日本一ソフトウェアの公式サイトに行き、更新情報を見た私が目にした一行。

『ラ・ピュセル†ラグナロック』の公式サイトがオープンしました! (2009.09.03)

 マジで!?
 ラ・ピュセル!?
 何が始まるのかと思ったら、なんとPSPに移植ですってよ!
 まさかラ・ピュセルが移植される日が来るとは、これっぽちも思わなかったよ!
 そうだよね。ディスガイア以前のゲームだって「マール王国の人形姫」が移植されたんだから、その次にこれが来たって本当は不思議ではないんだよね!
 このゲームが大好きな私が言うのもなんですが、それほど人気ではないと思っていたので、この移植は衝撃というか、本当に嬉しいんですけど!

 追加要素のページはオープンしていなかったけど、ムービーの方にざっくり書いてありました。

・システム改良
 フォントが見やすくなっているような。多分、ディスガイア等のこれ以降に販売されたゲームのような操作性になっているんじゃないかなぁと予想。

・音楽室とか
 他の作品でも追加されたコンテンツがくっつく模様。

・新エピソード「魔王プリエ編」
 魔王って!
 どんな話になるのか、さっぱり分からない。
 でも、どんな内容になっているのか、超楽しみになるタイトルではある。

 といった感じで、ただの移植だろうともちろん買うに決まっているのに、追加要素が入るなら「絶対買うよ!」って気分になるわけですよ。
 発売日は11月26日。年末のお供は決まりですな!

 というわけで、早速Amazonで予約をかけようかと思ってみたら、公式にまだ出ていないパッケージイラストがすでに掲載されていました。

ラ・ピュセル†ラグナロック(限定版: 設定資料集 & サウンドトラックCD同梱)
 限定版。
 ちょぉぉぉ! いいの? これいいの? 前作の限定版どころじゃなくネタばれちっくじゃありませんこと!? 1度プレイしていると、こう、色々なものがこみ上げてくるデザインなんですけどこれ!
 いろいろ語ろうとすると、それだけでネタバレになりそうになるとは、おそるべし。
 主人公は左下。隣は魔王プリエだよね、多分。新エピソードのキャラってことで、パッケージにもいるのかしら。……どんな風な内容になってるのか超気になるんですけどぉぉぉ!

ラ・ピュセル†ラグナロック(通常版)
 こっちは通常版。これは公式でも使われてますね。限定盤ほど、ずきゅんと胸に来る内容ではないですが、ゲームの内容を考えてみると、これはこれで……かな?
 しかし、どっちのパッケージにも出してもらえないオマールとマムロン哀れ。つーかマムロン好きなのにどっちにもいないとは、ちょっと寂しい。ショコラ隊ですら登場しているのに。
 ヤッタニャーは、まあ、ショコラ隊がいるからいいっちゃいいよね。

 なお、限定版には設定資料集とサントラがついてくるそうです。元はおそらく、PS2版の予約特典だった設定資料集と、限定版に同梱されていたサントラですね。サイトの記述によると、追加イラストや再MIX・新曲の収録があるそうなので、元のを持っていても十分に価値のあるアイテムかも。

 お値段は、通常版が4980円で、限定版が6,980円。
 ちうわけで、値段差が2千円程度なら、そりゃ限定版を買いますよ! パッケージも断然限定版のが好みだったし、というか、多分日本一ソフトウェアの限定版なので、このイラストの箱の中に、通常版パッケージのソフトそのまま入ってるんだと思うし。
 場所は取るけど、ラ・ピュセルを他の限定版と同じサイズのボックスで保管出来るんだと思うと、もうそれだけでわくわくですよ!(※PS2版の限定版は、普通のソフトと同じトールジャケットにCD同梱+ジャケットのイラストが違うだけ、という仕様だった)

 いやー、思いがけない展開で、本当にわくわくします。移植とはいえ、遊ぶのがとても楽しみです。すごく良い作品なので、この機会に未プレイの人がたくさん手にとって、遊んでくれるといいなぁ。

ラ・ピュセル†ラグナロック(限定版: 設定資料集 & サウンドトラックCD同梱)ラ・ピュセル†ラグナロック(限定版: 設定資料集 & サウンドトラックCD同梱)

日本一ソフトウェア 2009-11-26
売り上げランキング : 109

Amazonで詳しく見る


ラ・ピュセル†ラグナロック(通常版)ラ・ピュセル†ラグナロック(通常版)

日本一ソフトウェア 2009-11-26
売り上げランキング : 992

Amazonで詳しく見る

スポンサーサイト



2009/09/03 (Thu) 23:16 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME |