上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
 機種選びのところで記事は止まってましたが、あの後、思いきって買いました。
 選んだのは、EeePC S101です。
 色はブラック・ブラウン・シャンパンゴールドと3種類あるのですが、ゴールドを選びました。これが一番雰囲気が良かった、というのもあるのですが、黒や茶色は蓋(外側)の指紋が目立ちすぎて。指紋べたべたの見た目が嫌だったので、ゴールドにしてみました(これだけ指紋が目立たない)。

 11月22日発売の新機種で、お値段は69800円。本当は、もうちょっと小さい方が理想的だったのですが、キーボード打ちやすいし、重量1kgだし、性能良さそうだし、SDDの容量が16GBあって使いやすそうだし、デザインが格好いい感じがするし……で、
「もう、これっきゃない!……か、かもっ?」
 という、微妙なうじうじ感を残しつつの決断(笑)でした。

 だってさー、年末でしょ。年末商戦的には、もうちょっと待ったら、更に12月になってから何か新機種出るかもーでしょ(実際に出た)。
 初期ロットに不良があったら、っていうのも考えたらちょっと怖い。それに、ちょっと待ったら安くなったりポイント還元率が良くなったりするかもしれない(笑)
 そこら辺が気に掛かっていたので、もうちょっと様子を見て、ボーナスが出る辺りまで待ってから買おうかなーって思ってたんですが、結局、さくさく買ってしまいましたとさ。

 まだ少ししか触ってないけど、起動さくさく音静か。危惧していた「もっさり」とした感じの動作の重さも現状では全然無くて、快適に使えています。
 ネットで見ていたら「ヒンジがおかしい」っていうのを見かけたけど、私のはなんとも無かったです。どちらかというと、モニターの周囲のフレームが傷だらけなのが……素材的には仕方ないのだろうけど、見た目が傷ボロボロなのは、ちょっと切ない。

 ひととおり、仕事に必要なソフトは入れたので、あとは必要なデータの移行をして……使い方に慣れておかないとねぇ。早くに買った分、時間に多少余裕が出たので、そこを活かしたいところ。時間いっぱいあると思ってると、怠けるので逆に危険かもしれませんが(笑)

 あとはパソコンのサイズが変わったので、新しいケースが欲しいんですよね。大は小を兼ねる、という意味では今の物も十分に使えますが、ちょっと大きいのでかさばるので。ちょっと気になっているケースがあるので、次の機会に実物を見に行ってみようかと思ってます。
 本体だけなら、付属ケースで十分そうなのですが……電源コードとマウスは、このケースでは入りそうにないから……このままでもいいけど、きっと、小物も収納できる奴を買う方が便利なんだろうなぁ。

 衝撃に強いといわれるSSDモデルにしたので、いっそ、鞄ごと買い換えてしまうのもいいかも。普通の鞄+インナーバッグ、なんて組み合わせでも多分大丈夫だろうし。手荷物にして運ぶには、重さ(軽さ)はとても重要になるので、軽い(そして出来るだけ衝撃に強い)のを探したいところです。
スポンサーサイト
2008/11/30 (Sun) 23:09 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 久しぶりに試写会に応募したら当たりました。
 WALL・Eです。

 ピクサー制作、ディズニーのCGアニメーション映画最新作。監督は、「ファイティング・ニモ」の人だそうです。
 キャッチコピーは「名前はウォーリー。700年間ひとりぼっち」。ゴミだらけの惑星になってしまった地球に、たったひとり残されたロボット、ウォーリーを主人公にした映画です。

 序盤はごみ処理ロボットウォーリーの日常。ひたすらゴミをスクラップして積み上げる。おうちには、宝物(がらくた)コレクションの数々。700年間ずーっとひとりぼっちで、いつしか心が生まれたウォーリーの孤独な感じが表現されてます。
 ところが、そこに自分と全然違うロボットが登場。未来的な卵型フォルムにウォーリーは一目ぼれ。かくして、イヴと名乗ったそのロボットと交流がはじまって……。

 という流れでスタートする映画。今テレビで流れているCMでは「ところが突然イヴがさらわれる」「イヴには地球に関わる重大な秘密が!」「ウォーリーはイブを救う為に宇宙へ!」って感じで締めくくられてます。

 で、実際に、この予告編で扱っている部分までがプロローグ。
 ここからがまさに「本編!」って感じでした。
 イヴを救出する為にウォーリーの大冒険が繰り広げられる!……かと思いきや、ちょっぴり違うという意外性。大冒険なのは大冒険なのですが、まさかまさかの急展開。未来物、宇宙物の定番設定を抑えつつの展開には、みるみる釘付け。
 というわけで、あっという間の1時間40分でした。

 大変面白かったです。
 予告編を目にする機会が多い映画だからこそ「ええっ、こうなるの!?」と思わされてしまう展開で(ただし、展開は王道なので「ああ、こういう方向性なのね」と納得しつつも見れる)、大作である事を利用した予告編とのギャップや意外性を含めて楽しめる映画でした。

 たぶん、すぐ感想が出回るし、公開後はネタバレを含んだCMに切り替わると思うので、楽しく見たい人は、より早く映画館に足を運ぶことをおすすめしてみます。

 ちょっとネタバレ的な感想を言うと、この映画、ロボットほとんどしゃべらないんですが、そこがまたグッときますね。口にする言葉が大切な映画はたくさんあるけど、この映画はロボットが喋らないからこそ、良いストーリーになっている気がします。
 ちょっとした仕草に胸を打たれる、というのもあるんですが、なんといっても喋らないからこそ、ウォーリーがイヴの名を呼ぶシーン、イヴがウォーリーの名を呼ぶシーンが引き立てられる。
 SFとしてしっかりしてるし、冒険活劇とラブストーリーがいいバランスで同居しているので、ほんといい映画でした。大人も子供も楽しめると思います。

 公開日は12月5日(金)です。
2008/11/27 (Thu) 20:06 | 映画 | コメントする(0) | Trackback(0)
 サークルKサンクスに行ったら、店頭に新製品として「山嵐店主監修 つけそば」なる物が売られていました。
 カップ麺とおにぎりで終わりかと思ったら、なんとまあ。まさかまた新製品が店頭に並ぶとは。
 びっくりです。

 あまりにびっくりしたので、買ってしまいました(笑)

山嵐まぜそば パッケージ開封してこんな感じ。
 左が野菜、右がチャーシューと背油、真ん中が硬めの半熟玉子、となっています。結構具だくさん。
 1度蓋をあけてから、「蓋を開ける前に、中のシートを引っ張って抜く」という説明に気付いて、慌てて蓋を戻して(笑)シートを引き抜きます。
 このシートは、スープと面の境界に敷かれているもので、まあ、勝手に食べる前に混ざってしまうのを防ぐ役目となっているようです。

 これとは別に、かつお節とマヨネーズが付随しているので、まずはその2つを載せて、その上でまぜまぜして食べてみます。

 うん、美味しい。
 マヨが合うし、背油の感じもいいし、玉子混ぜても美味しい。
 お値段450円だし、十分に美味しいんじゃないでしょうか。

 サンクス販売の山嵐シリーズなら、カップ麺よりもこっちの方が断然良いと思います。値段が違うとはいえ、カップ麺の方は、あんまり山嵐っぽくない気がするので、それならこっちのが好きですね。
 おにぎりも美味しくて個人的にはヒットなので、それとセットってのがいいかも。
 あー、でもセットにしたら、ちょっと重いかもしれませんがー。
(山嵐のラーメン食べる人なら、この程度はそれほど重くないだろうけど)

 とりあえず、店頭に並んでいるうちに、もう何回か買って食べてみたいなぁと思います。

 あ、山嵐の実店舗にあるまぜそば(ジャンクヌードル)は食べたことないので、そっちとの味の比較は出来ません。
2008/11/25 (Tue) 21:06 | グルメ | コメントする(0) | Trackback(0)
 東苗穂にある、つけめん屋さん「Shin」に行って来ました。
 このお店は、東京にある有名なつけめん店、「六厘舎」で働いていた方が出したお店なのだそうで。
 六厘舎! それは期待できます。何故なら六厘舎のつけめんは、よく「おとりよせ」で買って食べているんですね。とても美味しいのよ。そこの味を期待していいのなら、しかも冷凍おとりよせじゃなくて実際にお店で食べるんだから、きっと美味しいはず。これは期待大!

 というわけで、わくわくしながら東苗穂まで足を伸ばしました。
 今まで行った事が無かった理由は簡単で、ひとえに行きにくい場所にあったから。車さえあれば、行きやすいんですけどねー。お店への公共交通機関はバスくらいなので、そこが面倒で億劫で。車に乗せてもらう機会があったので、ここぞとばかりに寄って貰いました(笑)

 メニューは、つけめんとあつもりが別々に掲示されてました。札幌のお店では「つけめん」だけになっていて、暖かい麺がいいときは「つけめん、あつもりにできます?」って1度確認してから頼むのがデフォルトだったので、ちょっと嬉しいかも。
 麺の量も「デフォルトで300gありますけど、どうします?」とか聞いてくれて丁寧。これは札幌ではまだ、つけめんが一般化していないせいかな? 何も知らない人が300gの麺を出されたら、ちょっと面食らうものね~。

 実際、オーダーした後で入ってきたお客さん3組くらい、みんな「つけめんとあつもりの違いってなんですか?」って聞いてたし、最近つけめんのお店が増えたとは思うんだけど、まだまだ札幌では、つけめん文化が定着したとはいえない感じのようですね。

 あと、メニューがつけめんとあつもりの2つに分かれているからなのか、あつもり限定のトッピングなんかも用意されていて面白かったです。でも、今回は最初なので、ぐっと堪えて普通のあつもりを注文です。寒い季節は、あつもりの方が冷えなくていいんですよね~。ちょっと寒かったので、こっちにしてみました。

つけめんshin あつもり 待つことしばし。運ばれてきたのがこちら。見事な太麺と、海苔の上に魚粉が山盛りのスープ。
 いいですね、いいですね~。私がイメージする、つけめんそのものです。
 麺はもちもち。ほど良い弾力でとても美味しいです。そしてスープはこってこて。魚粉を混ぜつつ食べると美味しいこと美味しいこと。たまりません。
 スープには具も十分に入ってて、食べ応えありました。
 麺の量は、これでも標準なんですけど、やっぱりボリュームありますね。ちょっと大変でした。でもついつい食が進んでしまうのが、つけめんの怖いところです。
 わしわしっと食べて、一息ついたらスープ割を貰います。
 このスープ割りがまた素敵で、大変美味しゅうございました。スープ自体も美味しいし、あと、どうも割る時に原液か何か加えてくれたみたいで、味自体もしっかりしていて。
 そして、あったかほっかほかで体が温まること温まること。ここまで熱くなるのなら、あつもりじゃなくて普通のつけめんでも良かったかも!
 あつもり、暖かいけど味がわかりにくくなるから、美味しさをたっぷり楽しむには普通のつけめんの方がいいんですよね~。次に行く時は、ぜひつけめんでオーダーしてみよう。

 ちょっと交通の便が悪くて行きにくいけど、こう美味しいつけめんが食べられるなら、ちょっと苦労しても行く甲斐があるかもしれませんね。
 詳しい交通手段を調べて、今度また、頑張って足を伸ばしてみたいと思います。

DATE:
「つけめんShin」
 札幌市東区東苗穂3条1丁目3-45コスモロイヤル東苗穂A棟
 11時~15時 17時~20時(スープ切れ次第終了)
 月曜定休
(※私が行ったのは「祝日の月曜日」で開いてました。祝日なら月曜でも営業しているのかも?)
2008/11/25 (Tue) 01:18 | グルメ | コメントする(0) | Trackback(0)
 1度行ってみたいと思っていた、北区太平にある「豚そばFuji屋」に行ってきました。
 昔「つけめんが美味しい!」って聞いた事があって、食べに行ってみたいと思っていたのですが、どうにもこうにも遠くって。なかなか行く機会が無かったんですよね。
 札幌市内といってもJRでしか行けない(JR圏外に住んでます)し、車は持ってないし。
 これは行く機会なさそうだなぁと思っていたら、たまたま車でこっち方面に行ける機会があったので、思いきって乗せて貰いました。

豚そばFuji屋 つけめん 頼んだのは、つけめん。つけめんというと、どうも太麺というイメージがあるのですが、こちらのお店は細めの印象がありましたね。
 細いというより、普通のラーメンくらいの麺、というのが正しいかもしれません。
 味の方も、こってり系ではなく、どちらかというとあっさりしている感じです。食べやすいですね。で、普通に美味しいです。
 私は魚粉たっぷりのパンチ効いてる感じのが好きなので、普段好むラーメンとは違うタイプでしたけど、美味しい物は美味しいのです。麺は普通盛りでも、それなりの量があったんですが、あっという間にぺろりと(笑)

 スープ割りをお願いすると、小さめの容器でスープだけがやってきました。ええと、醤油差しみたいな感じで、自分で好きな濃さに調整するような感じです。
 ちょっと難点をあげるなら、スープがあんまり熱くなかったことかなぁ。スープ割りをすると、温まっていい具合になる事が多いと思うんですが、ここは心持ちおおめにスープ割りを注いでみても暖かくならない。寒い季節だから、というのもあるんでしょうけど、これはちょっと残念。スープがぬるくなりやすいつけめんだからこそ、スープ割りくらい暖かいのを楽しみたいんですけどね。

 でも、良いお店だと思います。美味しかったです。
 難点はもう、遠くて行きにくいことだけですね。札幌駅からJRに乗って、学園都市せんで太平駅まで移動して、そこから徒歩10分だそうな。正直、太平に他に用事なんて無いので、ラーメンの為だけにJRにまで載って出かけられるかとすると……うーん。そこまでするのは、ちょっときっついかなぁ。
 美味しかったので、また何かの機会で行けそうなら、行ってみたいとは思うんですけどね。

DATE:
「豚そばFuji屋」
 札幌北区太平4条3丁目3-3 ノースリバービル1階
 11時~15時、17時~20時
 火曜定休
2008/11/24 (Mon) 01:05 | グルメ | コメントする(0) | Trackback(0)
 口内炎が痛いです。

 いや、何だか急に4つも口内炎ができちゃって。場所はバラバラだし、しかも1つは舌の付け根。とにかく痛くて、ご飯を食べるのでさえ痛くて涙が出るくらい。
 一口目で涙が出るご飯って……いやー、すごいですよ。
 こんな調子なので、喋っても痛いし水を飲んでも痛いし。歯磨きするにも、歯磨き粉がしみるし、水もしみるし、下の付け根が痛いので、水を吐いたりする動作で激痛が走って、また涙が出るという……。

 こんな有様で、あまりに酷いので、歯医者に行ってアフタゾロンを貰ってきました。

 口内炎の原因には「噛んだ」とか「火傷した」とかいろいろあるんですが、一番多いのは栄養不足。ということは、しっかり栄養補給しなければいけないんですが、これだけ痛いとご飯食べれないので栄養どころの話ではないわけで。
 とりあえず、ビタミン剤を飲んでみてはみましたが、そもそも根本的にご飯をロクに食べられない状態なので、まずはご飯を食べられる状態まで治さないと話になりません(汗)
 
 そこで役に立つのがアフタゾロン。
 患部に塗る薬なんですが、これがね~、とても効くのですよ。
 3日間、ひーひー涙目になりながら過ごしていた口内炎が、わずか一晩で半分の大きさになりました。すげぇ。アフタゾロンすげー。
 チョコラBB飲むといいとか、よく聞くんですが、水を飲むだけで涙目になるような状況では、とにかく早く患部を何とかしたいわけで。そういう意味では、やっぱり直接患部につける薬はすごいですね。アフタゾロンの効果は劇的でした。
 ああ、3日も苦しむ前にアフタゾロンが欲しかった。週末だったから(←歯医者やってない)仕方ないんですけど、でも月曜日まで酷い目にあいました……。

 とりあえず、今回のチューブの残りは、大切に保管しておきたいと思います。
 これ、また口内炎に苦しんだ時に即効で使おう。

 ……ちなみに、状態が落ち着いてから調べてみたら、アフタゾロンって処方薬(お医者さんの処方箋が無いと使えない薬)じゃなくって、普通に市販されていて、店頭で手に入る薬なんですねっ。
 知ってたら、週末ドラッグストア回ってアフタゾロン探したのに~……と、ちょっと切ない気分になりました。


 口内炎に 歯科用アフタゾロン(口腔粘膜用剤) 5g

2008/11/19 (Wed) 22:14 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 ドクターシーラボの 「アクアインダーム ディーエヌエッセンス」という商品のサンプルモニターに応募してみたら、当選したので、その感想を。

 アクアインダームは美容液なのですが、「普段使っている化粧品の浸透を手助けする」という「導入美容液」の一種なのだそうです。
 padomは肌が弱い上に、思いっきり乾燥肌なので、乾燥解消になればいいなーと応募してみたわけです。

 美容液というと、化粧水と乳液の間につける物というイメージがあるんですが、こういう商品なので一番最初に顔に載せるのだそうで。
 普段は保湿とか美白とかの美容液しか使わないので、ちょっとカルチャーショックを受けつつ試してみました。

 順番は、洗顔→アクアインダーム→普段の化粧水と乳液。
 アクアインダームを手に取ると、結構とろーっとしたジェル状ですね。顔全体に塗るらしいので伸ばし伸ばし。いきなり、こんなこてーっとしてるんじゃ、そもそも美容液が浸透しないんじゃ……と思ったら、意外や意外。
 化粧水を載せると、すーっと浸透するんですね、これが。
 とろっとした形状が逆に化粧水と肌を密着させてるんでしょうか。
 この日、乳液の後にクリームやオイルをつけずに様子を見たんですが、肌がカサカサにならなかったので、まだ2重に驚き。
 これ1つ増やしただけで、カサつきが気にならなくなったという事は、乾燥対策には、かなり効果があったようです。

アクアインダーム ちなみに、使ったのがこれ。左がアクアインダームで、右がいつも使っている資生堂の化粧水。
 アクアインダームは、10mlのミニボトル。蓋がスポイトになっていて、小さいけど使いやすい感じのボトルでした。
 資生堂の化粧水は感触がしっとりしてて、刺激が無くて、あとボトルがプッシュ式で使いやすいので好きです(笑)

 サンプル、もう1週間近く使っているのですが、結構量があってまだしばらく試せそうなので、このまま無くなるまで、もうしばらく使い続けてみるつもりです。
 製品の方も50mlで5500円なら、それほど高くないからなー。このまま乾燥に効果があるようなら、クリーム使うのをやめて、こっちに切り替えてみようかなーと思ってます。

 商品サイトはこちら。
 赤から導入 アクアインダーム

2008/11/16 (Sun) 21:14 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 映画「ハッピーフライト」見てきました。
 「ウォーターボーイズ」と「スウィングガールズ」が好きなので、同じ矢口監督作品ということで期待しつつ、映画としては久しぶりの公開初日の鑑賞になりました。

 うん、面白かったですよ~。

 飛行機を舞台にした、航空会社の人々の映画なのですが、冒頭がまず「安全の為にビデオを上映します」で、シートベルトがどーの、酸素マスクがどうの、救命胴衣と脱出がどーの……という飛行機おなじみのビデオっぽいのを見せられて(笑)そこからストーリー開始。

 基本コメディタッチなのですが、引き締める所は、きちんと「きりりっ」と締めてキメてくれるので、メリハリ効いてていい具合でした。
 この映画、伏線の出し方が上手いので、あとあと「ああ、あのシーンはこれの布石だったのか」って場所がいくつもあって、そういうのもまたいい感じですね。

 あと、大人が格好いい・職人が格好いい……って映画になっているのが、個人的に高ポイント。
 題材が題材なので当然といえば当然なのですが、ベテラン勢の演技が格好いいこと格好いいこと。「この道のスペシャリストの意地を見よ!」ってシーンも散りばめてあって、とても良かったです。
 役者さん達は皆、本物の制服を着用+実際にその仕事の研修を受けて撮影したそうなのですが、すごいですね~。みんな「ああ、本当にこういう人いそう」って感じに見えました。
 なんだかバックヤードツアーみたいな雰囲気もあって、裏舞台を覗いているような感覚も楽しかったです。

 ウリになっている「本物の飛行機で撮影しました」は、「へー、本物のこういうところって、こうなってるんだ~」とは思いましたけど、本物のリアルさに感動するとか、そういう事はあんまり無かったですね。そういうところに、私個人はあまりそこまで拘りが無いからでしょうか。
 飛行機の外観(空飛んでるところ)がCGっぽく見えなくて凄いとは思ったけど、こっちはパンフレットによると、模型を使った特撮シーンなのだそうで。そうか、特撮かー。そりゃあCG臭くないはずだ(笑)CG特有の嘘臭さが大嫌いなので、そういう意味で、とてもよかったです。まあ、いろいろ合成とかはされてるみたいなんですが、あんまりそういう感じを意識しないで見れました。

 この映画は、多分、飛行機に乗っていれば乗っているほど(慣れているほど?)、面白いと感じる映画だと思います。
 乗っていない人でも楽しめるとは思うけど、乗ってる人の方がニヤリとできるというか。いや、でも、乗ってない人が見たら、また新鮮な面白さがあるのかな? だとしたら、人それぞれに「その人だけの面白さ」があっていいかも。最近、どうも飛行機慣れしてしまっているので、どうもそっちの視点になれなかったので、本当はどうなのかは未知数なのですがー。

 あ、あと、パンフレットは600円で内容盛り沢山、かつデザインが凝っていて面白かったので、できればそっちも一緒に買うといいんじゃないでしょうか。帰宅した後でじっくり読むのがいいかと。
 個人的には映画館で無料配布されていた、「ハッピーフライト トラベルマニュアル」という小冊子型のチラシもよかったです。どうも公開前の宣伝用に置かれていた物のようなのですが、当日映画館で手に取って、上映までの時間つぶしに座席で読んでいたら、上映前に簡単な流れとか登場人物とか「航空業界の豆知識」みたいなのとかが載ってて、映画を楽しむのに凄く良かったです。無料なので、映画館においてあったら上映前に読んでみるのをオススメです。

●ハッピーフライト公式サイト
http://www.happyflight.jp/index.html
2008/11/15 (Sat) 21:18 | 映画 | コメントする(0) | Trackback(0)
 久しぶりに山嵐に行ってきました。

 いやー、すごい。
 混み方は一時的なものではなく、すっかり日常的なものになってしまいましたね。
 全国放送のテレビ番組で紹介されるわ、サンクス販売のカップラーメンになるわ。人気が一段落するところか、人気は高まる一方で落ち着く気配がありません。

 混んでいるのは嫌なのですが、そろそろ無性に山嵐のラーメンが食べたくなってきたので、思い切っていってきました。うちの会社は「混みそうだから開店に合わせて早めに昼休みをプリーズ!」って言うと「OK!」って帰ってくる物分りのいい会社なので(笑)昼の開店時刻に合わせていってきました。

 というわけで、てくてく歩いて山嵐。
 環状通を歩いていったら、なんか途中から既に車が見えます。
 しかも車道脇に止まってる。

 え、まだ11時15分なんですけど、もしかして、もう駐車場いっぱいなの!?

 危機感を抱きつつ近付いたら、先に来た車が入れているのを待っているだけのようでした。
 ほっ。
 でも、もう既に4台くらい停まってます。みんな来るの早いよ。
 肝心な列の方は、最初の1人目が並び始めた瞬間でした。
 ……ということは、この車って店員の分も入っていたりするのかな? なんて思いつつ、これなら大丈夫そうだと、その後ろについて4番目でした。

 でもね。
 えーと。
 椅子があるので、そこに座って振り返ると、もう後ろに5・6人くらいいました。
 ……なに? なにこの大行列。なんというタイミングの差ですかっ。あと1分遅かったら10人以上並んでる列の最後尾だったってことですかっ。

 すげー。山嵐すげー。

 とりあえず開店まで15分あるので、さて待つかーと思ったら、5分位してのぼりを持った店員さんが。
 のぼり立てたら、そのままのれんを持ってきて、まさかの10分前開店でした。
 とりあえずカウンター席について、「え、今って店員5人もいるの?」とか驚きつつ、ねぎだくの白を注文。この時点で全員席についた上で、空き待ちが2組4人。

 ……まだ10分前だよね……?

 あの山嵐が、ここまで行列店になったのかと思うと、ちょっと感慨深いですね。
 だってさー、昔よく行ってた頃は、店に入ったら客が誰もいなくて、出てくるまで新しい客が誰も来ないとか、よくあったもんねー。「美味しいのになんでだろーねー」と思ったものです。
 ここまで世間に評価されると、本気でそろそろ食べに行くの大変なので、もうちょっと人気落ちて欲しいんですがっ!(笑)

山嵐@ねぎだく で、まあ、10分ほど待ってラーメン到着。最初の5人まで一気に出てきました。今は一度に調理できるのが5人までなのかな?
 味は、昔と変わりありませんでした。ネギの量も同じくらいかな? ネギたっぷりで食べ応えのある感じでした。うまうま。
 個人的には紅しょうがとガーリックパウダーを加えて食べるのが好きです。やりすぎると、昼から口がニンニク臭で大変なことになりますが(笑)
 食べ進めて「おや?」と思ったのがチャーシュー。前と違って刻みチャーシューになったんですね? これはこれで食べやすいので私は好きなのですが、意外なところが変化してて、ちょっと驚きました。

 開店直後に入って、第1陣で食べると、流石に早くていいですね。
 周りの男の人がさくさく食べ終わって出て行く中、1人トロかったことはトロかったのですが、それでも11時45分くらいにはお店を出てました。
 今度から山嵐は、この方法で食べに行こう。

 そうそう、この日たまたまだったのかもしれませんでしたが、店内みんな男の人ばかりでした。それもスーツ姿が8割(あとはおじいさんと観光客っぽい人)。
 驚くところは、観光客がいたって事ですかね!
 あと、人気店になっても、やっぱり山嵐に来るのは男の人が多いんですね。スーツ増えたのは有名になったからというより、駐車場が増えて営業職の人とか、仕事の途中で立ち寄る人が増えたからのように思いますけど。

 お店を出る頃には、列は店内に6人くらい・店の表に6人くらい、って感じでした。
 12時になれば、もっと増えるんでしょうね~。

DATE
「山嵐」
 北海道札幌市豊平区平岸1条9丁目6-1
 11:30~15:00 17:00~22:00
2008/11/14 (Fri) 01:47 | グルメ | コメントする(0) | Trackback(0)
 ……とか、考え中だったりします。
 考え中というか、考える為にいろいろと情報収集したら、結構本気で「買おうかな?」って気分になっているというか。

 といっても、買い替えではなく、サブ機を購入するかどうかの検討中です。
 いわゆる「Netbook」や「ミニノート」「UMPC(ウルトラモバイルPC)」などと呼ばれる、小さなサイズの携帯用パソコンが欲しいんですね~。
 どうしても仕事の都合上、パソコンを手放せないので、旅行の時とかに使いたいわけです。

 今のパソコンはノートパソコンなので、それを持ち歩いているんだけど、いかんせん重たいしサイズも大きいから場所を取るわけです。
 肩下げタイプのビジネスバッグに入れて持ち歩こうとすると、重くて肩や腕が痛くなって大変なので、いつもキャリーバッグに入れているのですが、そうなると今度は今度で必ず手荷物として機内持ち込みしないといけない(パソコンは預かってくれない)ので、大変なわけで。

 ちなみに、今のノートパソコンは12型で、本体の重さ約2キロ+電源コード。
 2.5キロあるパソコン一式が、1キロくらいのミニノートに変わって、しかもサイズ半分になったら、そりゃもう便利に違いありません。

 というわけで、年末にまた東京旅行の予定なので、それに合わせて買ってみようかなー? というのが今の状況。
 せっかくいろいろと調べてみたので、ブログの記事にまとめておいてみようかと。

●ミニノートのメリット・デメリット
 小さい事と、軽い事。
 旅行なので荷物を厳選したい&女の子としては軽い方が嬉しい、という2つのメ理由で、もう私としてはこの2つだけでも十分なメリットだったりします。
 付け加えるなら「今よりも、もっと気軽に遠出できること」かな。持ち運びやすいパソコンがあるなら、仕事を気にしないで、もっと出かけられますもん。
 ただ、もちろんデメリットもあって、「キーボードが小さい」(仕事で使うので、文字を打ちにくいのは不便)、「性能が低い」(旅先だからといって、パソコンの動作が重たいと不愉快だし、そもそも使い物にならなければ意味が無い)、あとなんといっても「その為だけに買うにしてはちょっと高い(笑)」などなど。
 画面が小さい、解像度が低い、音に期待できないとかもあるんですが、私自身はそこはあんまり気にしてません。スクロールすればいいし、仕事に解像度なんて必要ないし。

●どんなミニノートが欲しいか?
 というわけで、叶うかどうかは別にして、こんなのが欲しいという条件を整理。
(1)重さが1kg程度であること
 できれば1kg以下の機種がいい。本体だけで1.5kgを越えるのはダメ。
(2)OSがXPであること
 ミニノート程度のスペックではVista絶対まともに動かないから。あとXPに慣れてるから。
(3)キーボードが打ちやすい
 小さくても軽くても、キーボードが使い物にならなければダメ。
(4)最新機種であること
 これは「性能のいいPCが欲しい」から来てる希望ね。
(5)デザインがいい
 黒以外の色がいいな、くらいで高望みしない(笑)

●それを満たすミニノートはあるか?
 ざくざくと調べてみました。
 まず、最新機種のミニノートのCPUは、インテルの「Atom N270(1.6GHz)」が主流のようです。この1世代前の機種になると、これが一気に1Gを切って500~600MHz程度に落ちてしまいます。半分以下じゃん。
 CPUは数字がでかい方が高性能(基本的には)。そしてパソコンはCPUの性能が一番重要です(……たぶん)。なので、これは間違いなく「Atom N270」を積んでる機種を選ぶべきだと判断。

 メモリは1Gくらい積んでる機種が多いようですね。わ、私の今のパソコン512MBなんですけどっ。
 昔の機種や価格最優先の機種だと512Mの機種もあります。でも多い方がいいよねーということで、できれば1Gの機種のがよさげです。私の個人的な感覚だと、今512MBで不便してないけど、CPUの性能が低い以上、その分メモリ強化して損は無いはず。

 OSは、大半がXPでした。工人舎のミニノートにVista、DELLにLinuxの機種があるくらい。これなら他の条件でを優先しても大丈夫そうです。

 次にデータ容量。ミニノートは大きく分けて2タイプあって、
・SSDで容量が少ない(12GBから16GBくらい)
・HDDで容量が多い(100GB以上)
 という2つのタイプがあります。
 ここで、まず私が引っかかったのは「SSDってなに?」でした。
 調べたところ、これは「フラッシュメモリ」のようですね。フラッシュメモリ=USBメモリという図式が頭にあったんですけど、フラッシュメモリってUSB限定の物ではなかったのね。このフラッシュメモリをハードディスクのように認識させたドライブが、SSDだそうです。
 特徴をまとめると、
・SSD
 アクセスが素早い。このアクセスにはOS関連も影響するので、より快適性が高いはず。個人的なことを言えば「入力した文字の変換が早い」だけでもプラスですね。また、衝撃に強い(特に電源を入れている間の移動に強い)ので、携帯前提のパソコンとしては嬉しいですね。
 デメリットは、容量が少ないこと。これはマイクロソフトの規定によって、XPを載せたミニノートには16GBまでしか積めない事になってるから。既製品では16GBが限界のようです。
・HDD
 現在、日本国内のパソコンの大半がこれ。よく使われている技術ゆえの安心感はあるかも。で、なんといっても容量が多い!HDDの機種である場合は、各社100GB以上積むようです。
 SSDに比べると脆いようですが、今の主流ノートはHDDだし、私のノートも結構派手に持ち歩いてるけど(精密機器とは思えない手荒さ、というのも含めて/汗)、一度もクラッシュしてませんから。昔のデスクトップに比べれば十分頑丈だし、別に心配いらないレベルでは?というのが個人的な印象。まあ、毎日持ち歩くならば、もうちょっと影響が大きいのかもしれませんね。

 個人的にはSSDに魅力を感じるけれど、容量的に大丈夫かな?という感じ。
 ……というわけで、今のパソコンの使用量を確認してみた。
 18.1GB。
 ……えーと、16GBとかあれば、全然余裕で大丈夫そうな予感(笑)。12GBとかの機種だと辛いかもしれませんけど、まあ、サブ機だからそんなに使わないと思うからなぁ。容量関係は優先順位を落としてしまっても大丈夫そうです。

 キーボードに関しては、最近の新しい機種は「キーの打ちやすさ」を謳っている機種が結構あるようです。小型化重視から機能重視にスライドしつつある時期なのかもしれません(パッと見の印象)。やや大きくなったものの便利さアップ、というのは魅力かも。それでも重さは1kg程度のようなので。サイズよりも重さ優先なので、軽ければ問題なさげです。

 デザインに関しては、黒一色しかないメーカー、黒白二種類のメーカー、デザインに凝ってて女の子向けカラーがあるメーカーまで様々のようです。ただ、やっぱり「白くらいはあるけど、そこまで」くらいが多いみたいですね。
 あと、あまりスタイリッシュな感じのものは多くありません。別に凝ってなくていいんですよ。たとえば今のパソコン、ロゴとか一切無いシルバー1色の超シンプルな外装で気に入ってるし。でも大抵「シンプルなデザインにロゴばーん!」って感じなのが……む~ん。

●ここまでのまとめ
 まずは、「CPUがAtom N270」で「メモリ1G」で「XP」の機種……で絞るのが良さそうですね。
 ここから他のスペックを比較して、今が買いかどうか考える事になりそうです。
 優先順位は、重さ・キーボードの使い勝手>デザイン・データ容量>その他、とかになりそう。

 ひとまず、今日はここまで。
2008/11/13 (Thu) 00:56 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 タイトルに偽りあり。もう11月だから今月違う!
 ……と思ったけど、10月分のアニメこれで書いちゃったから、こっちもこれでいーや。

 というわけで、この1か月くらいで見たドラマの感想を、だばーっと。

●ケータイ捜査官7
 水曜日19時からの特撮30分ドラマ。
 9月に山場を通り過ぎた後は、派手派手展開から離れた話が続いてますね。
 セブンさん好きな私としては、シリアスからちょっと離れたこういうコミカル系な話のほうが、セブンさんの面白い姿が見れるので、これはこれで好き。
 でも、ゼロワンが出てきて仲良し~なシーンを見ていると、どうしても、「9月のスペシャルのヒキはどこにいった!」と釈然としない気分になるんですよね。
 ゼロワンも可愛いからいいんだけど。
 良いんだけどさ~。
 でも、「敵はアンカーの中にいる」の真相は!真相はまだなのっ?(じたばた)


●相棒
 水曜21時から。
 相変わらず、初回スペシャルの大事件ぶりは凄いですね~。
 というわけで相棒は2話目以降からが本編だと思っています(笑)地味な感じの、でも一癖も二癖もある事件に2人が挑む……という構図が好きなので。
 いまんとこ、やはりまだ着地点は見えませんね。亀山退場が決まっているので、そこら辺がとても楽しみなのですが~。


●親孝行プレイ
 水曜23時55分から(ただし北海道の放送時刻)。
 http://oya-koukou.jp/
 この記事書く為に放送時間を調べて、はじめてこれが全国一斉放送じゃないことを知りました。なんという深夜ローカルドラマ。ネット局めちゃくちゃ少ないじゃーないですかっ。
 で、これはいい演劇ドラマ。セットが1つあって、その中で3人兄弟のコントかのような「親孝行にちなんだドラマ」を30分見るという感じ。ええと、あれですね。昔フジでやってた「HR」に雰囲気は似てるかも(あれみたいにノーカット撮影ではないけど)。
 3人兄弟どれもいいキャラしていて、見ていてニヤニヤできる感じです。んで、作中には登場しないけど、存在だけ語られている「オカン」がまた、いいキャラしてるんですよね~。
 30分ドラマというのも、手軽で見やすくていい感じ。水曜日は、どうでしょうの再放送を見た後これ、というのが寝る前の定番ルートになってます。


●流星の絆
 金曜22時から。
 暗そうな感じで予告がツボだったので、第1話を期待しながら見てみたら、イメージよりもずっとコミカルな内容でびっくりしました。両親を殺されていても、人間対して変わらないものだっていう演出で、とてもよいと思ってます。
 どうにも見る前にはバッドエンド感が漂っていたんですが、もしかするとそういう訳じゃない?
 それとも、後半はどっぷりダークになっていくのかな。
 2話目以降は飛び飛びでしか見て無いので、細かい複線は見落としているかもしれないけど、ちょっと先が楽しみな作品です。
 原作読もうかなぁ。


●サラリーマン金太郎
 金曜23時15分。いわゆる金曜ナイトドラマ枠。
 とりあえず見てみましたが、原作からしてあまり趣味じゃないので、イマイチに感じてしまうのは仕方ないのかも。あと、どうしても「特命係長 只野仁」の方がイメージされて比較してしまうのもマイナスなのかもしれません。
 というわけで2話目以降パス。金曜ナイトドラマなのに全然見なくなるのは珍しいな。


●ブラッディ・マンデイ
 土曜19時58分(だったかな?)。
 ミステリアスなドラマです。細菌テロを防ぐのだ!というストーリーラインは面白いし、演出(と、脇の俳優陣)が良くて、毎回ハラハラさせられます。緊迫感すばらしい。
 ただ、詰めが甘いシーンが多いというかなんというか。一番目につくのは、天才凄腕ハッカーさんはパソコンそんなに抜けた扱い方(←セキュリティ的な意味ね)しないだろう、ってところかな。他にも気になるところがいくつかあって、そういうシーンがあると、ちょっと興醒め。
 でも、このマイナスを補うくらいに演出がいいのだよ演出が。脇の俳優陣の凄さも一役買ってるんでしょうねぇ。そんな感じで、なんだかんだで毎週見逃せないドラマになってます。


●ROOM OF KING
 土曜23時10分。
 今期一番のお気に入りドラマ。
 ただっぴろい豪華なマンションでルームシェア。さて、この中で「キング」になるのはだーれだ?
 ……というストーリーがあるものの、入居者はキング目指して争うわけでもなんでもなく、この不思議環境で出会った、何もかもがバラバラな面々が仲良くルームシェアしていくという人間ドラマになってます。
 もうちょっと泥沼の争いとか、ちょっと想像してたのに、そういう要素0で拍子抜け。
 でも、そういうドラマだと思ってみたら、同居人同士の日常の風景とか、じわじわ効いてきていい感じ。わりとコミカルな内容なのも手伝って、1週間の最後にいろいろと抜けていく感じもします。
 楽しいです。あー、でも続きが気になるなぁ。このまま本当に同居人同士の戦いには発展しないのか?とか、だとしたら、どこにどういう着地の仕方をするのかな?とか。


●炎神戦隊ゴーオンジャー
 日曜朝7時30分の特撮戦隊ヒーロー。
 ダメ、ではないと思うんだけど、私の中では去年のゲキレンジャーの株の方が高いので、どうにもイマイチ感が漂ってしまいます。敵キャラが、異形(着ぐるみ)ってのが感情移入を邪魔してるのかなぁ。あとは、仲間(特に、主人公達が乗り込むメカの種類)が多すぎるのもよくないのかも。どうしても、広く浅くであんまりどっぷり浸かれないというか……。
 それでも、まあ、毎週見るんですけどね。おおむね時代を追いかける為に。


●仮面ライダーキバ
 日曜朝8時の特撮、もとい昼メロ泥沼30分ドラマ。
 ……という言葉がぴったり似合うくらい、最近のキバはかなりダメです。ただのドラマならばともかく、これ子供向けの朝の特撮番組よ? 「主人公とヒロインが敵同士」くらいはまだしも、「ヒロインには婚約者がいて、その婚約者は主人公の親友」みたいな昼メロ泥沼三角関係を誰が望むというのか。
 しかも、どうやらこの三角関係がメインストーリーらしくて、毎週毎週この三角関係の事ばっか……ど、どうしてくれようこの作品。
 過去と現在のシーンをザッピングする手法は嫌いじゃないけど、結局やりたいのが「過去(父親)が2人の女性の間をフラフラしているところ」で「主人公は浮気の結果できた子供らしい」で、「その子供も現在泥沼の三角関係の渦中」……みたいな展開とは!もうね!
 一応は見てるけど、これ、もう良くなる見込み無いような気がしています……。


●篤姫
 日曜午後8時から。今年のドラマティック大河ドラマ。
 何もかもいちいちありえないくらいドラマティック。昔、同じ題材で「大奥」というドラマがありましたが、あれと似たようなもんです。でもこっち大河ドラマ。
 斬新なのは、きっとBGMですね。どこからどう聞いても時代劇じゃない。そしてドラマティック。このドラマティックな曲が盛り上がりにあわせて流れてくるので、ドラマティック大河ドラマになってるんでしょーね。
 ま、大河ドラマを語れるほど大河ドラマ知らないのでアレですが、私個人としては、ドラマとしてみるなら非常に面白いと思ってます。なんたってドラマティック。ストーリーだけなら地味に感じる回でも、ちゃんとドラマティックなシーンが作られているのは見事なものですね。つい、毎週欠かさずに見てしまいます。
 俳優陣も割としっかり演技上手な人が多いのもポイントかな。宮崎あおいちゃんは昔から演技派だし、瑛太さんも芝居上手。このメイン2人が手堅いのだから、そりゃ安定するというものです。
 大河ドラマは10月11月は一気にクライマックスなので、ここからまた楽しくなりそうですね。最終回まで欠かさず見るつもりです。


 というわけで、最近見ているドラマだばーっと。
 なんと全部で10本もあります。アニメより多い……。しかも、いわゆる月9とか火9とか木10とかの定番枠が一切無いのにこの本数。
 あ、いわゆる定番枠はあまりそそられなかったのと、第1話をことごとく見逃したので全面的にパスしました。でも、マニアックなドラマばかり見てるけど、それがおおむねヒットしているので問題なし。
 特撮は、セブンがとびきり面白いものの、他2つがダメな感じ。朝の定番の特撮番組だというのに、この低調感は寂しい……仕方ないのかな……。

 個人的なオススメ度は、ケータイ捜査官7>篤姫>ROOM OF KING>親孝行プレイ、かな。後ろ2つは趣味にもよるかもね。時点はブラッディ・マンデイ。こっちはシリアス駄目な人には見るの苦痛かも。

 今月(11月)は、篤姫をはじめドラマがみんなクライマックスに差し掛かるので、その辺りもいろいろ楽しみにしてみたいです。くう、先が気になるー!
2008/11/06 (Thu) 23:12 | テレビ | コメントする(2) | Trackback(0)
 秋からは折角なので、見たテレビ感想をだばーっと書いてみようかと思っていたんです。

 思っていたのですが、気付いたら新番組開始から1ヶ月が過ぎ去っていました(遠い目)。
 なので、最初私の中では「今週の感想」くらいでまとめるつもりだったものを、いろいろ開き直って「今月の感想」くらいで、まとめてみたいと思います(笑)

 というわけで、10月に見たテレビ番組の感想アニメ編。
 放送開始前にチェックしていた番組は、このあたりの記事をどうぞ。
 なお、文中に出てくる放送日程(曜日や時間)は、私が住んでいる北海道準拠ですので、その辺よろしくお願いしますー。


●とらドラ!
 http://www.starchild.co.jp/special/toradora/
 北海道で放送されるアニメということでチェック。原作ライトノベル。
 どたばたラブコメというジャンルは古いんですが「主人公2人は、お互いに互いの親友が好き」という設定は、割と珍しいかもしれませんね。あんまり聞かないような。
 見たのは第1話だけなんですけど(いつも月曜日のアニメは存在を忘れてしまうので……)、ちょっとヒロイン大河の設定がぶっ飛びすぎかなぁ。
 お金持ちの孤独なお嬢様、で、凶悪ちびすけ。お嬢様の癖に主人公の家に侵入して暗殺しようとするとか、娯楽としてみるなら面白いんだけど、どうにもリアリティが無いので、ちょっとついてけないかも。つまらないわけではないんだけど。

 ただ、この作品に関しては、2話目以降ずっと「存在を忘れ去っていて見れない状態が続いている」ので、なんともかんとも。
 2~3話くらいまで見ないと、アニメってなかなか分かりませんからねー。
 中盤から一気によくなる作品とかもあるし、難しいです。

●黒執事
 月曜日の深夜2時25分。
 この時間帯にテレビを見る習慣が全く無いので、本人は寝てる上に、毎週毎週録画予約を忘れるという体たらくぶり。結局、第1話だけしか見れてません。
 雰囲気は、いいですねー。中世ヨーロッパでゴシックな感じ。執事が意味ありげに有能だったり、執事が仕えている子供当主が真っ黒だったり、嫌いではないのですが……。
 いかんせん、第1話しか見れて無いので、なんともいえません。第1話だけで言うなら、地味でいかにも「登場人物紹介!」って感じの、よくできた第1話だったように思います。
 ただしこれ、最初からファンだった人と、何かしら作品に興味がある(予備知識がある)人にはいいんだけど、まったくの新規さんには「?」ではないのですかね。
 新しいファンを呼ぶには、第1話として弱いというか。嫌いじゃないですけど、こういうの。

●スキップビート
 火曜深夜2時。
 これ、とても面白かったです。ああなるほど、料亭でお世話になってた娘さんだから、料理が上手ってことなんですねー。(←前の記事のパティシエうんぬん)
 主人公が芸能界入りする動機が「復讐」ってのは、少女漫画では最近割とメジャーどころですね。なるほど、これもそういう作品だったのかー。
 コミカルシーン多めで、でもちゃんと押さえる所は押さえるという感じになってました。一昔前ならば夕方6時に放送してた作風ですよね、これ。今の時代だと、こういうのでも深夜アニメになってしまうのかー。ちょっと勿体無いですね。
 いや、なんていうか「先のストーリーが気になって仕方ないので、放送前の誓いを破り捨ててコミックス一気読みしたい!」というくらいには面白かったです。
 ちなみに実際、最初の1巻分くらいが掲載されている雑誌が発売されているんですが、うん、面白いですね漫画。これ普通に今度ネカフェで全巻読んでこよう。

●ヴァンパイア騎士
 火曜深夜2時30分。
 良くも悪くも地味で堅実。前シリーズの続きだけあって、雰囲気もノリも以前と変わってません。
 テンションがイマイチ低いのは、ストーリー既に知っているのと、まだ展開が地味だからでしょうね。もうちょっとすると派手派手になるはずなので、そこら辺が楽しみです。

●純情ロマンチカ2
 木曜深夜2時30分。
 えーと、なんていうか、突っ走ってますね。
 前シリーズのときはまだ、多少一般人でもそれなりに入っていけた気がするのですが、今回、第1話からガンガン突っ走っているので、この話からいきなり入るのは、なかなか辛そうな感じ、が、します。
 ある意味、カップルは周りが見えなくなるとかそういう感じを表しているので、作品的には間違いではないのか? まあ、このタイトルと内容(ボーイズラブ)で、新しく見始めようと考える人はそうそういないと思うので、あんまり問題は無いのかもしれない。
 あ、作品の内容は、男同士だというのを考えなければ、割と王道の恋愛ストーリーになってますよ。2では男同士である事を躊躇しなくなったので(演出が)、そこらへんかなり生々しくなりましたけどねっ。

●今日の5の2
 金曜深夜2時。
 見てみましたが、30分ずっと「何気ない小学生の日常」を見続けるのは、私にとってはちと苦痛であることに気付かされました。
 コミックスで、ぱぱーっと、さくっと読む分にはいいんだけど、アニメで見ると冗長すぎてイマイチでした。この雰囲気は、合う人には合うんだろうけど。

●喰霊
 http://www.ga-rei.jp/top.html
 金曜深夜2時30分。
 内容を知らなかったのですが、5の2の後の新番組だったので一緒に録画してみました。そもそも、アニメであるかどうかも知らなかったのですが、タイトル的に可能性高そうだと思ったら当たりでした。
 第1話の内容は、火災が起きてそれを鎮圧に向かう……という流れだったのですが、前半の半分見たところで飽きてしまいました。地味で(汗)
 これは完全に趣味なんでしょうけど、攻殻機動隊を見れないのと同じような理由だと思います。地味なアニメ苦手なんですよ。もとい、地味な印象を受けてしまうアニメがダメ。
 なので、前半終わったところで脱落してしまったのですが、周囲から「第1話の最後がすごい」という話を耳にしたので、テープまだ残ってたらもう1回見てみようかと思ってます。

●ガンダム00
 第1話を見た感想は「前のシリーズ知らないと入っていけない感じだなぁ」でした。
 アニメ雑誌で見かけたことがある、あのイラストのキャラって死んでたのねとか、そこで登場するのが同一人物にしか見えない弟ですか!とかが、こう、「うーわー」って感じでダメでした。
 いちおう、他の話も流し見くらいで見てはいますけど、あんまり面白いって感じるシーンが無いんですよね。うーん、今回もやはし、私にはついていけないようです。

●地獄少女 三鼎
http://anime.biglobe.ne.jp/jigoku/
 ビッグローブで第1話と最新話だけ無料配信。毎週火曜0時(月曜深夜)に更新。
 謎と黒さが同居する感じが、個人的なツボにガンガンきます。たまりません。
 なんでヒロイン(?)の子と地獄少女はリンクしているの?とか、そこら辺は今後解き明かされていくんでしょうかね。
 気になるのは、「恨みのある相手を呪い殺す」というコンセプトなのに、どうにも共感できる内容ではないこと「そんなことで殺さなくても」とは思っても「そのくらい恨んでるなら殺しても仕方あるまい」と思える話が、まだ1度もありません。
 もうちょっと「恨み殺されても、やむなし」な話かと思っていたんですけど。違うんですね。できれば、そういうのを見てみたいものなのです。


 ……という感じで、ここまで新しく見たアニメの感想でした。
 全部で9本は、思ってたよりも多かったです。そうか、こんなに見てたのか(半分くらいは見逃してたりしてて見てないけど)。この他にドラマとかも見ているので……そりゃまあ、テレビいっぱい見てるなーって気分になるものですね~。

 とりあえず、今のところ自分で見てオススメな作品はスキップビートと……あれ、そのくらいかな? ダークなのが好きなら地獄少女も、って感じでしょうか。あとは、前作を見ているなら、ヴァンパイア騎士と純情ロマンチカは多分ハズレないと思います。

 さて、次は週1で感想書けるかなー。月1になるかなー。……また次の新番組の時期まで更新なし、とはならないようにしたいものです。
2008/11/06 (Thu) 00:06 | テレビ | コメントする(0) | Trackback(0)
 さて、そんなこんなで4日目。沖縄旅行も最終日。
 沖縄を発つのは午後の便なので、午前中はフリーだったのですが、どうしようか考えた末に結局、のんびり起きて荷支度して帰ることにしました。
 観光するには、半日ってちょっと中途半端だったんですよね。すこし散策して、沖縄料理のお店にはいってお昼ごはんでも食べたら終わり。ちょっと油断すると飛行機の時間が危険だというオマケつきなので、無理しないことにしました。

 空港まではリムジンバス。到着した後は、最終日じゃないと買いにくい生鮮品のたぐいをお土産用に買います。
 ええ、その。沖縄に来てすっかり気に入ってしまった、島らっきょうと海ぶどうを。
 でもねー、やっぱり空港で買うと高いです。他のところで見かけたのと比べて、かなり値が張りました。ナマモノだから、仕方ないところはあるんだけどさー。でも、余力があるなら、これは別の場所で買った方がいいですね、絶対。つかむしろ、ちょっとの鮮度は気にしないで、前の日にジャスコ(ホテルの近所に大きなジャスコがあった)で買ってしまえばよかったな。ちょい後悔。

 あと、頭から思いっきり抜け落ちていたのですが、せっかく沖縄に来たので黒糖を1袋。これは溶けるのが怖いので、まあ空港で買うのが一番安心……かも。重いけどね。

 ついでに、空港の中に何故か入っている免税店を見物してみたのですが、いやー、びっくり。化粧品とかおおむね1割くらい安くなってるじゃないですか。普段外資系の化粧品使わないので眼中に無かったけど、普通に割安ならちょっぴり買い物考えて置けばよかった。残念ながら、その場で検討するには時間不足なので断念してきましたけど。
 でも、国内旅行なのに免税店を使えるのって、すごいなぁ。

 そんなこんなで、午後の便で経由地の東京へ。さようなら沖縄……と、旅の思い出を振り返りつつ2時間半のフライトです。途中、富士山が見えたり、夕暮れに移り変わっていく空を見たり、普段は見られない景色が楽しかったです。
 東京では1時間待機。飛行機が飛び立つ頃には、外はすっかり暗くなって夜。新千歳空港への到着は20時頃で、そこから、エアポートに乗り継いでの帰還となりました。
 10月頭の沖縄は、まさに夏!という感じだったので、札幌に戻ってきたら急に秋の寒さが身に沁みた……ような気がします。

 そんなこんなで、スケジュールに多少の余裕を持ちつつ、満喫できた3泊4日でした。
 結構面白かったし、見れなかったところも色々あるので、またいつか行ってみたいものです。
2008/11/05 (Wed) 22:50 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
 3日目の午後は、国際通り方面にお出かけです。
 初日に立ち寄ったものの、結局晩ご飯を食べただけだったので、ここで改めて国際通り観光とお買い物をすることに。

 まず最初に行ったのは、第一牧志公設市場。国際通りから少し入っていった所にあります。まずは、ここでお昼ご飯。
 1階が市場で、2階が食堂になっているんですよね。1階には、豚の頭まるごと(!)とかが並んでて、見てるだけでカルチャーショックを受けそうな勢い。並んでいるものも北海道の市場とは、ぜんっぜん違います。
 食べたのは豚(アグー、と呼ぶらしい)の定食にグルクンの唐揚に島らっきょう。
 豚は塩焼きがオススメという話だったので、そうしてみたのですが、正直その、豚バラ肉との違いがあんまりわかりません。美味しかったけど、沖縄気分を楽しむのなら、もうちょっと違うメニューが良かったのかも。
 グルクンの唐揚げは「名物!」って感じで紹介されていたのですが、これが美味しい美味しい! 正直豚よりもこっちの方が断然好み。箸が進みます。
 島らっきょうは、初日の夜にも食べましたが、私かなりこれが好きみたいです。やめられない止まらない……って感じで、ぱくぱく突付いてしまいました(笑)

 満腹になったところで、お買い物開始。
 まず、行く前から見てみたかったお店、工房花時さんです。
 ここは、いわゆる「浮き球」を扱っているお店。ストラップが欲しかったのですが……。
 お店に行ってみたら、大きめサイズで中に星の砂が入っているものが!
 もちろんストラップ用じゃなくて、壁掛けとか、あと車から吊るしたりする用途の物らしいのですが、もうもうこれがツボにピンポイントヒット。ストラップだけのつもりが衝動買いしてしまいました。
 部屋に飾っていますが、は~。見るとほんのり癒されます。

 次に向かったのが塩屋。塩屋という名前のお店で、その名の通りに塩専門店。
 塩ばっかりというお店のコンセプト、あと全部の塩が試食できるというのに惹かれて行ってきました。確かに、お店に入ると塩・塩・塩だらけ! 沖縄の塩だけでもとんでもない数で、もちろん、それ以外にもいろいろな塩を取り扱っていました。
 遠慮なく、いろいろな塩を味見した結果、一番美味しいと思った「美ら海の塩」というのを買ってみました。舌触りがとてもよくて、美味しかったのですね。パッケージがイルカで、そこもちょっぴり沖縄っぽい雰囲気だったので気に入ったというのもあるんですが。値段は200gで300円、とかだったかな? お手頃でした。

 事前に目をつけていたお店はこの2つで、あとは国際通りをふらふらーっと歩きながら、適当に目についた所に入ってみる感じだったんですけど、他のところでは結局買い物しませんでしたね。まあ、そもそもがあまり旅先だからといって物を買う人間ではないので、私にしては今回の旅はいろいろ買った方だとは思うのですけど。

 この日は、夕食にアメリカーンな感じのお店に入って、お肉料理を食べて、ホテルに戻りましたとさ。
2008/11/02 (Sun) 22:37 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。