上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
 今年は、北海道が「北海道」と命名されて150周年。
 これを記念して様々な行事が行われています。

 8月5日、この150周年を記念する式典が開催されました。
 行ってきました。

北海道150年記念式典、入場券

 招待客と一般参加者があって、私は一般参加者。6月に募集が行われ、当選者にハガキが来るというものでした。見事当選。
 8月は色々出かけましたが、この式典に一番行きたいと思っていたので嬉しかったなー。
 この式典に合わせて天皇皇后両陛下が来道し、式典にご臨席することが発表されていたのですが、それもあってか色々細かいルールがあったりしました。

 ハガキは入場時に回収……かと思っていたら、本人確認用に提出した免許証と一緒に戻ってきました。というわけで、今ここに写真があります(笑)
 ちょっとした記念品になるので、これは嬉しいですね。
 セキュリティチェック後に貰ったシールも、式典中は胸元につけていたのですが、布製なのもあって終了後に剥がしたら持ち帰れました。

北海道150年記念式典プログラム

 プログラムはこんな感じ。
 お堅いのは第1部で、そこから徐々に砕けていくといいますか、エンタメ色が強くなっていくといいますか……。
 開始時刻は10時30分ですが、入場時間の指定があり、9時に会場へ。待ち時間が長いので本を持参していましたが、式典が始まるまでの間、北海道の歴史を解説する映像や北海道の自治体を紹介する映像などがモニターで上映されていて、これを見ているのが普通に面白く、待ち時間はそれほど長く感じませんでした。結局、本は要らなかったですね。

 会場は札幌市豊平区にある北海きたえーる。メインアリーナが会場で、サブアリーナはパブリックビューイング会場として設定されていました。
 メインアリーナのうち、いわゆる「アリーナ席」になる部分が招待客(ちなみにこれは、北海道内や全国各地の自治体、関連団体、北海道150年事業に出資してる企業などから来ている人達です)で、いわゆる「スタンド席」が一般参加者の席です。といってもスタンド席の前側は空席になっていて、真ん中~後方にしか人は座っていませんでした。これは多分、天皇皇后両陛下の警備の都合でしょうね。

 スタンド席、いわゆるロングサイド部分が私の席だったのですが、ステージを斜めの姿勢で見るので、ちょっと体勢が大変でした。距離も結構あるので遠くは感じるのですが、でも天皇皇后両陛下のお姿はしっかり確認できましたよ。
 皇后様のすらっとした立ち姿の美しさが印象的でした。天皇陛下は、テレビで拝見する、あのお姿と振る舞いそのままで。ああ本当に目の前にいらっしゃるんだなと……。アイヌの伝統芸能などを見ながら、しきりにお付きの方へ話しかけていらしたのが印象的でした。質問をなさっていたのでしょうか?

 天皇皇后両陛下は、第1部の終了と同時に退席。
 招待席や一般席にも退席していく方がチラホラ。各部が終わるタイミングで休憩時間が挟まることもあってか、その後も少しずつ人が減っていき、終盤には少し寂しい見た目になっていました。せっかくの機会なのに途中退席とは残念ですね。
 私はアイヌ民族の伝統芸能、日本ハムファイターズ等プロスポーツチーム合同のチアリーディング、高校生による吹奏楽と書道パフォーマンス……と、楽しみにしていた物が色々あった事もあって、非常に楽しく式典を観覧させていただきました。
 なんといっても、第3部スペシャルライブ最後の大黒摩季さんは会場を盛り上げるのが非常にお上手で、ラストの「ら・ら・ら」の大合唱で感動を巻き起こして式典に幕を下ろしていったのは圧巻、お見事としか言いようのないものでした。
 アリーナ中を走り回り、スタンドに沢山手を振りながらも乱れない歌声も凄かったですね。
 大黒さんのライブ部分は参加型で楽しかったし、良い記念になりました。

 式典は伸びに伸びて、最終的に予定終了時刻よりも45分遅れ(!)で終了しました。
 ……こういう時、後半のコーナーを削ったりして予定時刻通りに終わろうとする事もあると思うのですが、見ていても、あまりそういうカットされたような感じは受けませんでした。時間が予定をオーバーしても、全部しっかりやったのではないでしょうか。

 式典の終了後も、屋外には企業ブースや野外ステージがあったり、サブアリーナでは引き続き「北海道の未来トーク」という講演会があったり、エントランスでは北海道遺産や北海道の歴史をたどるパネル展示があったりと、色々楽しめるようになっていました。
 私は講演会の予約を入れていたのでサブアリーナへ。時間が伸びたのもあって、移動したらすぐ開始というカツカツなスケジュールで、お昼ごはんに持参したパンを食べる暇すらありませんでした……ただ内容は面白かったので行って良かったです。もっと話を聞いてみたいと思ってしまう方ばかりで、90分あっという間でした。

 講演会が終わって、15時過ぎにやっと昼食です。食べ終わって外に出て、ステージで吉本の皆さんがお笑いステージをやっているのを聞きながら、企業ブースを一回り。パネル展を見て、なんだかんだ夕方まで一日過ごしてしまいました。パネル展示がまたボリュームがあり、見どころも多く、非常に良かったため、一日限りの展示とは勿体なく感じてしまいましたね。朝は人だかりができていたコーナーでしたが、夕方は空いていたので、じっくり見れてラッキーでした。

 北海道は100周年事業、150周年事業ときたので、次は200周年事業でしょうか。
 50年後は年齢的におそらく鬼籍に入っていると思いますので、私には今回の150年記念の式典が一生に一度の機会じゃないかなぁと思います。こうして、この記念すべき日を過ごせたことは、良い思い出になりそうです。
2018/08/29 (Wed) 00:56 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。