iconicon そういえば、本のカテゴリがあるんだから、読んだ本の感想とかちゃんと書こうよ……と思い立ち、読んだ本の感想を書く事に。
 最近、読む本の数がめっきり減ってはいるのですが、全然読んでいないわけでは無いのですよね。むむむ、読んだら感想を書くという習慣が(ゲームのプレイ日記とは違って)身についていないから、忘れてしまうんでしまうんでしょうね、きっと。

 そんな訳で、ちょうど読み終わったばかりの本。
しずるさんと偏屈な死者たち」です。
 いわゆるライトノベルなのですが、ミステリー系だったのと面白いと聞いた事があったので、どれどれと物は試しに読んでみた1冊。
 長編ではなくて短編集で、同じキャラクターが事件の謎を解くという短編が複数収録されているという形式になっています。

 で、中身ですが。
 まず何やら主人公(なのか?)が病院に向かうシーンからスタートし、病室にいる友人「しずるさん」と面会する描写からスタート。
 何やら重い病気を患っているらしい「しずるさん」が、不可思議な事件について知りたがるので、それについて主人公が調査した事を伝え、その情報を元に、しずるさんが謎を解く……という、安楽椅子探偵ならぬ病床探偵による謎解きストーリーになっています。
 しずるさんは何か特異な病気らしいのですが、その詳細は出てきません。ただし、何というか「とても仰々しいトップシークレット」であるという印象だけを与える描写が続くので、ここにも何か謎があるのでは?と思わせぶりな状況になっています。
 対する主人公は「ごくごく普通の一般家庭の娘っこ」なのに「全警察関係者が名前を知っていて、誰もが慄く」ような立ち位置らしいという描写があったりして、やっぱり「何かある」と思わせぶりな状態になっています。
 でも、やっぱり何があるのかは描写されないし、その理由は主人公本人ですら判らないという仕組みの模様。

 という訳で、まずは「探偵側に謎がある」という状況からスタートする推理物。
 で、各短編に登場する事件を解決(というか真相を明らかにする)訳なのですが、これについては推理系というよりは「エンターティメント性の強い事件」を扱うという感じですね。正直、推理しながら読むという小説ではなく、オチ(真相)を目にして「奇抜な事件だなぁ」と思って終わりというか(笑)
 いわゆる、最近の講談社ノベルスによくある路線っぽい印象ですね。
 イメージとしては、森博嗣の小説を3倍くらいに薄めて短編にしたもの、とかいう感じでしょうか。
 文章は読みやすいので、するするっと読み進められますし、事件やトリックや内容も、まぁそれなりに面白いのですが、やっぱり「ライトノベル」な印象で「推理小説」では無いなぁという感じでした。

 なので「ライトノベルに抵抗が無い」「推理物が好き」というタイプの人ならば、楽しめるのではないでしょうか(あとは、メフィスト賞とかファウストとかが好きな人もいけるかと)。
 ライトノベルも推理物も、それぞれ、それなりに読む人を選ぶジャンルですので、片方でも苦手という人には少し辛いかもですが、ファンタジーが好きならば平気では無いかなーという印象。
 ……と、ここまで書いてから「ああなるほど、推理ファンタジー小説みたいな表現はしっくり来るかもなぁ」とか思ってみたりする私。
「本格推理小説」を求めていると肩透かしを食らうでしょうが、そうでなければ、それなりに楽しく読める1冊のような気がします。
 ライトノベル特有の「キャラが気に入れば楽しい」という側面(主人公ペア2人を気に入ったので楽しんで読めた)もあるのかもしれませんけれど。
 ライトノベルな推理物が趣味に合いそうだ、という方ならば、結構楽しめるのではないのかなーと思います。

 そんなこんなで、なかなか楽しめたので次の巻も読んでみようかなーと思っていたりするpadomなのでした。
iconicon
しずるさんと偏屈な死者たちicon
2006/03/25 (Sat) 17:05 | | コメントする(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示