東京滞在2日目は、のんびりぶらぶら観光に出発です。
 プランは、とてもアバウト。
 浅草を見物して、秋葉原に行く。
 その上で、時間に余裕があったら、神田の古書街か池袋を散策してみよう……というスケジュール。ちなみに浅草は浅草寺で、秋葉原はマニアックなお店とメイド喫茶、池袋はナンジャタウンとネットで見つけた美味しそうなラーメン屋さんが目的だったりします。

 そんなわけで、まずは浅草に向かって出発です。
 東京の列車は、とにかく路線が多くて訳が分からないので(笑)この日のために用意しておいた、携帯ガイドブックの出番です。

街ナビ 東京横浜 2008 (まっぷる) (まっぷる街ナビ) その名も「街ナビ東京横浜2008」。
 いわゆる「まっぷる」のシリーズで、持ち歩きと地図を重視した小さなサイズのガイドブックです。
 東京横浜の主要な町の地図と、路線乗り換え図がついていて、結論から言うと、今回の旅はこの路線図に何度も助けられる事になりました(笑)
 るるぶからも同じような冊子が出ていたのですが、るるぶに比べて1ページが薄いので、とても「めくりやすかった」のを決め手にしたのですが……これが、実際に「あれ、ここどこ?」って時に、すごく便利でした。
 地図の類は、ページがめくりやすいのって、重要ですね。
 でもって、見知らぬ土地……特に東京のような密集している都市に行く時は、地図が重要だなと思い知りました。はい。

 ま、それはともかく。
 地図を見ながら列車に乗って、浅草駅に到着です。
 駅の出口で地図を広げて「あ、あそこに橋が……あれが隅田川なのね!」とか「お、水上バス乗り場がある。あれ乗ったら面白そうだよね~」とかやりつつ、現在地と目的地である雷門の方角に見当をつけて、てくてく歩きます。
 のんびり5分くらい歩いて、ふと右手を見やれば。

雷門 こ、これが雷門……!

 駅から、あっという間なんですね。びっくりしました。駅前の商店街を歩いてきて、お店が途切れたと思ったら、すぐそこに雷門があるんですから。
 近くでは、人力車のお兄さんたちが客引きしていたり、同じように写真を撮っている観光客が沢山いたりで、とても賑やか。
 観光客の多くが、外国人だった所も、特筆すべきでしょうか。
 白人系の人も多かったけど、耳を済ませば日本語じゃねぇ! って感じで会話しているアジア系の人達も大勢いたりで、国際都市だなぁって感じでしたね。

雷おこし実演 さて、それじゃあ早速、浅草寺に向かって雷門をくぐろうじゃないか……と思ったら、雷門の、すぐ脇にあるお店の前に、なんだか人だかりがあったので、ちょっと興味が湧いて、まずはそこを覗いてみることに。
 それがこれ。
 実はそこ、雷おこしのお店らしくて、ちょうど実演の真っ最中だったんですね。
 なるほどー。雷おこしって、こんな風に作っていくんですね。
 思いがけず面白いところを見れて、ちょっと嬉しかったりして。
 とはいえ、ずっと見ていたら日が暮れてしまいそうだったので、一工程が終わったところで店を離れて、今度こそ浅草寺に向かいます。

仲見世通り 雷門をくぐれば、そこは仲見世通り。
 年の瀬だからか、正月飾りが取り付けられていて、かなり賑やかな雰囲気です。実際、観光客が結構いて活気がありました。
 左右に立ち並ぶお店を眺めながら、ゆっくり浅草寺の方へ。
 お店はどれも「和風」って感じのお店ばかりで、その空気がまたいいんですよね。白人の方々が楽しそうに買い物をしている姿が、とても印象深かったです。
 私はといえば、着物や扇子に興味はないし、お菓子の類は買いに行ってみたいお店が別にあったので、その辺りは我慢して、本当にただ見て歩くだけ。
 でした。
 が。

浅草あづま 実は一軒だけ、目をつけていたお店がありました。
 それがこれ。きびだんごのお店「あづま」です。
 東京行きに向けて買ったガイドブックで紹介されていたお店で、美味しそうだったので、ぜひこれは食べてみたいと思っていたのですね。
 お値段は、1人前(5串)で300円。
 かなりお手頃価格で、気軽に手を出せる額だったのも、ここに目を付けた理由だったりして(笑)。
 他には、お土産用のきびだんごと、あと甘酒を売ってました。甘酒は、たぶん年末年始限定かな?
 とはいえ、ここはやはり、お土産でも甘酒でもなく、食べ歩き用のきびだんごを買わねば!
 という訳で、お買い上げ。

きびだんご袋 こんな風に、うさぎの可愛い紙袋に入って手渡されます。
 個人的には、この袋が可愛いところも高ポイント(笑)
 お店のお姉さんから「暖かいうちに食べてくださいね」というお言葉も頂いたので、早速1串取り出してみます。

 きびだんごは、小さなお団子が4つ串に刺さっていて、それに「きなこ」がたーっぷりとまぶしてあります。
 ふんわり香るきなこの香りが、また美味しそうなこと美味しそうなこと(笑)
 という訳で、まずは一口。
 小さなお団子をひとつ、ぱくっといただきます。

 げほ、げほっほほ。
 きなこが、とにかくたっぷりなので、むせてしまったのは内緒なのだ!(笑)
 でも、かなり美味しいです、これ。
 もぐもぐやると、すぐにまた次の一口が食べたくなってしまうという。
 かなり粉が舞うので、残りは一口で食べてみたら、これがまた良いのなんのって。このきびだんご、ちまちま食べるのもいいけど、多分1串を1口で一気に食べる方が美味しいと思うのね(笑)

きびだんご で、あまりに美味しいので、少しずつ食べてみる予定が、ついついもう1串(笑)
 最初は「5本も入ってるだなんて、随分と量が多いなー」なんて思っていましたが、全然そんな事はありません。
 だって、1串1口だもん。
 あっという間に無くなりました(笑)
 いやあ、これはいいですね~。この先も、浅草に行ったら立ち寄る、定番のお店になりそうです。

 とまあ、そんな感じで寄り道しつつ、のんびり仲見世通りを歩くと、じきに浅草寺が見えてきたのでした。

(長くなったので、その4に続く)

2008/01/03 (Thu) 01:24 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示