上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
 新しいノートパソコンになったので、パソコンケースも新しい物を買いました。
 ノートパソコンに付属のケースはあるんだけど、電源やマウス類も持ち運ぶとなると、本体しか入らない付属ケースでは不便なので、新調する事にしました。

 最初は、エレコムのキャリングインナーバッグを買うつもりでいました。
 鞄部分が3つに分かれていて、本体と付属品を別々に入れることが出来ます。鞄の前にもポケットがあるので、他の小物は更にそこに突っ込んで置けるスグレモノ。
 本体・電源コード・マウス・イーモバイル……と持ち運ぶ私には便利そうだったわけです。
 もう1つポイントは、インナーバッグだけど持ち手がついていること。中身を取り出しやすいのと、あと、飛行機に乗るときにパソコンだけさっと取り出せるわけですよ、これだと。そこが高ポイント。
 で、そういう鞄なので、周囲のモバイルユーザーが愛用しているわけですよ。あの人もこの人も同じの持ってるんだー、という状態(笑)。で、使ってるのを見て便利そうだと思っていたので、「じゃあ、あれと同じ奴でいいんじゃない?」と思ったわけです。

 ただ、問題点があって、残念ながらモバイル向けの一番小さなサイズだと、私の「EeePC S101」は入ってくれません(横が2センチくらい足りなかった)。
 サイズが1つあがると、本体の収納部に結構隙間が出来るのと、あと、収納部が多いために大きさ自体も結構大きくなってしまうんですね。
 まあ、鞄に入らないサイズではないから、それはそれで……とは思うんですけど。
 ちょっとそこがネックになって、他にもっとベストなサイズ物が無いかを探してみたわけです。

 これが無いんです。
 S101は、モバイルパソコンにしては大きいんですよ。一般的なモバイルサイズよりも、ちょっぴり。で、いわゆるモバイル向けの鞄は、その「一般的なモバイルサイズ」を踏まえて作られているので、この「ちょっぴり」の部分の差のせいで、入らない。
 じゃあ、諦めて1サイズ上の奴にしようかな、と思いつつ店頭に向かったところで、思いがけない方向から鞄の候補が見つかりました。

 それが、カジュアルバッグ「Betsumo」
 これは最近発売になった鞄で、キャッチフレーズが「別持ち」。完全に別運びを想定している鞄です。いつもの鞄にパソコン専用鞄を+1、というのがコンセプト。パソコン以外の物は入れない、という設計になっているので、割とコンパクトです。
 持ち運びやすさを重視しているので、持ち手部分がクッション素材で出来ています。これは本当に手触りがいい。持った感触が柔らかいので運びやすそう。荷物を重いと感じるか・負担だと思うかには「持ちやすさ」がかなり影響するので、そういう意味ではいい鞄だと思います。

 鞄の前面にはポケットが付いていて、そこが電源コードの収納用。ポケットはこれ1つだけなので、マウスとかを入れる所はありませんが、鞄自体に厚みがあるので、ちょっとした小物ならば一緒に放り込めそうな感じです。
 で、この商品だとモバイル向けの一番小さなサイズに、ちゃんとS101が入ってくれます。割とギリギリだけど、その方が横揺れとか無いから逆にいい気がします。
 鞄の内部にはクッションポケットが2箇所あって、ちょっとした小物ならここに収納できます。最初SDカードとか入れるのかと思ったら、USBメモリが普通に入りました。このくらいのサイズまで入れられるのなら便利かもしんない。

 で、まあ、サイズがピッタリなら悪くないかも?と思ったわけです。
 外寸が300×220ミリで、厚さはパソコン収納部が40ミリ、ポケットも含めると75ミリ。
 想定よりは大きな鞄ですが、サイズだけならば、この間買ったショルダーにもギリギリ入ります。

 ふむ。
 こっちの鞄にした場合、万が一の場合は本当に「別持ち」で移動するという手段が取れます。やりたくないけど、荷物が増えたときの選択肢としては、アリですよね。
 空港で便利というのは同じです。ただし、こちらの鞄は本当に小さいので、中身を取り出したらそのまま足元(いわゆる「前の座席の下」に入れられそう。上の収納スペースに入れると、落下の可能性があるぶんヒヤヒヤするので、そういう点では悪くありません。
 あと、見た目。最初考えていた奴は仮にもインナーバッグなので見た目が楽しくありません(笑)それに対して、Betsumoはそのまま持ち歩く事を想定しているだけあって、見た目が悪くないし、6色展開していて選択肢も豊富。
 こっちの場合は厚みがあるので、やはりかさばってしまうのは同じなんだけど「鞄から出して持ち歩いた時」という比較をすると、こっちのが勝ちなので、そういう点では有利です。

 おや?
 なんだか、Betsumoの方がいい鞄のような気がしてきましたよ?

 そんなこんなで、思いきってBetsumoの方を買ってきてみました。色は赤。赤というより「濃いピンク」って感じですけど。白と黒と3択で悩んだんで、白は汚れが目立ちそう(店頭の在庫が既に結構汚れてた……)・黒は夏に熱が篭りそう……とか考えてピンクに。
 とりあえず、ひととおり放り込んでみましたが、イーモバイルはらくらく。マウスも、旅行の時に持ち歩くのは携帯用の小さなマウスなので、隙間部分にちゃんと入りました。よかったよかった。
 ショルダーの方にも、まあ容量の半分くらい圧迫したけど、でもちゃんと入ったので、あとはここに、細々とした荷物を入れていく感じになりそうです。
スポンサーサイト
2008/12/24 (Wed) 01:38 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 今日、髪を切りにいったんです。
 昨日の記事に書いたように、荷物を発送したかったので、最初の予定では午前に切って、すぐ帰ってくるつもりだったんです。
 開店時刻に予約を入れておいたので、順調に髪を切り終わってお昼時。旅行に足りないパソコン用品を買って、すぐ帰ろうと思いつつ、通りすがったのが、前から気になってた眼鏡屋さん。

 実は、今年の健康診断で視力悪くなってたんです。
 そして最近、どうも見えにくいと感じることが多かったんです。疲れ目のせいだと思うんですけど、よくかすむ。
 あと、眼鏡がフィットしなくてずり落ちるんですよね。セルフレームの眼鏡を使ってるんですが、鼻の位置がフィットしなくて、よくずり落ちてくるんです。この「ずり落ち」を何とかしたくて「フィットする眼鏡に変えられたらいいなぁ」と前々から思ってはいたんです。
 それと、ここ1ヶ月くらい急に汚れが落ちにくくなって、傷が増えてきていて。そろそろレンズが寿命なのかなぁ、なんて。
 そんな感じで、いろいろな積み重ねで、買い替えを(ぼんやりと)考えてはいたんですね。

 で、まあ「今、新しいメガネを買うとしたら、いくらくらいするのかな?」と軽い下見のつもりで、前から気になっていたお店(富士メガネ)にはじめて入ってみたんです。
 前に別のお店で作った眼鏡は5万円くらい。高いから、そうそう新しいのを作れないというか、だから、まだ使えるしーと思って買い替えあんまり本気では考えてなかったんですけど。
 でも最近は価格破壊というか、安い眼鏡屋が増えてるから、古くからあるお店もちょっと安くなってきたりしているのかな?なんて思って。

 眼鏡のセットは1万円から。
 といっても視力が悪いので、レンズは薄型じゃないとどうしようもないはず。
 追加料金いくらくらいでしょうねー? と店員さんを捕まえて質問したり、視力検査してみた結果が
「そうですね。padomさんの視力だと薄いレンズに変えて、セットで2万円からでしょうか」
 え!?
 2万円って。前に作ったときの半額以下なんですけどっ。
 レンズのグレードが1万円・1万5千円・2万、って感じだったんですが、多分このランクで十分だと思います、と勧められたのが1万円のレンズ。今の物は、2万円のに相当するはずだからグレードダウンはしてるんだけど、見え方そんなに変わらないですよ、というのが店員さんのお言葉。
 そういうものなんだ……。
 ちょっとでもいいレンズを、と思って、昔は一番いいレンズを選んだんだけどね~。でも、そこの差を考えても、レンズで+2万円なら合計3万なので、それでもやっぱり昔より安くなってるんですね~。

 ただ、眼鏡セットの価格は5段階。1つランクが上がるたびに5千円アップ。まあ、そういう感じなので「安いフレームはオモチャみたいな物だろうし、いくらレンズが安くても、ちゃんとした眼鏡にするならフレームだけでも2万円くらいかなぁ」とか思いつつ、店頭に並んでいるフレームを見たわけですね。
 するとまぁ、1万円でも結構悪くないフレームが揃ってるんですよ。
 昔とは大違いだ。
 しかも、鼻に合わなくてずり落ちてくるという話をしたら、店員さんはこう言うんですよ。
「最近はパッドのついたセルフレームもあるので、そういうのにすれば良いですよ」
 なんだとー!?
 昔「鼻にあんまりフィットしないけど、厚みをカバーするのを優先してセルフレーム!」と眼鏡を選んだ私にとっては、いいとこ取りのフレームがあるとゆーことですか!?
 と思って見てみると、確かにパッド付いてるフレームが。しかも、結構いい感じの雰囲気の奴があるんですよ。

 ここで思う私。
「もし年末までに出来上がるなら、今買うと旅行にすごくいいんじゃない?」
(※今の眼鏡、遠くが見えにくいから、看板の文字などが読みにくいのです。旅行ではちと不便)

 でもまあ、視力悪いし乱視まで入っているので、今からだと厳しいかしら?と聞いてみると、
「そうですね、padomさんのレンズだと当店に在庫が無いので、お時間が掛かってしまいます」
 やっぱだめか。
「出来上がりは明日の夕方ですねぇ」
 十分早いよ!
 昔は「取り寄せになるから1週間」だったのに……スピードまで違うのか……。

 というわけで。
 安く作れそうだったので、新しい眼鏡を作ってきました。1万円のセット+1万円のレンズに、キズ防止加工(3千円)をつけて、24150円です。
 帰ってきてから、もうちょっとレンズは高性能でも良かったかなーと、うじうじ思ってしまうのが悪い癖なのですが(笑)とりあえず明日引き取りに行って、使い心地を試してみたいと思います。

 あ、荷物は無事に発送できました。
 当日の荷物の準備がまだだけど、まあきっと何とかなるでしょう、うん。
2008/12/24 (Wed) 01:08 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 年の瀬が近付いてきたので旅行の準備。

 そろそろ宅配のリミットなのですが、まだ荷造りできてません。もとい手付かず。
 明日は休みになりましたが、午前中は髪を切りに行くので……帰ってきて頑張って荷造りして、何とか集荷に来てもらうコースでしょうか……。
 宅配が間に合わなかった瞬間、大荷物運ばなくちゃいけなくなるので、何が何でも間に合わせないと……さ、最悪、24日早退(もとい定時ちょうど)で早めに帰ってそれから出そう。
 まあ、出せなかったら重いキャリーカート引きずればいいんだけどさ……引きたくないなぁ。
 がんばろう。

 さてそんな中、今月頭に立てた「今年の目標」を引っ張り出してみました。

・手袋を編む!
 →結局編めなかった! 仕方ないので手袋買ってきた!
 でも一応自力で編みたい野望はあるので、系統が被らないように皮手袋にしましたよ。

・大掃除する! 荷物を整理して部屋に置けない物は捨てまくる!
 本棚の整理をしました。満杯だと思っていた本棚も、整理したら結構まだ余裕が。
 処分の方は、年明けてからどこかで売ろうと思ってます(ゲームやフィギュアは捨てるのちょっと勿体無いから)。

・無駄遣いしない! 外食を減らして自炊を増やす!
 外食は当社比で若干減りました。
 が、いろいろ物を買ったので、あんまり節約にはなってないかな……。
 自炊の機会が多少なりとも増えただけ、プラスに考えよう。

・規則正しい生活をする!
 「とにかくお布団に入ろう運動」を実践してます。
 効果があるかについては、ちと微妙かも。
 つーか、本当は12時くらいには布団に入るべきなので、まだまだ全然ですな。

・運動する
 ストレッチの時間を増やしました。体を動かしてから布団の中で。
 足のむくみとか硬さがマシになった気がする。

・健康になる!
 無理!

 えーと、多少成功したのが掃除。努力しているのが自炊と睡眠改善と運動あたり?
 いろいろ勘案して、達成度は5分の2くらいでしょうか……。
 はははは。
 目標なんて、所詮こんなものですねっ。ははは……(ちょっと切なくなってきました)。
2008/12/23 (Tue) 02:09 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 少年メリケンサックの試写会に行って来ました。
 2009年12月14日公開。
 まだ2ヶ月くらい先です。なんでも、一般の人への試写は今回が初めて、なのだとか。

 そんな映画を見れるだなんてラッキー、という感じですが実は、この試写会もっと派手なおまけつき。
 監督の宮藤官九郎さんと、主演の宮崎あおいちゃんの舞台挨拶つきなのです。

 司会のおねーさん曰く、応募総数7000通ですってよ!
 人気に納得。
 ……我ながら、なんで当たったのかサッパリ分かりません(笑)

 映画のあらすじ。
 レコード会社で働く主人公・カンナがネットで見初めたパンクグループ「少年メリケンサック」。契約に向かった先にいたのは、なんと50歳のオッサン!
 これじゃ契約なんてありえないと思いきや、既に会社のサイトで公開された動画は10万アクセス。全国ツアーの会場まで決まっているわで、社長から「契約とるか首になるか選んでね」とまで言われてしまう状態。
 ちうわけで、カンナのやけっぱち「ダメ中年パンクグループ・少年メリケンサック」のプロデュース(というかマネージャー)がはじまるのでした。

 ……という感じで進む、超コメディ映画でした。
 もうちょっと真面目というか、コメディ以外の要素多いと思っていたのですが、とにかくコメディ。面白いシーン満載の映画でした。
 クドカン作品なので「とにかく面白い」か「とにかく微妙」のどちらかだろうと踏んでいたのですが、個人的には大ヒット。前者。とにかくひたすら面白くて、2時間以上の映画なのに「もう終わり?」と思ってしまいました。あんまり映画でそういうこと無いのに。(エンディングがちょっと投げっぱなしで終わったからかもしれないけど)
 役者陣はみんな個性的なキャラ。あおいちゃんはバカキャラで弾けてるし、佐藤浩市さんは本当にダメなおじさん。キム兄は、別の方向性でダメなおっさんでしたね(笑)こっちはさえないおじさん系というか……佐藤さんとあわせて静と動みたいな。まあ元からそういう役柄なんだけど(兄弟役)。

 舞台挨拶で、「パンクを良く知らない人でも楽しめるように作ったつもりです」と監督が言っていただけあって、実際面白い映画でした。
 「最初、音がうるさいと思うかもしれないけど、なれると思いますから」とも言ってた。うん、うるさいと思ったのは最初の一瞬だけで、本当にすぐ慣れましたね。

 他に舞台挨拶では、あおいちゃんの顔がアップになっているポスターの話で「あれは『がおー!』のポーズなんです」「監督に指導してもらって」「作品の中でも出てきます。『がおー!』」とか連呼してて、がおーってなんやねんみたいな気分でいたら、瑛が見たら本当に『がおー!』だったとか。
 あと「おじさんたちが3時間くらいお酒を飲みつつクランクアップするのを待っててくれて、終わった瞬間『おめでとー!』って駆け寄ってくれた」みたいな心温まるエピソードというか、和気藹々としていた現場だったというトークとか(映画を見ると、その和気藹々が想像できるというか納得できます)。

 それから、監督が「まだ見て無い人の前で話すのは難しいですね(上映前に舞台挨拶でした)」「……というわけで、他の映画の話しましょうよ。WALL・Eとか!」みたいな感じで「だってすごくない? 700年間ひとりぼっちだよ、700年!」と本当にWALL・Eについて語り始めたとか(笑)
 ちなみにこの話は「25年間ひとりぼっちってだけでもすごいのに、700年だからね~」「うちの映画は25年です」と、少年メリケンサックの話に戻っていきました。
 監督、トークお上手ですね。この「25年ひとりぼっち」は、見終えた後で思い返すと、かなりぐっとくるフレーズでした。

 ああ、あと「カンナと自分は似てると思いますか?」って聞かれたあおいちゃんが「あんなのに似てたら困ると思います」って言ってましたね(笑)。で、カンナいかにダメな子なのか語るフェイズ。「酒飲む為に働いてるんですよ?」とか。最後はちゃんとフォローされてましたが。
 あおいちゃんは、監督とは違う意味でトーク上手でした。慣れてる感じというか……ああ、あおいちゃんが「上手」で監督が「巧み」の意味で「うまい」という感じかな。あおいちゃんは堂々とした感じで、監督は「あー」とか「えーっと」とかが多いけど内容が上手い、といった印象で。
 そうそう、監督のトークって、雑誌とかテレビと本当に同じで、当たり前ながら「本物だ」と喋り始めた後で、ちょい感動しました。トークお上手なので面白かったし。
 舞台挨拶は、15分ちょっとくらいでした。あっという間でしたね。

 その後上映された本編も、先に挙げたように、とても面白かったです。けらけら笑いながら見て、ときどきちょっぴり考えさせられながらも、すぐまたけらけら笑うような映画ではないかと。
 一応テーマは深いのよね。おじさんの人生が語られたりもするから。「パンクって何?」「人生さ」みたいなフレーズが格好いいのだよ。ダメなひとなんだけど(笑)すぐコミカルな感じになるけどっ。
 でも、人生経験豊富な大人の深み、とかが少しだけ垣間見えて、すぐまたコミカルに戻るくらいのバランスが、この映画では心地良いような気がしました。

 おすすめです。
2008/12/20 (Sat) 02:05 | 映画 | コメントする(0) | Trackback(0)
 鞄選びの経緯はここ

 というわけで、例の悩んでいた鞄選び。
 買いました。

 結局、選んだのは備長炭染め八号帆布  ショルダーバッグでした。
 前の記事で言う所の1番目ですね。

 決め手は次の4つくらい。

1つ目:丈夫であること
 やっぱりパソコンを入れる鞄なので、すぐにガタが来ちゃうと困ります。
 去年買ったOAバッグは、3日目くらいで肩紐部分の金具が壊れちゃったし(汗)。いや、あれは初期不良のような気はするけど……。
 旅先でいきなり壊れたら困るし、あまつさえパソコン落下したらと思うと結構恐怖。

2つ目:軽いこと
 で、パソコンを入れるからには結構重たいので、軽ければ軽い方がいい。

3つ目:肩紐の長さ
 ショルダーだけじゃなくて、手提げ状態にしても持ち歩ける鞄がいいので、肩紐の長さをチェックしました。長い鞄だと、手荷物と引きずってしまうので、ショルダー状態でしか持ち運べないから。
 これは、ショルダーだと肩が痛くなったときに逃げ道が無い、というのも含まれています。飛行機での移動だからね。手は多ければ多いほど良いのです(汗)

4つ目:見た目
 やっぱり、持ち歩く物だから、見た目的にちゃんと満足できている物がいいなー、と思うわけです。

 大体こんな感じですね。サイズとかは、まあ、前の記事の段階でもう絞ってたから、今回の時点ではあまり気にしませんでした。
 で、丈夫さと軽さを考えると、やっぱりバギーポートの方が良さそうなので、今回はバギーポートの鞄を選んでみました。
 つまり、
(1)備長炭染め八号帆布  ショルダーバッグ
 30cm×35.5cm×12cm、11500円。
(2)ロウビキパラフィン ショルダーバッグ(Lサイズ)
 28cm×39.5cm×14cm、10000円。
 ……という2択ですね。

 ここからが真剣に悩んだところで、「少しでも大きな方がいいんじゃ?」とか「でも大きすぎても不恰好だよね」とか「つーか大きいと引きずるんじゃない?」「サイズ優先で選んで他が気に喰わない鞄だったら、結局後悔するんじゃない?」などなど。

 結局、備長炭の方を選んだのは、見た目が好みだったことと、肩紐の長さが短かったことが理由になりました。サイズは、ロウビキパラフィンの物の方が少し大きいけど、こっちでも必要な荷物は入りそうだと判断したので(入らなければ減らそう……笑)、思いきって買いました。
 到着して、少し持ち歩いてみましたが、なかなかいい感じです。ええと、気になったところをあげるとと、「内部のポケットが無いので、小物の整理にちょっと不便だった」「肩紐はこれでもちょっと長かった」という感じでしょうか。
 ポケットに関しては外についているので、そっちを有効活用する方向で遣い方を考えれば解決しそうかな。肩紐は、個人的にはもうちょっと短い方が、肩から下げた時にフィットしそうだなぁという感じ。手から下げた時も、ちょっと引きずらないかどうかドキドキする長さでした。男性なら丁度良いのかもしれませんね。
 この鞄の紐はコットン系なので、折り曲げたりするのが容易です。なので、もし本当に長くて困る場面があったら、手に人巻きすると長さが調整できそうかなー、と思ってます。で、それで解決しそうな気がしているので、こっちもそれで試しつつ使ってみようかなと。

 防水加工が無いので、あとで防水スプレーかけておこうかな~。
 とりあえず、鞄は実際に使ってみないと解らないところも多いので、しばらく試してみたいと思います。
2008/12/19 (Fri) 23:37 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 新しいパソコンを買ったので、新しい鞄を買おうと思っているわけです。
 「衝撃に強い!」がウリのパソコンにしたのだから、もう移動する時OAバッグじゃなくても大丈夫じゃない?と思ったら、前々から欲しかったメーカーの鞄がどんどん欲しくなってきちゃってですねー(笑)
 欲しかったけど、パソコン持ち歩くのに向かないし……ねぇ?
 ……と、自分に言い聞かせてたのに、その理由が無くなったのだから、まあ当然ですね。
 もともと、私カバン買うの好きなので尚更なのですが。

 目をつけているのは「バギーポート」と「ネオストリーム」という2つのブランド。

 バギーポートはシンプルな鞄が多いです。個人的なポイントは、軽いこと。鞄自体が重いと、どうしても荷物を詰めた後が大変ですからねー。ただでさえパソコン入れることが確定している以上、軽くするにも限界があるので、削れるところは削れる方が良いに決まってます。
 その点、ちょっとミニタリーっぽい印象を受ける格好いい鞄で、かつ軽いバギーポートは個人的に高ポイントなのですね。
 ただ、近所だと小サイズしか扱ってなくて、大きなサイズが無かったので、ネットでぽちぽちとチェックしてみました。

 まず1つめ。
 備長炭染め八号帆布  ショルダーバッグです。
 サイズが30cm×35.5cm×12cm。
 ポケットがいろいろ付いていて、デザインが素敵な感じ。お値段11500円でプラス消費税かかると1万2千円越え。ちょっと予算オーバー気味だけど、そこそこサイズ+格好いいデザインなので、どうしようかなーと悩んじゃうところ。
 個人的には、ベルト調整できる長さの幅が大きいのも嬉しいところ、かな。
 鞄、肩に下げるだけじゃなくて、手から下げて使えると嬉しいので、ベルトの融通が利くと非常に便利なのです。
 カラーは、これの小さいサイズを店頭で見比べた感じだと「チョコ」が一番好みかなぁ。いわゆるチョコレート(茶)色というより、グレーとカーキとチョコ足して3で割ったような雰囲気だったけど。

 2つめ。
 ロウビキパラフィン ショルダーバッグ
 こっちは本当にシンプル。無骨と言い換えてもいいかも。表面にロウビキパラフィン加工というのが行われていて、布というより皮っぽいというか、ちょっと生地が固めの印象を受けました。
 雰囲気は、とても好き。あと、ちょっと水に強そうなイメージ(笑)。ただの勝手なイメージに過ぎないので、本当に水に強いのかどうかはわからないけど(笑)。
 色は、グレーが好みかな。グレーというか、暗めのカーキ、って感じの印象でしたが、ただのカーキよりは私の好みでした。ベージュもちょっとカーキかかってるので、こっちは逆にあまり好みじゃない感じでした。
 この鞄はサイズ展開が豊富みたいで、一応、一番大きなサイズを候補にしています。
 28cm×39.5cm×14cmで、お値段は1万円+消費税。
 1つサイズを下げたMサイズで、
 25cm ×35cm×13cmの8900円+税。

 バギーポートは他にもいろいろ鞄があるけど、候補はこの2つという感じ。

 次がネオストリームですね。こっちは皮の鞄です。皮がね、好きなんですよ(笑)で、そこにプラスしてデザインが好みというのがポイント。機能性は、ちょっと落ちるかもしれないけど、でも、どうせ持つなら好みの鞄の方が良いよね、というか好みじゃないとテンション下がるというか。せっかく買うんだから。

 というわけで1つ目。
 2wayトートバッグです。
 45cm×34cm×14cmで9500円。
 トートバックらしいけど、見かけたロフトではボストンバッグ扱いで売ってました。サイズ的にも、そんな雰囲気。中に詰め込まれてたビニール抜いたら、ショルダーっぽい印象になるのかな?
 デザインが素敵なので、かなりお気に入りの鞄です。
 今回チェックした鞄の中で、一番大きいです。旅行の時の鞄、という意味では一番適しているのかもしれません。ショルダーとしても、手提げとしても使いたいという私の目的にも合致します。
 問題点は、普段使うには大きすぎること……(汗)。このサイズでは、旅行以外の時にはちょっと持ち歩きにくいですね。まあ、ボストンバッグ持ってないから、割り切ってしまえばいいんですけど、使える機会が限られる鞄にするかどうか、ちょっと悩ましいところですね。ボストンが必要なほどの手荷物は無いし。

 方向性としては、こんなのもあります。
 35cm×34cm×14cm。お値段8500円+税。
 デザインほぼ一緒で、サイズだけ小さめという鞄がありました。ただ、気になるのは持ち手まわりのデザイン。ベルト1本でちょっと持ちにくそうです。あと、ベルト周りの部分がくたっと倒れる感じになっているので、鞄の上部まで荷物を詰めないことが前提のデザインになっているようです。ここが、大サイズとの違い。つまり表記サイズほど荷物が入らない可能性があり、旅行荷物を運ぶには不足している可能性があるということ。
 運ぶといっても、衣類以外だから化粧ポーチとかDSとかそんなんだけど、そこら辺入れたら結構かさばるわけで。うーん、これなら大きいサイズのほうがいいかもしれませんね。

 2つ目。
 2wayショルダーバッグです。
 34cm×35cm×14cmで8900円+税。
 ちょっとサイズを落とした鞄で、こんな物がありました。こっちも2つの用途に使い分けられるのでいいですね。
 ただ、これお店で実物見たけど、実際のサイズよりも小さな印象を受けたんですよね。気のせいかな? あんまり荷物が入らないと、本末転倒というか「鞄これじゃ足りないよ、2つ持たなくちゃ!」になってしまうので、非常に悩ましいところです。サイズだけなら、バギーポートと比べても十分な感じなんですけどね(だから、きっと大丈夫だと思う……のだけど……)。

 ここまでの鞄をまとめると、
(1)備長炭染め八号帆布  ショルダーバッグ
 30cm×35.5cm×12cm、11500円。
(2)ロウビキパラフィン ショルダーバッグ(Lサイズ)
 28cm×39.5cm×14cm、10000円。
Mサイズ
 25cm ×35cm×13cm、8900円)
(3) 2wayトートバッグ
 45cm×34cm×14cm、9500円。
小サイズ
 35cm×34cm×14cm、8500円)
(4)2wayショルダーバッグ
 34cm×35cm×14cm、8900円。

 おや、期せずして値段順に並びましたね。
 とりあえず、この4択まで絞ったので、あとはここから悩むだけ。あんまり悩んでると取り寄せるの無理になりそうだから、さくさく決めたいところなのですがー。
 ちなみに、パソコンのサイズが違うので単純比較はできませんが、夏使ったOAバッグに一番近いサイズは2番なので、それを基準にして考えるなら、バギーポートのがいいかもしれませんね~。むむむ、でも悩みます。
2008/12/12 (Fri) 01:58 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 試写会に当たったので見てきました。
 「K-20 怪人二十面相・伝」です。

 ええとまず最初に。
 募集要項にも当選葉書にも何も書かれていなかったのですが、会場に行ったら特別ゲストありで、プロデューサーさん(名前失念)と、監督兼脚本の佐藤嗣麻子さん、それから、主演の金城武さんが来ていました。

 ビックリだよ!
 札幌の試写会で、まさか主演俳優が登場するだなんて思わなかったよ!

 席、5列目くらいだったのと、ホールの作りが良かったお陰で、3人を見下ろすような形で見ることができました。とても見晴らし(笑)が良かったです。
 すごいー。ちゃんと顔が視認できる距離だ~。前の人の体も全然気にならない。そういう意味では、とてもいいホールですね~。
 (テレビ局主催の試写会で、会場はテレビ局のホール(STVホール)でした)

 ゲストの三人は上映前に登場して、15分ほどアナウンサーの方からインタビューを受ける格好で、映画についてトークしてくれました。
 金城さんって、素の声は低いんですね。作品を見ている時と全然違って聞こえました。でも、こっちの声は耳障りが良くていいですね。聞き惚れます。
 プロデューサーさんが「おしゃべり」キャラっぽい印象で、監督さんは、近所に住んでいそうなフツーのおねーさんみたいな雰囲気。というか監督さん女性なのね。ちょっと意外。調べたら「エコエコアザラク」の人なんですってね。

 作品の魅力とか、撮影現場の様子とか、ヒロイン役の松たかこさんの事とかを聞きました。
 金城さんが、松さんをベタ褒めしてたのが印象に残っているかな。あとは、金城さんは舞台系役者というか、「ここもっとこうした方がいいよね、というのをどんどん提案しながら撮影しました」みたいな感じの事を仰ってました。なんというか、和気藹々とした現場が想像できるような、ふんわり暖かい感じの3人のトークでした。
 最後に、プロデューサーさんが「1回目でストーリーを追って、2回目以降は細かいところにも注目して、5回くらい見て楽しめる映画だから、ぜひ5回見に行ってね」と仰ると、それに対して金城さんが「いや、4回で十分じゃないかなぁ?」「じゃあ主演俳優がそう言うなら4回で」みたいな場面もあったりして。
 プロデューサーさんは、トークが面白い方でしたね。監督さんは、本編を見終わった後で、こういう人がこういう作品を作っちゃうんだからすごいなぁ、と感心してしまいました。

 最後に、金城さんが「ネタばれはしないでね!」と仰ってました。犯人は秘密にしておいてね、くらいのニュアンスで。確かに、ミステリー映画だから、そういうの先に見ちゃうと興ざめかもしれませんね。なので、そういう感じで感想を書きたいと思います。

 ちなみに、入場待機列はすごく長くなってるわ、会場の入口でチケット譲ってくださいの人がいるわ、ゲストが入場するなり黄色い悲鳴で横断幕とかアイテム振り回してたりしてる人がいるわで、なんていうか、賑やかでした。男性も、ちょこちょこ混ざってたけど、誰のファンだったんだろう……。

 さて本編。
 舞台設定は架空の日本。第二次世界大戦を回避した(戦争にならなかった)日本でのストーリーになっています。身分格差が激しい時代で、蛙の子は蛙。子は親と同じ職業にしかなれないとか、そういう感じの時代の日本が舞台となっています。
 主人公はサーカスの軽業師。訪れた雑誌記者に騙されて、警察から怪人二十面相だと誤解され、誤認逮捕されてしまいます。そこから、本物の二十面相を捕まえて無実を証明してやるぜ!と主人公が奮起する……というストーリーです。

 配役が、とてもいい。あんま人付き合いが得意じゃないけど人のいい青年と、中盤以降の打倒二十面相に燃える青年のギャップを表現してる金城さんとか、育ちがいいけれど芯は強くてじゃじゃ馬なお嬢様を、松さんがとてもいい雰囲気で演じてる。
 仲村トオルさんの明智小五郎も、またいい具合に「インテリ嫌な奴」な感じが出てて、ぐっときます(笑)あと、とにかく国村隼さんがいい味を出してて、画面の中がいい具合に引き締まります。中年要員かつベテランの味、ですね~。
 かと思えば、金城さんと絡む子役の子がまた上手。こちらは、ちょっとしんみりしているシーンとか、哀愁漂うシーンとかに関わってくるキャラなのですが、この子が上手なのでストーリーが引き立つこと!ああ、もう、たまりません~。
 シリアス系の映画だと思っていたら、意外とコミカル調の映画だったので、それぞれの素敵なキャラクターぶりを、にまにましながら楽しめる感じでした。

 で、映像とアクションが派手派手で楽しいのなんの。街を疾走し、ワイヤーアクションで空を飛び、建物の内外でアクションしまくり。二十面相なので、潜入シーン泥棒シーンもあるのですが、基本アクションエンターティメント。豪快なアクションシーンは、見ていて爽快です。監督さんが「難しい事を考えず、頭を空っぽにしてみてください」と仰っていたのを思い出しました。まさにそんな感じ。すかーっと楽しめます。
 CGも綺麗で、「CG!」って感じの偽者臭さはほとんど感じません。映画に馴染んでいる、というのが正しいんですかね。自然な画面に見えるというか、これCG?と感じさせる余地すら無いというか。あの辺かな、というのは分かるんですけどね。お上手でした。
 ミステリー要素は、ひとえに「本当の二十面相の正体は誰?」この1点につきます。逆に言うと、これ以外には謎が無い映画なので、ミステリー映画を期待すると、たぶん外れます。アクション娯楽映画って表現が適切かな?謎はアクセントとかワンポイントくらいで考えておくと、楽しめそうな気がします。

 まとめると、アクション爽快・笑い涙ありの冒険活劇、って感じでしょうか。いやもう、見ている間夢中になれて、終わったらスッキリ。これは気持ちのいい映画です。
 とても面白い作品でした。テレビでもいいんだけど、アクションが派手なので、スクリーンの大画面で見るのが、きっと楽しいでしょうね。お正月映画だし、わいわい見るのにも向いてるかもですね~。お色気シーンとかは、無いに等しいので、そこら辺の意味でも万人向けで、安心して見れる映画かな、と思います。
 滅多に機会の無いゲストトークも楽しめたし、作品自体もとても良かった、大変満足できる試写会でした。いや、ほんと面白い映画なので、ぜひ。
2008/12/06 (Sat) 00:23 | 映画 | コメントする(0) | Trackback(0)
 あっという間に12月で、今年も残り1ヶ月をきってしまいました。

 そこで、今年の目標!
 残り1ヶ月しかないけど、今年中にこれはやってみせるのだ!という目標を掲げて、ここは1つ、その達成に向けて頑張ってみようかと。

 では、今年(残り1ヶ月)の目標を整理してみましょう。

・手袋を編む!
・大掃除する! 荷物を整理して部屋に置けない物は捨てまくる!
・無駄遣いしない! 外食を減らして自炊を増やす!
・規則正しい生活をする!
・運動する
・健康になる!

 ……ええっと、こんなものかな……。
 本当は「ちゃんとホームページを作る」を目標にしたいのですが、今年中は厳しいかなぁ……。
 今年の最初は目標にしていたんだけどねぇ。
 あ、あれ、なんかもう既に挫折?(汗)

 き、気を取り直して。

(1)手袋を編む
 毛糸を買ってしまったのだ。そろそろ完成させないと真冬になってしまうのだ。
 というか、そろそろ完成しないと手袋無い生活が限界っぽいので、目処がつかないなら買わないといけないんですよね……もう買った方が早いかな……(またもや目標達成を挫折しかけ)。
 ただ、手編み手袋=毛糸の手袋なので、他の素材の手袋を買うの自体は悪くない、かも。ふかふかしてる感じの皮手袋とか?
 ああ、なんか書いてたら、それでいいような気もしてきた。
 まあどうするかはさておき、せっかく買った毛糸で初手袋挑戦なので、挫折しないでちゃんと編み上げたいなーと思ってます。 

(2)大掃除
 今年も年末は旅先なので、それまでに大掃除を済ませないといけません。
 収納いっぱいになりつつあるので、本棚を整理して、入りきらなくなったものを売るか捨てるかして処分して、それから、今年は台所の手入れをしたい!
 ガス台を磨いて、米びつ兼レンジ台になっている棚の中身を整理して、洗い場の下にある棚を綺麗にして……ここまでやったら、気持ちいい気分で年が越せそう! な気がする!
 問題は、そこそこ時間が必要そうなことかしら。特にガス台の手入れは余裕のある時じゃないと、下手に手をつけると大変そう。休みの日とかで、いじれそうな時があるといいな~。

(3)無駄遣いしない
 最近、どうも出費が多いので。なので、財布の紐を締める!かたく!
 最近の浪費は、外食が増えたというか、自炊が減ったからという節があるので、これはしっかり自炊をするのが第一歩、かなぁ。ついつい楽な方にいってしまって、もう「自炊面倒くさい」って感じになりつつあるので、これはしっかり意識改革しないとー。

(4)規則正しい生活をする
 実は、かなり睡眠の質が悪くなっているので、これをしっかり整えたいのですね。
 寝つきが悪くて、眠れなくて、で、仮眠とか挟むようになって、尚更寝つきが良くなくて……の悪循環。
 最近は、深夜4時に寝て朝7時に起床、帰宅してちょっと仮眠して、また深夜4時まで……みたいな暮らしになってるんですが、これでは体がだるいし、仕事中にスッキリしないし、疲れは溜まるし目は痛いしで、全然いいことがありませんから(汗)
 今は、午前2時までに布団に入る、を一応目標にしてなんとかやってるんですけどねー。これを、もうちょっと早めて、せめて午前1時にしたいところです。……うう、これがなかなか。あんまり眠くない日もあれば、眠いのにダメな日もあって。ああ、どーにかしたいな~。

(5)運動する
 というわけで、睡眠の件の解決策も兼ねて、運動をしっかりやるというのを実践しようかと。
 最近あんまり運動していないので、これを前みたいに1時間以上ちゃんとやるようにしたいものです。やっぱり、運動を心がけていた時期は、寝つきも良かったように思います。サボってる期間が長くなって、睡眠の質が悪くなったような気もするし。
 だから、運動。派手じゃなくていいんですよね。軽い有酸素運動に少しの筋トレにストレッチとか。そんなんで十分だから、まずは毎日ちゃんと運動する、ってところからはじめて、運動する習慣を取り戻そうかと。
 が、がんばる。

(6)健康になる
 もろもろの複合で、これ。
 規則正しい生活をして、ちゃんと眠って、バランスの取れた食事を取って、健康な体をちゃんと作りたいものです、はい。

 ……ああ、書いてたら我が事ながら、ちょっと寂しくなってきた(汗)
 基本中の基本というか、当たり前すぎる事が沢山……最近、堕落してたっていう証拠ですねぇ。まあ自分自身のことだから仕方ない。この辺り、ちゃんとできるように、頑張ろうー。

 というわけで、ただ漠然と思ってるだけでは結局達成できずに終わりそうなので、ひとつブログに書き出してみるのでした。よ、よし、頑張りたいぞ、うん。
2008/12/02 (Tue) 00:24 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。