過去の記事はこれ(1回目)とこれ(2回目)。

 というわけで3回目。5月28日土曜日に、またまた道の駅のスタンプを押してきました。
 といっても、今回のスタンプ集めはおまけで、本当の目的は別にあります。
 それは。

 たきのうえで芝桜を見ること!

 一度ね~、見てみたいと思っていたんですよ芝桜。でも滝上は遠い。どのくらい遠いかっていうと、公共交通機関だけで行くのは非常にキツい、っていうくらい遠い。
 なら、車だ!
 というわけで車で行くとどんな感じかを計算。
 高速道路を使って、3時間半くらいの道のり。往復で7時間。日帰りで、まあ、行けないこともないくらいの距離ですね。道はちょっと不安ですが、でもほらそこは……。

 カーナビを買ったので!

 実は「滝上いってみたいなー、どうしようかなー?」と悩んでいたとき、遠出するなら絶対にあると便利だ!と踏んでカーナビを買ったのです。ポータブルの手軽なやつ。
 とりあえずカーナビさえあれば何とかなる。
 ような気がする。
 7時間の運転というのも、まあ、前回の室蘭行きの様子を考えれば無理ではないはずです。そのくらいなら多分運転できる。
 どちらかというと問題は天気で、予報はなんと雨マーク。ただ降り出すのは午後、それも札幌は15時くらいから、滝上のあたりは夕方からという感じで。
 それだったらまあ、大丈夫そうかな!
 と思いきって行ってきちゃいました。

 朝は7時半過ぎに出発して、札幌インターから高速道路へ。そのまま北上して、旭川を過ぎたあたりで紋別道へ。浮島ICで降りて、なだらかな山道を走っていきます。
 山を抜けたらもう滝上の町で、芝桜公園まですぐ……なのですが。
 とりあえず、その前に。

45 香りの里たきのうえ

 本日のスタンプいっこめゲット!
 はじめて道央エリア以外のページにスタンプを押しましたよ。オホーツクエリアです。ちょっと嬉しい。
 で、これが10時ちょっとすぎくらい。思ったよりも少し早めに着いたのは、カーナビが紋別道を高速道路ではなく一般道として所要時間を計算していたからのようです。カーナビは紋別道を自動車専用道路として扱っていたので。実際、無料の自動車専用道路という扱いだから、高速道路ではないですしね、一応。
 さてはて。
 スタンプを押したところで、改めて滝上公園へ。臨時駐車場があるらしく、そちらへ誘導がかかっていたので公園と反対側の方へ進み、駐車場へ。駐車場に出ていた臨時窓口(という名前のテント)で入園料の500円を支払ってチケットを購入します。
 公園までは無料連絡バスがあるので車内へ乗り込み。わくわくしつつ5分ほど移動すると……。

たきのうえ芝桜01
たきのうえ芝桜02
たきのうえ芝桜03
 すごっ! なにこれすごっ!
 もうね、天気は快晴で見晴らしがよく、明るい太陽の光の下で見る芝桜はすごく色鮮やかで綺麗なんですよ。感動。これはすごい。見にきてよかった。
 この公園は丘の上にあって、高低差が結構あるんです。下から上を見上げたり、上に登って下を見下ろしたり。いやー、すごかった。いろいろな景色が見れて、すごく楽しかった!
 かなり天気が良かったので、お弁当を広げている人も結構いて、ああなら私もお弁当用意しておけばよかったー! とかちょっと思いました。
 この景色の中で食べるお弁当は、さぞ美味しいだろうなー……。

 さて、お花をたっぷり楽しんで、バスに乗って駐車場へ。
 車に戻った所で、さてこれからどうしよう。運転はまだ大丈夫そう。時間もお昼前で余裕があります。
 というわけで……。
 もう1箇所行ってみる事にしました。
 というのも、ここから30分くらいのところに湧別という町があるのですが、ここにはチューリップ公園があるんです。
 芝桜が見ごろなら、ちょうどチューリップも見ごろ。今いい具合にチューリップが咲いているらしい、という情報を出発前に仕入れていまして。
 大丈夫そうだったら、そこも行っちゃおうかなーと思っていたのです。
 というわけで、かみゆうべつチューリップ公園に向けて出発!
 途中、通り道にある、

22 オホーツク紋別
13 かみゆうべつ温泉チューリップの湯


 でスタンプを押して、いよいよチューリップ公園です。お昼時になったせいか、混雑はしているようでしたが、駐車場にはまだ余裕があったみたい。帰りに見てみたら別の離れた駐車場に誘導をかけているみたいだったので、近くに止められてラッキーだったかも。
 さてはて。ここも入園料は500円。チケットを買って入ってみると……。

かみゆうべつチューリップ01
 すごーい!
 なにこれ、ただのチューリップなんでしょ?とか侮っていてゴメンナサイ。これはすごい。一面、どれくらいの広さがあるのか、わけわかんないくらいの敷地に(なんたって、果てがどこにあるのかわからないくらい広い)、びーっしり咲きまくりなんですよ、チューリップ!
 私の背中側(写真に写っているのと反対側)にも、これと同じような光景が広がってますからね。あまりのすごさにもう、見とれてしまいます。

かみゆうべつチューリップ02
 こんな感じで、いろいろな種類の、色とりどりのチューリップが植えてあるようなエリアもあれば、

かみゆうべつチューリップ03
 こういう風に品種ごとまとめてがーっと植えてあるエリアもあって。大体はこっちのような感じで、1列には同じ品種だけって感じになっているところが多かったんですが、この品種が本当に多い! チューリップって世の中にこんなに数があるのか!って感じで。
 すごかったです。
 ちなみに、この品種は私が見て回った中で一番気に入ったもの。赤と黄色のグラデーションが綺麗で。せっかくなので、品種表示の札と一緒にとってみました。名前は「シナエダキング」というそうです。すごいですねー、こんなのもあるんだ、チューリップって。他にも、「こんな形のチューリップもあるんだ!」とかたくさんあって。すごく見ごたえありました。これは来て良かった。

 さて、ここまで見たところで行きたかった場所は終わりなので、あとはスタンプを押しながら帰る事にします。スタンプラリーブックを見ていると、湧別にはもういっこ道の駅があるようです。
 ええ、湧別って書いてあるけどサロマ湖のそばに。

 サロマ湖!
 そりゃすごい。そうか、サロマ湖って近くにあるんだ……。
 せっかく来たんだし、もうそうそうこの辺来ることってのも無いだろうから。
 よし、行っちゃえ!

 というわけでサロマ湖まで足を伸ばしちゃいました。やりすぎなのは自覚しています(笑)
 写真は撮り損ねたので無いのですが、いやー、すごいですね。海みたい。普通に港とかあって、もう海だよねーって感じ。でも向こう側にちゃんと陸地が見えたりとかね。あれはいいですね。もっと時間があれば、船載ったりしてゆっくり見て回りたかったところですが、ちょっともう帰らないと時間も怪しいけど雲行きも怪しいので帰路につきます。
 いやあ、網走あたりにホテルとっておけばよかったら。そしたらゆっくりしていけたのに。
 で、そのあと帰り道がてらスタンプを押していって、

52 愛ランド湧別
51 サロマ湖
24 おんねゆ温泉
15 まるせっぷ
83 しらたき


 の5個をゲット。
 この中で一番すごかったのは「おんねゆ温泉」。スタンプの柄がまず可愛い! すごい、これだけ凝ってていいデザインだと押し甲斐があります。あと、ここは毎時0分にからくり時計が動くそうなのですが、到着したのが丁度58分とかだったので、そのからくり時計を見てくることができました。周囲も、からくり時計を見ている人が結構いて、ああ名物なんだなーって感じでした。わざわざこれを見に来た人もいるっぽかったし。

 ここまで押したらもう夕方。ぽつぽつと雫が落ちてくる中、高速道路に乗って戻っていきます。
 が……。
 スタンプ帳と時計を見比べていると、どうも間に合いそうな場所がある。
 もしかしたら閉まっているかもしれないけど、間に合うなら押していきたいな。
 というわけで、深川ICでいったん降りて向かったのが19時に閉まる「ライスランドふかがわ」。到着自国は19時2分。ああ、これはもうダメかなーと思ったんですが……。
 ま、トイレだけでもと中に入ってみたら。
 まだ押せた! やった!
 物産コーナーの方はもう閉まっていたけどスタンプは押せました。ちなみに車に戻ろうとしたら職員の人がスタンプ片付けていたので、店じまいを先にやった後、スタンプ片付けに来たのかな。たまたまロスタイムで押せましたラッキー、って感じの状況のようです。
 そのあとは再び高速へ。無料区間の終わりになる岩見沢で降りて、そこからまたちょっと遠回り。今度は夜23時までと、道の駅にしては非常に遅くまで開いている新篠津を目指して、スタンプ押して今日のスタンプツアーはおしまいっ。

71 ライスランドふかがわ
110 しんしのつ


 をゲットして、最終的に10個押して帰って来ました。おおお、いっぱい押した!
 道の駅の営業時間がもうちょっと長ければ、他のところも押したんですけどねー。こればかりは仕方ない。大体17時とか18時とかで閉まっちゃうんだもんなー、道の駅。
(※トイレだけ24時間使えるけど、施設は閉まるのでスタンプ押せなくなる)

 というわけで、ただいまのスタンプは25個です。目標のコロコロクロックまであと5個ですね!
 ……この調子ならクリアできそうな気がします。うふふ。うきうきわくわく。
 せっかくなので、どこまで集められるか挑戦してみたいところですね。とか言うと、お前は知床や根室も行く気なのかってなるんですが(笑)いや、でもまあ、知床はちょっと行ってみたい気持ちはあるんですよね。あのへんの自然を観光してみたいから。……さてはて、どうなることやら(笑)
2011/06/11 (Sat) 14:13 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示