極限脱出 9時間9人9の扉 現在ちょいちょいプレイしているのが、「極限脱出 9時間9人9の扉」。面白いという話を聞いたので、ミステリー好き&FLASH脱出ゲー好きとしては、気になっちゃってプレイ開始。
やり始めたら止まらない☆の勢いで、ざくざくプレイしてしまいます。

 ふと、目が覚めたら、その場所は船の中。
 流れ込んでくる水、いつの間にか手首に取り付けられている奇妙な腕時計型の装置。そして密室。
 生き残るためには、この船に仕掛けられた謎を解いて、この船から脱出しなければならない!

 そんな発端でスタートする作品。目覚めた船室を脱出すると、そこには自分と同じ境遇の人物が合計9人。違うのは、腕時計(?)の文字盤に浮かぶ文字が1~9のバラバラな数字であることだけ。
 自分達は何故こんな場所にいるのか。どうしてこんなゲームが行われているのか、その目的は?
 という部分に迫りながら勧めていくゲームになります。
 脱出ゲームなので、タッチペンで室内をタッチして脱出するのがメインの目的。その合間合間にノベルパートが挿入され、事件の謎に迫っていくという構造になっています。

 さて。あともうちょっとで脱出、最後の扉の前に、謎の棺桶が……というところで、なんとまさかのエンディング突入。このルートはこれでおしまい!というシステムメッセージが出て、無情にもゲームは終了してしまいました。
 ええっ!? これで終わり!?
 ……どうもエンディングを迎えた記録を引き継いで、再びプレイすることが出来るようです。なるほどね。前回で遭遇した謎を明かすようにプレイして行く事が出来るのか。ふむふむ。
 というわけで2周目に入りましたよ。
 そして、セーブ画面の謎の「?」アイコンの1つが画像に差し変わりました。なるほど! クリアしたルートを示しているんですね、これ!
 ということは……まだまだ先は長いな、これ。ひー。

 ちょっと気が遠くなりかけましたが(笑)既読のノベルパートは早送りできるので、そんなに時間はかからずに済む……かも。ただ脱出パートの謎解き部分は飛ばせ無いのが、ちょっとストレスかもしれません。1度といたんだからいいじゃん! みたいな。ああでも、もしかして、この脱出パートが毎回同じ内容とは限らないのかもしれませんね。そのあたりはこれからプレイしていくとわかるでしょうか。

 そんな感じで、なかなか楽しいです。毎日寝る前に少しずつ解いているので、先は長そうですけど、ちまちま進めていこうかと思います。

B002OL1KGQ極限脱出 9時間9人9の扉
スパイク 2009-12-10

スポンサーサイト



2010/04/01 (Thu) 23:29 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
 お次はドラマのチェックでございます。

タンブリング
 4月17日(土)夜7時54分から。初回のみ7時から2時間。TBS系。
 若手男性俳優を集めて制作される、男子新体操部ドラマです。新体操部という題材がユニーク。ただ、この時間帯のTBSドラマっぽく、不良ネタが絡んでいるのは、個人的にはマイナスかな。
 とりあえず見てみて、あとはその時の印象から決めようかと思っています。

新参者
4月18日(日)夜9時から。TBS系。
 いわゆる日曜劇場。今回は東野圭吾さん原作の刑事物ドラマを阿部寛さん主演でやるそうな。なにこの素敵な組み合わせ!というわけで外せないタイトルです。ちょっと渋そうな雰囲気漂っているのですが、どうなんでしょうね?

絶対零度~未解決事件特命捜査
 4月13日(火)夜9時から。フジテレビ系。
 こちらも刑事ドラマ。上戸彩さん主演で、こちらは未解決事件にスポットをあてた1話完結作品のようで。この枠の刑事ドラマはネタに走る風潮があって、ミステリーとして面白いかは……どうだろう?なんて思っていたりするのですが、刑事ドラマと言うだけで、やはり興味は出てしまうわけで。ひとまず見てみようかと。

素直になれなくて
 4月15日(木)夜10時から。フジテレビ系。
 「ツイッタードラマ」なんて呼ばれている、ネット系青春群青劇ドラマ。キャストといい、どうも前にこの枠で放送していた「ラストフレンズ」をイメージしてしまいますね。というか、それを狙っているのではないかとも思ったり。
 題材は興味はあるけど、それについていけるかどうかは、またちょっと違う話かもしれないなぁと思いつつ。ひとまず視聴してみるつもり。

怪物くん
 4月17日(土)夜9時から。日本テレビ系。
 とうとう、このドラマが放送される時がきてしまいました。怪物くんですよ、怪物くん!雑誌の写真とか公式サイトの絵とか見たけど、ああ、本当にこれでやるんだぁ……って感じ……。
 でも思ったよりも意外と大野くんの怪物くんは、そんなに変じゃない……ような……気がする……。
 ……まあ、そんな感じで見てみないとこれは、って感じのタイトルです。

警部補 矢部謙三
 4月9日(金)23時15分から。テレビ朝日系。
 まさかのスピンオフ。トリックから矢部謙三を主役にしたドラマの登場ですよ。金曜ナイトドラマ枠は、どうしてこうも凄いドラマを出してくるんだろう。びっくりします。
 まあ、見るしかないよね。


 とまあ、こんなところでしょうか。
 あとはこの他に今週スタートした「ゲゲゲの女房」を見ています。いや、なんでしょう。制作発表の頃は「えー!?ありえない!」って感じでしたが、見てみると、なかなか面白いですよ、これ。「つばさ」以上にファンタジー入っているし、オープニングからネズミ男やらなにやら出てきたり、番組のエンドは目玉おやじだったりと、違和感あるのも事実なのですが。最初に期待が無い分、面白く感じるということでしょうかね。

 そうそう、実は今回、これの為にテレビ情報誌を買ってしまったりして。我ながら珍しいと思いつつ、番組改編の時期だし1冊持っておくと便利なんですよねー。せっかく買ったので、他の番組チェックにも使いたいと思います。特番とか、普段見ないような時間帯の面白い番組タイトルを見つけたりとか、結構利点はあるんですよね、テレビ情報誌。
 あ、今回は月刊TVnaviを買いました。分厚いのと、用紙の関係か重たいのがネックなのですが、ドラマの情報がよく纏まっているのと、番組表が見やすく感じたのが決め手になりました。
 今は、BS関係は、CS情報誌(別に毎月定期購読しているものがある)の方で見ているので、BS情報まで見開きで綺麗に纏まっている必要が無いんですよね。なので、そのあたりを踏まえて決めました。
 どんな情報を欲しいかによって、ベストだと思う本って変わるものなんだなぁ、と思ったり。
2010/04/01 (Thu) 21:48 | テレビ | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME |