上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
ピアノの森 [スタンダード・エディション] [DVD] また今回もCSで放送していたから見てみましたシリーズ。
 アニメ映画「ピアノの森」です。

 音楽一家の子供として生まれて、ずっとピアノをやっていた主人公その1・雨宮が、東京から田舎の小学校に転校してくると、そこには「森の中にピアノがある」という不思議な噂があった。
 そのピアノを「俺のピアノ」と呼ぶ主人公その2・カイと出会い、2人が互いを意識しながらピアノの練習を繰り返し、ピアノコンクールへと挑むお話。

 この「森の中にピアノがある」という景色が、何ともいえない不思議さと神秘さと面白さを持っています。本当に、森の中にこうやってピアノがあるんですよね。どうして、とか、いつから、とか、そういうのはハッキリとは語られません(昔からあった、という描写が一応あります)が、とにかくそこにピアノがあって、そのピアノをカイだけが弾ける。雨宮が弾こうとしても、ダメなんですよ。カイだけだから、カイのピアノ。
 この不思議なピアノを弾きこなしてしまうカイ。どんな曲でも弾きこなしてしまうカイ。その姿に惹かれながらも危機感を抱いてしまう雨宮、という構図は、すごい。子供が主人公のアニメだからと、侮ってはいけません。「天才と努力の人」とか「越えられない壁」といったものを、見事に表しています。

 クライマックスのコンクールシーンでは、会場で出会った女の子・誉子も交えて3人の演奏シーンが描かれるのですが、これが本当に三者三様。幼い頃から磨いてきた素晴らしい技術を披露する雨宮と、自分の果てしない世界を見せるカイ。誰もが素晴らしいと認めるカイの演奏は、でも、コンクールという型からは外れすぎていて審査員からの評価は得られない。完敗を悟った雨宮が勝利して、カイが敗退するというシーンは、音楽に順位をつけるということの難しさを感じますね。

 全部で100分ほどの作品なのですが、密度は濃いですよ~。ピアノを巡る様々なシーンを通じて、それぞれのキャラクターが丁寧に描かれていて、とても見ごたえがあります。
 キャストは、カイ役が上戸彩さん。全然気付かなかった! で、雨宮が神木隆之介くん。こっちも気付かなかった。役者さんが声優をする作品は多いですが、どっちもハマっているんですね、これが。2人のキャラらしさが魅力的で大変楽しめました。

 最近、CSでいろいろ見ていますが、CSは本当に拾い物が多いです。自分からじゃ見ないだろう、という作品に挑戦して、玉砕する事もあるけど(笑)、割と面白い事が多いような気がします。思いもしないところで当たりを引くというのは、なんだか嬉しいですね。

B000XA813Uピアノの森 [スタンダード・エディション] [DVD]
VAP,INC(VAP)(D) 2007-12-21


スポンサーサイト
2009/12/27 (Sun) 23:05 | 映画 | コメントする(0) | Trackback(0)
 BSフジで放送していた「風のガーデン」を見てみました。
 富良野に行ってみたら、北の国から以上に超プッシュされていて、どんなドラマなのか興味はあったわけですよ。そのうち再放送になったら見てみよう、と思っていたら、BS番組表にあったので。

 うん、面白いですね。
 末期がんになった主人公が、故郷に帰って、疎遠だった家族と交流していく……という内容で、本当は暗いはずのストーリーなのに、何故か明るいこの内容。なんとも不思議ですが、死期を知って悟った人間って、こういうものなのかもと思わされると、何とも切ないストーリーです。

 舞台は富良野で、札幌などもちらほら出てきます。舞台になっている場所を知っていると「ああ、ここ知ってる!」って気分になって、楽しさ倍増の気分。確かに、これは富良野に観光客が来るようになるよなぁ。実際に開園している「風のガーデン」が2時間待ちになったりするはずだよ。ドラマ見た後だと、私だって風のガーデンを実際に見てみたくなるもの。

 主人公が医者で、本人が闘病中であっても医療ドラマではない、というのは大変素敵なところです。全編通してゆったりと時間が流れていて、時間掛けすぎじゃないかなぁと思ったりもしつつも(2時間ドラマに収まりそうな内容ではある)、そこをじっくり描いているから、余計に胸にぐっと来るのかなと思ったり。
 死に向かう恐怖と、それを堪えて周囲を思いやって笑う主人公の2つの姿の対比は、本当にたまりません。飄々とした態度で、自分の子供の前で『天使』を装う中井貴一さんの姿は、本当にすごいです。本当は主人公はどう思っているか、という裏事情が分かれば分かるほどに、『天使』のシーンは、切なくも眩しいシーンに感じられるんですよね。
 子供役の黒木メイサさんと神木隆之介くんは、本当に素晴らしい演技です。そこに、おじいちゃん役の緒形拳さんが入って、本当に凄い。
 テーマ曲になっている「カンパニュラの恋」が流れてくるたび、なんだか胸にじわっとしたものが来てしまうくらいの作品になっています。この歌自体、ドラマの中で関わってくるシーンが、ちゃんとあるんですよね。ドラマ本編でのかかわりがクローズアップされてくると、この曲が流れるたび、本当に切なくなります。

 劇的なクライマックスシーンがあるわけではないんです。でも、じわじわと胸に来る、本当に素敵な雰囲気のドラマ。秋の夜に視聴するには、本当に良い作品でした。静かに過ごしたい夜のお供に、とてもいい作品です。

 なお、実際に富良野で公開されている風のガーデンは、こちらから。新富良野プリンスホテルは「森の時計」(というドラマに登場した喫茶店のロケに使った建物を利用して、実際に経営されている喫茶店)もあって、とても素敵な場所なので、富良野に行く機会があったらぜひ訪問してみてください。
 ちなみにpadomはコーヒーが大の苦手なのですが、森の時計でケーキセットを頼んだ時についてきた珈琲だけは、凄く美味しくて飲むことができました。生まれて初めて美味しいと思った珈琲、と書くと仰々しいですが本当なんですもん。仕方ない。
 というわけで、ここの珈琲は全力で美味しいとプッシュします。
 風のガーデンを見て、その後、森の時計でケーキセット頼むのが、本当にオススメ。

 ドラマ見たら行きたくなってきたので、ガーデンが見れる春くらいに、また富良野行って来ようかなぁ。

B001GXR0YY風のガーデン DVD-BOX
ポニーキャニオン 2009-04-15

2009/12/27 (Sun) 14:38 | テレビ | コメントする(0) | Trackback(0)
 CSで放送しているのを見ましたよー。
 ディズニー作品でも人気らしいですが、ぜんぜん見たことなかったので。

 ディズニー映画だし、よく女の子と変な動物が仲良さそうにやってる絵、というのを見かけるので、そういう作品だと思っていたら、ちょっと違うんですね。
 リロがハワイ在住の女の子。
 スティッチが、墜落した宇宙人。
 ……そもそもリロ=宇宙人だと思っていた人間が見るんだから、そりゃあ全然違う内容だと思うはずです(笑)

 見始めても、福祉局とか家庭崩壊とかいう単語が出てきて「え、これ本当にそういう話?」って感じなんですが、本当にそうなんですね。
 リロは両親を亡くしてしまい、肉親はおねえちゃんだけ。
 境遇ゆえに福祉局の人が様子を見にやってきて、ふたりを引き離そうとする日々の中、リロにペットとして犬を飼ってあげようとするおねえちゃん。犬を買いに来たお店で、リロが遭遇したのが犬のフリをしていたスティッチ。
 かくしてスティッチとの生活が始まり……という内容。
 メインテーマは家族の絆。

 暴れまくりのエイリアン・スティッチが、ちょっとずつリロたちに馴染んでいって、すっかり大人しくなるわ2人の為に大奮闘するわ。リロという恵まれない境遇の女の子のストーリーなんだけど、本当は「恵まれない境遇の宇宙人」であるスティッチが、家族を見つけて居場所を得るまでの話なんですよね。たまりません。

 テーマがテーマだからか、イラストで見ていた時のイメージよりも、ずっと重たい話。でも面白いですよ。リロが「エルビス・プレスリーみたいになる練習をしよう!」って言い出して、スティッチにギター弾かせたりナンパさせようとしたりするところとか。
 終盤は、リロから嫌われてもリロのために! と頑張るスティッチがいじらしくて。同時に「あの変哲の無いシーンがこんなところでいきてくるなんて!」という場面があり、なんとも唸らされます。うまい。

 子供向けだと侮ってはいけませんね。どちらかというと、大人が見た方がいろいろな視点で楽しめて、ぐっと胸に来るような、そんなタイトル。人気があるらしいのも、なんだか納得できました。機会があれば、見ておいて損は無いだろうなという作品でした。

B0009Q0K3M
リロ&スティッチ スペシャル・エディション
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2005-09-07

by G-Tools
2009/12/24 (Thu) 22:14 | 映画 | コメントする(0) | Trackback(0)
 最近読んだ「星が原あおまんじゅうの森」という作品が、とても面白かったです。
 漫画です。発行元は朝日新聞出版。掲載誌は「ネムキ」。
 ネムキは守備範囲外なので全然知らなかった作品なのですが、こういうのに辛口な人が淡々と「面白かった」と話していたら、興味が湧くじゃないですか(笑)というわけで、人からの評判を元に読んでみたのですが。

 これは面白い。

 ある日ニワトリが迷い込んだのは「人間じゃないもの」が暮らす家がある森。「お前人間じゃないだろ」「うん」みたいな会話を住民としていたら、新たに現れた青年を見て、びくっとして後退りするニワトリ。「お前、人間だろ!」
 ……といった雰囲気で始まるのが第1話の冒頭。
 森の中に暮らしているのは、いわゆる「精霊」たち。彼らと一緒にいる人間の青年。
 第1話のメインはニワトリでしたが、毎話ごとにメインキャラは変わります。たとえば第2話は石だし。ちなみに主人公は青年で、彼はスタンプカードにスタンプを集めているようです。
 森と、古びた家を背景に、ほんわかした話が進んでいくかと思いきや、途中で主人公の背景(過去と設定)が語られると、その前後で作品の印象が一気に変わります。
 これは、もう「実際に読んでみて!」としか言いようが無いくらい。

 日常と少し違う非日常を舞台としたファンタジーです。
 タッチがほんわかしているけど、ほんわかだけの作品じゃないのが個人的にツボ。大変雰囲気がいい作品で、本当に面白い。2巻が出たら、ぜひまた続きを読んでみたい、という内容でした。

 しかし、漫画は本当に幅広いから、守備範囲外にこうしていい作品があったりするんですよね~。
 もっといろいろチェックして、面白い作品をたくさん読みたいのですが、それを実際に実践するのは、なかなか難しいというのが、なんともジレンマ。
 でも今回、本当にヒットした作品だったので、ネムキはチェックする雑誌に入れてみようかなと思うのでした。良作がある雑誌は、他の作品もおおむね良いものですからね~。

4022131500星が原あおまんじゅうの森 1
朝日新聞出版 2009-12-04

by G-Tools

2009/12/23 (Wed) 19:27 | | コメントする(0) | Trackback(0)
 ディズニーランドの「ホーンテッドマンション」で見かけて気になっていた作品。
 クリスマス時期ならきっと、と思っていたらCSで放送されたので、見てみました。

 あらすじは「ハロウィンの街に暮らすカボチャの王様ジャックは、ある日『クリスマス』を知り、ハロウィンの街でもクリスマスをやろうとするが……」というもの。
 ホラー作品の登場人物がクリスマスの華やかさに憧れるようなもので、そのシーンが何ともたまりません。物凄く憧れて真似しようとしているのに、どうしてかホラーから抜け出せずに不気味なクリスマスになってしまうのも、本人達は楽しそうだけど悲哀なシーン。コミカルなシーンなので素直に笑えばいいんだろうけど、なんだか笑えなくて逆に切ない。登場人物の中で、唯一そんなホラークリスマスに危惧を抱いているヒロインとシンクロしている気分。

 アニメーション映画なのですが、どちらかというとパペットアニメーションを見ている気分。なんだか神秘的な印象を受けてしまいます。動きも滑らかで、いわゆる「アニメ」とは違う独特の映像になっています。新技術を見た! という気分にさせられます。すごいですよ。
 基本的にはミュージカルなので、登場人物たちが歌っているシーンが大半なのですが、なんだか本当に舞台を見ているかのように錯覚してしまうのは、この映像がとてもいいからなんでしょうね。

 ちなみにジャックは骨人間。いわゆるスケルトン。登場するヒロインも、つぎはげだらけの人形です。人形って紹介されているけど、これ多分フランケンシュタインみたいなものですよね。
 普通に考えたらラブストーリーなんてありえないはずなのですが、そこはやっぱろティム・バートン。ロマンティックです。ちょっとエピソードが足りなくて、展開が急すぎる印象はありますけど、クリスマスに挑むハロウィンの住民達というメインストーリーをたっぷり描きつつ、そういった心情面も描いて1時間ちょっと。というか1時間ちょっとしかないのが信じられないくらい。なんとも濃いです。

 子供が見ても楽しいだろうし、大人が見たらグッと来るシーンが多い作品なのでは無いでしょうかね。
 大変面白かったです。

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス [DVD]ナイトメアー・ビフォア・クリスマス [DVD]
ティム・バートン

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2005-09-07
売り上げランキング : 486

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2009/12/23 (Wed) 19:03 | 映画 | コメントする(0) | Trackback(0)
 いわゆる「ノイタミナ」枠のアニメ。
 北海道ではワンクール遅れて放送されているのですが、これで見た「東京マグニチュード8.0」が凄く面白かったです。この枠では「図書館戦争」もよかったのですが、あれとはまたベクトルが違う感じ。

 http://tokyo-m8.com/index.shtml

 東京に、マグニチュード8.0の大地震が来たらどうなるか。
 というシミュレーションを元に作成された災害ドラマ。
 主人公が震災に遭遇するのは、放送キー局でもあるフジテレビがあるお台場。地震後のニュースシーンに登場するアナウンサー役は滝川クリステル。だからなのか、序盤の震災直後のシーンがすごく生々しい印象があって、なんとも惹きつけられてしまう内容でした。

 主人公は、弟と2人でお台場に遊びに来た女の子で、第1話で30分かけて「ふたりがお台場で過ごしているところ」を描いた後、終盤で大震災が発生。
 2話目からは、陸の孤島状態になったお台場から自宅に向けて歩いて帰るというストーリーが描かれていきます。
 東京大震災が発生したら、帰宅できなくなる人が大量に発生する、という試算は聞いた事がありましたが、それに該当するのはサラリーマンだという思い込みがあって。小学生が自分の家まで歩いて帰る、というシチュエーションが何週間も何週間も続くというのは、かなり生々しいというかなんというか。

 ただ、それほど辛い内容になっている訳ではなくて。私、胸に痛い作品は苦手なのですが、これはわりかし安心して見れました。状況の悲惨さなどよりも人間ドラマが中心になっているせいでしょうか。
 グロくはないですよ。うん。
 姉弟愛がハッキリ明瞭に描かれているので、こう、弟のいる立場としては、別の意味でもグッと来る内容になっていますね。

 不安にさせられるシーン、ハラハラさせられるシーン、思わず涙が出てしまうシーンなどがあるかと思えば、ふっと笑ってしまったり和んだり。メリハリがあるのも個人的には好みなところ。
 何気なく防災の知識も織り込まれていますが、それは序盤だけかなぁ。中盤以降は雰囲気が変わって、心理面の描写が中心になっていく感じです。お台場脱出するまでの内容は、かなり考えさせられながら見る場面が多かったのですが、お台場を出た後は、それほど防災を意識したものではなくなっていたような印象。ですが、その頃になると、もっと人間ドラマを見せて欲しいという気分になっているので、ちょうどいいのかも。

 放送は終了していますが、凄くいい作品だったので、機会があれば、ぜひ。

東京マグニチュード8.0 第1巻

2009/12/23 (Wed) 10:21 | テレビ | コメントする(0) | Trackback(0)
 映画です。
 CSで放送されていたので「これは見るしか!」といそいそ見てみました。

 原作は伊坂幸太郎さんの小説。伊坂さんといえば、「本屋さんが選ぶ一番売りたい本」で有名になった本屋大賞へのノミネートで有名ですが、その伊坂さんの作品のひとつがこれ。
 小説の方は読んだ事がありませんが、ミステリーなのと、広辞苑を盗みに行く話らしいというのだけは知っている状態で見ました。

 いやあ、素敵な映画でした。
 ミステリー、ハードボイルド色の強い展開かと思えば、どこからどう見てもラブロマンス。主人公は男2人だけど。もちろん、これっぽっちも同性愛ではないけど。けど、ラブロマンスでミステリー。
 加納朋子さんの「日常ミステリー」が好きな私には、たまらない展開でした。
「そうか、こういう作品だったのかー!」と内容を理解したところですっかり夢中になってしまい、「ううむ、やられた~」と唸ってしまう。
 折り返し、半分が過ぎた辺りから始まるどんでん返しがたまりません。
 登場人物のあの人が「嘘をついている」のは明白だったのですが、いやはや、こういう事だったとは。そこまでは見抜けませんでしたよ。
 やられました。

 大変面白い映画で、見ごたえアリです。
 最初の短調さに「ああ、これ外したかな」と思っていたら、本当にやられましたもの。イマイチ感があるかもしれませんが、とりあえず黙って見れば、中盤のあるタイミングで突然急に面白くなるはず。
 そういう映画です。

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント 2008-01-25
売り上げランキング : 2548
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2009/12/11 (Fri) 23:00 | 映画 | コメントする(0) | Trackback(0)
 PSP版ラ・ピュセル。
 買ってしばらく遊んでみたので、初代PS2版との比較感想など書いてみようかと。「2周目はじめました」は持っていませんので、純粋に初代との比較です。
 ちなみに、大昔にはじめてプレイした時の記録はここにありますので、よろしければ~。……ラ・ピュセルというソフトが発売されたのが、もう8年位前だというのを思い知りますね! 有体に言うと、文章が若い、内容が若い、ああ恥ずかしい!(笑)
 あ、このプレイ日記は容赦なくネタバレ満載なので、そこのところは、予めご了承よろしくですよ。

 さてはて。

 まず、フルボイスになったそうです。あれ、でも、その割に声の入っていないセリフがあるような?
 それはそれとして、追加で増えたセリフが結構ありますね。2周目からのものなのか、今回からの物なのかはよくわかりませんが、見覚えの無いセリフが戦闘時に表示されたりして、なかなか新鮮味があります。こういうのは、いいですね。あ、ちゃんとボイスもついてますよ。時間が経っているのに、変化(新旧でのギャップ)を感じないというのはグッド。かなりいいと思います。

 音声は、ちょっと割れている印象を受けました。セリフはいいのですが、戦闘での掛け声ボイスの質が悪い。でも、まあ、10時間くらい遊んでいたら慣れてきた感じ。まあ人間ってそんなものですよね。

 イベントスキップができるようになりました。久々のプレイでちゃんとイベントを見たい、と思っているので使う機会はあまり無さげですが、周回プレイするなら欲しい機能ですよね。

 画質は昔と変わらない印象。ディスガイアのDS移植はグラフィックが寂しくなりましたが、これは大丈夫。PSPというハードがいいんでしょうか。

 ロード時間が長めな気がします。日本一のゲームは、さくさくロードする印象があったので、今作のこのロード時間の長さ(と、ロードするタイミングでハングする感じになるところ)は、切ないというかなんというか。
 操作性は悪くないですが、画面切り替えになるともっさりするので、そこで操作性が悪い気分になってしまいます。つまりはすべてロードが悪い。

 とまあ、こんな感じでしょうか。
 ロードと音声が若干気になるものの、総合していい感じなんじゃないでしょうか。
 未プレイなら買って損ないと思いますよ。だって、すごく面白いですからね。とてもいいゲームですので、ぜひ! いろいろな人に遊んで欲しいなぁと思っています。

 本編から遊び始めたので、追加シナリオの類はまだです。そっちは楽しみに取っておきつつ、本編のクリア目指して進めたいと思います。
 また、何か気付いた事があったら、追記します。

B002MZYU2Uラ・ピュセル†ラグナロック(限定版: 設定資料集 & サウンドトラックCD同梱)
日本一ソフトウェア 2009-11-26

by G-Tools


B002MZYU34ラ・ピュセル†ラグナロック(通常版)
日本一ソフトウェア 2009-11-26

by G-Tools
2009/12/11 (Fri) 22:38 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
 ちょっと興味を持ったので、Twitter登録してみました。
 blogのメニューにも貼り付けてみたので、よろしければどうぞ。
 ちなみに、最初「padom」でアカウントをとろうと思ったら、どうやら既にブラジル人らしき男性が登録済みだったので、ちょっとオマケをつけて、こんな感じでの登録になりましたとさ。

 アイコンは適当に貼り付けただけなのですが、可愛いイラストだけど自分の目印だと思うと申し訳ないくらい恥ずかしいので(笑)何か違うのにしたいなぁ。どうしようかなぁ、何がいいだろう。

 ちなみに興味を持ったきっかけは、どうも流行しているらしい(という事にしたい人がいるらしい)ということと、芸能人向けに有料サービスが始まるらしいという記事を見たのと、あと140文字小説(Twitterの1投稿の上限文字数である140文字以内で小説を書く、という試み)あたりです。
2009/12/02 (Wed) 22:01 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。