というわけで、池袋にあるナンジャタウンにやってまいりました。
 北海道には、あんまりこういう施設が無いので新鮮です。
 屋内で遊ぶ施設、っていうのが、そもそも無いんですよね。雪国なんだから需要ありそうなのに。遊園地も全部屋外だし、科学館はあるけどテーマパークとは別物だし。

 なので、ショッピングタウンを通り抜けていった先に入口があって、その中に遊園地みたいに施設が詰まってる、って感じがもう新鮮です。
 でもって、このアンジャタウン全体にある雰囲気が楽しいんですよね。
 5月に東京に行った時に、ちょっとだけ覗きに行ったんですけど、その時にすーっかりやられてしまいまして(笑)今回、改めて遊びに行こうと思っていたわけです。

 お盆で混雑予告が出ていたのですが、到着が夕方だったからか、入口での表示はどれも「空いてます」になってました。
 とりあえず、入園券を携えてナンジャタウンの中へ入ります。
 ほんとは300円かかるんだけど、ホットペッパーのクーポンで無料になりました。
 これ、ネットでクーポン獲得できるので、用意しておくと便利です。というか、真面目に入園料を払うのがちょっと馬鹿らしいかも。前回は払ったんだけどねー。ちなみに、ちゃんと払った場合と無料の場合とでは、入園券のカードデザインが違いました。お金払ってないと、ちょっと侘しい(笑)

 ナンジャタウンは、ちょうど「サンデーとマガジンの50周年と提携したイベント」をやってるらしくて、コナンとか金田一少年とかの絵が、でかでかと出てました。
 で、私がまず最初になにをやったかっていうと。
 そのサンデー・マガジン仕様になっているスーパーナンジャビザの手帳セットを買いました。

 これは、園内にあるスタンプを集めて遊ぶ、という、園内散策型のアトラクション。
 前に来た時に挑戦したけど、全然集まりませんでした。
 なのでリベンジ。
 前に買った手帳を持って行っていたんですけど、なんかイベント仕様になっていたので「はて、これはもう無効になってしまったのかしら?」とか思って、近くの金田一&コナンの推理ゲームコーナーにいたおねーさんに聞いてみたら、スタンプは全部サンデーとマガジンのキャラに切り替わっているけど、ルールは一緒なので、混ぜて集めても問題ないとのこと。
 でもまあ折角なので、手帳も改めてイベント用のを買いました。
 手帳に使用期限は無いので、古い方はイベント期間が終わったらまた集めればいいしね(←この時点でもう、また来る気満々)。

 中をぱらぱら見てみると、中にも漫画のキャラクターが満載。スタンプ押すところも、マガジンとサンデーから1人ずつキャラクターを出して「VS!」ってなってるページとか、名言集になってるところとか、かなり楽しい作りになってましたね。
 うん、これは手帳買って良かったです。混ぜたら変な手帳になってたね(笑)

 で、てくてくと園内を歩きながらスタンプ集め。ちなみに全部で108個あるんですけど、さくさく進んだかと思いきや、なかなかに難しい。
 見つからないんですよ。「ここが埋まってないから探してみよう」ってウロウロしても、影も形も無いスタンプが何個もあって。それでも、気長に探していると出くわしたりするんですけど……。

 閉園時間の22時になっても、全部は埋まらなくて、タイムアップとなってしまいました。

 く、悔しい!
 数えたら、残り10個くらい。
 でも、これなら、あともう1日あればコンプリートできそう……。

 じゃあ、また明日来るよナンジャタウン!

 ……日程細かく決めてなかったのが良かったというか悪かったというか……(笑)
 いくらでも融通が利くのをいいことに、次の日の予定を決めてしまうワタシ。
 まあ、一応他にも理由はあるのですよ。
 なんといっても、ナンジャタウンは涼しいから。
 ナンジャタウン自身が「暑い季節は屋内で空調効いてて涼しいナンジャタウンへ!」って言ってるだけあって、確かにナンジャタウンの中は快適なのです。
 ディズニーランドとか、楽しそうだけど、この暑さでは流石に体力の消耗が恐ろしくて行けません。
 本当は皇居を見てみたいとか、あと上野散策とかを考えてたけど、そっちもやはり外だから、同じように怖いわけです。
 それを考えるとナンジャタウンは快適な上、遊んでる感があっていいのですねー。
 お台場に行って、ひたすら外に出ないで観光、ってのも考えたけど、お台場冒険王を見に行くならやはり屋外なので、結局変わらないし。

 というわけで、ナンジャタウンなら暑さに負けず楽しめそうだし……と翌日の予定も決めつつ、ナンジャタウン1日目は終了したのでした。

(その7に続く)
2008/08/25 (Mon) 01:29 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示