実は年始に東京へ行った際に、イヤホンを新調しました。
 買ったのは「オーディオテクニカ」というメーカーの、「ATH-CKM77」というやつです。
 まあ、型番なんて書いても、よく分からないと思うので!(笑)せっかく買ったんだし、感想でも書いてみようかな、と。
 というのも、これ、すっごく良かったのです。

 さてさて。
 まずですね、私が今まで使っていたのは、パナソニックの耳かけヘッドフォン「RP-HS103」と、近所のロフトが移転する際に、在庫処分として叩き売られていたイヤホン「ATH-CKF300」のふたつ。
 パナソニックの方は、途中1回買い換えつつも10年くらい使ってきたもので、耳かけの手軽さ~が好きで愛用していたものです。コード巻き取り式だから、コードが邪魔にならなかったのもポイント。
 イヤホンは在庫処分だったから安かったっていうのと、小さくてコンパクトだったので運びやすそうだったのがポイントでした。あと、見た目ね。商品ページはこれになるのですが、この箱に入ってる状態で売ってるんですよ。可愛いでしょう?あんまりこういう見た目が可愛いのってないから。つい。つまりはジャケ買いですね。

 このイヤホンの思いがけない良かった点は、いわゆる「耳栓」のような形をしたタイプであったこと。
 ちょっと前は耳に蓋をするような感じの形が主流でしたが、私は耳のなかにすぽっと突っ込んでしまうタイプのイヤホンが好きなんです。だって、そうじゃないと、すぐに外れて落ちちゃうから(笑)。
 そしてなにより、この形状は周囲の騒音対策に非常に優れている! と思うのです!
 雑音を消し去りつつ、再生する音声に集中できる。それを聞きつつ何か書いたり読んだりするのがいい感じだ! というところに開眼しまして。

 ただ、どちらも安いのをテキトーに買っただけ。
 色々聞くのならば、もうちょっと質のいいイヤホンを買ってみるのはどうだろう?
 と思ったのが今回の出発点なのでした。
 な、長い前置きですみません(苦笑)。

 ただ、安いといってもイヤホンの方は購入価格が安かっただけであって、決して元から激安ってほどのレベルだったわけでもありません。実際、音質的には「耳かけの方よりも、イヤホンの方が音いいよね~?」って感じなんです。耳かけのほうじゃ聞こえない、ちょっとした細やかな音なんかも拾ってくれるし(これは、耳かけタイプと耳栓タイプの形状の差もあるのかもしれませんが)。
 というあたりから候補探し。とりあえずヘッドホンではなく、イヤホン。そしてやっぱり同じように耳栓タイプがいい!
 なんて感じで希望を固めつつ情報収集した結果、いくつかのイヤホンに目をつけたんですね。
 今回購入した「ATH-CKM77」に目をつけた理由は、

・今使ってるイヤホンと同じメーカーなので、これもいいんじゃない?
・お値段的にランクが明らかに上=高くなればそれだけ物もいいはず!
・クチコミを探したら「高音に強い」という意見や感想が多かった

 といったあたりですかねー。
 特に、色々調べていくうちに、イヤホンはみんな「得意技」があるらしいと学びまして!(笑)低音に強いとか、高音に強いとか、そういうの。だから自分が良く聴く音楽のジャンルや、好みに合わせて選ぶといいらしい!
 ……あ、いや。ちょっとでも音楽好きな人なら、そんなの常識!って内容かもしれませんが、私は今まで、そういうところにまで気を回してヘッドホンやイヤホンを買ったことがなかったので……。

 で、私が聴く音楽のジャンルは、強いて言うならプログレですが、あらかた女性ボーカルなので、低音に強いイヤホンよりは、おそらく高音に強いイヤホンの方がいいだろう、と目星をつけたんですね。 
 低音に強いとされるイヤホンは、クラシック系や女性ボーカルとは逆に相性が悪いらしく。
 まあクラシックはそんなに聞きませんが、弦や管を使った楽曲は結構あるんですよ。だから、いわゆるクラシックで多用されるような楽器と相性が悪いのならば、やはり私の趣味的には低音よりも高音を重視すべきかな?って感じがして。
 今回買ったイヤホンは、クチコミでかなり、そういった曲にぴったりだというのを見かけまして。いろいろ見ていると、私の音楽の好み的にいい感じかな?と。
 あとはゲームのセリフだったりとか、ドラマCDだったりを聞くのですが、そういうのも、低音に強いものよりも聞こえ方がいいんだそうで。

 とはいえ、物が物なので、こればかりは実際に聞いてみないとなんとも……。
 なので、まずは近所のお店(ぶっちゃけヨドバシカメラ札幌店)に行ってみたのですが、視聴できるイヤホンが全然無い!もっというと、この最有力候補にしていたATH-CKM77置いてない!
 他のお店も似たようなものです。じゃあ、専門店とか音楽に強そうなお店の情報とか……と、思ったけれど、これがまた。なんだか思うように見つからないものなんですねぇ。

 困った。

 そこでまあ、思ったわけです。
 東京に行く予定があるなら、東京で探せばいーじゃない!

 東京に無かったら日本のどこにも無いでしょうからねぇ(笑)アキバとかにないかしら~?と思っていたところ、イヤホン・ヘッドホンの専門店があるらしいと知りまして。
 そのお店に行ってきました。「eイヤホン秋葉原店」。はじめてのお店だし、あの辺ってごちゃごちゃしたビル多くて迷うんじゃないかと心配していたんですが、まんだらけの近所だった(※よく行く)ので、店の名前を頭に入れておくだけで無事につけました。スマホの出番なし!(笑)ビルの入口にわかりやすい看板出てたのがよかったねー。
 で、このお店「すべての商品が試聴できます」の売り文句どおり、本当にいろいろ試聴できまして。
 iPhoneに色々差し込んで試聴させて貰いました。せっかくなので「その金額は無理!」と諦めたやつも試してみたりとか(笑)
 その結果、わかったことは、

・イヤホンは値段が高くなると、値段に比例して、それだけちゃんと質が上がる
・私が高音重視のイヤホンの方がよさげ、と判断したのは正解

 だったってことでしょうか(笑)
 いや~、イヤホンってすごい。どれもこれも一緒だろ!って思ってたのが恥ずかしいくらい、ぜーんぜん違いました。聞いてるのは同じiPhoneに入ってる同じファイルなのに、そうとは思えないくらい、聞こえてくる音の内容が変わってビックリですよ。
 で、まあ、聞いてみた結果、やっぱり低音重視のイヤホンよりも高音重視のイヤホンの方が、「ああ、いい音だなぁ」って感じになりました。で、最有力候補にしていたATH-CKM77が、いい感じだな~って思ったのでこれにしました。ほんとはね、「これすごい!これ欲しい!」って思ったやつがあったんだけど、それはご予算の3倍の価格だったので断念しました……(笑)

 女性ボーカルだけじゃなくて男性ボーカル(そこそこ低音)の曲も聞き比べましたが、ATH-CKM77は男性ボーカルの曲も綺麗に聞けた、というのが決め手でしょうか。
 低音に強いという同じ価格帯のイヤホンも試してみましたが、そっちは音に迫力があるのが良い所でしたね。男性ボーカルもいい感じ。ただ低音じゃない部分がよろしくないみたいで「低音だけ欲しいならこれ」みたいな感じになってしまっていて。音も声も、トータルで見ると「うーん……」となってしまったので、やめちゃいました。こっちの方がちょっとだけ安かったんですけどねー。
 あ、ATH-CKM77は歌以外もいい感じに聞こえましたよ。ゲームのセリフとかドラマCDの類とかね。実際に試聴する時にも試したりしてみたのですが(試聴した物が「週刊添い寝CD」だったあたり、我ながらチャレンジャーだったと思うけど……)、「聞いていて楽しいな~このイヤホン!」って感じです。
 歌の方は、畑亜貴さんとかZABADAKとかを試して、男性ボーカルは平川大輔さんの「共犯者」を試して。あと絶対迷宮グリムの主題歌+キャラソンをいくつか……という感じで聞き比べました。グリムのキャラソンはセリフ入りなので、セリフの聞こえ方と歌の両方を一気に聴けるという点で、非常に試聴向きでしたね(笑)
 視聴中、画面が見えるとさすがにちょっと恥ずかしいわけですが、普段の用途を考えると避けて通るわけにもいかないしな!と割り切りました。まあその、アートワークは一時的に消しておいた方が、心安らかに試聴できるかもしれないね……。お店はアキバにありますが、あんまりそういう雰囲気ではないのですよ。フツーのお店です。なのでフツーのお店に行くのと同じような対策しておけばよかったというおはなし。

 で、まあ、そんな感じだったので、趣味の似ている方とかには多少参考になるかなー?と思い、感想などを記事にして置いておこうかなと。
 とはいえ好みがあるので、試聴して選ぶのがやっぱりいいと思いますよこれ。
「この曲が一番綺麗に聞ける(私が一番好きだと思える聞こえ方がする)イヤホンが欲しい」
 というような音声ファイルを選んでおいて、視聴するといいかもしれません。「このイヤホンはここがいい」「けど、この部分だけならば、こっちのイヤホンの方が」「でもでも、こっちのイヤホンはここがよくって!」とか、そういう感じになってしまい、「一番いいイヤホンはどれだろう?」だけだと、何を基準に一番を選び出すべきか、結構悩んじゃう感じだったので。
 んで、東京近郊の方には、私の行ったeイヤホンはいいお店だったので、オススメしておきます。
 ちゃんとね、「このイヤホンはこれがウリ」とか、「ここがオススメ」みたいなpopがついてて解りやすかったし、試聴するのに耳のパーツが合わなかったら調整してくれるって掲示されていたので、小さめのにして試してみたいってお願いしたら、すぐに対応してくれたしね。
 他にもいろいろ対応してくれて、店員さん超親切だったよ!それでいて、構わなくていいよオーラ出しておくと、放っておいてくれるのがまた嬉しいポイントですねっ(笑)。

 あ、耳に入れる部分は大きさがいくつか選べるようになっているので、私は小さめサイズのを使っています。パッと見ゴツそうな見た目のイヤホンなのですが、使ってみるとそうでもないですね。パーツ付け替えないで使うと痛いかもしれませんが……そのくらいですね~。付け替えは簡単でしたよん。

2012/01/22 (Sun) 00:44 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示