上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
 とりあえず片っ端から新番組を見てみようキャンペーン。

 というわけで、今度は「ドルアーガの塔」です。
 元はゲームですが、ゲームの方は遊んだことがありません。でもアニメのメインキャラは別にゲームと関係ないらしいので、どっちにしてもあんまり関係ないのかも。

 この作品の面白いところは、第1話に「表」と「裏」の2つがあること。
 表が地上波放送版で、裏がGyao放送版だそうで。
 とりあえず、録画予約してみた第1話の方から。

 いや、まあ、なんていうか。
 素敵な第1話でした。
 これは画期的。面白かったけど(笑)主人公は勇者です、という壮大なストーリーを30分やった上で、最後の最後で地の底まで叩き落すこの展開。途中までのノリといい雰囲気といい大好きです。

 ここまで見た上で、裏1話を見てみれば、そりゃあもう面白いのなんのって。
 表とのシンクロぶりや「ああ、実はこういうことだったのね」というシーンやら。主人公に向かってばーかばーか言いながら見れるアニメって貴重だと思うわけです。
 それでいて、表とは関係のないキャラのシーンなどもあって、この後どうなっていくのかなーと思わせぶりな演出もいろいろ。こういう仕掛けは上手ですね。
 でも、地上波放送だけの人は、このシーンを見れないわけで。なので、今後関係があるとしても「知っていたらニヤリとできる」ってくらいなんでしょうねー。

 表と裏があるのは、どうやら今回だけらしいのですが、とても楽しい試みで、両方見ても飽きが来ないし、かなり面白かったです。
 んー、できれば、Gyaoの方はもうちょっと配信を長くして欲しかったかな。ちょっと短すぎる。ビデオ録画して、後からゆっくり……ってタイプの人だと、大体見逃しちゃうもの。私も危なかったし。宣伝効果とか何か狙いはあるんだろうけど……せめて1週間くらいは見れるようにしておいてほしいなぁ。

 ちなみに、一番謎が残ったのはオープニングで、何故か学園生活を送っている風景が描かれていることなんですが、これ実は後々の伏線にでもなってるんでしょーか。
 ありがちなものとしては「実はネトゲ」という「.hack」ですっかり定番になってしまった方式なんですが、それとはちょっと違いそうな気はするんだけど……んー、どうなんだろうなぁ。そのうち分かるのかなぁ。

 とりあえず「一応1話を見ておくか」くらいで全然期待していなかったのに、予想外に超面白かったので、1回限りのつもりでしたが、次もまた見てみたいと思います。
2008/04/07 (Mon) 00:32 | テレビ | コメントする(0) | Trackback(1)
Comment

管理者のみに表示
Trackback
ドルアーガの塔 ~the Recovery of BABYLIM~ スターターパッケージ 人々の想いを乗せた渾身のキックがドルアーガの体を貫く!現世に復活した邪神はついに滅んだ。地上に再び平和をもたらしたジルの勇名は、この先もバビリムの地で語り継がれていくに違いない。……と、

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。