上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
 なんとなーく、ふらっと買ってみた本が面白いと物凄く嬉しくなりませんか?
 私はなります。
 というわけで久々に衝動買いして面白かった漫画があったので、さくっと感想を書いてみようかと!

「フェティッシュベリー」です。

フェティッシュベリー(1) (アヴァルスコミックス)
 ネットをフラフラしていたら、この表紙を見かけて。このポップでキュート、可愛い感じの表紙! と思わせつつ、赤がちょっとドロドロっとしている感じがね。びびびっと。「ああこれ面白そう」って感じになりましてね。思わず買っちゃったんです1巻。
 そうしたら、これがまた面白くて。既刊4巻まで出ているらしいんですけど、思わず今日残り全部一気に買ってきてしまいました。面白かった。

 作者は亜樹新さん。はじめて知った作家さんです。そもそもこの作品はマッグガーデンのアヴァルス連載なんですけど、私は普段アヴァルスというか、マッグガーデン系を全然読まないので(好きな方には申し訳ないが、「マッグガーデン!そんな会社あったな!」ってくらい守備範囲外だったので……)、ほんとーっっに偶然からの出会いでしたね。ネットの偶然すごい。

 ジャンルとしては学園ラブコメです。主人公は表紙にいる、この女の子。フェティッシュベリーのタイトルの一部にもなっている「フェティッシュ」は、辞書的な意味そのまま、つまりは「フェチ」が作品のテーマのひとつに取り上げられているんですが、これがなかなか。あんまり書くとネタバレなので感想を書きにくいけど、「これはフェチ?恋愛?それとも?」みたいな苦悩がたまりません。面白いです。
 恋愛模様も入り乱れて、混沌とした五角関係(あるいはそれ以上)の様子が描かれていて、なんというか「すごい」という感じ。
 ベリーの方は由来が明言されているシーンは無かったと思いますが、「ああ大体こんな感じかなあ」とぼんやり漠然とイメージしながら読む感じです。1巻読み終わってから表紙を見ると「ああ、ベリーってそういう感じかな」って納得したりとかですね。うん、うまく言うの難しいなあ。

 キャラは、女の子の変人っぷりを楽しみつつ、身悶える感じでしょうか。女の子が可愛い漫画だと思います。女の子が可愛いので読んでいて楽しいです。男性キャラは、主人公の幼馴染:貴臣くんの報われなさすぎなところが大変好みです。最近は本当に報われないキャラが好きだなあ私……。

 この漫画は、とにかく表紙が素晴らしいと思います。2巻以降のイラストもですね、
フェティッシュベリー(1) (アヴァルスコミックス)フェティッシュベリー(2) (アヴァルスコミックス)フェティッシュベリー 3 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)フェティッシュベリー 4 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ) てな感じで、とにかく素敵なんですよ。思わず並べちまったい。どの巻もドロドロ感(どろりどろり感)がいいと思うんですけど、一番気に入っているのは3巻かなあ。あ、3巻の表紙で主人公の隣にいるのが貴臣くんなんですけど、このド直球に描かれたハートがでろでろ、手錠が掛かってでろでろ、みたいなところが好きです。私の趣味も大概おかしいな!(笑)
 大きなサイズでじっくり見ると、細部にまでいろいろ眺めるところがあって楽しいイラストです。実物は裏表紙と続き絵になっているので、裏表紙とあわせて眺めるのがまた楽しいのです。このイラスト。2巻のタイツ破けてる意味とか、3巻はハートに噛み跡があって、主人公が実は泣いているとか、4巻は浅雛(右にいる主人公じゃない方の女の子)が何に縛られているのか、みたいな暗喩があったりとかですね。たまらないなあ、きゅんきゅんします。ぜひ大きなサイズで見て欲しいです。

 なんだか表紙のことばっかりで、あんまり内容のこと書いてない気がしますが、でもまあ表紙のインパクトにがっつりやられてしまった本だから仕方ない。そしておそらく、このビジュアルにびびっときたら、たぶん楽しめるんじゃないですかねー、この本。
 アヴァルスのサイトによると、どうも連載終了扱いになっているみたいで、ということはおそらく次の巻が最終巻なのかなあ。存在を知ったら終わってた、というのは少々さびしいところですが。でも続きが楽しみだなあ、いつ出るのかなーと逆に楽しみになってしまったり。ああ、ひっさびさに衝動買いで楽しい本を見つけました。しあわせー。
スポンサーサイト
2012/11/18 (Sun) 01:03 | | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。