上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
 久しぶりに映画を見ました。
「ペントハウス」。試写会です。今週末から公開される映画だそうですよ。

 洋画です。私が洋画を見るのは割と珍しいのですが、この映画は、あらすじを見たら気になっちゃいまして。

●あらすじ
 ニューヨークのマンハッタンにそびえる65階建てのザ・タワーは、セレブのみが住む超高級マンション。そこでマネージャーとして働いているのが主人公のジョシュ。
 ある日、ペントハウスに住む大富豪ショウがFBIに逮捕される。証券詐欺の罪を犯して逃げようとしたところを取り押さえられてしまうのですね。しかもショウは自分が捕まることを薄々予感しておきながら、預かっていたザ・タワーの使用人全員の年金を使い込んでいたのです。信用していたのに……私達のお金は……と重苦しくなるスタッフたちの空気。更に、資産の全てを預けていたというドアマンは絶望して、自殺未遂までしてしまいます。
 怒り狂ったジョシュは、ショウの大切にしている車をボコボコに傷つけてクビに。しかし黙ってなどいられない! ジョシュは仲間たちと、ダマし取られた大金を奪い返す決心をする!
 目指すは、難攻不落の超高級マンション、ザ・タワー。最上階にあるショウの自宅から、彼が隠し持っているはずの財産を盗み出せ!

 ……という感じの内容です。あら面白そう!
 と思って応募したら試写会当選しました。というわけで、意気揚々と見に行ってみた結果、この映画は本当に面白かった!

 序盤、使用人達の紹介を兼ねて描かれるタワーでのスタッフ達の日常風景。まずこの段階から既にバッチリ伏線が貼られています。何気ないシーンだと思っていたら、後で驚くこと間違いなし!
 そして大富豪ショウの逮捕、自分達の年金が使い込まれていた事実に愕然とするスタッフたち。彼に全財産を預けていたドアマンは自殺未遂をはかり、義憤にかられた主人公ジョシュは、ショウが大切にしている貴重な車をボコボコに!
 そのせいで、クビになってしまいますが本題はここから。
 彼は、このまま引き下がれないと、一緒にクビになった面子+借金で首が回らなくなり、ザ・タワーを退去させられた元入居者を誘って、元職場でもあるザ・タワーから、ショウの隠し財産を盗み出そうと計画します。そのマンションの難攻不落っぷりは誰よりも知っているはずなのに!
 システムを熟知している人間が揃ってるんだから大丈夫、という考えのようですが、それにしたって熱い!
 そこから盗みの計画を進め、実行される強盗計画! ところが、事件は一筋縄ではいかず、二転三転しっちゃかめっちゃか大波乱に……!

 という感じの映画でございます。
 痛快な怪盗物ですよ! 舞台は現代、それもハイテク高級マンションですので怪盗ものって雰囲気はあんまりしませんが、これは紛れも無く怪盗物! 計画をぶち壊す予期せぬ状況、次々と立ちはだかる障害に挑んでいく様子は爽快。めまぐるしいので、まるでジェットコースターに乗っているかのようなハイスピード・超展開が楽しめたりするのも面白いところ。

 それでいて、先にも書いたように、冒頭の何気ない日常風景っぽいシーンの時点から既に伏線が貼られていたりして、見ていて面白い面白い面白い! いや~、たまらない映画でした!
スポンサーサイト
2012/01/30 (Mon) 22:42 | 映画 | コメントする(0) | Trackback(0)
 実は年始に東京へ行った際に、イヤホンを新調しました。
 買ったのは「オーディオテクニカ」というメーカーの、「ATH-CKM77」というやつです。
 まあ、型番なんて書いても、よく分からないと思うので!(笑)せっかく買ったんだし、感想でも書いてみようかな、と。
 というのも、これ、すっごく良かったのです。

 さてさて。
 まずですね、私が今まで使っていたのは、パナソニックの耳かけヘッドフォン「RP-HS103」と、近所のロフトが移転する際に、在庫処分として叩き売られていたイヤホン「ATH-CKF300」のふたつ。
 パナソニックの方は、途中1回買い換えつつも10年くらい使ってきたもので、耳かけの手軽さ~が好きで愛用していたものです。コード巻き取り式だから、コードが邪魔にならなかったのもポイント。
 イヤホンは在庫処分だったから安かったっていうのと、小さくてコンパクトだったので運びやすそうだったのがポイントでした。あと、見た目ね。商品ページはこれになるのですが、この箱に入ってる状態で売ってるんですよ。可愛いでしょう?あんまりこういう見た目が可愛いのってないから。つい。つまりはジャケ買いですね。

 このイヤホンの思いがけない良かった点は、いわゆる「耳栓」のような形をしたタイプであったこと。
 ちょっと前は耳に蓋をするような感じの形が主流でしたが、私は耳のなかにすぽっと突っ込んでしまうタイプのイヤホンが好きなんです。だって、そうじゃないと、すぐに外れて落ちちゃうから(笑)。
 そしてなにより、この形状は周囲の騒音対策に非常に優れている! と思うのです!
 雑音を消し去りつつ、再生する音声に集中できる。それを聞きつつ何か書いたり読んだりするのがいい感じだ! というところに開眼しまして。

 ただ、どちらも安いのをテキトーに買っただけ。
 色々聞くのならば、もうちょっと質のいいイヤホンを買ってみるのはどうだろう?
 と思ったのが今回の出発点なのでした。
 な、長い前置きですみません(苦笑)。

 ただ、安いといってもイヤホンの方は購入価格が安かっただけであって、決して元から激安ってほどのレベルだったわけでもありません。実際、音質的には「耳かけの方よりも、イヤホンの方が音いいよね~?」って感じなんです。耳かけのほうじゃ聞こえない、ちょっとした細やかな音なんかも拾ってくれるし(これは、耳かけタイプと耳栓タイプの形状の差もあるのかもしれませんが)。
 というあたりから候補探し。とりあえずヘッドホンではなく、イヤホン。そしてやっぱり同じように耳栓タイプがいい!
 なんて感じで希望を固めつつ情報収集した結果、いくつかのイヤホンに目をつけたんですね。
 今回購入した「ATH-CKM77」に目をつけた理由は、

・今使ってるイヤホンと同じメーカーなので、これもいいんじゃない?
・お値段的にランクが明らかに上=高くなればそれだけ物もいいはず!
・クチコミを探したら「高音に強い」という意見や感想が多かった

 といったあたりですかねー。
 特に、色々調べていくうちに、イヤホンはみんな「得意技」があるらしいと学びまして!(笑)低音に強いとか、高音に強いとか、そういうの。だから自分が良く聴く音楽のジャンルや、好みに合わせて選ぶといいらしい!
 ……あ、いや。ちょっとでも音楽好きな人なら、そんなの常識!って内容かもしれませんが、私は今まで、そういうところにまで気を回してヘッドホンやイヤホンを買ったことがなかったので……。

 で、私が聴く音楽のジャンルは、強いて言うならプログレですが、あらかた女性ボーカルなので、低音に強いイヤホンよりは、おそらく高音に強いイヤホンの方がいいだろう、と目星をつけたんですね。 
 低音に強いとされるイヤホンは、クラシック系や女性ボーカルとは逆に相性が悪いらしく。
 まあクラシックはそんなに聞きませんが、弦や管を使った楽曲は結構あるんですよ。だから、いわゆるクラシックで多用されるような楽器と相性が悪いのならば、やはり私の趣味的には低音よりも高音を重視すべきかな?って感じがして。
 今回買ったイヤホンは、クチコミでかなり、そういった曲にぴったりだというのを見かけまして。いろいろ見ていると、私の音楽の好み的にいい感じかな?と。
 あとはゲームのセリフだったりとか、ドラマCDだったりを聞くのですが、そういうのも、低音に強いものよりも聞こえ方がいいんだそうで。

 とはいえ、物が物なので、こればかりは実際に聞いてみないとなんとも……。
 なので、まずは近所のお店(ぶっちゃけヨドバシカメラ札幌店)に行ってみたのですが、視聴できるイヤホンが全然無い!もっというと、この最有力候補にしていたATH-CKM77置いてない!
 他のお店も似たようなものです。じゃあ、専門店とか音楽に強そうなお店の情報とか……と、思ったけれど、これがまた。なんだか思うように見つからないものなんですねぇ。

 困った。

 そこでまあ、思ったわけです。
 東京に行く予定があるなら、東京で探せばいーじゃない!

 東京に無かったら日本のどこにも無いでしょうからねぇ(笑)アキバとかにないかしら~?と思っていたところ、イヤホン・ヘッドホンの専門店があるらしいと知りまして。
 そのお店に行ってきました。「eイヤホン秋葉原店」。はじめてのお店だし、あの辺ってごちゃごちゃしたビル多くて迷うんじゃないかと心配していたんですが、まんだらけの近所だった(※よく行く)ので、店の名前を頭に入れておくだけで無事につけました。スマホの出番なし!(笑)ビルの入口にわかりやすい看板出てたのがよかったねー。
 で、このお店「すべての商品が試聴できます」の売り文句どおり、本当にいろいろ試聴できまして。
 iPhoneに色々差し込んで試聴させて貰いました。せっかくなので「その金額は無理!」と諦めたやつも試してみたりとか(笑)
 その結果、わかったことは、

・イヤホンは値段が高くなると、値段に比例して、それだけちゃんと質が上がる
・私が高音重視のイヤホンの方がよさげ、と判断したのは正解

 だったってことでしょうか(笑)
 いや~、イヤホンってすごい。どれもこれも一緒だろ!って思ってたのが恥ずかしいくらい、ぜーんぜん違いました。聞いてるのは同じiPhoneに入ってる同じファイルなのに、そうとは思えないくらい、聞こえてくる音の内容が変わってビックリですよ。
 で、まあ、聞いてみた結果、やっぱり低音重視のイヤホンよりも高音重視のイヤホンの方が、「ああ、いい音だなぁ」って感じになりました。で、最有力候補にしていたATH-CKM77が、いい感じだな~って思ったのでこれにしました。ほんとはね、「これすごい!これ欲しい!」って思ったやつがあったんだけど、それはご予算の3倍の価格だったので断念しました……(笑)

 女性ボーカルだけじゃなくて男性ボーカル(そこそこ低音)の曲も聞き比べましたが、ATH-CKM77は男性ボーカルの曲も綺麗に聞けた、というのが決め手でしょうか。
 低音に強いという同じ価格帯のイヤホンも試してみましたが、そっちは音に迫力があるのが良い所でしたね。男性ボーカルもいい感じ。ただ低音じゃない部分がよろしくないみたいで「低音だけ欲しいならこれ」みたいな感じになってしまっていて。音も声も、トータルで見ると「うーん……」となってしまったので、やめちゃいました。こっちの方がちょっとだけ安かったんですけどねー。
 あ、ATH-CKM77は歌以外もいい感じに聞こえましたよ。ゲームのセリフとかドラマCDの類とかね。実際に試聴する時にも試したりしてみたのですが(試聴した物が「週刊添い寝CD」だったあたり、我ながらチャレンジャーだったと思うけど……)、「聞いていて楽しいな~このイヤホン!」って感じです。
 歌の方は、畑亜貴さんとかZABADAKとかを試して、男性ボーカルは平川大輔さんの「共犯者」を試して。あと絶対迷宮グリムの主題歌+キャラソンをいくつか……という感じで聞き比べました。グリムのキャラソンはセリフ入りなので、セリフの聞こえ方と歌の両方を一気に聴けるという点で、非常に試聴向きでしたね(笑)
 視聴中、画面が見えるとさすがにちょっと恥ずかしいわけですが、普段の用途を考えると避けて通るわけにもいかないしな!と割り切りました。まあその、アートワークは一時的に消しておいた方が、心安らかに試聴できるかもしれないね……。お店はアキバにありますが、あんまりそういう雰囲気ではないのですよ。フツーのお店です。なのでフツーのお店に行くのと同じような対策しておけばよかったというおはなし。

 で、まあ、そんな感じだったので、趣味の似ている方とかには多少参考になるかなー?と思い、感想などを記事にして置いておこうかなと。
 とはいえ好みがあるので、試聴して選ぶのがやっぱりいいと思いますよこれ。
「この曲が一番綺麗に聞ける(私が一番好きだと思える聞こえ方がする)イヤホンが欲しい」
 というような音声ファイルを選んでおいて、視聴するといいかもしれません。「このイヤホンはここがいい」「けど、この部分だけならば、こっちのイヤホンの方が」「でもでも、こっちのイヤホンはここがよくって!」とか、そういう感じになってしまい、「一番いいイヤホンはどれだろう?」だけだと、何を基準に一番を選び出すべきか、結構悩んじゃう感じだったので。
 んで、東京近郊の方には、私の行ったeイヤホンはいいお店だったので、オススメしておきます。
 ちゃんとね、「このイヤホンはこれがウリ」とか、「ここがオススメ」みたいなpopがついてて解りやすかったし、試聴するのに耳のパーツが合わなかったら調整してくれるって掲示されていたので、小さめのにして試してみたいってお願いしたら、すぐに対応してくれたしね。
 他にもいろいろ対応してくれて、店員さん超親切だったよ!それでいて、構わなくていいよオーラ出しておくと、放っておいてくれるのがまた嬉しいポイントですねっ(笑)。

 あ、耳に入れる部分は大きさがいくつか選べるようになっているので、私は小さめサイズのを使っています。パッと見ゴツそうな見た目のイヤホンなのですが、使ってみるとそうでもないですね。パーツ付け替えないで使うと痛いかもしれませんが……そのくらいですね~。付け替えは簡単でしたよん。

2012/01/22 (Sun) 00:44 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
おもちゃ箱の国のアリス(通常版)※せっかくなので、大きなサイズでこのイラストを飾ってみたかったの図(笑)

 というわけで、最近は細々と「おもちゃ箱の国のアリス」を遊んでいます。発売直後に購入したものの、仕事でバタバタしたり、コミケに遊びに行くのでバタバタしたり(笑)で、あんまり遊んでいないから、まだまだ先は長そうな気配なのですが。なにせ回想モードのコンプリート率が、まだ25%とかしかありませんからねー。(でもエースだけは100%にした/笑)

 ハートの国→クローバーの国→ジョーカーの国、ときて、シリーズ4作目です。ファンディスク、と銘打っていますが、ファンディスクだと何がどう違うのかイマイチよく分かりません。乙女ゲームというジャンル初心者だからでしょうか。とりあえず、ここまでの3作と違う点を挙げると、

(1)クインロゼから出ている別のゲーム「魔法使いとご主人様」のパロディ編が収録されている
 というわけで、番外編といいますか、完全にお遊びのゲーム……なのかと思いきや、

(2)原作ルートもちゃんとあって、こっちは「ジョーカーの国のアリス」の各キャラクターのルートの続編になっている(らしい)
 という感じのようです。

 このシリーズは「前作の続きだけど、誰ともくっついていないという前提」で今までは続編が出ていたので、各キャラクターのエンディングの更に続き、という扱いなのは珍しいかも。
 ただ、プレイしてみた感触は、そこまで各キャラクターのルートを引きずっている印象は無くて、ハート(初対面からちょっとずつ仲良くなる)→クローバー(既にある程度仲良し)、の変化と同程度かな?って気がします。
 過去の作品をプレイしていないとわからない設定(各キャラクターのルートのネタバレとか)を知っている前提で進んでいくので、最初に「おもちゃ箱」を遊ぶと、ちんぷんかんぷんにはなりそうです。

 ボリューム的には、原作ルートが初プレイで2~3時間くらい。
 2周目からは既読スキップ(一度見た文章を早送りする機能)をフル活用して1時間くらい、という感じです。
(各キャラクターのルート、選択肢の選び方でちょっとずつ展開が変わるので、その辺の分岐を全部追いかけると、1時間じゃちょっと終わらないかも)
 これが13人分あって、あと関連エンドが他にもいくつか……あるようですね。私、まだあまりその辺見れていないのですが。

 パロディルートの方がメインという扱いになっているらしく(?)、こっちは原作ルートの倍くらいの時間が掛かりました。

 とりあえず、まず最初にエースで原作→パロディとプレイしていってみた結果、原作ルートの方がよかったので原作ルート側をひとまずコンプリートしようかな、なんて思いまして。
 エースの後、エリオット→ナイトメア→ボリス→グレイ→ユリウス→ビバルディ→ピアス、とプレイしてきて、今はピアスルートの終盤をやってます。

 原作ルートは基本的に「アリスが家出する」「滞在先のキャラと三角関係的なイベントが起こる」「紆余曲折ありつつ元に戻る」な展開なのですが、途中で毎回必ず「攻略キャラがいつもと違う格好をして登場する」というイベントが織り交ぜられていまして。これがもう、普段とあまりに違う格好なので、「なんじゃこのコスプレはー!」「このキャラはこうきたか!」みたいな楽しさがあります(笑)
 三角関係っぽいイベントがあるせいか、ルートによっては「あれ、これってエリオットルートだったよね……?」みたいな気分になったりすることも。特にエリオットルートの「これってむしろボリスルートだよね?」感は凄いと思うのです(笑)
 家出の理由は、滞在地によってまちまち……なのですが、「お前らの言動にはもう怒った!我慢の限界!家出する!」パターンである遊園地の設定が一番すんなり受け入れやすいかな~。
 逆に、ダメだったのが塔。「まず最初に誰のところへ謝りに行く?」って選択肢が出て、ここで選んだキャラクターのルートになるのですが……ですが、イベントの流れ的に「ここでユリウス以外に謝りに行くのはありえないだろう」って感じの流れになっているので(そして、「この流れでナイトメアに謝るとかありえないでしょ!」って感じなのである)、……まあ割り切ってキャラクター選択しましたけど、ここが受け入れられなくって受け入れられなくって、ちょっとつらかったー。

 パロディの方はキャラこそ一緒だけど、もうぜんぜん違うゲームですねー。設定が違うと、こんなに別のゲームっぽく感じちゃうものなのか、という新鮮な驚きがあったりして。
 原作版をコンプリートしたら、お腹いっぱいになって、魔法学園の方はあんまりプレイしないかもしれないなーとか思わなくも無いです。私このゲームキャラ萌えしているんだと思っていたんですが、意外とそれだけじゃなかったようで。普通に世界観萌えもしてたのかー……(新鮮な驚きを噛み締める)。

 ま、とりあえず、過去のシリーズをプレイして楽しめた人ならば原作ルートは楽しめるんじゃないでしょうか。学園はまあ、人それぞれでしょうねぇ。魔法学園とか、題材としてなら大好きなのに、ものすごく「これじゃない」感がして私は微妙なのですが、逆に魔法学園面白い!って人もたくさんいらっしゃるでしょうしー。

 各キャラクターのルートの感想とかも書こうかと思ったのですが、結構なボリュームになってしまったので、ひとまず今回はここまでで!
 
2012/01/20 (Fri) 01:43 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
 最近のマイブーム。
 それがアロエクリームです。具体的にはこれ。

アロインス オーデクリームS 185g「アロインス」という会社の「オーデクリームS」というクリームです。
 私、昔っから肌が弱いのですが、先日、お正月に肌を思いっきり荒れさせてしまいまして。
 あまりの状態を見かねた母親に「アロエクリームでも塗ってみたら?気休めかもしれないけど結構効くわよ」と渡されたのがこれ。

 昔から肌が弱いので、肌荒れすると皮膚科に直行しちゃうpadomさんなのですが、幸か不幸かお正月。病院がやっていないわけで……。
 どうしようもない。
 で、市販の薬は下手なものを使うと、逆に荒れてしまって泣きを見るのですが。まあ、それは私のそんな体質を知る母親が勧めてきたものですし。そこまで酷いことにはならないだろうと思いつつ、無いよりマシだろうし、と使ってみましたら。

 これが激効き。
 塗って一晩経ったら、見るからに「回復してる!超回復してる!」ってのが分かるくらいに肌の調子が良くなりまして。

 そもそも私、クリームの類が苦手なんですよ。保湿成分はいってるから、ある意味当然なんでしょうけど、なんといいますか「ねっとり」って感じの感触が残りますから……。
 ねっとり感が嫌いなんですねー。
 ところが、このクリームはねっとりしなかったのですね。さらっとした感じ。「さらっとしてるけど、でも効き目はどうかな?」なんて思っていたら……この劇的な効果ですよ!
 さらっとしてるってことは、薬効も控えめで全然ダメなんじゃない?とか思っていたので二重にびっくり。あまりによく効いたので、他のところにも塗ってみましたら……。

 がさがさしていた足も、背中も、手も何もかも全部、全部きれーに保湿されましたよ!?

 びっくりです。
 驚くのを通り越して感動します。
 病院でもらう保湿剤が、ねっとりする上になかなか保湿されないので「ああ、保湿剤ってこういうものなんだなぁ」ってずっと思っていたのに! まさか市販品(しかもずっと家族が使っているようなやつ)が、こんなに劇的な効果をもたらすなんて!

 というわけで、すっかり虜になってぬりぬりしています。
 ぬりぬり。
 アロエがいいのか、このメーカーのものがいいのかは、まだイマイチよく分かっていないのですが。塗りこんで一晩経つと、どんな部位も明らかに保湿されているし、赤みとか荒れとか腫れとか改善しまくりですよ。今度から肌で困ったことがあったら、とりあえずこれ使おうかな!って感じです。
 お医者さんがくれる薬が、一番とは限らないんだねぇ……。
2012/01/17 (Tue) 01:21 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 年始に泊まった場所が浅草だったのですが、「浅草なら、ワンコインうな丼の店があるよ」と教えてもらっていってきました。
 ワンコインのうな丼なんて怪しい響き……とは思ったのですが(笑)教えてくれた人がグルメな人だったので、ただ安いだけのお店じゃなくて、ちゃんと美味しいものが食べられるお店なんだろうな~、とか思いまして。

 お店は「名代 宇奈とと 浅草店」。
 東武浅草駅からすぐ。一応地図印刷して持っていったけど全然いらなかった(笑)車道をはさんだ反対側(浅草寺がある方)を歩いていてもハッキリわかるくらい分かりやすかったです。

宇奈とと@うな丼ダブル
 で、上の画像は注文した「うな丼ダブル」でございます。メニュー見たら一番人気ってあったので。ダブルになっても900円だよ!?
 お隣は肝吸い。印刷した地図はホットペッパーのやつだったのですが、それ見せたら肝吸いサービスになるってあったので一緒にもらいました。肝吸いって普段飲まないので味の違いとかよくわかりません(……)が、あっさりしてて飲みやすくて好みでした。値段は百円とかです確か。

 うなぎの方は柔らかくて食べやすい。尻尾の方はちょっと小骨が多くて、小骨苦手な私には少しつらかったかな。これなら、普通のうな丼にしておいても良かったかも、とは思ったけど……。
 もうね、この量でしょう。とにかく「うなぎ食べた!」って感じがすさまじいので!満足感が半端ありません。ご飯の量は控えめなので、うなぎに対して少ない!って印象でしたけど(笑)普通に美味しかったです。
 これで、1000円いかないんだから凄いですよ。産地とかは気にしたら負けね。
 席数が15席あるかどうかくらいのように見えたので、食事時には結構混みそう。私が行ったのは15時半とかでしたが、家族連れからおひとりさままで、結構いろいろな客層みたいでした。そして席この時間でも普通に埋まってたので、食事時は列の覚悟が必要かもです。私列嫌いなので、今後機会があっても食事時以外に行きます(笑)

 調べてみたら、結構あちこちに店舗があるみたいで、大阪とか静岡とかでも食べられるみたい。すごいねー。近くにあったら、ときどき食べに行っちゃうお店だと思います。
2012/01/12 (Thu) 23:33 | グルメ | コメントする(0) | Trackback(0)
「今年はもっとブログを更新したい」という新年の抱負を口にしてから早10日。
 早速更新できてないよ!(笑)と思ったので、せっかくだし年末からのアレコレとかで更新しちゃおう!とか意気込んでみます。

 というわけで、年末や年始は東京にいたのですが。
 そのとき、こんなの買ってみました!

スイートリップ
 「あめや えいたろう」というお店で売っている「スイートリップ」というものです。
 見た目は完璧グロスなのですが中身は「あめ」です。蜜なんですよこれ。すごいでしょう!
 もともと日本橋に「榮太樓總本鋪」という超老舗の飴やさんがあるのですが、そのお店が作っているものです。えっと、別ブランド?になってはいますけど、榮太樓は榮太樓。私はここの飴が好きなので、

「こんなに素敵な見た目の飴もあるだなんて! 次に東京行ったら絶対に買いに行く!」

 と思っていたのですよ~。というわけで、年末東京に着いたらすぐ買いに行ってきました。
 取扱店が新宿伊勢丹と銀座三越の2店舗だけらしいので、宿泊地から行きやすい&多少なりとも馴染みのある銀座の方へ。
 あ、いや、馴染みあるって言っても有楽町駅に何度か行ったことがあるだけなんですけど……。
(新宿はリアルダンジョンだと思っているので、銀座の方がいいかな~?って思ったのもあります)

 有楽町駅でJRを降りて、そのまま晴海通りへ。あとはまっすぐ歩くだけ。分かりやすかったです。遠くからでも「あ、三越だ!」って分かったので行きやすかったですね。
 三越に入ったらエスカレーターで下へ。お菓子売り場のフロアにお店があります。くだりの反対側、のぼりエスカレーターのすぐ目の前ですので、くるんと回るといいのかも。
 ウィンドウの中には、このスイートリップなど、いくつかの飴が陳列されています。スイートリップは単品で買うと、1本ずつ紙箱(これがまた、すっごくコスメっぽいんだ……)に入っているのですが、3本セットと6本セットにすると、この写真みたいなバッグ型の箱に詰めてくれます。

 どうするか迷ったのですが、いろいろな味を試してみたかったので、思い切って6本セットで!
 あ、お値段は1本500円くらいです。

 この6本セット、スイートリップが全6種類なので、それを1本ずつと言う感じなのですが。ちょうど限定で「あまおう」「さがほのか」の2種類が販売中なのだそうで。「こっちを選ぶこともできますよー」「あまおう、本日の単品販売分は売り切れですが、セットで購入される方なら購入可能です」なんて店員さんがおっしゃっていたので、ついつい(笑)つられて、あまおう入りにしてしまいました。かわりに外したのはグレープフルーツ。
 画像は左からラズベリー・ストロベリー・ローズ・あまおう・なんちゃら蜜柑(ごめん忘れた)・有平糖。

 まず最初はオーソドックスに、と有平糖を開封してみましたが……す、すごい。キャップをあけた内側もグロスみたいだ!細長い、グロス……じゃなかった、あめを出す為のチューブ状。本当に唇に塗ることが出来るようになってますよ!?すごいすごい!
 まあ、塗ったらベトベトになりますし、超保湿系のリップを愛用している私には全然保湿が足りませんでしたから、実用向きではありませんでしたけど……(笑)
 これは面白い!
 味はもちろん、榮太樓ですから。美味しいですよー。申し分ありません。
 賞味期限は3~4月くらい。それなりに保つのも嬉しいですね。でも、ちょっと6本は多かったかもしれない(笑)

 ……と思っていたはずなのですが、先週末に東京を再訪した際、改めてまた銀座三越まで行き、先日は見送ったグレープフルーツとさがほのかのスイートリップも買ってきてしまいました(笑)はっはっは。だってだって、全種類欲しくなってしまったんだものっ。
 今度は2本しかないので単品で買いましたが、箱がラメラメキラキラしていて、ほんとコスメにしか見えません(笑)可愛い箱なので、プレゼント用途にいいかもしれませんねー。お値段も、結構お手ごろですし。

 しばらく飴は、このスイートリップさんを鞄に入れて持ち歩きたいなーと思います。
2012/01/11 (Wed) 21:25 | グルメ | コメントする(0) | Trackback(0)
 謹賀新年、2012年もはじまりましたね。
 こんな僻地のblogではありますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 あ、初詣に行って、おみくじ引いたら「凶」でした。幸先悪いですね。

 というわけで去年は全部で37記事の更新となった当ブログ。毎年毎年「去年よりも、もっと更新するぞ!」を年始の目標として掲げているわけですが、さてはて結果はどうかといいますと……ははは(乾いた笑い)。
 失速した9月以降は週1以上のペースでホームページを更新していましたから、余暇の余力はほぼそれにつぎ込まれたといっても過言ではありません。そんなわけで、9月くらいまではそれなりに更新していたのに、9月以降はすっかり放置状態になってしまったのが敗因だと思われます。月1記事のblogとか、もうちょっと日記とは呼べない感じですから、もうちょっとなんとか……したい、な。

 で、上でも触れたようにホームページをちゃんと作って更新すると言う目標は達成しました!
 読書量を増やす、とかも目標達成できてる気がしますね。図書館通いを再開しまして、結構な冊数を読んだんじゃないかなと(ちゃんと数えてないので、いいかげんですけど、おそらく30冊くらいは読んでるはず)。んで夏以降はゲームにはまったりホームページ作ったりしていたので、この読書というのは、おおむね夏までに読んだ本の冊数なわけで。年間50冊、はちょっと壮大すぎる目標かなとは思いますが、まあ今年も同じように月2~3冊くらいのペースで読んでいけたらいいな、と思います。

 もういっちょ。今年はイラストや構図、美的感覚を少し磨いて、デザイン方面のスキルを身に着けられたらいいな、なんてことを思っていたりします。
 一昨年に同人誌を作ったときに痛感したのですが、私はその手のスキルが無い! とんでもなく低い! 可愛い女の子の絵がかけなくても、センスのある装丁が作れりゃいいんですが、それも無理……というのに気付き、このへん少し上手くやれるようになったらいいな、と。
 そんな事を考えて、3ヶ月くらい前から、もそもそとペンタブでぐりぐりなにか書いたり、フォトショを動かしてみたり。そういうことを、実はちょっぴりやっていたりして。塵も積もれば、千里の道も一歩から。そんな感じで少しずつ試行錯誤していきたいな、と。
 まだ人様にお見せできるようなレベルじゃないけど、ある程度恥ずかしくない腕前になったら、ホームページのデザインは自力で作ってみたいなぁ……なんて思っていたりします。
 ホームページって、作ってみたいデザインとかはあるんですけど、素材を作るスキルが無いんですよねぇ残念ながら……。

 あとは、基礎体力をつけること。それから引き続きダイエット……でしょうかね。
 ますます体力の衰えを感じることがしばしばあるので、やっぱり体力の維持はなんとかしたいところです。増えなくてもいいの。減らなければ。目標が低い? でもでも、いきなりガツンといくのも大変なので、キープするところから頑張りたいな、と。近年は肺活量も減っていて、なかなか悲しいことになっているので、今年こそはなんとかしたいものです。
 ダイエットは一進一退すぎるので、ちょっとでもいいから勝ち越せるようにしていって、勝ち越し量を増やしていきたいものですねー。

 あとは、今年は仕事が少々忙しくなりそうな予感、なのですが、そこに負けたり挫けたりしないで、元気に楽しくやっていけたら! って感じでしょうか。去年はいろいろやって、楽しい一年にはなりましたので、今年も! そんな感じでやっていけたらなと思います。
2012/01/02 (Mon) 16:15 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。