さて、ウイスキーの試飲です。
 試飲会場の入口には「ニッカウイスキーの歴史年表」みたいなパネル展示がありました。たぶん試飲だけする人向けの物なんだろうな。せっかくなので見てみたら、いろいろなことが書いてあって、結構面白かったですよ。後述する「アップルワイン」の歴史の長さとかも、かなり実感できました。

 で、試飲ですが、ここでは「1人2杯まで」という制限がついています。
 でも、試飲できるお酒は3種類。
 品揃えは……うろ覚えだけど、竹鶴17年・シングルモルト余市10年・アップルワインだったかな(銘柄間違ってるかも)。あとは他に、ソフトドリンクでウーロン茶とリンゴジュース。ジュースは余市らしく「りんごのほっぺ」が並んでました。
 あ、余市はりんごの産地なので、りんご物が多いのですね。「りんごのほっぺ」は、余市産リンゴジュースの商品名です。高いんだけど、でも美味しいですよ(近所のスーパーでは、1リットルが確か400円くらいだったと思う)。

 私はアルコール飲める人だったので、せっかくなのでお酒を試飲してみることに。
 で、選んだのがアップルワイン。これが、すごーく美味しかったです。甘口のお酒が好きなだけかもしれないけど。ワインというよりリキュールって感じで、口当たりがすごくいい。
 これはニッカウイスキー創業の頃から、ずーっと作られている歴史のある商品だそうで。そういえば展示コーナーでも古い瓶とかラベルとか見かけたなぁ、なんて思いながら、甘いお酒が好きなので選んでみたら、正解でした。
 脇に水や氷があったけど、仮にもワインという名前なので、そのまま飲むのかな?と思ったら、ニッカウイスキーの人曰く「ロックがオススメ」だそうで。
 なので、試してみたら……いやあ、とっても美味しかったです。

 ええ、あまりに美味しかったので、1本買って帰ってきてしまいました。
 なんてことだ。
 いつから私はこんな酒飲みになったのか。てゆーか、今日の目的海鮮じゃなかったのかよ。

 ちなみに、アップルワインの外観とかはこちらをどうぞ

ニッカウイスキー_天使のわけまえ あとは、アップルワインを買った売店でソフトクリームを食べてきました。
 さて、このソフトクリームですが、実はただのソフトクリームではありません。
 名前を「天使のわけまえ」といいます。

 どんなソフトクリームかというと、アルコール入りソフトクリームなんですね。
 本当はウイスキーとブランデーの2種類があるらしいのですが、私が行った時はウイスキーしかありませんでした。なので、ウイスキーソフトクリーム。まあ、2択だったとしてもウイスキーの方を頼んだと思うので問題は無いのですが。

 見た目は、ごく普通のソフトクリームです。でも食べたら、物凄い勢いでウイスキー味でした。
 すごいよー。試飲した後だから、あんまり味が分からないかもーとか思いつつ買ったのに。一口食べた瞬間に広がるウイスキー味。がっつりお酒味のアイスクリームです。
 でも、嫌なお酒臭さはありません。
 すごく美味しいの。
 途中で味に飽きたり、胸焼けするような事もありません。
 これは、ここにきたら、ぜひ食べたいソフトクリームです。

 ちなみに、アルコール1%で、食べると飲酒運転になるそーです(笑)

 そんなわけで、美味しいウニとイクラを食べ、ウイスキー工場見学して、ウイスキー飲んで酔っ払いながらワイン買ってソフトクリーム食べて岐路につくという、なんとも堕落した日帰り観光でした(笑)
 いやー、思いつきで行った割には楽しかったです。うーん、余市は、もうちょっと交通アクセスが楽ならいいのになー。でもまた、そのうち行ってみたいと思います。

 あ、行ったのは2008年7月13日(日)です。
2008/07/18 (Fri) 02:39 | 旅行 | コメントする(2) | Trackback(0)
Comment
no_title
なんかpadomさんの手を見ると実在してる人物なんだなー。っておもいました。
よくわかんないコメントですけど…w
なんですとー(笑)
 現実味の無い人間だと思われてる!?(’’w

 顔は出せないけど、もうちょっと本人が映ってる何かを載せるべきだろうか……w

管理者のみに表示