上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
 夏はちょっと時間が取れなくて、新番組のチェックができないまま放送が始まってしまい、ろくすっぽ見ていない状態だったので、秋は一応さらっとだけどチェックしてみましたよ。
 積読もとい積ドラマ・アニメがたっぷりあるのが一番の問題なような気もしますが!

■秋の新アニメ
 さらさらっとチェック。気付いていない新番組ってのも結構ありそうだなぁ。
 そんなに「期待してる!」って感じの作品が無い上、数もそんなに無いので、とりあえず全部見てそれから考えようかな、なんて。

●戦う司書
http://www.bantorra.com/
 10月2日(金)22時から。アニマックス。BS11でも放送されるらしい。
 アニマックスが基盤となるのは珍しいタイプのような気がします。
 やたら、アニマックスで宣伝しているので、ちょっと見てみようかと。あと主題歌アリプロなので。

●テガミバチ
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/tegamibachi/
 10月3日(土)夜10時55分から。いわゆるテレビ東京系ネット。
 珍しい枠での放送ですね(北海道では無かっただけなのかもしれないが)。

●こばと
http://www.kobato.tv/top.html
 10月6日(火)夜8時から。BS2。
 ニュータイプ連載のCLAMP「こばと」のアニメ化ですね。原作あんまり読んでないけど、いつもどおりのCLAMPアニメっぽいスタッフ陣なので、きっと面白いのでしょう。と思いつつ見る予定。

●連続人形活劇「新・三銃士」
http://www.nhk.or.jp/sanjushi/
 10月12日夜6時から。NHK教育テレビ。
 人形劇です。三谷幸喜脚本という事で、ちょっぴり興味が。いや、たぶん、あんまり三谷テイストではないとは思うけど。
 放送形態が変則的で、1~10話までは毎日放送(といっても平日の月~金だけで、これを2週間やって全部で10話)、それ以降は毎週金曜に1話ずつという放送になるようです。最初、サイトに書いてある「10話一挙放送」の意味が全く分からなくって、ちょっと困った。
 この程度で頭がこんがらがるとは、頭が固くなったなぁ。

●フェアリーテイル
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/fairytail/
 10月12日(月)夜7時30分から。テレビ東京系。
 マンガが結構面白いので、アニメで見てみようかなと。

●青い文学シリーズ
http://www.ntv.co.jp/bungaku/
 10月10日(土)深夜25時20分から。日本テレビ。
 古典名作のカバーをジャンプの漫画家が書いてみました→売れました→いっそ、これでアニメ作ってみない?
 という発想で放送が始まるトンデモアニメです。まじで?内容はもちろん「人間失格」とか「こころ」だから面白いと思うんだけど、これアニメにして面白いかはまた別の話。しかも、キャラがあれでしょ。どうなんだろうなぁ……。
 と思って見て見たいのだが、全国ネットなのかがまだ不明。むむむ。

 それはそれとして、今CSの方で「モノノ怪」「聖戦士ダンバイン」「ふしぎの海のナディア」「テイルズ・オブ・アビス」なんかを見ているのですが、これが大変面白い。こういうのが転がっていて、いくらでも見れるというのが、CSの魅力だよなぁと、ぼんやり。
 あとは、もうちょっとすると「ワタル」が始まるのと、一挙放送で「マクロスF」があるらしいので、その辺りを見ていこうかなぁと計画中。

■秋の新ドラマ
 アニメ以上に壊滅的だったのがドラマです。
 ほら、アニメは半年やるけど、ドラマは3ヶ月で終わるから……。
 夏クールは、期待していた数少ないタイトルが軒並みイマイチな感じだったのもマイナスでございました。大体初回だけで見切りつけちゃったし、そうじゃなかったドラマも3回もたなかったからね。
 今回は、面白いドラマがあるといいなぁ。

●うぇるかめ
 9月28日(月)から。
 NHKの朝の連続テレビ小説的な15分ドラマ。半年、毎日見て楽しんできた「つばさ」が終わってしまうのを残念がりつつ、来週からはこれ。
 つばさは、何だかんだ言いつつも楽しく感じられるドラマでした。しばらく見続けてから、じわじわと面白くなってきたというか。最初の何日かだけで「つまらん!」と一刀両断していなくてよかった。15分というみじかさだから見続けられたのだと思う。で、どんどん面白くなったという。
 まあ、何がいいたいかというと、それと同じ位楽しめたらいいなぁと思ってます。

●探偵Xからの挑戦状!Season2
http://www.nhk.or.jp/tanteix/index.html
 10月7日(水)深夜12時10分から。NHK。
 なんと第二弾ですよ。このドラマはとても面白くて、一番面白いのは「ケータイ小説連動ドラマ」であること。メールアドレスを登録しておくと、出題編にあたるケータイ小説が読めるのです。
 それを読んで推理して、1週間後の放送で流れる回答編で種明かしをする、という仕組み。
 そして、作家は普通に一流のミステリー作家ばかりというのが、また美味しいところ。
 今回は井上夢人と我孫子武丸が混ざっていますのことよ! これは読みたい。絶対面白いぞきっと。ちなみに前回はドラマだけ見ていましたが、それだけでも面白い作品ではありました。
 携帯コンテンツ苦手なので、あんまり登録したく無いのですが、面白そうなので思い切って登録してみようかどうか、悩む悩む。

●マイガール
http://www.tv-asahi.co.jp/mygirl/
 10月9日(金)夜11時15分から。テレ朝系。いわゆる金曜ナイトドラマ枠。
 なんと、感動的な作品だと話題になったマンガ「マイガール」がこの金曜ナイトドラマ枠にくるとは。お父さんと娘のハートフルストーリーですよ。「雨と夢のあとに」くらいの雰囲気でやるんでしょうかね。「てるてるあした」でも可。なんにせよ、この雰囲気は金曜ナイトドラマでは久しぶりなので、非常に楽しみです。

●JIN-仁-
http://www.tbs.co.jp/jin2009/
 10月11日(日)夜9時。TBS系。
 いわゆる日曜劇場の枠ですね。
 見ます。これは絶対に見ます。何故なら、私が大好きな中谷美紀嬢が出ているから。ええ、もちろんですとも。絶対に外せません。メインキャラじゃないっぽいけど、中谷さんの出てくるシーンの為に、たとえどれだけつまらなかったとしても、ぜったいに見続けられる自信があります。
 あ、内容は江戸×医療物で、タイムスリップして江戸時代に行っちゃった医者が主人公で……という感じです。

●リアル・クローズ
http://ktv.jp/real-clothes/index.html
 10月13日(火)夜10時から。フジテレビ系。
 これは原作マンガが大変面白いのです。てっきり、スペシャルドラマの第2弾なのかと思ったら連ドラとしてのスタートなんですね。黒木瞳さんとか、キャストはスペシャル版のままなのね、やった! ……とか思ったら、田淵の顔が違う(笑)山本太郎の方が雰囲気いいと思うのだけどな。

●相棒 season8
 10月14日(水)夜9時から。いつものようにテレ朝系。
 長いシリーズですね、これも、相棒が変わってから本格シリーズ開始ということで、どの位違う雰囲気になっているのかが楽しみなところ。

●ROMES 空港防御システム
http://www.nhk.or.jp/drama8/romes/
 10月15日(木)夜8時から。NHK。いわゆるドラマ8枠。
 ふたつのスピカの後、海外ドラマ枠になってしまっていたドラマ8に、ちゃんと日本の新作ドラマが戻ってきてくれましたよ。この枠、地味だけど面白い作品があったりするので嬉しい。
 で、今度の内容は、東京湾国際空港という架空の空港を舞台に、防衛システム「ROMES」と、それを巡って主人公の天才青年やらその他のスタッフやらが繰り広げる、ハードボイルドちっくな雰囲気漂うドラマです。
 たまたま「つばさ」の前に5分程の宣伝番組をやっていたのですが、それがとても面白くって! 存在を知らなかったドラマなのですが、ものすごーく一気に興味を持ちました。
 見るぞ。見るぞ。

●深夜食堂
http://www.meshiya.tv/
 木曜深夜枠のドラマですねー……って北海道での放送予定ない!面白そうなのに!

 というわけで、見て見たいドラマは、ざっくりとこんな感じ。
 一番の期待株は「ROMES 空港防御システム」かな。うぇるかめ・相棒・探偵Xの挑戦状あたりは安定した面白さがあると思われるので、安心して見れそう。
 リアルクローズは、きっと原作の方が面白いって言いそう(笑)で、仁は、まあ、中谷美紀さんがどのくらい画面に映るかによって評価が変わるのではないかと……(笑)

 今回は、ドラマの方が面白そうな作品が多そうかな、という印象。これで毎週見続けて楽しい作品が多いと嬉しいのですが。さあ、ざくざく録画予約をしておかないとね。
スポンサーサイト
2009/09/28 (Mon) 11:04 | テレビ | コメントする(0) | Trackback(0)
 日本一ソフトウェアの公式サイトに行き、更新情報を見た私が目にした一行。

『ラ・ピュセル†ラグナロック』の公式サイトがオープンしました! (2009.09.03)

 マジで!?
 ラ・ピュセル!?
 何が始まるのかと思ったら、なんとPSPに移植ですってよ!
 まさかラ・ピュセルが移植される日が来るとは、これっぽちも思わなかったよ!
 そうだよね。ディスガイア以前のゲームだって「マール王国の人形姫」が移植されたんだから、その次にこれが来たって本当は不思議ではないんだよね!
 このゲームが大好きな私が言うのもなんですが、それほど人気ではないと思っていたので、この移植は衝撃というか、本当に嬉しいんですけど!

 追加要素のページはオープンしていなかったけど、ムービーの方にざっくり書いてありました。

・システム改良
 フォントが見やすくなっているような。多分、ディスガイア等のこれ以降に販売されたゲームのような操作性になっているんじゃないかなぁと予想。

・音楽室とか
 他の作品でも追加されたコンテンツがくっつく模様。

・新エピソード「魔王プリエ編」
 魔王って!
 どんな話になるのか、さっぱり分からない。
 でも、どんな内容になっているのか、超楽しみになるタイトルではある。

 といった感じで、ただの移植だろうともちろん買うに決まっているのに、追加要素が入るなら「絶対買うよ!」って気分になるわけですよ。
 発売日は11月26日。年末のお供は決まりですな!

 というわけで、早速Amazonで予約をかけようかと思ってみたら、公式にまだ出ていないパッケージイラストがすでに掲載されていました。

ラ・ピュセル†ラグナロック(限定版: 設定資料集 & サウンドトラックCD同梱)
 限定版。
 ちょぉぉぉ! いいの? これいいの? 前作の限定版どころじゃなくネタばれちっくじゃありませんこと!? 1度プレイしていると、こう、色々なものがこみ上げてくるデザインなんですけどこれ!
 いろいろ語ろうとすると、それだけでネタバレになりそうになるとは、おそるべし。
 主人公は左下。隣は魔王プリエだよね、多分。新エピソードのキャラってことで、パッケージにもいるのかしら。……どんな風な内容になってるのか超気になるんですけどぉぉぉ!

ラ・ピュセル†ラグナロック(通常版)
 こっちは通常版。これは公式でも使われてますね。限定盤ほど、ずきゅんと胸に来る内容ではないですが、ゲームの内容を考えてみると、これはこれで……かな?
 しかし、どっちのパッケージにも出してもらえないオマールとマムロン哀れ。つーかマムロン好きなのにどっちにもいないとは、ちょっと寂しい。ショコラ隊ですら登場しているのに。
 ヤッタニャーは、まあ、ショコラ隊がいるからいいっちゃいいよね。

 なお、限定版には設定資料集とサントラがついてくるそうです。元はおそらく、PS2版の予約特典だった設定資料集と、限定版に同梱されていたサントラですね。サイトの記述によると、追加イラストや再MIX・新曲の収録があるそうなので、元のを持っていても十分に価値のあるアイテムかも。

 お値段は、通常版が4980円で、限定版が6,980円。
 ちうわけで、値段差が2千円程度なら、そりゃ限定版を買いますよ! パッケージも断然限定版のが好みだったし、というか、多分日本一ソフトウェアの限定版なので、このイラストの箱の中に、通常版パッケージのソフトそのまま入ってるんだと思うし。
 場所は取るけど、ラ・ピュセルを他の限定版と同じサイズのボックスで保管出来るんだと思うと、もうそれだけでわくわくですよ!(※PS2版の限定版は、普通のソフトと同じトールジャケットにCD同梱+ジャケットのイラストが違うだけ、という仕様だった)

 いやー、思いがけない展開で、本当にわくわくします。移植とはいえ、遊ぶのがとても楽しみです。すごく良い作品なので、この機会に未プレイの人がたくさん手にとって、遊んでくれるといいなぁ。

ラ・ピュセル†ラグナロック(限定版: 設定資料集 & サウンドトラックCD同梱)ラ・ピュセル†ラグナロック(限定版: 設定資料集 & サウンドトラックCD同梱)

日本一ソフトウェア 2009-11-26
売り上げランキング : 109

Amazonで詳しく見る


ラ・ピュセル†ラグナロック(通常版)ラ・ピュセル†ラグナロック(通常版)

日本一ソフトウェア 2009-11-26
売り上げランキング : 992

Amazonで詳しく見る

2009/09/03 (Thu) 23:16 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。