上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
 5日続いたから、この調子だったら続くんじゃないかなーと思うから書くわけなんですが。
 私が、とても優れていると評価している、こういうものがありまして。

●小さな変化が人生を変える。30日単位の人生ハック
http://lifehacking.jp/2011/05/30days/

 詳しくは記事を見ていただくとして。要約すると、
「30日だけ、と期限を区切って、新しい何かに挑戦しよう!」
 というものなのです。

 30日だけ、人生に何かを足してみる(あるいは引いてみる)。
 それは大きなものじゃなくていいんです。ちょっとだーけでいいから、何かやってみる。
 人間というのは何かに挑戦しようとすると、挫折してしまうことが、まあ、そこそこあるわけなんですが。不思議なもので、「30日だけやってみよう」「30日だけ続けてみよう」と思うと、結構うまくいくものなんですね。これが。
 まあ、だからといって、あまりにも大きなことやろうとすると失敗するので、「このくらいなら、1ヶ月くらいだったら毎日続きそうかなー」ってものをチョイスするのもポイントなんですけど。

 以前、上にリンク張ったこの記事を見かけて以来、私は何回か「30日だけ○○する」に挑戦しているのですが、今のところ結構うまくいってます。
 飽きっぽかったり、何事も長続きしないことには定評のある(……笑)私が、ですよ!
 すごいよねー。

 たとえば最初に挑戦したのは、「30日だけ23時にパソコンを落とす」でした。寝る、ではなくパソコンをとりあえずやめる、というところがミソ。そうした結果、毎日就寝時刻までに空白の時間ができあがり、それをパソコン以外の別のこと(私の場合、主に読書でした)に充てるようになり、日常に「ちょっとした(けど本人にとっては、結構大きな)変化」があらわれて、何か新鮮な体験ができるわけです。ええ。

 30日だけだから、まあうまくいかなくてもまあ、30日たったらリセットすればいいし!
 ……みたいな、結構軽い気持ちでやれるのもいいんでしょうね、きっと。

 というわけで今回のチャレンジは、唐突ですが「30日だけ毎日このblog更新する」です。
 何かと放置しがちなblogを30日だけ毎日更新してみることで、新たな有効活用法とか見えてきて、何か、人生にいいことがある、かも、しれない!
 6日目になる今日は、月末というキリのいいタイミングでもあるので、この突如いきなり毎日更新されるようになった不自然な状況を解説がてら、記事にしてみたわけでした(笑)

 ちうわけで、しばらく更新が続きます。続くはずです。今のところまだ大丈夫だけど、この先もしもネタに困ったらどうしよう……とは思っています(笑)。まあ、30日なら何とかなるかな……(笑)
スポンサーサイト
2013/01/31 (Thu) 21:48 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 ……という、ちょっとしたトラブル?に見舞われまして。
 トラブルというか、わかりやすく充電用のACアダプターぶっ壊れたというおはなしなのですが(笑)、でもまあPSPは充電池で動くゲーム機、充電用のコードがいかれてしまうと、使い物になりません。

 とりあえず、状況を詳しく確認してみて、
「コードをさしても充電ランプがつかない」
「が、角度とかをちょっと変えてみると、ランプがつく」
「しかし、その角度がちょっとでもずれるとランプが消えてしまう=充電できなくなる」
 という感じになっていることが判明。
 バッテリの故障、というセンも疑って一応、バッテリはずした状態でケーブルと繋いでみたりもしたのですが、やっぱり状況は変わらないので「ケーブルがだめになった」か「端子あるいはそれに連動している部位がダメになった」の、どちらかっぽいようですね。

 完全に充電できないわけじゃないし、ちょっとしたケーブルの角度によって充電できるかどうかが変わるという状態だったので、本体の故障よりはケーブルの異常の方がありそうかな、と目星をつけたところで、ケーブルの調達にいってみました。100円ショップに。
 ……だって買い直したら高いじゃないですかー。
 あと、3月に本体同梱のソフトを買うつもり(予約済み)なので、発売まで1ヶ月ちょっとというタイミングでACアダプタ買いなおすのは、本当にもったいない気がして……(ふっ)。

 で、100円ショップに向かいまして。具体的にはダイソーなんですけど、手に入れてきました、代替になりそうなケーブル。
 PSPをUSBで充電できるケーブルです。
 コンセントから充電できなくても、PC経由で充電できれば、それはそれで困りませんよね。あと純正以外にもう1つケーブルがあると、旅行の時とかにも紛失を心配せずに思いっきり持ち歩けるので、そこも嬉しいといえば嬉しいポイントかな、とか。ただのケーブルなので、純正の充電ケーブルよりもコンパクトだというのもプラスかなー。

 というわけで、早速開封してパソコンと接続してみましたら、なーんの問題も無く充電ライトが点灯。ばっちり充電できました。

 これでもしダメだったとしたら、ケーブルじゃなくて本体側の異常を疑わなければいけなかったのですが、原因やっぱりケーブルの方だったみたいで。無事解決の模様です。よかったよかった。
 それにしても、有名ゲーム機とはいえ100円でケーブル手に入るのは有難いですね。またもしケーブルに何か起こるかもしれないし、店頭にPSPのアイテムが並んでいるうちに、もう1本買っておく方がいいのかなー、と思わなくも無いです。最近あそぶゲームってPSPばっかりなので。
 昔のゲームボーイとか、しょっちゅう乾電池交換しなくちゃいけなくて面倒だと思ったものですが、充電前提のゲーム機だと今度はこういうトラブルがあるわけですねー。充電できなくなっちゃったら、さすがにどうしようもないもんなー。ともあれ、100円のケーブル1本でさささっと解決してよかったです。
2013/01/30 (Wed) 23:06 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
 最近、本の感想は読書ノートにつけていたのですが、なんかやっぱりblogで書くことにしようかなーと思ったので今年からまた、本を読んだらblogに記事をつけていくことにします。

 というわけで今年最初の読書。有川浩さん「ヒア・カムズ・ザ・サン」です。

 この本はちょっと変わっていて。7行のあらすじがまず最初にあり、それを元に別々の人が別々に作品を仕上げていく面白い企画によって生まれた作品のひとつ。これは小説ですが、別のクリエーターさんは演劇の脚本を書いていたりもします。
 さて、作品の元になった「7行のあらすじ」ですが、これは、
==========
真也は30歳。出版社で編集の仕事をしている。
彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。
強い記憶は鮮やかに。何年経っても、鮮やかに。
ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。
カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。
父は、ハリウッドで映画の仕事をしていると言う。
しかし、真也の目には、全く違う景色が見えた……。
==========
 という内容になっています。
 なるほど、大まかなものは決まっているけど、根幹は扱う作家任せですね。キャラもざっくり主人公の設定があるくらいで、カオルなんかは結構人によって色々な味付けが出来そうな程度の扱いです。他のキャラなんて、もう好き勝手にしなさい、ってレベルですよねー。
 これは面白そう。

 さて、この本には2つの話が収録されています。有川さんが、このあらすじから書き上げた本編と、その後おなじあらすじを元に書き上げられた脚本で上映された演劇を見たあと、更に別パターンとして書かれた作品(パラレル版、と本のほうには記載されています)。
 まずそもそも「ひとりの作家が同じモチーフで2つ話を書き、その両方が収録されている本」というだけで結構面白い感じです。
 で、読んでみた感想はというと。

 面白いです。なるほど、このあらすじからこうして、こうなって、こんな風に膨らませてこうドラマが出来上がるのか! 
 という流れがイメージできて非常に面白かったです。
 1作目は、主人公の能力を生かした「謎解き」パートのカタストロフが、たまらなくいいです。謎というのは、つまり「カオルの父親に秘められた事情(真相)」なわけなんですけど、これはもう胸にぐっときます。たまらない。
 真也はカオルにコンプレックスを持っているのですが、そのシーンを通じて「真也が自分で思ってるほど器の小さい人間じゃない」ことが分かる演出があったりして、そういう細やかな仕掛けが好きです。自分がサイコメトラーじゃなかったら、こんな風に人の心の機微なんて分からないし……とクヨクヨジメジメしている真也ですが、彼はきっと、この能力無くても気遣いの人だろうなあ、と思わせてくれる細やかな仕草の描写があるのです。序盤のこのシーン、カタストロフの場面の次に好きです。

 2作目(パラレル版)は、うってかわって謎なんてものはサッパリ無し! ド直球にホームドラマです。これはこれでいいんだろうけど、1作目のカタストロフが気に入っている身としては、寂しく感じますね。もっと仕掛けが欲しかったです。
 あと父親が格好悪すぎるのです。フィクションなんだから、格好悪くて夢壊れる感じの父親と、それに傷つく娘なんて構図は読みたくなかったなあ。
「親に期待してはいけない」「諦めることからはじめよう」という話には、こう、なんといいますか、夢も希望も無い感じがして……。個人的には、1作目だけで十分でした。2作目は読まない方が、読後感が良くてよかったかも、という感じです。
 でも、ぜんぜん違う話にはなっていたので、同じモチーフで別々の話が楽しめるという意味では、お得っちゃお得かもしれません。

 1点、この本を読んで非常に面白かったこと。
 それは私があらすじを読んで、「カオルは男」だろうと思っていたら、収録されている2つの作品どちらも「カオルは女」として登場していたことでしょうか。
 なるほどなあ!

 このカオルの性別の件だけで物凄く楽しめたので、非常に読む価値がありました。なのでまず、最初に7行のあらすじから、内容を出来るだけ具体的に想像して、それから実際に本文を読みはじめることをオススメします。たぶん、それでこの本かなり面白くなると思いますよ。

ヒア・カムズ・ザ・サン
ヒア・カムズ・ザ・サン
2013/01/29 (Tue) 23:43 | | コメントする(0) | Trackback(0)
 と、最近ちょくちょくMY携帯(au版iPhone4S)に表示されるようになりました。
 特に変わったことはしていないので、よくわかんないんですけど、SIMカード(携帯に差し込む個人識別カード的なやつ)が誤認識されちゃうみたいで。電源を一度切って、再起動すると直るんですが、またふとしたタイミングに液晶を見ると「SIMが不正です」って出るんですよね。

 で、メッセージが出るだけじゃなくて、アンテナ部分にも同じ表示が出ているので、どうも対外的には強制圏外扱いというか、着信とか通信とかそういうの一切シャットアウトされてしまっているらしく。
 いやー、アンテナのところに「SIMが不正です」って表示されるの、なかなかインパクトあって凄いですよ。とか、最初はこんな感じで面白がってたんですけど。
 半月に1回くらい時々、という感じだったのにこのエラー(?)の出る頻度がどんどんあがって、毎日のようにこの表示が出るようになってしまい。
 さすがにちょっと困る、という事態になりまして。

 私はそんなに携帯使わない方だと思うのですが、いざという時に緊急連絡的なものが取れないとか、会社からの連絡シャットアウトされるとか大問題なわけで。
 さすがに、これはちょっと使い物にならないので直さなければいけません。

 一番に考えられるのは本体の故障なのですが、この表示が出ること以外は正常なんですよね。他の動作はしっかりしてます。電源入切すると直るというあたりも、ちょっと本体の故障にしては変な感じ。
 そもそも、「SIMが不正です」ってエラーなんだから、SIMカードの方になにか問題があるのでは。
 と思い至ったところで解決方法は2つ。
(1)大人しくauショップに行く
(2)とりあえずgoogle先生とインターネットの力に頼る

 SIMカードの破損とかだったら、ちょっと自力でどうにかできる気がしないもんなあ……。
 と思いつつ、私が選んだのは、とりあえず後者。
 auショップに行くのはいいんですけど、修理が必要になったりすると面倒だし、1週間掛かりますとか言われちゃったりすると、それはそれですんごく困るわけで。うむ。とりあえず先人の知恵に頼ってあがいて、ダメだったらショップってことにしようかと。

 軽く検索してみると、この症状は結構他にも存在するようです。
 ただし大体の内容は「4S発売直後くらいに発生した」というパターンで「iOSのアップデートによって改善されている」らしい。……おおっと、これは困った私には当てはまらない情報だぞっと。
 確かに書き手さんのblogの日付とか、およそ1年前(2011年の12月とか)になってます。このひとたちと私の症状は、同じですが原因が違うので参考にならない。
 他のパターンは、ともうちょっとキーワードいろいろひっくり返してみた結果、ざっと次のような情報が手に入りました。

・「SIMが不正です」って言ってるんだからSIMカードの異常に決まってる
・とりあえず電源を切って再起動。これで結構改善する
・それでもだめならSIMカードを抜き差しすべし
・カード入れなおしてもダメならショップ行けば?

 ……って感じらしいですよ。ほほう。
 ひとつめ。ですよねー。
 ふたつめ。やりました。確かに直ります。が、24時間以内にまた同じ「SIMが不正です」状況に逆戻りするので、それを何とかしたいのであります。
 というわけで、みっつめ。なるほど、SIMカードをいったん抜いて差し込み直すという発想はありませんでした。そりゃそうですよね、確かに抜けるようになっているに決まっていますから、抜き差しする動作は誰にだって出来るはずです。

 というわけで、まずそのSIMカードの抜き差しを試してみることに。ちなみに、SIMカードを一回確認して、この段階であからさまに破損しているとか、そういう感じだったら諦めてショップ行こう……という後ろ向きな目的もひとつ兼ねています。
 でもSIMカードって、一体どこに入ってるんだろう?
 というわけでgoogle先生に頼ってみたところ、次のようなページが見つかりました。実際にこのページを参考にしてSIMカードを取り出させていただきました。

●iPhone 5からSIMカードを取り出す方法
http://m.designbits.jp/12122021/
 これは5の記事なんですけど、4Sも基本おんなじです。

 iPhone4SのSIMカードというのは本体の脇に差込口があるようなので、ひとまずカバーをはずします。で、見てみると、確かにそれっぽい部分があるのですが……。

 ちっちゃ!
 超ちっちゃ!

 買ってすぐケースかぶせてたので、ちゃんと見たこと無い場所だったのですが。こんな小さいとは思いませんでした。上の記事で画像まで見てるのに小さくて驚くレベル。ちっちゃすぎ……。

 で、このパーツの部分に、購入時についてきた謎のパーツ(※上の記事に画像ついてます)を押し込むとカードが出てくる仕組みになっているそうです。へえ!確かに見覚えあるなあ、このパーツ。なんじゃろーと思っていたけど、SIMカードを取り出したいときに使うものだったのか……と今更ながらに変な感動を覚えつつ。
 購入時の箱とかちゃんと取っておくタイプなので、引っ張り出してきます。これはまた、すっごくちっちゃい、というか、ちゃちいパーツなのです。こんなんで本当に……?と半信半疑になりつつ、

 押します!
 それっぽい穴を押します!
 ……が、何も出てくる気配がありません。なんでー!?

 正確には、なにか浮き上がりそうな気配を漂わせてはいるのですが何も起こりません……。
 これは押し方が足りないのかな?と思って力いっぱいぐりぐり押しますが、しーんと無反応状態です。うわあ、なにこれ悲しい。そしてこれ本当に大丈夫なんだろうかと不安になってきます。
 そしてこのパーツ、ちっちゃ&ちゃちいので扱いにくいんです。全力で押し込んでも先端が滑っちゃって穴からはみ出しちゃったり、ついナナメっちゃって「ああこれちゃんと力かかってないよなあ」って状態になったり。
 わかってるけど、いやもう、ねえ。どうしようもないです。リアルで(><)って顔しながら必死に押しまくるしかありません。参考にしたブログさんにも「結構ぐいっと力強く差し込まないとトレイは開きません」ってあるので、操作方法を間違っているんじゃなくて押し方が足りていない、のだと判断してがんばり続けます。

 かくして。
 30分ほど悪戦苦闘していたら、徐々に徐々にトレイが浮き上がり、こにゃくそー!と押しまくり続けたら、そのうちトレイが取れました……。

 いやこれ、普通の人さくさくっと取り出せたりするんですか?こんなに苦労しているの私だけなんでしょうか……。でもまあ、ともあれトレイが開いたので、一安心一安心。安堵しまくりながらSIMを確認。
 明白なヒビとか破れとか亀裂は無いのですが、なんか全体的に曇ってます……。
 CDの再生面にできる曇り、とでも表現すればいいんでしょうか。綺麗な状態ではありませんが、CDだって曇りできても再生自体は問題なく出来るしなあ……と、SIMカードを戻して実験してみます。

 ……このとき一回SIMカード裏返しにして戻しちゃったのは内緒です。
 あまりにカードが小さすぎて、表裏どっちにしたらいいのかトレイに書いておらず、出した当の本人は「やっと開いたぁぁぁぁぁ!(><)(ぶわわっ)」って状態だったので、表裏どうなってたのかなんて覚えてないっていう。

 そんな話はいいですね。ともあれ、SIMカードを元に戻して電源オン。
 で、それから1ヶ月ほどになりますが、例の「SIMが不正です」の表示はまったく出なくなりました。これは試してみた本人が一番びっくりしています。取り出すのにものすごく苦労しましたが、苦労した甲斐はありました。ただカード抜き差しするだけで改善するだなんて。
 これもう原因がさっぱりわかりませんが、何かの拍子でカードの接触がずれて、ちょっと接触悪くなっちゃってたせいでエラーが出てたとか?なにかそういう感じなんでしょうかね?
 よくわかりませんが、まあ、というわけで、

「SIMカードを抜き差しする」のは効果あり、ですよ皆さん!

 これほんとに助かったので、自分用のメモも兼ねて記事にしておきます。
 iPhoneの不具合は、電源を入れなおすだけで結構直る、というのは聞いたことがありましたが、次からは「それでもダメなら次はSIMカードを入れなおす」ことにしたいと思います。いやー、ほんと悩んでたのが嘘みたいにスッキリする解決法でした。
 うん、まあ、SIMカードを一度だすまでにすごく苦労したので、正直もうあの苦労は二度としたくはありませんけどね……(笑)
2013/01/28 (Mon) 23:15 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
サモンナイト3 PSPに移植された「サモンナイト3」をプレイしました。なんと10年越しのシリーズ復活!そして移植!ですよ!

 もともとサモンナイトシリーズはフライトプランが開発していたわけですが、そのフライトプランがお亡くなり(倒産)になり、権利を持つ会社がバンプレスト→バンダイ→バンダイナムコと移動していった結果、「まあもうシリーズの続編とか復活とか見込めないよねー……」という状況から、まさかの復活&移植です。びっくりですよ!

 というわけで、移植第1段のサモンナイト3です。なんで最初が3なのかというと、1と2は昔のPS版のまま、アーカイブスで配信されているからです。それぞれ600円。前作の話が分かっていた方が楽しめる仕様なので、できればDLしてプレイしておくことがオススメです。まあ2作品あわせて1200円ですから!お手頃ですよ、ぜひ!(力いっぱい布教)

 で、3と4はリメイクしてPSPに移植されたわけですね。
 アーカイブ配信とリメイク移植ってどう違うの?って感じですが、どう違うのかといいますと。
(1)システムが改良されました
 特に戦闘周りが大改良。もう革命!と言っていいくらいに変わりました。
 まずは「スキル」。キャラクターそれぞれにスキルの概念が導入されて、レベルアップや敵の撃破によって手に入るポイントを使って、スキルを獲得するシステムが出来ました。
 これがPS2版と劇的に違う。
 キャラにどんな特殊能力を獲得させるか、はもちろん、伸ばすパラメーターを決めてそれを強化したり、得意な武器にポイントを割り振って更に武器への適正をあげたり。防御系にスキルを割り振ったり、反撃能力をあげたりすることもできます。必殺技の習得も、このスキルポイントでの獲得という形がとられるようになりました。
 これが本当にすごい。キャラを育てている感じがあるし、強くしたいキャラに敵をがんがん倒させてスキルポイントをつぎ込む、なんて感じで育成したりできます。
 従来、サモンナイトシリーズとは「強くしたいキャラは、とにかく経験値を突っ込んでレベルをあげる」というゲームだったのですが、今回のリメイクの結果「レベルはさておき、とにかくスキルポイントを獲得してスキルをGETさせまくって強化する」というゲームに変わりました。ぶっちゃけ別物です。すごい。
 キャラ育てるの、めっちゃ楽しいです。
(2)イベントイラストが増えました
 昔はイベントイラストなんてもの無かったので、それを考えるといっぱい増えました。一枚絵が表示されるシーンが10箇所くらい(?※うろおぼえ)あるので見た目が派手になりました。
(3)夜会話システムの強化
 サモンナイトシリーズは、恋愛ゲームさながらに「好感度」や「エンディング分岐」が存在するゲームなのですが、今回その関係のシステムも強化されました。具体的には、夜会話のたびに表示されるキャラグラフィックが一新され、普段の会話シーンでは使われない、夜会話専用グラフィックになりました。全員分、新しいグラフィックがありますよ、すごい。
 それから「夜会話ギャラリー」! 全10話以上あるこのゲーム、夜会話は毎話1回ずつあるのですが、その会話内容を保存することが一切出来ない仕様でした(保存しようとするとセーブデータの数が膨れ上がる)。ところが今回、この夜会話をコレクションするシステムが……!ちなみにエンディングも見れるようです。この機能だけでいいので1と2にもつけてくれませんかコンプするのに……!
(4)傀儡システム
 サモンナイトは主人公とパートナーが選択制だったり、プレイの仕方によって仲間にならないキャラなどがいるのですが、今回、そのプレイで登場しないキャラ、仲間にならない(ならなかった)キャラを「傀儡」として召喚してパーティメンバーにできるシステムができました。しかもこれ、2週目からの追加要素なのですが、それを生かして敵キャラまで召喚できまくるという物凄い仕組みです。敵ボスと一緒に戦えるとかユニークすぎるのですが(笑)、この結果、使えるユニットが50人をらくらく超えちゃうのでパーティメンバーが……すごくカオスになります……。
 1戦闘に出撃できるキャラが8人のゲームなので、やろうと思えば本編のメインキャラゼロ、みたいな編成もできちゃいます。これがまた面白すぎてゲームを別物!ってくらい楽しませてくれます。

 他にも細かいところはいろいろと変わっているのですが、大まかな変更点はこのくらい。
 プレイしてみての感想は「すっかり別のゲーム」ですね。シナリオは同じなのに、なにこの凄まじい別物感……という驚きがすごいです。すさまじいですよ。でも面白いのです。
 これはすごくいい移植だと思いますねー。
 追加要素が、ことごとくいい方向に作用しています。
 傀儡とか、別にいらないなと思ったら、使わなければいいわけです。でも繰り返しプレイするこのゲームの性質を考えて、使えるキャラをわらわらっといっぱい用意してくれているのは、選択肢が広がるという意味で、いいと思うんですよね~。

 マイナス面があるとしたら、
(5)召喚術レベルの改良
 ですね。全体的に、キャラの使える召喚術のレベルが低くなりました。
(ほぼ全キャラ1ランクずつダウン)
 強い魔法をがんがん使いまくるプレイは、これによって結構厳しくなっています。最強魔法はSランクなのに、召喚術レベルを伸ばしたキャラでも扱える召喚術のレベルがA止まりなんですよ。Sランクの1個したまでしか使えない。
 Sランクを使うには、「その召喚術の使用できるレベルをあげるアシスト能力を持つキャラ」をうまく利用しないとダメらしい、のですがこれが面倒くさい。ここは昔のように、召喚術をキャラにさえセット(装備)しておけば、最強魔法が撃てる仕様がよかったなー。
 主人公は「召喚術の専門家じゃないけど、レベルが上がると、そこそこ強い召喚術が使えるようになる」という立ち位置だったのに、PSP版は育成してみても、あんまり強い魔法が使えないから寂しいなあ、という感じの印象になってしまいます。サモンナイトは、召喚術がメインストーリーに関わるゲームなので、ここは魔法ががんがん使える爽快感を残して欲しかったなー、と思います。

 不満点はそのくらい。これが気にならないくらいスキルのシステムが面白い&楽しいので、総合的にはプラスです。リメイク前のをプレイしてない人なら、もっと気にならないでしょうから、より良い面を楽しめるんじゃないでしょうか。
 シナリオは突っ込みどころもあるので、キャラ萌えじゃない人にはテンション下がるところもあるかもしれませんが、キャラ萌えするタイプの人はそっちが上回るだろうから絶対大丈夫だと思います(笑)かなり面白いリメイクになっているので、ちょっとでも興味のある方はもちろん、旧作プレイしている方にもぜひ、とオススメです。
 10年ぶりにプレイしてみると、昔とはまた違った感想をストーリーに抱いたり、昔とは違うキャラのいいところが見えてきて、昔はなんとも思ってなかったキャラが好きになったり、みたいな新発見があって、懐かしみながらも新しい楽しさがありました。
2013/01/27 (Sun) 20:11 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
 このところ、新番組のチェックはするけど、感想はあまり記事にしていないなぁと、ふと思ったので。

 アニメは八犬伝いがい全てチェックしました(八犬伝は録画したけどまだ見れてない)。まおゆうは期待通りというかなんというか、イメージ通りに分かりやすくしっかりアニメ化されている印象です。これで全部で何話なんでしょうね。1クールだと最後まで行きそうにないですが、2クールかけてきっちり終わらせて欲しいなあ、なんて思ったりしたり。

 AMNESIAは主人公が記憶喪失という設定なので「わけわかんない」けど「わけわかんないところが主人公とリンクしてて感情移入しやすい」という2つの仕掛けで面白い。謎満載ですけど、主人公と一緒に謎を追いかける流れなので、置いてきぼり感はないですね。逆に早く真相が知りたいなー、気になるなーと先が待ち遠しい感じ。
 主人公の淡々とした語り口も、作品の雰囲気を盛り上げてくれる味わいがあるというか。アンニュイ差が漂っているのも「記憶喪失という翳りのせいかな」とか思わせてくれたり。独特の雰囲気があってみていて面白いアニメです。今まで見た乙女ゲームのアニメ化の中で今のところ一番好きです。

 ぷちますは、もうかわいい。かわいい。それだけなんですけどかわいいからもう全部いいや!みたいな!(笑)
 日付が変わったらアクセスして2分視聴して「さあねるかー」というリズムが定着しそうです。寝る前のいい癒しです。なごむー。

 あとはドラマをみっつ。
 水曜22時から日本テレビ系列で「シェアハウスの恋人」。シェアハウスに暮らす3人の三角関係ストーリー、ですが、その3人がへんてこ設定満載で面白いです。主人公の片思い相手は変なオッサン(しかもそもそも子持ちの既婚者)だし、主人公のことが好きな男は宇宙人だし、オッサンはオッサンで宇宙人が好きらしいし。
 どういうことだってばよ状態。
 ここでのドタバタを交えつつ、ちょっとシリアスな感じのストーリーが面白いです。宇宙人役の大泉洋さんの面白演技が楽しめるので割とその点からも美味しいドラマで(笑)

 金曜22時のTBS系「夜行観覧車」は過去と現在の時系列をいろいろ入り乱れさせつつ進行していくホームドラマ兼ミステリー。そもそも「お隣のご主人が殺されてる!」みたいな場面から始まるドラマなのですが、ミステリーかと思いきや、大半は3年前あたりの回想シーン(たぶん「ここに至るまでの過去のいきさつ」がザッピングされる手法)なのでホームドラマメインっぽい。いろいろ黒い。最終的に死体が転がると分かっているので、その意味からもぞくぞくわくわくしちゃうドラマです。えへへ好きですこういうの。
 こわい~、人間って怖いよー、黒いよ~、とか思いながらも見ちゃいます。

 最後がそのあと、金曜23時15分のテレビ朝日系「信長のシェフ」。タイムスリップした現代の青年が、信長のシェフになるという話で、現代の知識を持ち込んであれやこれやするドラマ。定番ネタですが面白いです。過去の人達が未知の技術や言葉、物品なんかに戸惑う場面とか、タイムスリップ物の醍醐味だなぁと。ちょっとしたトラブルに巻き込まれるけれど、それを爽快に解決!という一話完結ドラマなので見ていて気持ちいい感じです。
 夜行観覧車がダークなので、そのあと信長のシェフを見て読後感をスッキリさせて寝る、というのが最近の金曜夜の流れだったりします……(笑)

 最初、今期はあまり見るタイトルがなさそう、と思っていたのですが、結局ドラマを3本追いかけているので視聴時間的には、結構ボリュームたっぷりになりました。でも面白い作品が多いということは、それだけいいことですからねー。このくらいの本数(時間)だと見やすいなあ、という発見があったのも、今期の特徴かもしれません。
 結構いろいろなバリエーションがあるので、のんびり毎週見続けていきたいなー、なんて思います。
2013/01/26 (Sat) 14:59 | テレビ | コメントする(0) | Trackback(0)
 なんだかんだで3ヶ月に一度、定期的に繰り返されている記事なのは、ちょっとえらいかも、と少し自分で自分を褒めてみたくなったりして。
 それはさておき。
 1月です。お正月が過ぎたら早速、1月の新番組の季節ですよ!
 というわけで今期の面白そうなアニメをチェックしてみましたので、記事を更新です。

※放送開始が早い順です(北海道が基準)。北海道で視聴できる最速を取り上げているはず。

ぷちます!
 1月1日放送開始。ニコニコ動画で毎日月~金更新。土日には、増刊号が配信。配信ページ

 アイドルマスターのキャラを、ぷちっと縮ませたスピンオフコミックのアニメ化……らしいです。詳しくは知りませんが、とりあえずアイマスなので面白そう&可愛い!と思う!ので見てみようかと。
 1話が2分で、平日に1日1話ずつの更新らしいです。で、土日になると再放送を兼ねての増刊号の配信……らしいです。
 「らしい」ばっかりなのは、まだ見たことが無いからなのですが! いやだって、まさか元旦からとは思わなかったので。ぐぬぬ。
 週末に配信される増刊号から挑んでみます!
 しかし配信自体を忘れそうなので、ブログにニコニコ動画のアドレスを残してみる私なのでした。

●AMNESIA
 1月9日(水)24時~ BS11

 乙女ゲーム原作のアニメですね。ゲームの方はプレイしたことがありませんが、大まかにぼんやりとしたあらすじだけ知ってます。とりあえず、アニメやるならアニメで見てみようかな、と。
 緋色の欠片があんまりついていけなかったことを考えると「ゲームはやっぱりゲームがいい」という結論になりそうな気もしますが! でも題材的にはこちらの方が好みなので、やっぱり期待。そんな感じです。

●まおゆう
 1月10日(木)22時から。アニマックス。

 やはり今期はずせないのはこれでしょう! 魔王を倒しに来た勇者、という王道のシチュエーションからはじまり、2人が手を組んで世界を平和にすることを目指すファンタジー作品であります。もともと戯曲風な作品だったり、経済とかを主軸においていたり、そもそもインターネット小説が原作だったりと、成り立ち自体も面白いのですが内容も面白い。
 アニマックスの無料放送枠でも放送が決まっていたり(土曜の22時から)、ニコニコ動画での無料配信などもあり、おそらくどなたでも視聴できるタイトルだと思うので、ぜひ!

八犬伝
 1月12日(土)23:30~ BS11

 八犬伝物なので気になっています。漫画原作のアニメ化、らしいので、いわゆる八犬伝とはまた違うのかな。とりあえず見てみよう!ずっと見るかどうかはそれから考えよう!という感じのタイトルです。


 ……お、今期はあんまり数がありませんでしたね。まおゆうに心を奪われて、割とそれだけで満足できそう、という気分になっているので、そのせいもあるのかもしれません。他のアニメあんまりいいかな、という気分になるといいますか。
 とまあ、そんな感じで、以上4本を見始めてみようかなと思っています。ぷちますもう既に始まってますけど!(笑)
2013/01/04 (Fri) 23:35 | テレビ | コメントする(0) | Trackback(0)
 謹賀新年、あけましておめでとうございます。
 毎年のことではありますが、ブログを見に来てくださっている方へ感謝を込めて。昨年はありがとうございました。今年もよろしくお願いします!

 さて、新年最初の更新は、いつも1年を振り返りつつ、1年の目標とか抱負を語る記事にすることを毎年恒例にしていますので、今年もそんな感じで。

 まず、「今年こそは更新を頻繁に!」と目標に掲げていた当ブログ。去年の更新回数は25回でした……着実に減っています……(遠い目)。
 ちょっとした話題はついったーで呟いて終わり、という感じになってしまっているのもあるかもしれません。身近でも、ついったーやると日記の更新回数が減る、というのは聞くので、何か因果関係にあるのかも。
 ただ更新回数が減っている原因は、映画を見なくなったとか、そういう部分も大きいと思うので、今年はいろいろなものを目にしていきたいな、と思っています。いいものを生み出すためには、いいものをたくさん見たり聞いたり、知ることが必要なのだ!みたいな!
 本や音楽は、読んだり聞いたりしたあと「ああ面白かった」「ああいい曲だった」だけで終わってしまうことが多いので、こっちはもっとちゃんと感想を書き残すようにしたいなと……。

 去年はイラストとかデザインとか、そっち方面のスキルを伸ばしたい、といったことを目標に掲げていたのですが、果たしてそれが進歩できたかというと……うーん、微妙?
 でもまあ、今までに比べてみると、色々チャレンジしてみた年ではありました。同人誌5冊も作りましたしね去年。すごい、2ヶ月強に1冊のペースですよ、よく考えたら。改めて振り返ると意味が分からない。スキルアップできたかはさておき、とりあえず場数は踏めたかもしれません。

 というわけで今年の目標は、更にスキルを伸ばすこと、かなあ。出来ること増やしたいですよね。上はデザイン方面でしたが、それに限らずいろいろと。トロいので「素早く、なおかつ色々なことを高水準でこなせるようになりたい」と、夢だけは壮大です。叶えられるかどうかは努力次第だと思いますので、地道にこつこつ。
 あとは最近、情けないことに家事能力が落ちていることを痛感しているので勘を取り戻したいです……(遠い目)。すっかり自炊しない癖がついてしまったことが、今一番の苦悩。外食とかお惣菜とかお弁当とか、らっくちんだけど、そういうのばっかりに走って自炊しなくなっちゃった、ってのはいかがなものかと!
 ちょっとずつリハビリ~、とかやってはいるのですが、気を抜くとすぐまた手抜きに走るダメ人間なので何とかしなければ……します……orz

 あとは相変わらずの体力低下が気になるところです。階段で息切れする自分が情けないというか……(遠い目)。健康に気をつけて元気に、となると、やっぱり生活環境の改善と運動が欠かせないよなー、とは思うわけで。ここも引き続きなんとかしたいですね。

 ……生々しい目標ばかりになっている気がする!(笑)
 夢を語るなら、前々から興味のあるボカロを触ってみたい、とか、同人誌だけじゃなくて同人ソフト作りも挑戦してみたい、なんていうのもあるんですけど、実現の目処はさっぱりありません。さっぱりないものを目標に掲げなくなった、という時点で、ちょっと年をとったのかもなあ自分、とかふと思ったりしなくもないですが。

 そんなこんなで、とりあえず今年もマイペースにのんびり、好きなこと楽しくやりながら過ごして生きたいなーと思います。ご縁がありましたら、今後ともよろしくお願いしますね。
2013/01/04 (Fri) 22:11 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。