上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
 久しぶりに映画を見ました。
「ペントハウス」。試写会です。今週末から公開される映画だそうですよ。

 洋画です。私が洋画を見るのは割と珍しいのですが、この映画は、あらすじを見たら気になっちゃいまして。

●あらすじ
 ニューヨークのマンハッタンにそびえる65階建てのザ・タワーは、セレブのみが住む超高級マンション。そこでマネージャーとして働いているのが主人公のジョシュ。
 ある日、ペントハウスに住む大富豪ショウがFBIに逮捕される。証券詐欺の罪を犯して逃げようとしたところを取り押さえられてしまうのですね。しかもショウは自分が捕まることを薄々予感しておきながら、預かっていたザ・タワーの使用人全員の年金を使い込んでいたのです。信用していたのに……私達のお金は……と重苦しくなるスタッフたちの空気。更に、資産の全てを預けていたというドアマンは絶望して、自殺未遂までしてしまいます。
 怒り狂ったジョシュは、ショウの大切にしている車をボコボコに傷つけてクビに。しかし黙ってなどいられない! ジョシュは仲間たちと、ダマし取られた大金を奪い返す決心をする!
 目指すは、難攻不落の超高級マンション、ザ・タワー。最上階にあるショウの自宅から、彼が隠し持っているはずの財産を盗み出せ!

 ……という感じの内容です。あら面白そう!
 と思って応募したら試写会当選しました。というわけで、意気揚々と見に行ってみた結果、この映画は本当に面白かった!

 序盤、使用人達の紹介を兼ねて描かれるタワーでのスタッフ達の日常風景。まずこの段階から既にバッチリ伏線が貼られています。何気ないシーンだと思っていたら、後で驚くこと間違いなし!
 そして大富豪ショウの逮捕、自分達の年金が使い込まれていた事実に愕然とするスタッフたち。彼に全財産を預けていたドアマンは自殺未遂をはかり、義憤にかられた主人公ジョシュは、ショウが大切にしている貴重な車をボコボコに!
 そのせいで、クビになってしまいますが本題はここから。
 彼は、このまま引き下がれないと、一緒にクビになった面子+借金で首が回らなくなり、ザ・タワーを退去させられた元入居者を誘って、元職場でもあるザ・タワーから、ショウの隠し財産を盗み出そうと計画します。そのマンションの難攻不落っぷりは誰よりも知っているはずなのに!
 システムを熟知している人間が揃ってるんだから大丈夫、という考えのようですが、それにしたって熱い!
 そこから盗みの計画を進め、実行される強盗計画! ところが、事件は一筋縄ではいかず、二転三転しっちゃかめっちゃか大波乱に……!

 という感じの映画でございます。
 痛快な怪盗物ですよ! 舞台は現代、それもハイテク高級マンションですので怪盗ものって雰囲気はあんまりしませんが、これは紛れも無く怪盗物! 計画をぶち壊す予期せぬ状況、次々と立ちはだかる障害に挑んでいく様子は爽快。めまぐるしいので、まるでジェットコースターに乗っているかのようなハイスピード・超展開が楽しめたりするのも面白いところ。

 それでいて、先にも書いたように、冒頭の何気ない日常風景っぽいシーンの時点から既に伏線が貼られていたりして、見ていて面白い面白い面白い! いや~、たまらない映画でした!
2012/01/30 (Mon) 22:42 | 映画 | コメントする(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。