上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
 近所で面白そうなイベントがあったので見てきました。

●広がるCGM KarenTが目指す音楽クリエイターの未来
2009年2月21日(土)14:00~15:00
告知記事 http://blog.piapro.jp/2009/02/its.html

 いわゆる「VOCALOID」に関連したイベントで、制作している「クリプトン」の社長さん、このソフトを使って楽曲を作成しているOneRoomさん(ジミーサムP)、札幌を拠点に長年音楽活動(作曲)をしている五十嵐真理さん、の3人がトークしたりミニライブしたり、という内容。
 場所がアップルストア札幌で、告知はクリプトン社長のブログで……という感じ。
 おおむねボカロファンが集まるんだろうなぁと思いつつ。

 前夜から悪天候でしたが、ピークは過ぎて、お昼ごろには風は強いけど雪は収まってきている状態。なので、これなら全然外に出ても大丈夫じゃーん、と出発。

 到着が13時35分過ぎくらい。
 この時点で、ざっと50人前後に見えました(多分50いなかったと思うけど)。

 そもそも、ここ前に行った時はイベントスペースなんてなかったので、「定員200人なんてイベントをやるって事は、改装したの?それともイベントスペースが別にあるの?」とか思いながら行ったんですが……。
 どっちでもなかった。
 店に入ったら、お店の半分から奥がぎっしりで、通路に人がみっちりいたので「なんつー混雑!?」とか思ったのに。
 真相は「ぶっちゃけ通路=客席だったから」でした(笑)
 そうか。200人=店の入口までの通路に入れる人数か。
 そりゃ200人越えたら規制するって書くよ。それ多分、入店規制だ。

 前にちょっと開けたスペースがあって、そこにマイクとゲスト席と、いくつかの椅子席。
 もう椅子は全部埋まってました。
 この時点で立ち見3列目くらい。
 通路なので、一列に最大で4人くらいかな。
 「くらい」ばっかりだけど、アバウトにしかカウントできませんでした。
 だって列整理されてないんだもん。
 アップルストアって、お客さんの整理とかしないんですね。ほったらかしでした。なので縦も横もあったもんじゃない。せめて「4列で」とか言えばいいのに。それどころか、人が増えてきても「詰めて」とすら言われないので、気分的にしんどかったです。
 padomはきちんと並ぶ派なので、人ひとり分のスペースがあれば詰めたいのですが……詰めて、その結果、先にいた人より前に出るのって嫌だし……困るorz

 ここからはイベント内容を交えつつ。

13:45
 店員の宣伝開始。
 macっていいパソコンだよ!
 mac買うとiPodがついてくるキャンペーンやってるよ!
 ってアピールしてたけど、ボカロ好きが買うの……?(ウィンドウズ専用ソフトなのに)

 他にもイベントやってるからよろしく!
 イベントやりたい人の相談も待ってるよ!
 ……って事も言ってたけど、その前に、もうちょっとマシな運営をやれと言いたかった。観客を全く整理しないで放っておくのは、イベントとしてダメだろう……。
 確かにアップルストアはお店なので、そこの人達にイベンターと同等の対応を期待してはいけないのだろうが、でもねぇ。イベントに力を入れたいのなら、そこちゃんとしないと厳しいと思う。
 たとえば、私の位置ではゲストがほとんど見えなかった。後から来た人は、もっと見えないということ。ライブで演奏している人が見えないというのは、致命的じゃない?
 あと今回「どんな人なのか見てみたい」という側面もあるのに、顔が見れなかった人、多いと思う。見れたとしても、列が縦長だから、かなり遠かったはず。
 ……そのイベントは本当にいいイベント? と思ってしまう。

 正直、ここの定員は20人、せいぜい30人だと思う。
 でも、告知では200人だったわけで。
 通路に人を入れていけば店内に200人入れるとは思う。でも、そもそもここ、イベント中も店は通常営業しているんですよね。イベントに興味なく来てた普通のお客さんが、商品見れなくてすごく困ってるって姿、何度も見たし……。
 無理なイベントしてるなぁ、が個人的な印象でした。

14:00
 司会のおねーさん登場。
 クリプトンの伊藤社長登場。
 社長さんによるCGMやレーベルKarenTについてのトーク。
 内容は非常に真面目で、司会さんから「初音ミクというソフトについて」と聞かれて「ミク、というよりボーカロイドとは」といった説明から入り、「CGMはこういう意味」とか、「KarenT」を立ち上げた理由、この名前の由来など。

 社長さんは、ほぼイメージ通りの年齢でした。ああ、えっと、「お兄さんと呼ぶべきかおじさんと呼ぶのか」みたいな。あるじゃないですか、そのくらいの年齢というか、外見年齢。
 新しいことを始める会社、というのは、ある程度、社長の年齢に1つポイントがあるんですよ。大体、このくらいと決まっている。これより上、40代50代とかになると、あまりそういうことしない。で、そこより下(20代の若者ね)も、やっぱりそういうことしない。やって失敗する場合もあるが、そもそも、それを思い立つ程のレベルに達していないというか。

 脱線したけど、そういうイメージを持っているので、すごく納得しました。
 社長さんのトークそのものは非常にためになる内容でしたが「今日はトークショウなのか、それとも講演会なのか」によって、評価は分かれるかな。
 トークショウなのだとしたら、お客さんへのサービスが欠けているのでイマイチ、といいたくなるし、講演会だとしたら「観客は黙って耳を傾ける」のが正しいのだから、社長さんの喋り方は合ってる。
 まあ、私はトークショウだと思って行ったのになぁ……というお話ですね(笑)、これは。

 そういうのもあって、具体的な内容はあんまり覚えてないです。ゴメンナサイ。

14:15くらい
 レーベルKarenTの話が一区切りついた所で、そのレーベルからiTunes Store経由で販売されている楽曲……といった流れで、OneRoomさん(ジミーサムP)の登場。
 最初性別がどちらなのか判断に悩んでしまって、もしかして女性だったりする?と思ったけど、声は普通に男性でした。
 楽曲配信の経緯とか、曲作りを始めたきっかけとかをトーク。昔からギターいじってたとか、バンド用のオリジナル曲作ってたのがきっかけ、とか仰ってました。
 配信に関しては、クリプトンから誘われて速攻で意気込みメールを送り返したそうですよ。

 OneRoomさんの印象は「今時のお兄ちゃん」という感じ。
 大学生か、それよりもちょっと上くらいに思いましたが、最初性別分からなかったくらいなので、私の目はあんまりあてにならないかも。

14:25くらい
 他にiTunes Storeで楽曲配信してるPさん達からのコメント紹介。
 司会のおねーさんが読み上げる形式で、トップバッターのトラボルタさんに合わせて、BGMがご自身の「ココロ」に変わってました。次以降の人も、みんなそう。こういうのはいいですね。
 トラボルタさん⇒North-Tさん⇒そそそさん……メモ取ってなかったので、あと忘れたorz
 そそそさんが「明日の某イベントとハシゴでこれから飛行機に乗る人。待ってるからね!」ってコメントしてたのが印象的でした。

 内容はみんな真面目で、ボカロ・音楽・流通などなどに触れていました。
 トラボルタさんは「同人CD再販について悩んでた時に、この話を貰って飛びついた」とかね。
 全員、じっくりと語っているコメントだったのですが、司会曰く「一言で、とお願いしたら、いっぱい帰って来た」そうな。
 イベント運営的には悪いことなんでしょうが、聞いている側は多くのコメントが聞けて、とてもいいことですね。
 それに対してOneRoomさんは、自分だったら本当に一言しかコメントしないので、今日こっち(出演ゲスト)にいてよかったと仰ってました。

14:35くらい
 3人目、五十嵐真理さんがギターを持って登場。
 OneRoom氏の楽曲をアレンジした物を演奏(曲は 「Scene」だと思うんですが、ちょっとうろ覚えなので、もしかしたら別の曲かも)。
「この曲が一番人気だとOneRoomさんに聞いて」とのこと。

 次にリコーダーを出して「自分の楽曲で一番有名そうなやつを!」
 吹き始める「……ごめん無理!」(←上手く吹けなかった)
 で、その後の五十嵐さんの解説が「札幌の人なら聞いたことがあると思います。ニッセンレンジャーの曲」。
 会場内に「ああ」というどよめきが走ってました。
 なるほど、確かにその曲ですね。
(※札幌圏で発行されているクレジットカードのCMソング。ニッセンレンジャーはキャラクター名)

 そのまま、リコーダーを持ったまま「今度はOneRoomさんの曲で一番好きなものを」。
 これは「SoundScaper」でした。なんという融合っぷり。リコーダーが、とても合います。
 途中からはハモニカに持ち替えてましたが、こっちもいい!
 ツボにきて、無心で聞き惚れてました。

 演奏後、五十嵐さんのトーク。
 五十嵐さんが大変トークのお上手な方で、非常に楽しかったです。トークショウというものを理解していらっしゃって、その上で楽しませようと意識して喋ってくれてる。
 音楽クリエーター暦の長さから語る、という視点も、こういうイベントでなければ触れる機会のないものなので、とても良かったですよ。
 この辺りで、OneRoomさんと五十嵐さんの「プロ意識」についての差、というのに触れられて、そこが非常に良かった。
 ダウンロード販売しててもプロという意識があんまりなくて、プロになりたいかとかについても「あまり考えていない」「プロになると自由に作れない。自分の好きなものを楽しく作っていたい」と答えるOneRoomさんと、長年プロの五十嵐さんだもんなー。すごかったよ。

 そろそろイベントも終わり、という頃にOneRoomさんの新曲発表。
 ルカでした。
 曲の解説を求められて、OneRoomさんが困ったような反応。司会さんに「意図とか」と言われて「意図? ええっと……音楽っていいよね、みたいな」とコメントされてました。

 この辺りで時間が来て、本当は予定されていた(らしい。別にそういう説明が事前にあったわけではないが)、質疑応答のコーナーが削られることに。
 でもアップルストアの人からOKが出たので、2問だけ受付。
 質疑応答があるなら社長さんに「今後のボカロの展望」とか聞いてみたかったのだが、いかんせん2問なので、他の人に譲るかなーと思いつつ。

 1問目。
「ジミーさん、パンツは何が好きですか」
 (’△’;
 周囲がみんな失笑してたので、ネタ分かる人しか来てないんだね……。
 と思ってたら。

「えっと、それって、どういう……?」
「あの、質問の意図がよくわかんないんですけど……?」
 ご本人がわかってねーよ!(’△’
 質問者が女の子だったので、すっとぼけての新手の羞恥プレイかと思ったくらいでしたが、本気で分かって無いご様子で、女の子は「派閥とか」「じゃあ縞パンと白パンでは?」とか付け足してた。
 ちなみに、ちゃんと真面目に「縞パン」って答えてましたよ。
(※「ミクのパンツはしまぱんだ!」「いや白だ!」「いや!」といった論争がある)

 2問目は今後どんな歌を?という質問で、「どんなボカロを使う予定ですか?」で、「今はミクとルカがいるのでこの2人を」といった返事をされてました。

 といったところで、5分オーバーでお開き。
 終了時には人が増えてて、100人かな。もっとかな?くらいの規模でした。
 正直、縦長すぎて人数分からなかった(笑)
 椅子の人が席を立った後で数えてみたら、席数は3×3で9席でした。
 その前にも椅子っぽいの見えた(もっとちっちゃいの。よく見えなくて数えられなかった)けど、それも2列がいいとこだったので、合計15席とかそのくらい?
 それなら、まあ、30分前には埋まってるよねぇ。

 今回のイベント、五十嵐さんの印象が大変良く(質疑応答のとき、さささっとマイク持って行ってたところ等も含めて)、五十嵐さんの顔と名前をがっしり覚えて帰ってくるというイベントになりました。
 帰ってきてサイトをチェックしたら「登別クマ牧場」のCM曲を作ってると書いてあって、2重に驚きましたね~。あのインパクトある楽曲を作ってる人なのか。すごいや。
スポンサーサイト
2009/02/22 (Sun) 02:20 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 実は、耳が治って早々にまた東京に行ってきました。
 というか、こちらが先に決まっていて、いきなり耳が不調になって「東京大丈夫?」って気分になりながら耳を治したというか……。

 というわけで、ダイジェスト旅行記(後で目次になる予定)。

●2月13日(金)
 いつものパターンで、仕事が終わった後で新千歳空港へ。
 夕方、インターネットで発着状況を調べた際に表示される「18時以降の便は天候により遅延の可能性あり」の文字orz
 とりあえず、JRはスムーズで空港到着。
 搭乗もスムーズだったけど、いざ乗ってみたら「除雪のため、しばらくお待ちください」「翼に凍結防止剤を撒いているので、しばらくお待ちください」のコンボ。
 珍しく2階席にしたら、窓際に収納スペースいっぱいあって感動。今度からもこれにしよう。
 耳の状況にヒヤヒヤしながらも、とりあえず無事に到着。

 東京は、暑い。
 さすが14日の天気予報が20度なだけあるね!
 颯爽とコートを脱ぐだけでは足りず、到着ロビーに出て真っ先に、いつもの自販機でアイスクリームを買う私。……でも大丈夫。今回はバテていないから。ふははは!(涙)

●2月14日(土)
 東京ディズニーランドを満喫してきたのだ!
 ……天気予報は「暴風雨」で「最高気温20度」というトンデモでしたが、行ってみたら風は穏やか。なんていうか「ただの初夏」でした。……2月なのにね……。
 なので思ったよりも空いていて、アトラクション乗って予約してたショーレストラン入って、ステージショー見てドリームキー作って、んでお土産買って帰るような感じでした。楽しかったですよー。

●2月15日(日)
 一昨年から行きたいと思っていた「船の科学館」をやっと来訪。
 船すごい。まさかの4時間滞在。お台場見物のつもりが、他を回る時間が消えた(笑)
 その足でポケモンセンターへ。「おねむりピカチュウ」GETだぜー。
 ……2重の意味で。まさかのぬいぐるみ衝動買いですよ。ふはははは。
 最後に秋葉原に寄ってコトブキヤを見たけど、欲しかったグッズのゼロワンとサードしか出てなくて、肝心なセブンさんGETならず。無念。

●2月16日(月)
 朝の飛行機で札幌へ。
 ……京急が10分遅れたら、自動チェックイン機での手続きが完了していて大ショック。まさかのカウンターまで全力ダッシュ。とにかくANAの人を捕まえて、息ゼイゼイやりながらチェックインを頼む私。なんとかセーフ。
 保安検査場を通り、一番遠くのゲートに大急ぎで向かった私を待っていたのは……使用機遅れのために、まだ搭乗が始まっておらず、人がいっぱいのゲートでしたとさ。
 教訓:空港には時間の余裕を持って行くべし。

 といった感じの旅行でした。最後は我ながら酷すぎた。そして運動不足を実感したorz
 あれですね。変に旅慣れたからって、空港に時間ギリギリで行っちゃダメね。もうちょっと余裕持たなくちゃというか、余裕を持つことの大切さを思い知りました。はい。

 あと今回、春一番が吹くよ、というタイミングになったのですが、いやはや暑いこと暑いこと!
「最高気温が20度?でも2月だよね冬だよね?」
 と思って、それでもまあ一応、手持ちでも薄い長袖+軽めのコート(冬用)といった姿で今回の旅行には臨んだのですが……暑かった。普通に初夏でした。なんやねん東京。どこが2月なんですかコレ。
 特に14日は陽射しも強く、ディズニーランド内で見かけた「サングラスにランニングシャツのおねーちゃん」を見ながら「ああ、今日はアレが正しいよね」と、本気でTシャツ持ってきていないことを後悔しました。ほんとすごかった。昼間は本気でコート要らなかったですからね~。
 だからといって、コート着ないのは肝心な地元札幌で死んじゃうから無理なんだけど。
 夜は上着無しだとちょっと心もとないのも事実なので、春用の薄手のカーディガンでも入れておけばよかったなぁと思いました。次回こういった状況になった時の教訓にしたいと思います。
2009/02/16 (Mon) 23:31 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 のだ。

 突然耳が痛くなって、よくわかんない液とか出て、耳聞こえなくなって、ぷしゅーって何かがだらだら流れながら痛みが抜けていく。
 耳を触ったら、よくわかんない液でベトベト。
 痛みが抜けたといっても、やっぱり耳はおかしいまま。痛くないのが逆に怖い。

 ……みたいな経験をしました。
 こわい。耳の病気は怖い。本当に。

 診断結果は鼓膜炎+外耳道炎。
 1週間ほど耳鼻科に通ったら、鼓膜の方は綺麗になって、今は外耳(いわゆる「耳掃除で耳カキが触れるところ」です)が治るのを待っている状態です。
 耳の皮膚がボロボロなんですってよ……しばらく耳掃除は厳禁です。仕方ない。むしろ、1週間とかで治ってくれてよかった、本当に。

 いや、正確にはまだ完治したわけじゃなくて、外耳の皮膚が回復するの待ちなんですけどね。皮膚は、あとはもう自然治癒を待つしかないと言われたので、あと、じわじわ半月くらい回復を待つ感じです。
 美容と一緒なのかな。ターンオーバー。だとしたら、本調子になるまでは1ヶ月はかかるな……次に耳かきできるのはいつだろう……むしろ、当分の間は、耳かき恐怖症になりそうです(笑)
2009/02/13 (Fri) 00:03 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 秋葉原で立ち寄ったラーメン屋さんがこちら。
 「自分仕立てラーメン 康竜」さんです。
 秋葉原には2つお店があるそうですが、私が行ったのはラジオ会館のある通りにある方です。駅から出たらラジオ会館の前を通って、もうちょっと進んだ所にあるような感じ。とても分かりやすいです。

 このお店はネットで以前目にしたお店で、名前の通りラーメンを自分好みにオーダーできるというお店です。
 ベースは、とんこつ。
 でも福岡に本店があるとか、そういうお店ではなくて、東京中心に展開しているお店のようです(他は大阪と沖縄)。

 まずは食券を購入。すると店頭で待ち構えているお姉さんがオーダー表をくれます。これに、自分の好みを書いていくのだそう。
 選べるのは「麺の固さ・味の濃さ・油・博多ネギ・辛さ・焼豚」。これはどのラーメンでも選べます。更に自分仕立てラーメンを選ぶと、8つあるトッピングの中から4つ、好きな物が選べるようになっています。
 「」でくくった方は『デフォルトはコレね』と教えてくれるので分かりやすいです。とりあえずデフォルトにしてみました。トッピングは、「辛子高菜・きくらげ・半熟玉子・豚の角煮」をチョイス。
 あ、注文したメニューは「自分仕立てネギごまラーメン」です。トッピングで悩んだので、こっちにしてみました。曰く、ネギが通常の2倍になってて、ごまが加わっているラーメンだそうです。
 (メニューの詳細は、お店のサイトに詳しく出ているので、そちらをどうぞ)

自分仕立てラーメン というわけで、やがて運ばれてきたのがコレ。
 最初の感想は「え、これでネギ増量なの?」でした。だって全然入って無いよネギ? いや普通のラーメンはこんな物かもしれないけど。私の中での「ねぎラーメン」のイメージよりも、かなり量が少なかったので、そこはちょっと肩透かし……。
 味の方は、これまたフツー。悪くは無いけど、劇的に美味しいって程ではありません。
 んー、これ900円のラーメンなんだよね。なら、もうちょっと良いラーメン屋さんがあるよなぁ……ってのが正直な感想。トッピングが4つあるといっても、卵は半分だし角煮はひとかけだし、劇的に増えているわけではないのです。

 あー、つまりあれだ。元が高いのだな、このラーメン。普通のラーメンを頼む時点で700円で、自分仕立て(+トッピング4つ)にすると100円増加。そこにネギごまプラスで更に100円増加なのだもの。トッピングそのものは決して高くないから、そう悪い店ではない。
 700円なら札幌ラーメン食べられるもんね。博多なら500えんで食べられる。そう考えると、明らかに高いんですよ、ここ。だからかな、イマイチ感があるのは。

 自分仕立てってフレーズが面白そうだと思って行ってみたお店でしたが、ここは夢を抱きすぎていたようです。あんまり期待しないで行ったら、そんなに酷く感じなかったんじゃないかって思うんだけど……東京は美味しいラーメンが多いからなー。これでは、かなり物足りないです。
 秋葉駅前すぐ、って立地はいいけど、でも私はもう行く事は無いと思います。

DETA:
 自分仕立てラーメン 康竜(秋葉原駅前店)
 東京都千代田区外神田1-15-5

(その4に続く)
2009/02/01 (Sun) 23:18 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
 前日、悪天候で大変だったせいか、この日はゆっくりでのスタート。……起きられませんでした(汗)あんま自覚なかったけど、疲れていたんですね~。
 というわけで、午後から始動。
 秋葉原に行くなら今日しかないだろーと踏んでいたので、秋葉原まで行ってきました。

 本当は、お台場の「船の科学館」を見てみようと思っていたのですが、午後スタートになったので、そっちは見送ることにしました。
 うーん、1度行きたいんですけどね~。去年も今回もタイミングが合わなくて行けていません。いつか、ちゃんと行ってみたいものです。

 そんなこんなで秋葉原。なかなかの混雑です。コミケを次の日に控えているからでしょうか。まあ、こういうタイミングじゃなくても、秋葉原はいつも混んでいる印象なんですけどね。
 で、まず向かったのはラジオ会館。というのも、ここのコトブキヤで「ケータイ捜査官7」のアイテムを販売しているからなのです。
 もちろん、今日のお目当てはこれですよ!(笑)
 コトブキヤは確か上だったよね~……とエスカレーターで上がってみますが、あれれ、セブンさんの姿が見当たりません。おや?と首をかしげたところで、重大な事実に気付きました。
 店内にですね、イベント告知のポスターが張ってあったんですよ。

フォンブレイバーセブンが店頭にやってくる!
場所:ラジオ会館1Fコトブキヤ
(※イベント名はうろ覚えです)

 1階……?
 そういえば、ラジオ会館の1階に、キャラクターグッズを扱っているお店があって、確かそこもコトブキヤだった、ような……(※2階はフィギュアショップ)。
 てことは、コトブキヤはコトブキヤでもフロア違いですか!

 イベント告知を見れば、セブンさんは滞在時間が決まっているそうです。
 時計を見れば、ちょうど現在セブンさん登場中。でもあと5分で終了。

 ええ、急いで階段を降りましたとも!(歩いて)
 そしてコトブキヤでセブンさんを探しましたとも!
 階段を降りたので、ラジオ会館内の入口から入ったんですが、セブンさんは店頭、道端(秋葉原駅のある通り)に面しているところにいましたよ!

セブンさん
 すげー! 格好いいー!
 最初は棒立ちでしたが「セブンさんだー!」ときゃーきゃー言いながらカメラを取り出したら、気さくにポーズを取ってくれました。
 撮影したら、もういっちょ。

セブンさん2
 すぐさま別のポーズを取ってくれましたよ! これもまた格好いいー!
 まさか2つもポーズ取ってくれるなんて予想外すぎる! 嬉しいのなんのって!
 有難く、ぱしゃりとやらせて頂きました。

 撮りながら、きゃーきゃーやってたら他に女の子達が来て、セブンさんと記念撮影。そうかその手があったか!と思いましたが、彼女らと撮影した後は、そのまま帰って行ってしまいました。
 一緒にとり損ねたのは、ちょっと残念。
 でも、この時点で既に5分オーバーしてた(※多分、セブンさんと遭遇した時点で終了時刻になってた)ので、むしろ2枚もサービスしてくれて、ありがとうセブンさん。

 撮影後は、店頭の特設コーナーでお買い物。
 お目当てだった、限定商品の「セブンさんジュース」をげっとです。缶が2種類あったので、両方とも買ってみました。どちらもグレープ味だそうな。勿体ないので、まだ飲めてません。
 レジ脇でシールが配布されていたので、一緒に貰ってみました。フォンブレイバーの全身+表情のシールがそれぞれ何種類かあるものでした。も、もっと勿体なくて使えない(笑)
 他にも……と思ったけど、グッズらしいグッズはコレだけで、あとはDVDとブルーレイって感じでした。おもちゃのセブンさんは、もう持ってるから買っても困っちゃうしね。DVDはクリアファイルが特典になっていましたが、ちょっと高価だったので既刊を揃える勇気がありませんでした。

 さっそく颯爽と荷物を増やして(笑)秋葉原散策を続行です。といっても、もう目当ては見終わってしまったので、後はもう特に予定はありません。
 うろうろしていたら、通りすがりのアニメイトに置いてあるガチャガチャで、ケータイ捜査官7のブラブラスイング発見。回してみました。出てきたのはゼロワンさん。次がサード。あんまりまわすとダブって寂しい思いがするので2回で打ち止め(笑)

 そののち、ガシャポン会館の中にあるお店で、このブラブラスイングのコンプが定価(200円×8種類で1600円)で売っているのを見てしまったので、先にアニメイトで回してなければ、こっちを買ったのになぁと、ちょっぴり思ったりして(笑)

 あとは、秋葉原駅の方へ折り返し。途中、ラーメン屋さんに立ち寄りつつも、かなり長時間の滞在になっている事に気付いたので、明日に備えて早めに引き上げることにするのでした。

(その3に続く)
2009/02/01 (Sun) 22:16 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。