というわけで、東京@ナンジャタウン3日目。
 今度こそはアトラクションを遊び倒しますよー。
 なので、早速スタンプを集めた特典を使って、パスポートを60%引きで購入。ゲートをくぐって園内に入ります。
 もうすっかり地図を見なくても、どこに何があるのか大体わかるようになったので(そういう意味では、初心者がスタンプやるのって適切な気がする)、面白そうかなーと思った順番にアトラクションを遊びます。

 というわけで、ここからはアトラクションごとの感想です。

●幸せの青い鳥
 いろんな人と交流しつつ、「ハピル」という青い鳥を育てるアトラクション。
 食事とか病院とか、いろいろと呼びつけられるので、その度に該当する「施設」を探して飛び込んで、お世話をしてあげるイベントが発生します。これも、クリアすると少しだけ成長しますね。
 意外とせわしないというか、ひっきりなしに何かやっているので、気が付くと時間が過ぎています。制限時間が来たら終了で、今日の育成結果が出ます。データはパスポート(磁気カード)に書き込まれるので、同じカードを持ってくると、次回は続きから根治ニュー可能という仕組み。

 これがねー、よく出来てます。可愛いキャラが好きなタイプ、育成を好むタイプの人なら、楽しいんじゃないでしょうか。
 ポイントは、同じように遊んでいる来園者との交流なので、人が多い時の方がより楽しいアトラクションですね。ちなみに5月のときは平日+閉園直前ってのがあったからか他に人がほとんどいなかったんですけど、今回はみっちりと人がいたので(笑)ああ、人がいると全然違うアトラクションになるんだなー、ってのを実感しつつ遊んできました。

●ナンジャ探偵団
 園内を歩き回って、あちこちにあるチェックポイントを踏破しながら遊ぶアトラクションです。オリエンテーリングみたいな感じかな?
 ナンジャタウンに共通することですが、体験型アトラクションなので楽しいです。わくわくするといいますか、はしゃいでしまうといいますか(笑)
 遊んでいるのは子供が多かったけど、大人もそれなりには、って感じでしたね。

 プレイ終了時に別売りのカードを300円で購入するとデータを記録して継続プレイが出来ます。ここのアトラクションでは、結果に応じて「ナンジャタウンに家を買ってそこに住める」という仕組みになってます。プレイ終了後の記録カードを使って、家のデータを見たり、家のデータをカスタマイズしたりすることもできるようで。
 とりあえず、せっかくなので作るだけ作ってみました。ハピル育てた後だったので、カードはマカロニ広場+住む場所もマカロニ広場。
 作ってから気付いたけど、これ、毎月家賃がかかるのね(ゲーム内通貨で)。……さあて所持金が尽きる前に次遊べるかなー?

●ボムレンジャー
 スタンプを集めている最中に、面白そうに見えたアトラクションがこれ。
 園内の壁に爆弾があって、それをいじったりしつつ遊ぶようで、ちょっと気になってたので遊んでみました。

 ルールは簡単。5つくらいのボタンのから「爆破を阻止できるボタン」を制限時間内に押せばOK。
 獲得点数によってランクっぽいのがあって、高得点だとステッカーが貰える仕組みになってます。
 でも、どのボタンが正解になるかはランダムなので、頑張って押さないといけません。あと、ボタンが死角に隠れていることがあるのも難点。
 利用するアイテムをたすき掛けの鞄のように下げるのですが、これが結構重たい。そして頭にはヘッドホンを装着。意外と重装備です。しかも、かなり体を動かすんだなぁ、これが。

 最初の方は順調だったけど、途中から難しくて、あえなくステッカー獲得はならず。
 いろいろ遊んだ後、最後に閉園直前にチャレンジした時に、幸運にも(というより、多分配置とか経験積んだのが大きいとは思うんだけど)、高得点獲得で、ステッカーをいただきました。
 ビックリマンシールみたいな大きさと雰囲気。可愛いんですねー、これが。記念に取っておきましょう。

●ガウストパニック
 園内にいるガウスト(幽霊)を捕まえてやっつけていくゲーム。釣竿のリールみたいなのがついたアイテムを持って園内を歩いて、遭遇したガウストを上手く捕獲するのがメインです。
 すごい本気になりながらリールを巻くのですが、これがなかなか大変。周囲には普通のお客さんがたくさんいるから気を配らなければいけないし、思いっきり腕を動かさないと割りと逃げられてしまうし。
 いろいろ頑張ってガウストを確保したら、ボス戦が待っているのですが、ボスの方は割とあっという間な気がします。
 これも記録用のカードがあります。こっちは、ちょっとずつ階級があがっていくようですね。
 階級が上がるとイベント内容が変わるみたいなので、そこは面白そうなのですが、いやはやしかし、自分がそこまで到達できるかっつーと、ねえ(笑)

●もののけ探検隊
 園内のあちこちで、とんち対決をして、最後にボスともとんち対決、というアトラクション。
 えーと。
 この私の、正解率の低さといったら!(笑)
 レイトン遊んでるのに四角い頭は丸くはなってくれないよーです。もうねー、とんちって難しいと思うんですよ。わけがわからない。あと、たぶん、私には妖怪の知識が足りない(相手が妖怪=妖怪にちなんだ問題がちょろちょろ出る)。

 めためたな正解率だったので悪い予感はしていましたが、ボスにもめったくそに負けてクリアできませんでした……く、悔しい……!

●福袋探偵大学
 探偵の基本は現場にあり。
 現場百回の言葉を再現するかのように、なんと記憶力アトラクションです。園内のあちこちにある情報を記憶して最後にテストを受けるという仕組みになってます。
 これが、園内に散らばってる謎の数の多いこと! そして内容の複雑なこと!
 覚えられないよ……と、もののけ探検隊の時のように負けモードでクイズを受け始めたら、それほど難易度が高くなかったので、いい加減な記憶力でも何とか正解できました。ほっ。

 ここもカードがあって継続プレイが可能です。カードがあると、ちょっとオマケ要素があるとのことで、出口のコーナーでおねーさんに教わったとおりに行ってみました。
 まさか壁だと思っていたところ(しかも低い場所)が普通に扉で中に入れるとは思わなかった(笑)ナンジャタウンはほんと、どこで何があるかわからんなー。ぺたぺたやって、そういうのみながら歩くのが楽しいんだけど。

●名探偵コナン&金田一少年の事件簿
 期間限定、サンデーマガジンとの連動アトラクション。
 パスポートでは遊べないので、別料金800円。でもせっかくなので、支払って挑戦してみました。
 園内にある暗号を解いて、謎の真相を導き出すという内容です。

「園内に爆弾が仕掛けられています。既にベテラン刑事が捜査をはじめています。あなたたち新米刑事さんも協力してください。よろしく!」
 みたいなプロローグとゲーム説明を兼ねたムービー(漫画ちっく。コマにときどきコナンとか金田一とかが出てくる)を見たり、係員さんから話を聞いたりしてから出発。
 これの暗号は、まんまレイトンに出てきそうな内容でした。レイトン2作遊んだ人の本領発揮(笑)サクサク解いて、謎解きの結果判明した、最後のチェックポイントに向かいます。

 ここでフェンスがあって、時間までしばらくお待ちください的な扉出現。
 30分おきに、8人ずつで案内がある模様。
 ……ええと、前の人達が入っていくところがちょうど見えたんですけど……?

 ちょっとタイミング悪かったなぁとか思いながら、待つことしばし。
 中から叫び声とか悲鳴っぽいのが聞こえてくるのでわくわくしつつ待ちます(笑)
 すると、そのうち、なんか歩いてきたおじさんに声をかけられました。ヨレヨレな感じです。馴れ馴れしいです。
 捜査がどうのこうのとか言ってます。
 なんか、最初の説明の時に出てきたベテラン刑事の名前を名乗ってますよ?

 というわけで、最初の説明は重要な前フリだったわけですね! エッセンスくらいにしか考えてなかったベテラン刑事が登場してくるとは予想外(笑)
「暗号を解くための情報は何か見つかったか?」「なんと!? まさかこの場所が!?」とかいうお約束(笑)な会話を楽しみながら、最終イベント。
 そう、このアトラクション「なりきり」型の内容だったのですね! 最初の説明で、そこに思い至らなかったけど、ここまできたら、なんか納得。
 巻き込まれ演劇型アトラクション、みたいな感じで、おじさんの軽快なトークによってイベントが進みます。ちょうと男女比半々くらいで、一組だけお父さんと娘さんの組み合わせがいた他は、みんな大体20歳前後くらいの顔ぶれ。
 これは、居合わせた人にも左右されるイベントですね~。小さな子がいると、良いです。あと私はガシガシ喋って楽しむものなんだなー、とすぐに思ったので、わしわし喋っておきました。こういうのは、全力で参加した方が面白さがますというものです。恥ずかしがってると、ダメなのよねー。
 居合わせた他の人もノリ良かったので面白かったです。最後に「結構テンション低い人達が多いけど、あなたたちは良かったね」とか言われてきましたね(笑)

 別料金になっているのに、ちょっと納得。この演劇ちっくラストイベントを楽しむための費用なら、私は十分に相応な料金だと思います。楽しかったですよ。もしまた今度行ったときに、こういう期間限定イベントがあったら、参加したいと思いましたからね。

 んー、でもひとつ感想を付け加えるなら、何か記念品が欲しかったかな。
 事件を解き明かしましたよ的な。物は何でも良いのです。そういうのがあると、きっと最後にテンション上がっていいと思うんですよね~。参加証(暗号の推理に使う葉書サイズの紙)はあるけど、それだけじゃさびしいかなぁ……と、ちょっと思ってしまうのでした。



 ……とまあ、こんな感じで園内でたっぷり遊んで閉園時間。
 おおっ、結構遊びましたね。
 でも、まだまだ遊びたくてたまらないんですよね~。流石に3回も連続できたら、お腹いっぱいではあるんだけど。カードをいろいろ作っちゃったし、また次に東京に行く時に遊びにいけたらな~、なんて思うのでした。

(その9に続く)
スポンサーサイト



2008/09/03 (Wed) 03:35 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME |