東京でげっとしました・その2(その1は「まりあほりっく」)。

 というわけで第1話を見てみました。
 同じ苗字が沢山並んでいるキャスト表を見て、なんだろうと思っていたら、主人公はお金持ちのお嬢様って設定なんですね。んで、はねっかえりの主人公と、その周囲の家族がぞろぞろ出ていらっしゃると。いきなり結婚しろと言われてしまうとか、なかなかにキビシイ感じに溢れていますね。

 メイドだと思ったらロボットで、しかも中の人がいる設定だったのは、ちょっと素敵でした。中の人、メイドの皮を被ってるよりも、よっぽどかわいいと思うのですが。乗り物フェチというマニアックな設定が、またなんとも。

 いきなり無人のコロニーと接触し、ひと悶着あったところで1話終了。コミカルですねー。キャラが立ってますねー。どのキャラも面白いので見ごたえあります。
 家族連中はキャラの作り方が正しいのか間違ってるのか分からないけど、見てて不愉快になるので個人的にマイナスポイント。制作側が狙ったものだったとしても、これは個人的にはノーサンキューだわなー。

 微妙な路線一直線かと思っていたので、意外とマトモだったのに驚きつつ、これなら次回以降も面白いんじゃないかな?と思わせてくれる感じの内容でした。
 と、期待していなかった分、面白かった&この先も見てみたいと思わせてくれる出来だったので、また次以降も録画したのを貰ってみようと思います。
2009/01/13 (Tue) 20:35 | テレビ | コメントする(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示