上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
 しまった。油断してたら10月いちども更新していない上、11月も終わろうとしているよ!
 という状況を何とかするべく、秋の新番組の感想とか。今からだと、あともう残り1ヶ月無いような状況だから、あんまり見る人の参考にはならない気がするけど。

●新・三銃士
 秋の新番組でダントツに面白かったのは「新・三銃士」。これは本当に面白い。20分という時間にストーリーが凝縮されていて、いわゆる「つなぎ」の回が、これまで放送された15話の間に、まだ1回もない。必ず事件が起こるか人間ドラマがあるし、毎話最後に次回へのヒキがあって「果たして一体どうなるのか? 次回へ続く!」で終わるのもすごい。
 人形が、ものすごく生き生きしているのも良いんですよ。ものすごい木目が入っていて、あからさまに「人形!」って見た目の人形を使っているのに、人形じゃない感が凄まじい。演者さんが偉いんだよねぇ、これ。
 三銃士は、あらすじ程度しか知らないというのがプラスとして働いているんでしょうか? でも多分、それを差し引いても面白い作品だと思う。爆笑問題・田中さんのナレーションが、真面目なはずの人形劇に独特の色を出しているのも素敵ですよ。
 週に1度に20分、というのは、ちょっと物足りないけれど、このくらいのペースの方が録画した物が溜まる事は無いので、それはそれでいいのかも。
 あまりに面白かったので、本屋で新・三銃士完全ガイドブックまで買ってしまいました(笑)。出演者やスタッフのインタビューが「これでもか!」と掲載されて、中盤までのあらすじが載っています。あらすじページは、まだ見ない方がいいかも。「しまった!早くこの内容忘れないと!」って状況になってしまったので。

●その他のアニメ
 アニメは「テガミバチ」が原作の雰囲気をたっぷり盛り上げつつの正統派アニメ化、って感じで好きですね。なんで放送時間が深夜なのかよくわからないけど、いわゆる「夕方6時から子供が見るアニメ」の系統で楽しいです。
 「戦う司書」はミステリアスな雰囲気が楽しめれば面白く感じる作品だと思います。週によってメインキャラが全然違うので、そこはちょっとマイナス。スムーズに構成されて無いので混乱します。でもまあ、そこを深く考えずに見れるならいいんじゃないのかな。私は好きです。
 他の作品は、特筆するほどの当たりは無い感じ。

●ドラマ雑感
 「マイガール」がいいです。コハルちゃんの可愛さが尋常ではありません。身悶えます。こんな娘が欲しい!と思わず感じさせてしまうのは素晴らしい。ただ、あまりに出来すぎた娘すぎて気持ち悪さを感じなくも無い。そこは、まあ、ちょっとファンタジックな作品だと思って見るのが吉かと。
 「うぇるかめ」は毎日15分見るにはちょうどいいドラマです。新聞記者に憧れていた主人公が女性誌に開眼し、その挙句に地方ミニコミ誌の編集者が関の山、という展開は嫌いではありません。ただ、その雑誌が本当にあまりに売れていないのに「この編集部こんなに人いるんだ……」とか「売れてないのに、ぽんと素人(主人公のこと)を雇っちゃうんだ……」とかが、こう、もやもやしてしまいます。
 そこさえ除けば悪くないと思ってますよ。でも「つばさ」のが好きかなぁ。
 「ライアーゲーム」は、以前と変わらない面白さで安心して見れます。黒い感じの雰囲気が好きならば見て損なし、という感じでしょうか。
 他のドラマはいまいちかなぁ。JINが巷では評判のようですが、私はあんまり。まあ、中谷美紀嬢が出ていない第1話だけの段階での感想なので、きっとこの先を見たら感想変わると思うけど(取り貯め中なので、2話以降はまだ見てない。ぼちぼち見ようかな)。

 今回は、2クール以上放送のある作品で当たりが多かったな、という感じ。楽しめる期間が長いということだから、嬉しいことですよね。
 来年スタートの番組にも期待したいものです。……そうか、あと1ヶ月もしたら放送開始なんだよね。ぼちぼちまた次の新番組もチェックしておかないと~。
スポンサーサイト
2009/11/28 (Sat) 18:52 | テレビ | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。