鞄選びの経緯はここ

 というわけで、例の悩んでいた鞄選び。
 買いました。

 結局、選んだのは備長炭染め八号帆布  ショルダーバッグでした。
 前の記事で言う所の1番目ですね。

 決め手は次の4つくらい。

1つ目:丈夫であること
 やっぱりパソコンを入れる鞄なので、すぐにガタが来ちゃうと困ります。
 去年買ったOAバッグは、3日目くらいで肩紐部分の金具が壊れちゃったし(汗)。いや、あれは初期不良のような気はするけど……。
 旅先でいきなり壊れたら困るし、あまつさえパソコン落下したらと思うと結構恐怖。

2つ目:軽いこと
 で、パソコンを入れるからには結構重たいので、軽ければ軽い方がいい。

3つ目:肩紐の長さ
 ショルダーだけじゃなくて、手提げ状態にしても持ち歩ける鞄がいいので、肩紐の長さをチェックしました。長い鞄だと、手荷物と引きずってしまうので、ショルダー状態でしか持ち運べないから。
 これは、ショルダーだと肩が痛くなったときに逃げ道が無い、というのも含まれています。飛行機での移動だからね。手は多ければ多いほど良いのです(汗)

4つ目:見た目
 やっぱり、持ち歩く物だから、見た目的にちゃんと満足できている物がいいなー、と思うわけです。

 大体こんな感じですね。サイズとかは、まあ、前の記事の段階でもう絞ってたから、今回の時点ではあまり気にしませんでした。
 で、丈夫さと軽さを考えると、やっぱりバギーポートの方が良さそうなので、今回はバギーポートの鞄を選んでみました。
 つまり、
(1)備長炭染め八号帆布  ショルダーバッグ
 30cm×35.5cm×12cm、11500円。
(2)ロウビキパラフィン ショルダーバッグ(Lサイズ)
 28cm×39.5cm×14cm、10000円。
 ……という2択ですね。

 ここからが真剣に悩んだところで、「少しでも大きな方がいいんじゃ?」とか「でも大きすぎても不恰好だよね」とか「つーか大きいと引きずるんじゃない?」「サイズ優先で選んで他が気に喰わない鞄だったら、結局後悔するんじゃない?」などなど。

 結局、備長炭の方を選んだのは、見た目が好みだったことと、肩紐の長さが短かったことが理由になりました。サイズは、ロウビキパラフィンの物の方が少し大きいけど、こっちでも必要な荷物は入りそうだと判断したので(入らなければ減らそう……笑)、思いきって買いました。
 到着して、少し持ち歩いてみましたが、なかなかいい感じです。ええと、気になったところをあげるとと、「内部のポケットが無いので、小物の整理にちょっと不便だった」「肩紐はこれでもちょっと長かった」という感じでしょうか。
 ポケットに関しては外についているので、そっちを有効活用する方向で遣い方を考えれば解決しそうかな。肩紐は、個人的にはもうちょっと短い方が、肩から下げた時にフィットしそうだなぁという感じ。手から下げた時も、ちょっと引きずらないかどうかドキドキする長さでした。男性なら丁度良いのかもしれませんね。
 この鞄の紐はコットン系なので、折り曲げたりするのが容易です。なので、もし本当に長くて困る場面があったら、手に人巻きすると長さが調整できそうかなー、と思ってます。で、それで解決しそうな気がしているので、こっちもそれで試しつつ使ってみようかなと。

 防水加工が無いので、あとで防水スプレーかけておこうかな~。
 とりあえず、鞄は実際に使ってみないと解らないところも多いので、しばらく試してみたいと思います。
2008/12/19 (Fri) 23:37 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示