上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
 さて、そんなこんなで、やってきました12月27日。
 いよいよ東京に向けて出発する日です。

 思えば、出発までいろいろとありました。
 旅行中に使ういいカバンが見つからなくて何日も捜し歩いたとか。
 直前になって、街歩きに良さそうな靴を新調したとか。
 行きたい場所を絞ったり、観光先を悠長に決める時間が無くなって、「ええい、もう行き当たりばったり適当でいいわー!」と投げ捨てたりとか。
 コミケが主目的なはずなのに、コミケ当日のスケジュールが全くの未定で白紙状態だとか。

 そりゃもう、いろいろ、いろいろありましたが、とにかく日程は待っちゃくれません。
 出発です。

 というわけで、出発当日の昼に会社を抜け出して、自宅に戻って出発前の最後のチェック。
 ガスの元栓を締めて、水抜きをして。
 衣類用の圧縮袋を駆使して無理やりに詰め込んだ荷物が入ったキャリーバックを引っ張って、いざ出発です。

 キャリーバック重い。
 キャリーバック、雪道で引っ張るの大変すぎ。


 甘く見すぎてました。「荷物なんて、とりあえず詰め込んじゃえば、まあ大丈夫だよね」とか思っていたのが間違いでした。めっさ大変です。
 雪で道が悪く、キャリーを運べない運べない。途中で引っかかるわ、腕が痛くなるわで、そりゃもう一苦労。
 階段にぶち当たれば、重くて持ち上げるのに四苦八苦。
 もう、絶対に、こんなに荷物は詰め込まないぞ!
 ……と、心に強く誓いながら、えっちらおっちらカートを引いて会社へ移動し、会社が終わったら、そのまま札幌駅のホームに移動して、エアポートに乗車。

 のはずが。
 忘れ物をした事に気付くわたし。

 ……仕方ないので取りに戻りました。超絶タイムロス。かなりギリギリでしたが、それでも何とか予約していた列車には十分間に合いそうなタイミングで到着。
 かなり息切れしたとか、荷物を根性で引っ張りまくったので腕が死にそうとか、色々ありましたがこの際もう仕方ありません。間に合ったならいいのです。
 というわけで「はー、それじゃあ改札くぐるかー」とチケットを取り出せば。

 ……時間、10分勘違いしてたー!!

 25分発の列車を、35分発だと勘違いしていたことに気付くわたし。
 ひぃぃぃぃぃ!
 出発まで、あともう10分切ってるー!
 半ばパニックになりながら、悲鳴を上げている腕に力を入れなおして早歩きでホームを目指す私。

 ちゃんと間に合いましたが、正直、もうね、死ぬかと思った。
 てゆーか、ここまでで存分に体力を使い果たしたらしくて、予め確保しておいたエアポートの指定席の車中で爆睡でした。

 こんなことなら、もうちょっと遅い列車にしておけば良かったなぁ。
 ちなみに、空港に着いた後は出発まで1時間近くあった(※余裕を持った列車を選んでおいた)ので、晩ご飯を兼ねた空弁を物色しつつ、空港内を散策。

新千歳空港ツリー で、目撃したのがこれ。
 こんな風に大きなツリーが、クリスマスも過ぎたのに、何故か飾ってあったりして。
 どうしてかなーと首を傾げてみたら、答えは簡単。


新千歳空港 こんなボードが立っていたんですねー。
 そうか、洞爺湖サミットか。
 そういえば、もう半年そこらですもんね。その告知を兼ねてカウントダウンしているらしく、ツリーが飾られていたようです。
 まあ、たぶん、年明けた辺りで、何か別のオブジェに変わるんでしょうけど、このボードだけでは確かに寂しく見えたから、ツリー残しておいたんでしょうね、わざと。

 ちなみに、本当は札幌駅のホームとか列車の車体とか撮影したかったのですが、そんな余裕は無かったので、旅行記最初の写真はこれになりました(汗)
 ちと残念。


 で、あれやこれやで、くったくたに疲れていたので(汗)お土産とか物色するのは止めて、空弁を購入したら、すぐにそのまま搭乗手続きを取って、あとは搭乗口の近くで座って休みながら待つことにするのでした……。

(その2に続く)
2008/01/02 (Wed) 23:39 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。