正直に言おう。
 そろそろ、旅行記書くの息切れしてきた(笑)
 なので、ここからは、あっさりモードでお送りします。

 というわけで、すっかり暗くなった夜の秋葉原を再び散策。
 ただし夜になっても人は減りません。むしろ増えてます。
 で、その足で駅方面に戻りつつ、ドンキホーテで旅行に必要な道具を買い足したりしながら、次に入ったのがここ。
 秋葉原ラジオ会館です。
 秋葉原の駅からすぐ近く、いろいろなお店が入っています。で、多いのが、なんといってもホビーショップ。
 ボークスやイエサブも面白いですが、目的といったら、何といってもやっぱりココ。
 海洋堂です。

リボルテックダンボー 海洋堂といえば、フィギュア界の重鎮。
 どうせ行くなら、その直営店を見に行っちゃうぜー! とばかりに、辿り着いた私を待っていたのは。

 リボルテックダンボーさんでした。

 リボルテックダンボーとは、よつばとという漫画から出たフィギュア。
 もとい、ダンボール被った人を模して作られたフィギュア。
 この、ダンボールマンが、どうにもこうにもツボで、ずっと気になっていたんですよ。
 で、それの等身大人形が、何故かずばーん!と海洋堂の入口にいたわけです。それも、エヴァ(右に見えてる紫のやつ)よりも目立つ位置。
 そらもうビックリです。

 で、同時にマズイなぁと思うわけです。
 いやあ、だって、等身大のダンボーさんがいるのは、反則だと思うわけですよ!
 もう可愛いわ可愛いわ。つい撮影しちゃった上、なんだかその場所から離れられなくなってしまう私。
 そして「今なら購入で特典もプレゼント」という触れ込みに、つい思わず手が伸びそうになる私。
 まずい、買いそう(笑)
 とはいえ、この日ちょっといろいろお金使いすぎだったのと、荷物結構多くて大変そうだったので、ここはぐっと我慢我慢……と言い聞かせて、何とか耐えるのでした。
 ……ああ、今から通販で買うのってどうだろう……とか思ってる自分が、ちょっとイヤ(笑)

ダンボーさんの山 ちなみに、この、ダンボーさんの反対側、お店のすぐ目の前にあるエスカレーター脇は、こんな状態になってました。
 名づけて「ダンボーさんのダンボールで作られたダンボーさん」。箱、よくよく見たらダンボーの箱で、そこがまた何ともツボでした。
 すごいよ。

 そんな感じでラジオ会館を楽しんで、後は秋葉原の駅の中へ。
 まだまだ秋葉原を見てみたかったけど、時間的にも体力的にも、そろそろ見て回るのは難しそう……ということで、今日はここまでで引き上げることに。

 そんな感じで、浅草と秋葉原、2箇所をめぐって楽しみまくった一日は、ようやく終わるのでした……。

(その9に続く)
2008/01/09 (Wed) 21:30 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示