上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
 前の記事はこちら

 さて、ここからは座席と、館内の設備などなど劇場全体のことを書きますね。
 今回のお席は4階。サイドにある、斜めになっている感じの席でした。

4階サイド席からの見え方

 立った状態で撮影したものです。

 とにかく柵が邪魔!みづらい!

 ……です。

 センターのお席よりも、大分前の方にあるお席。予測はしていましたが見切れます。
 が、見切れどうこうよりも柵に思いっきり視界を妨げられて、もう全然ダメ。この写真、立った状態で撮ったって書きましたよね。
 座ると目の前に柵、くらいの勢いです。
 3列目なんですけど、1列目2列目の柵も一緒になって視界を妨げる。もう本当にきつい。

 舞台の右端から3分の1くらい見切れる上にこれです。
 席自体も斜めだから長時間座ると負担がありそうですし……おそらく、見切れ席として扱われ、普通そんなに販売されないお席じゃないかと思うのですが、よほどの激安設定じゃなければ本当に止めた方が良いんじゃないかと思いますね……。

 あとサイドの席は傾斜があり、階段が結構あります。

サイド席の上から下から

 下からの画像の方がわかりやすいかな? 結構しっかりした階段が続きますので、移動は「上から下」になるように心掛けた方が楽じゃないかと思います。
 4階席の場合、後方(上)の扉は「9F」にありますが、前方(下)の扉は「8F」にあります。座席位置によっては前方の扉、つまり8Fの扉から入るように誘導されますが、あえて9Fに行って、階段を下りてきた方が絶対に楽だと思います……。トイレに行くときなどは、下の扉から出て用を足し、ワンフロア上って、後ろの扉からまた降りてくると良いのではないかと……。

前から2列目の見え方

 後半は1階席ほぼセンター、2列目のお席に座ってみました。
 当然ですが舞台が高い位置に来るので、首が疲れます。
 音は近いですね。これは4階席で聞くよりも、最前近くで聞く方が断然よかった。

 開館準備トレーニングの時とは、演奏者の人数が違う(札幌交響楽団の方が多い。2倍くらい居たんじゃないかな……)ので、2階席最後列での聞こえ方との比較はちょっと難しいです。
 ただ、消防音楽隊の演奏が「良い」と感じたという事は、……やはり札響の規模だと最前、ちょっと音が大きすぎて大変じゃないのかなとは思いました。音楽鑑賞の場合は、真ん中くらいのお席が良いのかもしれませんねー。

 ところで。
 再訪してみて、館内にいくつかの変化が見られました。

●ドリンクカウンターが営業していた
 これ一番予想外。だってオープン前なのに。まさか営業してるとは。
 で、営業していたのは「森彦」でした。ここも森彦なんだね!!!

(下の図書館のところに森彦が入るのは知ってたんですが、hitaruのドリンクカウンターも森彦とは思ってなかったんですよ……てっきり劇場で別途やるものだとばかり……)

 開館準備トレーニングの時は何もやってなかったし、今回もてっきり営業しなんだろうと勝手に思い込んでいました……まさか営業してるなんて……大失敗。コーヒーをゆっくり飲むような時間がありませんでした……。

ドリンクメニュー

 なので、メニューだけ撮ってきたという……。
 hitaruブレンドなんて出すんだねぇ。ああ飲みたかった……惜しいことをしました……。

 あ、補足すると森彦はコーヒーメインのカフェです。

 スタッフさんに尋ねてみたところ、このカウンターの営業は公演によって違うようで、毎回必ず営業しているとは限らないようです。そういう時は下の森彦をどうぞ、ということでした。
 公演ごとに別の業者が営業するというわけではなく、営業するのは常に森彦で、営業する・しないが公演によって違う……という感じみたいです。
 ちなみに、販売カウンターとは別に立ち飲み用のテーブルがいくつかありますが、座ってゆっくりできる席があるわけではありませんので、開演前にゆったりしたいなら、下の方の森彦を利用して上にあがってくる方が良さげな感じです。

●女子トイレの設備
 今回、いくつか女子トイレ巡りをして(……)設備を見て回ってきました。
 わかったこと。

・場所によっては「手すり付きの個室」「ベビーチェアが設置された個室」がある
・身障者トイレはフロアの右奥にある

 手すりとベビーチェアは前回の記事に「無かった」と書いたけど、厳密には「あるトイレと無いトイレがある」が正しいようです。
 ある場合も「6つある個室のうちの1つに設置されている(しかし、その個室の外から見える場所に設置されていることが解る表示がないので、利用者がいない時に個室内を直接自分の目で覗き込んで見るしか確認する方法がない)」とか、そんな感じ。
 なんて面倒くさいんだ…………。

 これはもう、必要な人は劇場に問い合わせて、設置されてるトイレの場所や個室の位置を教えてもらい、そこに近い席のチケットを取るとか、そういう対策が良いと思いますね。
 男児用の便器や、おむつ台は、相変わらず見かけませんでしたけど、これも、どこかにはあるのかもしれませんね……(さすがに全部のトイレは回ってないので)。

●エレベーターありました
 身障者トイレがフロア右奥にあったと書きましたが。
 その向かいにエレベーターの扉ありました。

●エスカレーターが一方通行じゃなくなってた
 手前(客席左側)を上行き、奥側(客席右側)を下行きで運用することで、上下移動できる形に改善されてました。めっちゃ楽でした……。これはぜひ今後もこうして欲しい……。

●傘立てがあった
 ただし設置場所は劇場外。
 hitaruの入口は4Fにあるのですが、その4Fでエスカレーターを降りた場所のすぐ近く。
 ホール入口とは反対側の窓の近くに、傘立てが設置されていました。
 傘立ての下に車輪がついていたので、おそらく、天候のよくないときだけ運んできて設置するような形になってるんじゃないでしょうか? 傘立ては、美術館や博物館の入り口によくあるような、ダイヤル式でロックをかけられる物になっていました。
 設置が遅れていただけで、天候と関係なくここに置きっぱなし……だと、日傘なんかもここに置けて便利なので、そっちのパターンだと良いなあ、とは思うのですが。


 こんなところでしょうか。
 トイレの使い勝手が、やはり、もう少しどうにかならないかなー、と思ってしまいますね。
 手すりも、ベビーチェアも、見つけたときは「あるの!?」って感じでしたし、「でもこれ休憩時間の混雑してるタイミングだと、あっても、あることが分からないよね」って思うし……。
 わかりやすく表示するだけでも全然違うと思うので、そのへんに期待していきたいものです。

入口

 次に行くときは正式オープン後。楽しみです。
2018/08/26 (Sun) 06:14 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。