上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
スモールワールド 日本語版 ちょっとした機会があって「スモールワールド」というボードゲームを遊びました。

「スモールワールドは、その名の通り、とっても小さい世界なので、みんなで仲良く住む事が出来ません!」

 ……と冒頭に書いてあるゲームでした。そのセンスが素敵です。そこだけでもう個人的にはメロメロです。

 というわけで、そんな狭い世界の領土をみんなで奪い合うというゲームです。プレイ人数2~5人。プレイ時間は40~80分。
 40分からってことは、まあ40分で終わる事は無いだろうけど、1時間くらいで遊べるのかなぁ、なんて思いつつ、合計4人でプレイ開始。
 きちんと時間見てなかったけど、18時半~19時くらいにプレイを開始して、「意外と時間掛かるよね」「……40分って嘘だろ?」「てゆーか80分だって無理だよ!」とか言い合いながら、プレイが終了したのが22時。
 あれ~?(笑)
 でも、面白いゲームだったので、良しとします。

 プレイヤーは最初にキャラを選択します。キャラは「種族」と「特殊能力」で構成されます。この2つはカードになっていて、適当に点を切って山札から順番に表にして組み合わせていきます。つまり、ランダム。ここがこのゲームの肝。実に様々な種族と、トンデモ能力の数々を組み合わせていった結果、トンデモキャラが生まれたりするわけです。すごいよこれ。

 キャラと特殊能力にHPがあって、その合計分だけ種族チップをもらえます。これを盤面に配置して、領土を占領していきます。自分のターンの最後に占領している領土の数だけ得点をゲット。これを規定ターン数繰り返して、最後に一番ポイントの多かった人の勝ち。
 ざっと説明すると、そんな感じのゲームですね。
 土地を占領する為には最低2枚の種族チップが必要で、地形によっては更に追加でチップが必要になります。手持ちのチップがなくなったら、そのターンの占領は終わり。領土には1チップおけばいいので、次のターンは余剰分のチップ(最低2枚配置してるから、1枚は余る)を手元に戻して、同じように占領していくのです。
 もちろん、スモールワールドですから(笑)他のプレイヤーが自分の領土を侵略してきたりします。ただし、自分の駒はそのまま防御力になるので、他プレイヤーはより多くのチップを出さないと侵略できません。逆に言うと、チップさえあれば奪い放題。侵略されてしまうと、自分の種族チップが1枚墓場行きです。

 さて、そうなるとジリ貧で、いつかはにっちもさっちもいかなくなります。
 ここで重要なのが「衰退」。ここまでプレイしてきた自分の種族を衰退させることで、山から更に新しい種族をげっとできるのです。
 というわけで、衰退するタイミングが重要。他プレイヤーの情勢なども見極めて、できるだけ同じように衰退をする他プレイヤーの領土をげっとしつつ、得点を増やしていくわけですね。
 4人の場合は9ターンあります。

 私は確か
「森の」「ジャイアント」(森を持っていると+1点&山岳に隣接エリアを占領するコストが-1)
「航海する」「アマゾネス」(通常は占領できない海を占領できる&攻撃時種族チップ+4)
「略奪する」「ドワーフ」(他者の土地を占領すると+1点&鉱山を占領していると+1)
 だったかな。この3つで遊びました。
 最初がジャイアントだったので、特性を生かすために山からスタートして(スタート地点は、幾つかのマスから自分で選べる)、隣接する森を確保して、あとはそのまま出来るだけ占領。
 アマゾネスは海に近いマップからスタートして海を確保。占領する時の戦力が多いというアマゾネスの特性を生かして、ボードの反対側の海までMAPを縦断して海をゲット。
 ドワーフは最終ターンだけの出番だったので、占領+鉱山げっとで、一番ポイントの高そうなところを狙ってみました。

 アマゾネスの攻撃力の高さがすごいですね。それに加えて、海を確保できたのが大きかったみたいで、最終的にトップでしたよ。びっくりだ。

 しかし……この日、はじめて箱を開けたゲームだったので、ルール把握で結構時間が掛かったというのを差し引いたとしても、このパッケージはいろいろと間違ってるんじゃないかと。
 というか、プレイ終わってから気付いたんですが……4人で遊ぶ場合は9ターンなので、単純計算で4×9=36で40分を割ると……1分無いよ!(笑)
 そりゃ無理だ。80分だとしても、2分ですからね。それでも厳しい気はするんだけど。

 とても面白いゲームではあるので、2時間くらい見込んでプレイするのがお勧めです。

B002H9WFWIスモールワールド 日本語版
ホビージャパン 2009-08-25

スポンサーサイト
2009/08/28 (Fri) 23:53 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
おかえり! ちびロボ! ハッピーリッチー大そうじ! タイトル長い。

 それはともかく。
 DSソフト「おかえり!ちびロボ!ハッピーリッチー大そうじ!」を買いました。
 前作「咲かせて!ちびロボ!」が、過去ログによると2007年の7月に発売されているようなので、ほぼ2年ぶりの新作ですね。

 前の作品は、公園でお花を育てつつ、花を枯らそうとする敵と戦うゲームでしたが、今作の舞台は家の中。家の中をお掃除して、自分を買ってくれたジェニーさん一家を幸せにするぞ! と頑張るお話です。
 内容は全然違うんだけど、雰囲気と、あと、ちびロボがやる事はあんまり変わらないという面白いゲームです。私は遊んだ事が無いのですが、そもそも最初のちびロボはこういう内容だったようなので、どちらかというと今作がシリーズ続編としては正統派、ということになるんでしょうね。

 遊んでみた感想は「前作よりも面白い」です。
 咲かせて~の方は、公園を荒らす敵との戦いに四苦八苦したものですが、今作は敵退治が簡素化されてて、そこにあまり手間を取られる事がありません。前作では敵を放置した瞬間に公園があれまくるわ、施設が破壊されるわで大変な目にあいましたが、今回、敵に近付かなければ害が無いので、「自分が通りたい場所にいる敵だけ倒す(必要が無ければ、ずっと放置してもいい)」という、強制イベントさが無くなったのが大きいのではないかと。
 いや、倒さないとそこ通れないので倒さないといけない事はいけないのですが、自分のペースで倒せばいいというのは、かなり気楽なんですよ。これだけで「らく~」な気分で遊べるとは。びっくりしますね。ほんと。

 内容も「お掃除」なので、まったりしています。のんびーり、やりたいように家の中を掃除するだけ。たまにちょっとカジノに寄り道。いや、楽しいですよ、ほんと。のほほんとするゲームの良さを、改めて再認識です。

 登場するキャラも、主人公ちびロボにジェニーさん一家(ママ・息子・犬。どうやら母子家庭らしい)、夜になると動き出すオモチャ達……と、なかなか賑やかです。前作と違ってキャラとの交流、仲良くなる部分がメインっぽくなってるので、そのふれあいの部分がまたほんわかしていい感じ。
 基本的には、ジェニーさん一家を幸せにする為に頑張るゲームなので、そこがしっかり軸になってて遊べるのもいいところ。それ以上のストーリーは全く無いけど、それだけで十分というか。

 じわじわ遊んで、綺麗なおうちをげっとだぜー、という感じでプレイしようと思います。

B002C1AUOQおかえり! ちびロボ! ハッピーリッチー大そうじ!


2009/08/03 (Mon) 22:31 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。