春からの新番組、第一弾は「シャングリ・ラ」を見ました。
 溜め込んでいたので2話同時に。

 近未来の日本は地球温暖化防止の為に森に覆われていたのさー。
 ……という世界設定でスタート。なんと主人公は囚人です。しかも女子寮。おおお、牢屋からスタートとかチャレンジブル、とか勝手に盛り上がっていたら、主人公さんは本日出所だそうです。なぁんだ。

 で、まあ、出所した女の子は反政府組織リーダーの孫で國子(くにこ)さん。明るくて活動的な女の子。反政府組織の次期リーダーみたいな扱いは受けているけど、本人は反政府組織の一員ではないらしいです。父親代わりっぽいオッサンとか、世話焼きっぽいニューハーフさんとかが出ていらっしゃいます。
 政府と反政府組織の関係は悪くて(当然だ)、組織の拠点がある街は攻撃を受けちゃったりします。この政府の人がなんともイヤラシイ悪役です。かと思えば、マネーゲームだいすきな女の子がでてきたり、不思議パワーを使えるらしい女の子が出てきたり。女の子ばかりです……。

 ちょっと茶化して書いてますが、巻き込まれ型だけど頑張っちゃう主人公とか、それを支えている大人の方々とか、敵に当たる政府の役人っぽい人との関係とか、なかなか面白い内容です。ぜんぜんダメじゃないかと思っていたのを考えたら、かなりいい感じじゃないかな?って印象。
 謎の女の子達の謎が本当に謎なのがアレですが、ここまであからさまならそんなに引っ張らないだろうし、あまり経たないうちにわかるんじゃないのかな。そうやって、ちょっとずつ面白くなってくれそうかな?なんて期待を持たせてくれる感じの作品です。

 続きが楽しみになる内容でした。とりあえず、毎週録画してみたいと思います。
2009/04/20 (Mon) 23:09 | テレビ | コメントする(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示