http://www.manzaigang.jp/

 試写会で見てきました。「漫才ギャング」。
 これが、とても面白かった!

 タイトルにもなっているように、作品の大きな部分を「漫才」が占めているのですが……これがね、凄く面白いんですよ。笑いあり涙あり、というと使い古された表現なんですけど、もう他に表現のしようがない。
 映画の全体に笑いスポットが無数にあって、どのシーンでも滅茶苦茶頻繁に声をたてて笑ってしまうわけです。泣けるシーンのはずなのに笑いスポットがあって、会場の人達が一緒になって泣けるシーンで笑ってるんです。ほら、この表現だけで、なんだかすごいでしょう?(笑)訳分からないと思うけど事実だからなあ……。

 もちろん、そんな映画なので、笑いのシーンは思いっきり声をあげてゲラゲラゲラ……(笑)。
 いやあ、すごいですよ。会場内で巻き起こる笑いの一体感。
 映画を見ているのか何を見ているのか、あれ?ってなるくらい。

 テレビでバラエティを見ていたら、ついつい声を上げて笑っちゃう!という人なら、この映画もついつい笑っちゃって楽しくてスカッとする、という映画になるんじゃないでしょうか。2時間ちょっとの映画なのですが、長さを感じなくて、あっという間だなあと思ってしまうくらい、楽しく過ごせる上映時間でした。

 ちなみに今回、舞台挨拶つきの試写会で、監督の品川ヒロシさんと主演の佐藤隆太さんがいらしていたのですが、このおふたりのトークがまた楽しいのね。
 監督はそりゃあ、「品川庄司」の品川の方なわけで、本物の芸人さんなんだから巧みなのは当然なんでしょうけど。短時間のトークで映画本編を見始める前に「ああ、この試写会きてよかったなぁ」って感じにさせられてしまうくらい。楽しくて面白い。
 おふたりのサインの入ったポスター争奪じゃんけん大会まで始まるし、その一幕がまた面白いしで(笑)
 最後には、贈呈された花束で殴りあいしながら、おふたりは退場されていきました……(笑)
 ダメだ。何をどうかいても実際に目の当たりにした光景の面白さを文に出来る気がまったくしない!

 そんな調子で舞台挨拶からして面白くて、見始めた映画がまた面白くて。かなり、凄い作品なのではないでしょうか。とりあえず、私は品川ヒロシさんのファンになって帰ってきました(笑)このひとは、本当に凄い人だと思うし、なんていうか凄まじい「才能ある!」感を感じたんですよね。
 前の「ドロップ」は見たこと無いんだけど、こっちも見てみようっと。

 ちなみにご本人のblogによると、同じ会場で実際に見ていらっしゃったみたいで。
 作った側、監督さんの側からの感想を読んでみるのも楽しいなあ。
 (ちなみにこれ

 当日は天気が悪くて、交通マヒしちゃうようなレベルの雪で、「もしかしたら来れないと思ったんだけど来れてよかった」みたいなお話が舞台挨拶中にあったんですが、ほんと北海道への飛行機が飛んでくれてよかった!

 絶対に見て損は無い映画、だと思います。思いっきり笑ってスカッとしたいなあ、なんて時にぴったりかと。オススメですよ、ぜひぜひどうぞ。
2011/03/05 (Sat) 00:42 | 映画 | コメントする(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示