おもちゃ箱の国のアリス(通常版)※せっかくなので、大きなサイズでこのイラストを飾ってみたかったの図(笑)

 というわけで、最近は細々と「おもちゃ箱の国のアリス」を遊んでいます。発売直後に購入したものの、仕事でバタバタしたり、コミケに遊びに行くのでバタバタしたり(笑)で、あんまり遊んでいないから、まだまだ先は長そうな気配なのですが。なにせ回想モードのコンプリート率が、まだ25%とかしかありませんからねー。(でもエースだけは100%にした/笑)

 ハートの国→クローバーの国→ジョーカーの国、ときて、シリーズ4作目です。ファンディスク、と銘打っていますが、ファンディスクだと何がどう違うのかイマイチよく分かりません。乙女ゲームというジャンル初心者だからでしょうか。とりあえず、ここまでの3作と違う点を挙げると、

(1)クインロゼから出ている別のゲーム「魔法使いとご主人様」のパロディ編が収録されている
 というわけで、番外編といいますか、完全にお遊びのゲーム……なのかと思いきや、

(2)原作ルートもちゃんとあって、こっちは「ジョーカーの国のアリス」の各キャラクターのルートの続編になっている(らしい)
 という感じのようです。

 このシリーズは「前作の続きだけど、誰ともくっついていないという前提」で今までは続編が出ていたので、各キャラクターのエンディングの更に続き、という扱いなのは珍しいかも。
 ただ、プレイしてみた感触は、そこまで各キャラクターのルートを引きずっている印象は無くて、ハート(初対面からちょっとずつ仲良くなる)→クローバー(既にある程度仲良し)、の変化と同程度かな?って気がします。
 過去の作品をプレイしていないとわからない設定(各キャラクターのルートのネタバレとか)を知っている前提で進んでいくので、最初に「おもちゃ箱」を遊ぶと、ちんぷんかんぷんにはなりそうです。

 ボリューム的には、原作ルートが初プレイで2~3時間くらい。
 2周目からは既読スキップ(一度見た文章を早送りする機能)をフル活用して1時間くらい、という感じです。
(各キャラクターのルート、選択肢の選び方でちょっとずつ展開が変わるので、その辺の分岐を全部追いかけると、1時間じゃちょっと終わらないかも)
 これが13人分あって、あと関連エンドが他にもいくつか……あるようですね。私、まだあまりその辺見れていないのですが。

 パロディルートの方がメインという扱いになっているらしく(?)、こっちは原作ルートの倍くらいの時間が掛かりました。

 とりあえず、まず最初にエースで原作→パロディとプレイしていってみた結果、原作ルートの方がよかったので原作ルート側をひとまずコンプリートしようかな、なんて思いまして。
 エースの後、エリオット→ナイトメア→ボリス→グレイ→ユリウス→ビバルディ→ピアス、とプレイしてきて、今はピアスルートの終盤をやってます。

 原作ルートは基本的に「アリスが家出する」「滞在先のキャラと三角関係的なイベントが起こる」「紆余曲折ありつつ元に戻る」な展開なのですが、途中で毎回必ず「攻略キャラがいつもと違う格好をして登場する」というイベントが織り交ぜられていまして。これがもう、普段とあまりに違う格好なので、「なんじゃこのコスプレはー!」「このキャラはこうきたか!」みたいな楽しさがあります(笑)
 三角関係っぽいイベントがあるせいか、ルートによっては「あれ、これってエリオットルートだったよね……?」みたいな気分になったりすることも。特にエリオットルートの「これってむしろボリスルートだよね?」感は凄いと思うのです(笑)
 家出の理由は、滞在地によってまちまち……なのですが、「お前らの言動にはもう怒った!我慢の限界!家出する!」パターンである遊園地の設定が一番すんなり受け入れやすいかな~。
 逆に、ダメだったのが塔。「まず最初に誰のところへ謝りに行く?」って選択肢が出て、ここで選んだキャラクターのルートになるのですが……ですが、イベントの流れ的に「ここでユリウス以外に謝りに行くのはありえないだろう」って感じの流れになっているので(そして、「この流れでナイトメアに謝るとかありえないでしょ!」って感じなのである)、……まあ割り切ってキャラクター選択しましたけど、ここが受け入れられなくって受け入れられなくって、ちょっとつらかったー。

 パロディの方はキャラこそ一緒だけど、もうぜんぜん違うゲームですねー。設定が違うと、こんなに別のゲームっぽく感じちゃうものなのか、という新鮮な驚きがあったりして。
 原作版をコンプリートしたら、お腹いっぱいになって、魔法学園の方はあんまりプレイしないかもしれないなーとか思わなくも無いです。私このゲームキャラ萌えしているんだと思っていたんですが、意外とそれだけじゃなかったようで。普通に世界観萌えもしてたのかー……(新鮮な驚きを噛み締める)。

 ま、とりあえず、過去のシリーズをプレイして楽しめた人ならば原作ルートは楽しめるんじゃないでしょうか。学園はまあ、人それぞれでしょうねぇ。魔法学園とか、題材としてなら大好きなのに、ものすごく「これじゃない」感がして私は微妙なのですが、逆に魔法学園面白い!って人もたくさんいらっしゃるでしょうしー。

 各キャラクターのルートの感想とかも書こうかと思ったのですが、結構なボリュームになってしまったので、ひとまず今回はここまでで!
 
2012/01/20 (Fri) 01:43 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示