ネタにするのを忘れてました。
 サモンナイトエクステーゼ、買いました……というか、お馴染みのPS.comさんから発売日に到着です。
 中身はソフト+予約特典の冊子。冊子の方は、クラフトソードの時のような紙じゃなくて、サモンナイト3のようなしっかりしたハードカバーです。中身はまだ見ていないのでノーコメント。

 で、とりあえず説明書を開く。んー、やっぱりジャンルが変わっただけあって、かなり操作方法が違いますね。
 てっきりクラフトソードに似ているかと思ったら、クラフトソードとも結構操作方法が違うようです。
 ぱっと読んで、メニューがスタートボタンで、△ボタンでアイテム使用、という記述に少し嫌な予感。ずっと△はメニューというゲームばかり遊んでいるので、メニュー出そうとして間違ってアイテムを使う、というミスをやってしまいそう。

 ……なんて思っていたら、実際にプレイを始めたあと、何度もやってしまいました(笑)

 説明書はしっかり読むと時間を食いそうだったので、習うより慣れろだ!という精神でさくっとプレイ開始。OPムービーは、今までに比べるとちょっと物足りない感じ。短くないですか?
 これまでのシリーズに則って、テロップありと無しの2バージョンが用意されているみたいです。「ゲームをするときは部屋を明るくして……」の警告もきちんと用意されてましたけど、確認できたのは主人公ズの1種類だけ。ちょっと寂しいなぁ。

 アクションはそんなに難しくないです。まだ1度もゲームオーバーになっていない(ちなみに現在ACT9)ので、苦手な人でもあんまり関係なく遊べそうじゃないかなぁと。現にアクション苦手な私も遊べています(笑)
 サクサクッと進んでプレイもなかなか快適です。ロード時間とか感じませんから、ストレスがなくていいです。
 一つだけ、移動速度が私には少し遅いかなーというのが唯一気になる点かな。歩く/走るの区別が無いので、こんなものかもしれませんが、結構移動が多いゲームなので、「遅いなぁ」と感じてしまうことがしばし。さくさく軽快に走れたら、あちこちへの移動が快適だったろうなぁ……なんて思ったり。

 が、アクション以外に一つ、ストレスの溜まっている部分が一つ。
 召喚獣です。
 今回、召喚獣は名前の欠片を集めて、欠片が全て揃ったら召喚可能になるシステムになってますが……この、名前の欠片が集まってくれない。
 と、いうのも、名前の欠片は主に、宝箱に入っていたり、特定の敵が特定の文字をロストする(倒した時に落とす)のですが、これが厄介。
 召喚獣には「使用できないとギミックを発動させられず先に進めない」という召喚獣が多くて「この召喚獣が必要っぽいけど、使えないよー」という状態に何度か陥っているのですね。
 そういう欠片は、ダンジョンで取り損ねた宝箱の中に入っていたり、敵が落とす文字を拾えていなかったりするのですが……そのためにクリアしたダンジョンを片っ端から調べてみたり、どの敵が落とすのか解らない文字の為に、あちこちさまよってひたすら戦闘してみたり……と、非常にめんどいのです(汗)
 あまりに大変なので、召喚獣が原因で進めない状況に陥った(っぽい)時は、攻略サイトに頼りながら進めてます……これ、完全に自力でクリアするのは、かなり時間と根気が必要そうだと思います。

 あと、余談ですが、途中で次は一体何をしたらいいのか(というか、どこに行けば次のイベントに進むのか)、解らなくなる事がしばしあったり。クラフトソードのような、パートナーとの会話で次は何をするのか解る機能があると良かったなぁ。

 とりあえず、そこそこ楽しめているので、ぼちぼちと遊んでクリアを目指したいと思います。
2005/08/07 (Sun) 22:02 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示