いて待つっていうのは、結構しんどいんですね。ちょっぴり学びました。
 で、30分ほど待って20時を過ぎた頃。
 呼ばれたんですよ! 私の番号!
 まさかまさか、60人くらいいるのに呼んでもらえるとは思っていませんでした。びっくりですね! いそいそカウンターで手続きして、保安検査場を抜けて搭乗準備!

 無事に出発できました……。
 時刻は、搭乗開始が20時40分頃からだったので、たぶん21時少し前くらい。実際、羽田には22時30分頃に到着しました。
 ……最初の到着予定と同じ時間だね! 乗ったの14時30分の便だけど!
 予定と同じ時刻に到着できたのは、まあ万々歳でしょうか。すごーく疲れましたけどね……。

 そんなこんなで、いきなり大波乱でスタートしたものの、何とか無事に東京に到着したところで、1日目は終了したのでした……。

(その2につづく)
2009/01/31 (Sat) 23:55 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »