上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
 自分用メモを兼ねまして。

 ちょっと前にイヤホン新調しましたなんて記事を更新したように、最近こう、音物をちょいちょいと、いじったりカスタマイズしたりしているのですが。
 世の中には「iTunesのperfectなイコライザ設定」なんてものがあるらしく。
 その名の通り「こう設定しておけばパーフェクトな音が聴けるのよ!」ってな設定らしいのですが。

 えー、ほんとに……?(ものすごく信じてない顔)

 なんて思いつつも、興味があったので設定してみました。

 まずは「表示→イコライザを表示」でイコライザの設定画面を出しまして。
 プリアンプの設定を「0db」、イコライザ部分を左から「+3、+6、+9、+7、+6、+5、+7、+9、+11、+8」に設定するのだそうです。
 といってもイコライザ部分には「+12dB・0dB・-12dB」の3つの数字しか表示されないので、この数字はぜーんぶ目見当です。アタリをつけてテキトーに「このへんかな?」ってとこにカーソルをおきます。あらまぁいい加減。でもまあ、微調整はどうせ音楽聴きながらやりますからねぇ。大体セットすりゃいいだけなら、まあ、こんなものかと。
 横のラインがどうやら「3」刻みになっているようなので、それを参考にしつつセットしていきます。
(このへんは「イコライザ perfect」あたりで検索かけると詳しい解説サイトがいっぱいあるので、もうちょっとしっかりした解説が見たい方は、そちらをどうぞ)

 イコライザは、左から低音→中音→高音、をあらわしていて、上へあがればその音を強くハッキリと、下げれば弱くソフトにするようなカスタマイズになるらしいです(このへん詳しくないのでアバウト)。
 左から3~4つくらいが低音、真ん中が中音、右3~4つが高音だってのが分かってれば大丈夫だと思います。たぶん。とりあえず私はそれで困ってない。
 で、これは、低音からちょっとずつ上げていって、中音で少し下げつつ、高音域にかけてまたあげるという曲線を描いておりまして。
 このカスタマイズ値は、いわゆる「ドンシャリ」系のカスタマイズの仕方になるそうなんですが……。
 うむ。
 確かに音はくっきりハッキリ。ガッと音が耳に入ってくる感じ。メリハリがついて分かりやすいし、悪かないバランスだと思う。
 しかし、だがしかし。
 音の割れ方が酷い

 こーれーはー無いわー。
 こんなのがパーフェクトだとは認めん!(’’

 というわけでカスタマイズ。
 曲線を保ちつつ、ちょっとずつアレンジをくわえていくのですが……。
 ぜんぜん割れが治まらなーい!
 特に高音の割れが酷い。と思いきや、高音を少し下げると低音と中音の境界くらいのところも割れてるのが分かる(汗)被害拡大だよ!
(正確には拡大したんじゃなくて、最初から割れてたのに耳が聞き取れて無かっただけですが)
 ともあれ、これじゃ使い物になりません。

 で、まあ、困った時に頼りになるのがgoogle先生。
 多少カスタマイズした程度じゃ全然よくならなかったので、いい方法がネットに転がってないかを調べてみた結果、だいたい次のような文章が見つかりました。

 イコライザというものは0dBが基本。
 調整をかける場合も、あれやこれやをいじった結果の平均値をとって、ちょうど「0dB」くらいになるよう設定するのが基本なのだそうです。
 ところが、この「iTunesのperfectなイコライザ設定」とやらは、とにかくプラスへ、プラスへと動かしているため、音のバランスが非常に悪い。
 改善するには「この曲線を保ったまま、平均値が0dBになるよう設定を全体的に下げる」か、「プリアンプを-4~-6dBくらいに下げる」かによってバランスを取る、というのが良いらしい。
 ……どうやらこのperfectな設定さんはネットでは有名らしく、こういう解説ページが見つかってくれました。ありがたや。

 というわけで、その情報を踏まえて、全体的にバランスを下げた「perfect-」と、イコライザの曲線はそのまま動かさず、プリアンプの方だけを下げた「perfectプリアンプ-」という設定を作ってみまして。
 いろいろ聞き比べてみた結果の結論としましては。
「perfectプリアンプ-」を採用!(’’
 ……ってな感じになりました。

 プリアンプ下げるだけで音の割れが気にならなくなるのですね。あらびっくり。これはびっくりでした。で、曲線を全体的に下げてしまうと、音の迫力といいますか、勢いといいますか、そういう感じがガクっと下がってしまったような気がしてしまいまして。それならプリアンプ下げたやつの方が、聞こえ方いいよなー?と思ったので、プリアンプ下げただけの設定の方を使って聞くことに。
 プリアンプは-4dBだと音がまだ相変わらず割れたままだったので、-6dBにしてみたら落ち着きました。もうちょっと微調整かけたら、それでも大丈夫だったので、そこで固定。今はおそらく「-5~5.5dB」くらいのところにセットしてあるんじゃないかと思います。
 ……正確な数値が表示されないと、こういう時ちょっと説明の仕方めんどーね(、、

 私のイヤホンはもともと、高音が綺麗に聞けるタイプだったので、女性ボーカルはそこまで劇的に変化していないのですが、今までの設定だと聞こえ辛かったり、拾い落としてた細かい音をとるようになったのと、低音の勢いが増したのと、あと、なんといっても、男性の低音ボーカルがうっとりするくらい綺麗に聞こえるようになったのが収穫ですねー。
 なるほど、イヤホンだけじゃなくて、こういう設定も重要なんだぁ。
 ということを新たに学びました。
 もうちょっと微調整かけたほうが好みの聞こえ方になりそうな気はするのですが、ちょっと変更→いろいろなファイルで聞こえ方チェック。比較→また更に調整……を繰り返すのは結構な手間なので(汗)それ考えると、このパーフェクトな設定は結構いいんじゃないかなと思います。
 音の割れさえなくなれば、いい感じです。はい。
2012/02/22 (Wed) 02:06 | 音楽 | コメントする(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。