最近、本の感想は読書ノートにつけていたのですが、なんかやっぱりblogで書くことにしようかなーと思ったので今年からまた、本を読んだらblogに記事をつけていくことにします。

 というわけで今年最初の読書。有川浩さん「ヒア・カムズ・ザ・サン」です。

 この本はちょっと変わっていて。7行のあらすじがまず最初にあり、それを元に別々の人が別々に作品を仕上げていく面白い企画によって生まれた作品のひとつ。これは小説ですが、別のクリエーターさんは演劇の脚本を書いていたりもします。
 さて、作品の元になった「7行のあらすじ」ですが、これは、
==========
真也は30歳。出版社で編集の仕事をしている。
彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。
強い記憶は鮮やかに。何年経っても、鮮やかに。
ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。
カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。
父は、ハリウッドで映画の仕事をしていると言う。
しかし、真也の目には、全く違う景色が見えた……。
==========
 という内容になっています。
 なるほど、大まかなものは決まっているけど、根幹は扱う作家任せですね。キャラもざっくり主人公の設定があるくらいで、カオルなんかは結構人によって色々な味付けが出来そうな程度の扱いです。他のキャラなんて、もう好き勝手にしなさい、ってレベルですよねー。
 これは面白そう。

 さて、この本には2つの話が収録されています。有川さんが、このあらすじから書き上げた本編と、その後おなじあらすじを元に書き上げられた脚本で上映された演劇を見たあと、更に別パターンとして書かれた作品(パラレル版、と本のほうには記載されています)。
 まずそもそも「ひとりの作家が同じモチーフで2つ話を書き、その両方が収録されている本」というだけで結構面白い感じです。
 で、読んでみた感想はというと。

 面白いです。なるほど、このあらすじからこうして、こうなって、こんな風に膨らませてこうドラマが出来上がるのか! 
 という流れがイメージできて非常に面白かったです。
 1作目は、主人公の能力を生かした「謎解き」パートのカタストロフが、たまらなくいいです。謎というのは、つまり「カオルの父親に秘められた事情(真相)」なわけなんですけど、これはもう胸にぐっときます。たまらない。
 真也はカオルにコンプレックスを持っているのですが、そのシーンを通じて「真也が自分で思ってるほど器の小さい人間じゃない」ことが分かる演出があったりして、そういう細やかな仕掛けが好きです。自分がサイコメトラーじゃなかったら、こんな風に人の心の機微なんて分からないし……とクヨクヨジメジメしている真也ですが、彼はきっと、この能力無くても気遣いの人だろうなあ、と思わせてくれる細やかな仕草の描写があるのです。序盤のこのシーン、カタストロフの場面の次に好きです。

 2作目(パラレル版)は、うってかわって謎なんてものはサッパリ無し! ド直球にホームドラマです。これはこれでいいんだろうけど、1作目のカタストロフが気に入っている身としては、寂しく感じますね。もっと仕掛けが欲しかったです。
 あと父親が格好悪すぎるのです。フィクションなんだから、格好悪くて夢壊れる感じの父親と、それに傷つく娘なんて構図は読みたくなかったなあ。
「親に期待してはいけない」「諦めることからはじめよう」という話には、こう、なんといいますか、夢も希望も無い感じがして……。個人的には、1作目だけで十分でした。2作目は読まない方が、読後感が良くてよかったかも、という感じです。
 でも、ぜんぜん違う話にはなっていたので、同じモチーフで別々の話が楽しめるという意味では、お得っちゃお得かもしれません。

 1点、この本を読んで非常に面白かったこと。
 それは私があらすじを読んで、「カオルは男」だろうと思っていたら、収録されている2つの作品どちらも「カオルは女」として登場していたことでしょうか。
 なるほどなあ!

 このカオルの性別の件だけで物凄く楽しめたので、非常に読む価値がありました。なのでまず、最初に7行のあらすじから、内容を出来るだけ具体的に想像して、それから実際に本文を読みはじめることをオススメします。たぶん、それでこの本かなり面白くなると思いますよ。

ヒア・カムズ・ザ・サン
ヒア・カムズ・ザ・サン
2013/01/29 (Tue) 23:43 | | コメントする(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示