上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
 ドイツゲーム大賞の話題をしたので、ふと「ドイツゲーム大賞のゲームって、どのくらい遊んだ事あるんだろう?」と思ったので過去の受賞作を確認してみた。

 まず「ラミィキューブ」(1980年)。
 これはよくできたゲームで一時期よく遊んでいましたね。「ドンジャラ」に似ていると思います。数字を3つつなげて出すだけ、というルールが、わかりやすくてサクサク遊べて、それでいて結構簡単には勝てなかったりする感じが好き。
 ……というかですね。これが1980年の受賞作だというが驚きなんですけど。そんなに古いゲームなんですか。ぜんぜん古いと思ってなかった。てか私まだ生まれてな(ry

 次は知っているゲームはあるんだけど、遊んだ事は無いというパターンと、どんなゲームなのか全然分からないというゲームが続いて(スコットランドヤードとか、遊んでみたいんだけど機会が無い)。

 「ブラフ」(1993年)ですね。
 これも面白かった記憶がありますよ。結構遊んだ覚えが。これ、ドイツゲーム大賞なんですね~。
 ダイスを振って、ダイスの出目は自分だけ確認します。カップがあるのでこれを使って振るんですね。んでこっそり自分にしか見えないように中身を確認すると。
 で、「自分の出目はこうだった!」というのを宣言します。そうです、本当のことかもしれないし、ブラフかもしれない。ブラフだと思ったなら「それはブラフだ!」といえばいい。そうしたらそこでカップを外し、出目をオープンにします。
 これだけ。確か負けたらダイスの数が減って、ダイスがゼロになると負け。というゲームだったと思います。ダイスの数が減っていくので、ブラフの難易度が上がっていくのも肝、という覚えが。
 私はさくっと遊べるものが好きなので、こういうの大好きです。

 次が「チケットトゥライド」(2004年)。飛びますなー。カタンとかは難しそうで手が出ない小心者です。やってみたいとは思うんですが。
 このゲームは私にとって記念すべきゲームで、いわゆる「ボードゲーム」の中で、はじめて自分で買ったもの、だと思います。ウノとか除く。
 遊んで楽しくて面白いゲームだなぁ、と思っていたところ。
 近所のドンキホーテで格安たたき売りの刑に処されていたので、有難く捕獲してきました。正確な値段は忘れましたが、確か千円でおつりが来たよ。バンダイ版です。
 ゲームの内容は明快。線路を引くゲームです。路線図(ボード)があって、カードを引いて「君はここに線路を引くと得点になるよ」というのを確認したら、そこに線路を敷くのを狙っていきます。線路を引くためには、それに必要なアイテムカードをそろえなければいけません。手番の度にカードを引いて集めていきますが、他のプレイヤーもその線路の確保を狙っているかも!?
 ……という、早い者勝ちな要素もあるゲームで。
 これが超おもしろいのですねー。プレイ時間はちょっと長め(といっても2時間くらいだったように思いますが)、ですがルールは分かりやすく、それでいて戦略要素もゲーム要素もたっぷり。ああ、遊びたくなってきた。

 お次は「ドミニオン」(2009年)。
 デッキ構築型カードゲームというジャンルを作ったボードゲーム、ということでいいんでしょうか。この面白さは、やったらすぐに分かるけど、説明しようとすると結構難しい(と思う)。
 カードゲームを遊ぶのと違う所は、自分のデッキを自分で作りながらプレイするゲームだというところ。最初の手札は得点カードとお金のカード。シャッフルして伏せて、山札を作って引きます。
 得点カードはゲーム終了時の得点になりますが、プレイ中には使い道が無い。
 お金のカードは、場に出してカードを買い、デッキを強化するのに使う(新しいカードは、お金で買うのである)。ただし、最終的に得点を計算する際には点数にならないカードである。
 特殊能力カードを買うことで、特殊スキルを使えるようになりますが、このカードも基本的には得点にはならない。でもプレイする最中にこのカードが無いと、特別な事は何も出来ないってことなので、他のプレイヤーにいいようにやられて格差をつけられてしまったりする。
 ……というようなカードを、どういう順番で、どのくらいの枚数かって、プレイするか……というところを悩みながら自分の手番を進めていくゲーム。
 1プレイ1~2時間ってとこですかね。カードがたくさんあって「今回はこれとこれとこのルールを使おう」って感じでチョイスして遊ぶので、ゲームに使うカードを変えるとプレイの流れが全然違うものになるのも面白いところ。ランダムで決めて、すごいカオスになったことがあります(笑)

 んで、1つ前の記事のクワークル。今年のやつ。
 あらま数えてみたら案外ありませんでした。まだまだ全然、ボードゲームが好きだなんて名乗れませんね。

 過去の受賞作を調べてみたら、去年、2010年にゲーム大賞を取った「ディクシット」が面白そうな気がします。「こういう感じのゲーム、きっと私好きじゃない!?」って気持ちがぎゅんぎゅんします(笑)
 欲しいなー、欲しい。遊ぶアテないけど買ってしまおうかな。どうしよう。悩む。
 ボードゲームは結構すぐ廃版になってしまうので「いつかきっと遊ぶ日が来るさ!」と思って買うという手もあるにはあるんですが。むーむむ。ちなみにお値段は5千円のようです。うう、悩むなぁ。
2011/09/23 (Fri) 01:42 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。