さて、柿崎商店でウニとイクラを食べて、大満足した訳ですが、流石にこれだけの為に余市に来るのもどうかと思ったので、、食後は1つ観光して帰ることにしました。

ニッカウイスキー入口 ニッカウイスキー余市蒸溜所です。

 柿崎商店を出て20歩くらい歩いて、駅前通に出て、駅と反対側を向いたら、もう見えます(笑)
 駅から5分、柿崎商店から3分くらいかな。
 余市という町は、駅前に素敵な場所が密集していて、とてもいいと思います(笑)

 これまでにも余市には(柿崎商店でご飯を食べる為に)何度か来た事があったのですが、すぐ近くにあるのに、ニッカウイスキーを見学した事は無かったのですね。
 せっかくなので、今回はここを覗いて見る事にしました。

 ちなみに、ニッカウイスキーは見学無料です。元手が要らないというのも魅力ですねー。

 まずは入口で受付。
 ここは30分おきに無料ガイドをしてくれるというのを事前に調べておいたので、その事を受付のおねえさんに聞いてみると、あと10分くらいで次の回が出発するとのこと。
 「敷地に入ってすぐのところに待合室があるので、そこでお待ちください」と案内されたので、まずはその待合室の中へ。
 ここがねー、まず、すごいのですよ。しょっぱなから。椅子もゴミ箱も、喫煙室の灰皿も全部「樽」なの。ウイスキー工場だからって、ここまで樽尽くしにしなくても!ってくらい樽がいっぱい。
 でも、こういうの好きなので、この時点でもう、わくわくしまくりです(笑)

 しばらくして、やってきたお姉さんの案内で、早速ニッカウイスキーの工場見学をはじめます。

ニッカウイスキー_蒸留棟01 ウィスキー作りは、まず、麦芽を乾燥させ、発酵させた後、この「蒸留棟」という建物の中でウィスキーを蒸留するのだそうです。

 ちなみに余市の工場では、石狩平野で採れた麦を使っているのだとか。


ニッカウイスキー_蒸留棟02 下側は、こんな感じの窯になってます。
 本当にウィスキー作ってる場所なので、ちゃんと火もついてます。実際、室内に入ったら、むあっとした熱気を感じたというか、ちょっと蒸し暑かったです。
 それにしても、今の時代でも、こうやって炭を燃やして蒸留するんですね。もっとハイテクなのかと思ってた。工場とは言うけど、けっこう昔ながらというか人力というか。でも、それがいい!って感じもする。


ニッカウイスキー蒸留棟_03 お姉さんのガイドによると、この画像の真ん中に映っている窯(ちなみに、これは「ポットスチル」という物なのだそーです)は、このニッカウイスキーの余市工場が設立された時から使われているのだとか。
 てことは、これ、70年も前から使われる物なのか。そんな昔から道具を使い続けていて、しかも今でも普通に現役だなんて、すごすぎる。
 歴史を感じますね。


ニッカウイスキー蒸留棟04 で、ガイドさんの説明が一区切りついたところで、ちょうどタイミングよく、作業員のお兄さんが窯を開けて、新しい炭を入れはじめたんですね。
 ラッキー!
 もちろん、見学させていただきました。
 お兄さんが脇に置いてあったスコップを持って、ジャッジャッジャッ……と5回炭を放り込んでいきます。
 で、放り込んだら手早く扉を閉じて、また隣の窯で同じ作業を繰り返していくんですね。
 炭を放り込んだ瞬間、凄まじい勢いで釜の中が燃え盛っているのが見えて、もう、とにかく凄かったです。ちなみに熱気も半端じゃなくて、一瞬にして物凄い汗をかきました。
 ここで作業する人って、かなり汗をかくんだろうな。大変だ。

 蒸留棟を出たら、次は貯蔵庫見物です。
 (長くなってきたので、「その2」に続きます)
2008/07/17 (Thu) 01:07 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示