上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
 京都旅行の際に、「緑寿庵清水」さんで大量に買いこんできた金平糖。
 せっかくなので食べる度に味の感想を書いたらどうかな、と思ったので掲載してみます。

 まず最初に食べてみたのはこれ。
「ジャージー牛乳使用 ミルクの金平糖」です。

ミルクの金平糖_外箱※クリックするとおっきくなるよ

 開封後に「あっ、写真!」と気付いて、そこから慌てて撮影したので、実はちょっと帯の部分が破けていたりするのですが(苦笑)。でもまあ、それでもパッケージの写真はあった方がいいかな~っと。
 ここの金平糖は、巾着風の小さな袋に入った状態で販売されている事が多く、こんな風に特別なパッケージがあるのは限られたものだけ。この牛さんパッケージは、店頭でもかなり目立ってましたね。格調とか、上品さとは少し離れた感じですが、でも可愛くてこれはこれでグッド!って感じがします。

ミルクの金平糖※クリックするとおっきくなるよ

 で、中身はこんな感じ。牛のシルエットが2枚になっていて、お腹の部分に金平糖の入った袋。
 この外箱を空けた瞬間、ミルクの香りがすんごいの! ふわわわ~んと広がる広がる!
 まだ金平糖の袋を開けたわけじゃないのに! 外箱を開けただけで、濃厚なミルクの香りが漂ってきます。すごい。
 袋は、ごく普通のビニール袋で、口のところを折り曲げて両面テープでぺたり、という感じで閉じてありました。なるほど、完全に密着というわけではなく、だからミルクの香りがほんのりと、周囲に漏れていたんですね。それが外箱を明けるのと同時にふわわーんと漂ってきたと。
 実は、これを最初に開封したのは賞味期限が一番近かった(今年の8月になっていた)からなのですが、もしかしたらこの梱包の仕方が影響しているのかも?しれないですね。いえその、これはまったくもって私個人の推論でしかないのですが。

 お味の方はといえば、甘くて優しいミルク味。
 最初の香りにインパクトがあったので、濃厚で濃ゆいお味を想像していたのですが、そういう感じではありませんでした。でもしっかりミルク味。舌の上でころころしていると、じわじわミルクの感じが広がってきて、いい感じです。んで、かりかりって歯を立てて噛んでみると、これがまた。ミルク感が口の中に広がります。おいし~い!

 お値段が、手元のメモに品名まで書いていなかったので、買った中でどれがミルクの金平糖のお値段なのか、うろ覚えなのですが、確か1400円だったと思います。
 これを高いと思う人は多いと思いますし、実際そうだと思います。
 でも美味しいよ、ここの金平糖。

緑寿庵清水ホームページ
http://www.konpeito.co.jp/
スポンサーサイト
2011/05/30 (Mon) 19:54 | グルメ | コメントする(0) | Trackback(0)
 さて、2回目です。
 今回の目的はまず、初中山峠!
 札幌から南に出かけるときのルートの1つ、中山峠をまだ一度も走ったことが無かったので、ここに行ってみようかなと。んで、中山峠にある道の駅でスタンプを押してくると。
 お仕事の代休でちょうど平日だったので、平日なら峠も安心して走れるかな、というのもあったり。
 あとは、様子を見つつすぐに戻ってくるか、長距離ドライブに挑むか考えようという感じで。大丈夫そうなら室蘭まで行きたいなあ、とざっくり考えていたのですが。

 大丈夫そうだったので長距離ドライブに挑んで、室蘭まで行って来ました!

 室蘭に行きたかった理由は、ずばり「ボルタ」です。
 工業都市として有名な室蘭では、ボルトやナットを組み合わせた人形を製作して販売しています。それがボルタ。ちょっとメカメカしいデザインなのですが、コレがとってもキュート。ずっと前々から欲しいと思っていたのです。
 どうせなら、室蘭に行ってボルタをGETしたい!

 というわけで、道の駅に行ってみたら売店にボルタいっぱい並んでいたので、ボルタかってきました。わーい。
 http://www.tetsupro.com/bol1.html
 のラインナップが大体全部揃ってて(何個かは欠番してたけど)、それをいっこいっこ眺めて選んだのが「56 自転車に乗るボルタ」と、あとそれから「ボルタとナッティ」という男の子ボルタと女の子ナッティの2体の様子を作っているシリーズの方から「107 空中ブランコのボルタとナッティ」。
 ボルタだけのつもりでいたのに、実物を眺めていたら、これすっごく良かったんですよ。家にもって帰ってきて飾ってみたら、なんと空中ブランコ部分がゆーらゆーら動くんです。いーやー可愛い!

 ……えっと、すっかりボルタ話になってますが、そもそもスタンプラリーの話でしたよね。
 今回めぐったのはこんな感じです。

7 望羊中山
73 230ルスツ
104 とうや湖
78 とようら
91 あぷた
39 そうべつ情報館 i (アイ)
65 だて歴史の杜
47 みたら室蘭


 中山峠を越えた後は、そのまま南下して洞爺湖へ。
 海にぶつかった角にある道沿いの「とようら」に寄り、あとはそのまま海沿いを室蘭へ。
 途中、壮瞥に立ち寄って、また元の道に戻ってきたら、またひたすら海沿いにまっすぐ。白鳥大橋をわたって室蘭へ、という感じの往路でした。

 中山峠では定番のあげいも……ではなく、いももちとかぼちゃもちをげっと。私はかぼちゃもちといももちに目が無いのです。ニセコはご飯が美味しそうでしたが、いももち&かぼちゃもちでお腹いっぱいだったのでパス。
 洞爺湖は確か水の駅なるものがあったと思ったので、そこが道の駅化したのかな? と思っていたら、どうやら違ったみたいで。うーん、これは水の駅の方がいい施設、のような。
 とようらは、実は内藤大輔選手の出身地なんですね! 展示コーナーが色々あって。驚きつつも、せっかくなので見学。売店コーナーではイチゴソフトが美味しそうだったので買ってみました。
 いいですよこれ! ソフトクリームにイチゴジャムが練りこんであるってあったのですが、まさにそういう味。基本バニラなのに、いちごじゃむ~な味。とっても美味しい。上にイチゴを小さくきったやつものっけてくれて、イチゴ好きには大変いい感じでした。
 あぷたは海のすぐ隣にあるからか、潮の風がすごいすごい。すごく海!って感じがしました。室蘭とかも海のすぐ隣なのに、潮らしさは今回、あぷたでしか感じませんでした。不思議不思議。
 伊達は見ごたえたっぷりの施設なのですが、全部見て体験しようとすると普通に日が暮れるので(笑)断念でございます。でもせっかくなので、刀鍛冶コーナーだけは見てきました。何かの作業中でしたけど、暗がりだったのであんまりよくわからなかったー。赤いのがチラッとしていたので、刀を熱して鍛えていたのかな?とか思うんですけど、本当はどういう作業だったんでしょうねえ。

 さて、室蘭の道の駅を出ての帰路ですが。
 高速道路を使うルートは、いわゆる苫小牧-千歳-札幌ルートなので、このへんはもう前回通っちゃってるんですよね。道の駅スタンプを集める、という目的では実入りがありません。
 支笏湖経由も、やっぱりスタンプは確保済み。
 というわけで、高速を使うか、そのルートを走ってる36号線を走るか、来た道を戻りつつ少し逸れたルートにして、スタンプを集めつつ帰るか……という感じで。
 ちょっとでもスタンプを集めて帰る事にしました。

 帰りは洞爺湖の途中あたりで西へ逸れる道を通って、

89 真狩フラワーセンター
40 ニセコビュープラザ


 のスタンプをGET。本当は更に、「名水の郷きょうごく」のスタンプを確保して、その道をまっすぐいって中山峠に向かい、あとは中山峠を通って帰ってこようと思っていたのですが……。

 …………。
 閉館時間前だったのに、もうすっかり閉まっててスタンプ押せませんでしたorz

 スタンプ帳には、4~10月は18時までって書いてあるし、HPを見てもやっぱりそう案内されているのですが。でも、10分前くらいに到着したら、自動ドアが開かない。よくよく見たら、中の売店スペースと思われる場所に、白い布がばばーっと掛けられていて電気も消えている。
 どう見ても、「そろそろ時間だからちょっと早めに閉める準備をした」なんていうレベルじゃない……。

 しおしおしお。
 ああ、ギリギリ間に合った!とウキウキ早足で道の駅の建物に近付いていった私の喜びが、しおれていく……。
 大変がっかりしましたが、完全に閉館してるんじゃスタンプもへったくれもないですよね……ついでに、中山峠以来何も食べてなかったので、ご飯になりそうなものが欲しかったのですが、もうどーにもなりません。
 がっかり……。

 というわけで、「96 名水の郷きょうごく」へ行くときは、時間ぎりぎりでは閉まっている事があるので、なるたけ時間に余裕をもって、できればお昼くらいの時間に行くことにするのが安心でしょう……
 という、大変切ない教訓を胸に、この日のスタンプ集めは終了になりましたとさ。
 まあ、京極は割と近所といや近所にある道の駅だから、そのうちまた近くを通ることもあるでしょ……そのときは絶対、帰りに回ろうとか思わず、行きに通るぞ。通るぞったら通るぞ。

 そんな感じで獲得したスタンプの数は、なんと1日で一気に10個!
 前回の分と合わせて15個獲得です。わー、もうはや目標の30個の半分集まりましたよ! この調子なら30個どころか、もっといけるかも! なーんて、わくわく思いつつ、次はどんなところをドライブしてみようかなと考えてみたりするのでした。

※これは実際には5月23日の出来事なので、実はもう3回目をやった後だったりします。
 そっちも近いうちに。
2011/05/29 (Sun) 21:39 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
 北海道の「道の駅」ではスタンプラリーをやっています。
 全道にある112個の道の駅を巡って、それぞれに置いてあるスタンプを集めていくというものです。
 詳しくはこちら

 前々から存在だけは知っていたのですが、今回、免許を取って車を買って。でもって、その後はじめての新年度を迎えたのを機に、はじめてみることにしました。スタンプラリー。

 ……いえその。
 目的が無いとあんまり車に乗らないので、なら「スタンプラリーのため」という理由をつけたら車に乗って遠出とかするようになるんじゃないかなと……(笑)
 さすがに全部めぐるのは難しいと思うので、とりあえずの目標は「スタンプを30個押すこと」。
 なんで30個なのかというと、このスタンプラリーは抽選で景品が当たるのですが、この中で30個以上で応募できる「道の駅コロコロクロック」が素敵だったから……(笑)。コロコロ転がして下にする面を変えると、表示が時計になったり、温度計になったりするらしくて面白そうなんですよ~。
 とりあえず、これに応募できるくらいスタンプを集めてみよう! と意気込みつつ挑戦です。

 さて、まずはスタンプ帳をどこかで調達しないといけません。スタンプ帳は1冊150円で、それぞれの道の駅で販売されています。
 スタンプ帳は、昔は無料だったそうなのですが、現在は有料。まあ、112箇所分のスタンプが押せるとなると結構立派なものになるし、有料になっても仕方ないんじゃないのかな。たぶんマナー的な意味合いでも大変なんでしょうね。無料だと、集める目的じゃなしに持って行く人も多いだろうし……。

 というわけで、最初に向かったのは、

33 フォーレスト276大滝

 です。札幌から車に乗って支笏湖を越えたところにある道の駅。ここの売店のレジ横に積んであったスタンプ帳を購入して、早速33番のところにスタンプをポン!
 記念すべき1個目を押したところで、次の道の駅を目指します。

 ちなみにスタンプ帳、これかなり立派なものでした。カラフルだし、エリアごとに地図が載っていてわかりやすいし、それぞれの道の駅の設備の内容や営業時間が全部載ってるし、付録に大きなサイズの地図(折りたたんで最後のページに封入されている)が付いているし。これで150円なら、十分にお得なんじゃないのかなと思ったり。
 あと使ってみて分かったんですが、このスタンプ帳、スタンプ押すのに向いている紙が使われているみたいで、押してすぐにスタンプ帳を閉じても、隣のページにインクが付かないんですよ。これはすごい! スタンプを集める用途に、すごくいいんですねー。このスタンプ帳が150円なら、支出が全然気にならない感じです。

 さて、スタンプ帳をざっくり眺めた所で、次の目的地へ。
 この日は、そのあと、

85 サーモンパーク千歳
108 ウトナイ湖
37 マオイの丘公園
87 花ロードえにわ


 とまわって、5個押したところで、おしまい。
 千歳に入ったら雨が降り出して、雨の中サケふるさと館まで駐車場からダッシュしたり。ウトナイ湖へ向かったら、苫小牧にはいった辺りで雨がやんできてホッとしたら、そこから長沼にあるマオイの丘へ向かおうと千歳に戻ってきたらまた雨が戻ってきたり。
 長沼に抜けたらやっぱり雨がやんで、「降ってるの千歳だけかい!」と思わずツッコミ入れてしまったりとか(笑)。
 恵庭の道の駅は始めて入りましたが、なかなかいい感じですね。パン屋さんが美味しそうだったけど、もう日が暮れるような時間だったせいか、ほぼ売り切れの状態で買えなかったのが残念。

 そんな感じで、さっそく5個押して、ほくほくしつつの1回目終了でした。
2011/05/26 (Thu) 22:26 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
魔界戦記ディスガイア4(通常版) 面白かった!

 のんびりプレイして、やーっとクリアしました。
 いやあ今回面白いですね。3よりも4のが面白かった気がする。2と比べても悩んじゃうけど、僅差で4の勝ちかなあ。1と比較すると1の勝ちかな?そんな感じ。ディスガイアの続編で一番好きなタイトルになったかも。
 システムが進化しているのもそうだけど、今回一番変わったのは、やっぱりグラフィックでしょう。とうとうディスガイアもドット絵を卒業してしまいましたから。去年液晶テレビに買い換えたので、高画質モードでプレイしてるけど、やっぱり綺麗ですこれ。PSP版のディスガイア(無印、つまり1ね)をやっているので「ディスガイアってこんなに画像変わったのかー」って思っちゃうくらい。感慨深い。

 内容はオーソドックスにディスガイアです。今回は刑務所のプリニー教育係からスタートして、目指す先は大統領です。魔王じゃなくて大統領。でもたぶん大統領の位置づけって魔王と大体一緒なんじゃないかな、って感じがします。スタートが魔王側じゃなくて、魔王に迫る側なのは偶数ディスガイアのパターンって感じになってますねー。

 主人公はディスガイアにしては年齢高め(……やつらの年齢はいつも高いですが)。でも言動が常に「イワシ」。イワシ一筋ですぐにイワシトークが始まるし、そうじゃなければプリニー教育係としての語りが入るかどっちか。今までの主人公の中で、一番極端で極まってるのもヴァルバトーゼじゃないだろうか。ちなみに名前の長さも段違い(笑)。
 あと今回、主人公のパートナー位置にいるのが主従関係の従者側にいるフェンリッヒという狼男で、男キャラコンビなのも珍しいですね。この主従、見ていて愉快なので飽きません。
 女の子キャラも、自分が死んじゃった事を認められない女の子のフーカちゃんとかラスボス・デスコとか天使のブルカノとかいい感じのキャラが集まってます。
 ブルカノは、名乗るタイミング的に明らかに偽名だよなあ、って感じだったんだけど、そういや1にブルカノってキャラがいましたよね確か。天使で。悪キャラだし、いかついおっさんだったけど(笑)
 それと予約特典のコード入力で仲間にできる「堕天使フロン」。結論から言うと、これが超強いわけですよ。オマケキャラなのでメインストーリーに絡んでこないけど、いつものフロンちゃんが回復と攻撃にめさめさ役立ってくれてパーティから外す日が来る気が全くしないというね(笑)最初から最後までずっとメンバーに入れたまま活躍してもらいましたとさ。
 これはいい特典でしたが、反対に「予約してない人はプレイ大変そうだなあ」と思ったり。少し不公平というか、反則技っぽい感じがして、ずるい気がしなくも無いですが、でもフロンちゃん好きなので遠慮なく使う(笑)

 ストーリーは王道で、魔界大統領を目指しつつ各キャラクターを掘り下げたエピソードを扱っていくという感じ。そこから、発展してエンディングに向かって物語は進んでいきます。でもそこはディスガイア。次回予告がイワシまみれだったり、そんなどんでん返しいらんわ! だったり(笑)相変わらずいろいろと人を食った演出や展開があって好きですねー。
 最初の1をやったときに比べると、そりゃあインパクトは減るとはいえ、その辺相変わらずです。むしろ3よりもその辺は良かったんじゃないかな、っていうくらい。
 操作性なども文句なし。オープニング画面でちょっとロードがあるけど、あとはサクサクというのは従来通りのディスガイアですね。私は途中から戦闘演出をきってしまいましたけど、演出ありだと綺麗に動き回るキャラの様子とか、必殺技なんかも楽しめていい感じ(時間かかるので、後半になって見飽きてきたらきっちゃったけど/汗)

 クリア後の要素の多さも相変わらずですねー。やってみて面白かったのはキャラ界。基本はアイテム界なんだけど、クリアするとキャラのステータスがアップするという。議会で可決するよりもキャラが育ってる感はありますねー。移動力を上げて、反撃回数をいじって、そこから残りのパラメーターかな、って感じです。

 PSNのトラブルの影響でネットワーク機能がストップしてしまったのは残念。議会経由で何気なくアイテムをもらえたりするのが結構楽しかったので、ネット経由の機能がまた使えるようになったら、まだ手をつけていない界賊関係なんかもやってみたいなあ、なんて思います。

 ともあれ、今回のディスガイアは、かなりいい感じではないかと。PS3があるなら買い!と推してみたいところです。

魔界戦記ディスガイア4魔界戦記ディスガイア4

日本一ソフトウェア 2011-02-24
売り上げランキング : 269

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2011/05/21 (Sat) 21:10 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
 http://www.princess-toyotomi.com/

 試写会で見てきました。プリンセス・トヨトミ。
 これがまた面白かったです。
 キャッチコピーは「大阪全停止。その鍵を握るのはトヨトミの末裔だった」で、ここにあるように大阪が舞台の映画です。

 私は昔フジテレビ系で放送していた「鹿男あをによし」というドラマが好きだったのですが、原作が同じ作者で、製作陣も同じ……となれば、これはきっと面白いに違いないと思って見に行ってきました。
 当たりでしたよ!
 何が面白いのかを説明するとネタばれになるので書きづらいけど、とにかく面白かったのですよ!
 奇想天外なフレーズを掲げているから奇抜な映画だと思いきや、全編通じて描かれているテーマは、ごくごく普通のものなんですね(何なのかは、知らずに見た方が面白いと思うので書かないけど)。トヨトミの末裔も、関係あるけど関係ないというか。基本は人間ドラマだから。
 下手な「感動巨編」よりよっぽど感動する映画だと思うのだけど、まあ、ここは個人の感想なので。個人差はあるかな。

 あと、たぶんこの映画は男性向きの映画なんじゃないですかね。といっても私は男性じゃないから分からないけど。でも男性の方がたぶん、あのシーンはより感動できるんじゃないかなーと、エンディングまで見て思いました。
 女性でも「ああ、そうだよね」と、わかるわかるって言いたくなる内容なので、十分に共感できるし感動するものではあるんですけど。実際私はぐっと胸にきたので。
 でもあれは、男性の方がより、ぐっとくるんじゃないですかねー。
 世代によっても受け止め方が異なる映画だと思うし、たぶん主人公(堤真一さん)と同じ年くらいの人が見ると、違う印象になるんだろうなと思う。いやあ、面白い映画です。

 奇抜な題材でミステリ要素もあって、壮大な感じかと思いきや、骨太人間ドラマだったりで、見ごたえのある映画でした。2時間があっという間でしたねー。
2011/05/20 (Fri) 22:27 | 映画 | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。