上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
 この間、ロフトで買ったクロックスを試し履き(滑り込みでチーズ買いに行っただけとも言う)。
 せっかくなので、ちょっとずつ履き方を変えながら試してみました。

 まずは踵をホールドさせずに、いわゆる「つっかけ」みたいな感じで。
 この間、試着した時は、これがちょうど良かったんですよね~。

 ……歩きにくい(笑)

 やはり、実際の道は違います。なんか落ち着かない。サンダル履き慣れてないだけかもしれないけど、でもなんか歩きにくい。様な気がする。

 という訳で、今度は踵をホールドさせて、ちょっぴりシューズ気分で。
 試着した時は指先が痛む感じがして、この履き方は苦手だなーとか思っていたわけですが。

 ……あれ、ちょうどいいよ?(笑)

 結論から言いますと、指先に違和感があったのは、歩き方の問題だったようでした。多分、猫背になってたか前のめりになってたか、なんだろうね。
 姿勢少し変えて歩いたら、全然気になりませんでした。
 踵に安心感があるし、こっちの方が断然落ち着く感じ。

 で、ついでなので、途中で靴下を脱いで、裸足での感覚を体験。

 ……つ、爪が! 爪がこわいぃぃぃぃ~!

 裸足になった途端、つま先部分に妙に爪が引っかかって怖かったです。これも、気をつけたらまあ大丈夫だったけど……こ、怖いなぁ。万が一、本当に引っかかったら、出先で大惨事だし。
 あと、意外とベタつくというか。ゴムの感触がどーも慣れないからなのか気持ち悪い。うーむ、確かにフィットする感じはあるし、悪いところばかりではないのだけど……。

 まあ、試し履きした結論としては「靴下を履いて、踵ありで履く」が一番良かった、って感じでした。

 とりあえず、もうちょっといろいろ試してみます。エスカレーターにチャレンジするとか(笑)
スポンサーサイト
2008/07/31 (Thu) 23:35 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 最近、月末になると「明日から○○が値上げになります」ってニュースばかりのような気がする。
 ちなみに8月は卵とマヨネーズとチーズだそうな。

 ……チーズ?
 それは、この間ニッカウイスキーで買ったアップルワインを、チーズで飲もうかなーとか考えてわくわくしていた私に対する挑戦ですか!

 というわけで、滑り込みでチーズ買ってみました。
 普段、あんまりチーズ買う習慣が無いので、ちょっと新鮮です(笑)
 お酒のつまみなんて、何でもいいと思うんだけどね。てゆーか、いつも家で飲むときはつまみなんて無いんだけどね(ただ酒を飲むだけ。大抵はパソコンしながら)。
 ま、一応名前に「ワイン」ってついてるし、せっかくだからチーズあわせてみようかなーって。
 それに、高くなってから「チーズ買っておけば良かったぁぁぁ!」ってなっても後の祭りだし(笑)
 実際にはつまみなんかにしないで、別々にとることにして、ただチーズだけ食べたりするかもしれませんが、それはそれでいいかなーってことで。

 週末にでも、ロックにしてチーズ出して飲んでみよう。
 ……早寝モードになってなかったら。
2008/07/31 (Thu) 23:22 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
一粒庵_元気の出る味噌ラーメン 一度行ってみたいと思っていた、一粒庵に行ってきました。
 場所は北4西1。札幌駅前からすぐのところにある、ホクレンビルの地下、飲食店が並んでいる区画の一角にあります。

 雑誌などで美味しいラーメン屋さんと紹介されているのを目にする機会があったので、チェックしていたお店のひとつ。
 今時期は暑いのでラーメンは敬遠しがちなのですが、札幌駅近くまで行ったので、思い切って入ってしまいました。

 頼んだのは「元気の出るみそラーメン」。
 行者にんにくとチャーシューを炒めて、卵とじにして、ラーメンに載せました。というメニュー。
 これらの食材は疲労回復に良いのだそーな。
 最近夏バテというか、どうにも体が重だるいというか。あまり宜しくない自覚があったので、ちょっと体に良さそうなメニューを選んでみました(笑)

 で、結論から言うと、これが大変美味しかったです。
 スープが美味しいし、麺もいいかんじ。たっぷり乗った卵も美味しいし、食べていると本当に元気が出てくるというか(笑)暑さに汗をかいた割りに、なんか元気な気分(たぶんプラセボ効果)。
 味噌味が、札幌によくある「脂ギトギトこってり」じゃなくて、ちゃんとした味噌味で美味しかったのが個人的にはプラス。美味しい味噌は、ほんといいですねー。

 サービスチケットで味玉ついてきたんですが、この卵がまた、すさまじい半熟具合で美味しかったのなんの。とろとろしすぎて、うっかり食べる時に潰してしまいそうなくらい。
 スープ美味しくて卵おいしいお店はポイント高いですね。うんうん。

 元気が出るラーメンは1000円と、かなり高めのお値段でしたが、このくらい美味しいのならば不当な金額って感じは、あまりしませんね。
 次に行くなら、他の味を試してみたいなーとは思いますけど、美味しくていいラーメンでした。

 店内は、あんまり冷房無かったので、ラーメン来てからは卓上のうちわであおぎまくりでした。暑いの苦手なので、真夏時期は敬遠してしまうかも。

DATE:
 札幌市中央区北4条西1丁目 ホクレンビル地下1F
 定休日や営業時間はサイトをどうぞ。 http://www.ichiryuan.com/ 
2008/07/29 (Tue) 01:58 | グルメ | コメントする(0) | Trackback(0)
 というわけで、クロックスのサンダルを買いに行ってきました。
 取扱店を調べて、ひとまず行きやすい「札幌ロフト」へGO。

 1Fの入口から入って、エスカレーターを1フロアずつ上っていって、「あれ、売り場が無い?」と思ったら、地下に売り場があったんですね。
 ずら~っとケイマンが何種類も並んでいる様子は圧巻でした。こんなに大きなコーナーがあるなんて。あんまり期待していなかったので、十二分の広さにまず感動。

 で、次に試着。
 普通の靴よりも1センチくらいサイズを下げると良いとネットで見ていたので、25.5cmのワタクシは、とりあえず25センチ相当のサンダルを試着。

 ぶかぶか。

 ええええ、これ25センチ相当なんだよね!? なんでこんなにぶかぶかなの!?
 というくらい大きかったです。1センチ小さくて丁度いいっての本当なんだね……。
 つっかけて履くだけだと、ゆるゆるすぎて脱げるし、ベルトを踵にかけてホールドさせてもサイズに余裕ありまくり。ある意味、これは危ないと踏んで、もう1サイズ下げて24センチ相当の物を試着。

 あ、ぴったり。

 つっかけて履く状態にすると、24センチ相当になる「M6/W8」サイズでちょうど良かったです。踵をホールドさせちゃうと、ちょっとキツいかな。
 ワイズはちょうど良いんだけど、指先が詰まる感じがして窮屈なの。
 ただ、それは25センチの方でも感じたんですね。多分、歩くと前にすべるというか、つんのめるというか、どんなサイズのを履いてもそういう感じになるんだと思う。
 つま先が痛くなってしまう靴は大の苦手なのだけど、そうなるとケイマンを買えなくなってしまうわけで……。
 踵をホールドさせないならピッタリだった、というのを重視して、「あんまり踵ホールドさせないで履くことにしよう!」と、24センチ買ってきました。
 ちなみに色はピンク。
 ど派手ですよ。
 純粋な色合いだけならば、パールホワイトが好みだったのですが、人ごみの中で目立つ方が踏まれたり蹴られたりする可能性が低い……はず。きっと。
 と、考えて、派手色ピンクにしてしまいました。
 普段、男物の靴ばかりで、こんな女の子色の靴を履く機会なんて無いので、そういう意味ではちょっと楽しみです(笑)

 旅行でいきなり履くのは自殺行為なので、休みの日とかにちょっとずつ履いて出かけてみようっと。
 札幌もすっかり夏気候なので、足元涼しくて良さそうだし。
 試着した感触だと、足裏はクッション効いてて良さそうだったので、そこら辺の快適さを試してみるのも楽しみです~。
2008/07/29 (Tue) 00:41 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 うなぎを食べようとしたら、とても高かったので断念。
 うなぎ一尾で1200円とか……こんなにしたっけ……?

 代わりに、こんなの買いました。

うに!
 近所のスーパーで見かけました。中折780円。
 でもって、今日が賞味期限だったので、見切り品で半額。お値段398円です。

 398円でウニ食べられるって!

 うなぎは手が届かなかったが、これならば!という訳で買ってみてしまいました。流石にもう形が崩れまくりで、味の方も「美味!」とはいかなかったけど、値段を考えれば十分なお味でしたよ。
 お店で食べようとしたら、絶対にこんな値段じゃ無理だからね……。
 ちなみに、量はお茶碗のご飯に載せてぴったり、くらいでした。
 家ごはんの1人分だと思えば、まあ、ちょうどいいかな。

 ほっかほかご飯で、家でうに食べるのも悪くないかなぁ……なんて思うのでした。
2008/07/24 (Thu) 22:02 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 ある日、帰ってきたら。
 家の前に薬屋さんが出来ていました。

 ……なんか工事やってるとは思ってたけど、まさか薬屋になるとは。
 私が住み始めてからずっと空いてたテナントで、元はどうも居酒屋だったようなのですが、そんなところに薬局作るなんて、ちょっと経営者のポシティブチャレンジ精神が格好いいです。

 建物自体は一応大きな通りに面してるけど、お店は脇の入口だから、住民じゃないと薬屋あるのに気付かないのにねこれ。
 もっと言うと、その通りには5分も歩かないところに既に薬局あるのにね。

 他人事だけど、ちゃんとやってけるのか心配になります。

 あ、もしかしたら、近所の内科が院内処方をやめて薬局を作ったんだろーか。だとしたら、ちょっと納得なのだけど。でも、

 いやー、でも、いきなり店が出来ているとびっくりしますね(笑)
2008/07/24 (Thu) 19:22 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 というわけで、夏休みはまた東京に行きます。
 コミケ合わせの休みなので、夏のコミケを体験する+あるふぁな旅行を計画中であります。

 あるふぁの部分は、今のところナンジャタウンと、大江戸温泉物語を予定中。
 ディズニーリゾートは、混みそう+体力尽きそうなので思案中。コミケ会場から近いので、コミケ覗いて午後から……と思わないでもないけど、大変そう。

 あと、冬は浅草観光をしたので、またどこかの街を1つくらい見て回りたいかなーと思ってます。国立科学博物館、というのを見てみたいので、+アメ横ってことにして、上野なんてどうかしら? とちょっぴり考えてます。
 ただ、暑いの苦手な上、東京の夏なんて小さな頃にしか体験したことが無いので、観光で動き回って体力持つのかなぁ……。
 あとは、まあ、お台場の冒険王とか、冬は休館期間で涙を呑んだ船の科学館とか、そういうのも見ても面白そうかなーなんて。

 ま、あれもいいなーこれもいいな~と思ってる程度で、まだ全然未定ってことですな。

 とりあえず、仕事の休みが無いので、コミケカタログは通販で買ってみました。
 仕事終わった後で買いに行ってもいいんだけどねー。あれ重いから、そのくらいならば、いっそ通販にしちゃえーと。
 一応、直接買いに行った方が安いことは安いんですけどね。でも、まあ、今回はそのくらい楽してもいいかなーと。

 あとは、冬に大荷物で大変だったので、今回はあらかた宅配便で送ってしまうことにして、持ち運ぶ荷物は極力減らそうかと。
 が、そう思った瞬間、小さめの旅行鞄が無い事に気付く私(笑)
 あんまり身軽になった気がしないけど、カート引きずろうかなー。
 それとも新しい鞄を買っちゃおうかなー。
 どーしよーかなー。

 買い物といえば、クロックスのサンダルが気になってます。涼しそうだから。北海道に直営店は無いけど、取扱店はあるから、近いうちに見に行ってみようかなーと思ってます。
 履き心地いいならコミケで使いたいなーとか。踏まれると痛そうだけどね。
2008/07/21 (Mon) 03:24 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
 さて、ウイスキーの試飲です。
 試飲会場の入口には「ニッカウイスキーの歴史年表」みたいなパネル展示がありました。たぶん試飲だけする人向けの物なんだろうな。せっかくなので見てみたら、いろいろなことが書いてあって、結構面白かったですよ。後述する「アップルワイン」の歴史の長さとかも、かなり実感できました。

 で、試飲ですが、ここでは「1人2杯まで」という制限がついています。
 でも、試飲できるお酒は3種類。
 品揃えは……うろ覚えだけど、竹鶴17年・シングルモルト余市10年・アップルワインだったかな(銘柄間違ってるかも)。あとは他に、ソフトドリンクでウーロン茶とリンゴジュース。ジュースは余市らしく「りんごのほっぺ」が並んでました。
 あ、余市はりんごの産地なので、りんご物が多いのですね。「りんごのほっぺ」は、余市産リンゴジュースの商品名です。高いんだけど、でも美味しいですよ(近所のスーパーでは、1リットルが確か400円くらいだったと思う)。

 私はアルコール飲める人だったので、せっかくなのでお酒を試飲してみることに。
 で、選んだのがアップルワイン。これが、すごーく美味しかったです。甘口のお酒が好きなだけかもしれないけど。ワインというよりリキュールって感じで、口当たりがすごくいい。
 これはニッカウイスキー創業の頃から、ずーっと作られている歴史のある商品だそうで。そういえば展示コーナーでも古い瓶とかラベルとか見かけたなぁ、なんて思いながら、甘いお酒が好きなので選んでみたら、正解でした。
 脇に水や氷があったけど、仮にもワインという名前なので、そのまま飲むのかな?と思ったら、ニッカウイスキーの人曰く「ロックがオススメ」だそうで。
 なので、試してみたら……いやあ、とっても美味しかったです。

 ええ、あまりに美味しかったので、1本買って帰ってきてしまいました。
 なんてことだ。
 いつから私はこんな酒飲みになったのか。てゆーか、今日の目的海鮮じゃなかったのかよ。

 ちなみに、アップルワインの外観とかはこちらをどうぞ

ニッカウイスキー_天使のわけまえ あとは、アップルワインを買った売店でソフトクリームを食べてきました。
 さて、このソフトクリームですが、実はただのソフトクリームではありません。
 名前を「天使のわけまえ」といいます。

 どんなソフトクリームかというと、アルコール入りソフトクリームなんですね。
 本当はウイスキーとブランデーの2種類があるらしいのですが、私が行った時はウイスキーしかありませんでした。なので、ウイスキーソフトクリーム。まあ、2択だったとしてもウイスキーの方を頼んだと思うので問題は無いのですが。

 見た目は、ごく普通のソフトクリームです。でも食べたら、物凄い勢いでウイスキー味でした。
 すごいよー。試飲した後だから、あんまり味が分からないかもーとか思いつつ買ったのに。一口食べた瞬間に広がるウイスキー味。がっつりお酒味のアイスクリームです。
 でも、嫌なお酒臭さはありません。
 すごく美味しいの。
 途中で味に飽きたり、胸焼けするような事もありません。
 これは、ここにきたら、ぜひ食べたいソフトクリームです。

 ちなみに、アルコール1%で、食べると飲酒運転になるそーです(笑)

 そんなわけで、美味しいウニとイクラを食べ、ウイスキー工場見学して、ウイスキー飲んで酔っ払いながらワイン買ってソフトクリーム食べて岐路につくという、なんとも堕落した日帰り観光でした(笑)
 いやー、思いつきで行った割には楽しかったです。うーん、余市は、もうちょっと交通アクセスが楽ならいいのになー。でもまた、そのうち行ってみたいと思います。

 あ、行ったのは2008年7月13日(日)です。
2008/07/18 (Fri) 02:39 | 旅行 | コメントする(2) | Trackback(0)
 その1はこちら

 さて、次にやって来たのは貯蔵庫。
 といっても、蒸留棟からは結構離れていて、2~3分くらい、てくてくと歩きます。
 途中に創業者の家を再現した建物とかあって、面白そうな感じ。ガイドさんの立ち寄り場所に含まれていなかったので、後で入ってみたら、創業者のあゆみとかが見れて面白かったです。

 で、貯蔵庫。
 見たのは「1号貯蔵庫」という場所で、その名のとおり一番最初に作られた貯蔵庫。ニッカウイスキーのラベルになっている、おじさんの絵が書かれた樽が沢山並んでます。
 入ったら、ふんわりとウイスキーの香りがしてきます。

ニッカウイスキー貯蔵庫 樽はこんな感じ。
 写真のすぐ左側が貯蔵庫の入口。奥にもぎーっしり樽が並べられていました。
 でも、この樽はイミテーション。見学の為に空の樽を置いているだけなんだって。
 ウイスキーの香りがしたのは、気のせいなのかな? それとも、樽や貯蔵庫に染み込んだウイスキーの香りがしたのかしら?


 その次に向かったのは「ウイスキー博物館」。ウイスキーの歴史とか、ウイスキー造りに使う道具とか、あとはニッカウイスキーの歴史などが展示されています。

ニッカウイスキー博物館 特に面白かったのが、これ。
 一見すると、ただの水にしか見えませんが、実はこれ、蒸留したてのウイスキー。
 つまり「0年物のウイスキー」なんですね。

 ウイスキーって、作りたてが無色透明だというのを、この工場を見学して初めて知りました。
 実際、この展示されているウイスキーは、本当に透き通っていて、まるで「水じゃない?」って思ってしまうくらい。
 でも、ちゃんと本物のウイスキー。
 この樽の上にある突起が蓋になっていて、開けるとウイスキーの香りを確認できるようになっています。
 じゃあ、と開けて嗅いだら、ちゃんとお酒の香りがしましたよ(笑)

 香りは結構強くて、普通のウイスキーよりもキツく感じました。尖っているというか……。
 でも、最初はこういう感じなのに、これからゆっくりと長い時間を掛けて、ちょっとずつ美味しいウイスキーになっていくのかと思うと……面白いですね~。

ニッカウイスキー博物館2 ちなみに、このコーナーにはこんな感じで3つの樽が並んでいました。
 右手、手前が0年物のウイスキーで、真ん中が5年物、一番奥が15年物だそうです。
 こうやって並べてみると、全然違いますね~。一番奥の物になって、ようやく「琥珀色のウイスキー」って感じです。香りも、やっぱり違うんですよ。より熟成された物の方が、いい香りのように感じます。

 普段口にするウイスキーが出来上がるまでに、どれ程の時間が掛かっているのか。
 それを垣間見れるというか、実感できる展示でした。

 ここは他にも、いろいろな道具や年表などが展示されていて、ウイスキーのいろいろを見ることが出来ましたよ。かなりいい施設だと思います。無料なのが驚くくらい。

 博物館をじっくり見ていると、時間がいくらあっても足りません。
 というか、実際にガイドさんに置いてかれてしまったので(笑)途中で慌てて追いかけることになりました。
 ガイドさんの説明を聞けるのはありがたいけど、どうしても駆け足になってしまうので、ガイドを聞いた後で、改めてじっくり個人で見物するのがいいのかな?って感じでした(敷地内は自由見学可能です)。ガイドさんが立ち寄らないところも結構あるしね。

 さて、博物館を出たら、最後はニッカ会館。ここではウイスキーの試飲が出来るのです。
 というわけでニッカ会館に移動し、ガイドさんから試飲できるウイスキーの銘柄について説明を受けたところで、40分ほどのガイドツアー終了。
 ウイスキーの試飲を始めるのでした。

(やっぱり長くなったので、その3に続く)
2008/07/18 (Fri) 02:28 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
 さて、柿崎商店でウニとイクラを食べて、大満足した訳ですが、流石にこれだけの為に余市に来るのもどうかと思ったので、、食後は1つ観光して帰ることにしました。

ニッカウイスキー入口 ニッカウイスキー余市蒸溜所です。

 柿崎商店を出て20歩くらい歩いて、駅前通に出て、駅と反対側を向いたら、もう見えます(笑)
 駅から5分、柿崎商店から3分くらいかな。
 余市という町は、駅前に素敵な場所が密集していて、とてもいいと思います(笑)

 これまでにも余市には(柿崎商店でご飯を食べる為に)何度か来た事があったのですが、すぐ近くにあるのに、ニッカウイスキーを見学した事は無かったのですね。
 せっかくなので、今回はここを覗いて見る事にしました。

 ちなみに、ニッカウイスキーは見学無料です。元手が要らないというのも魅力ですねー。

 まずは入口で受付。
 ここは30分おきに無料ガイドをしてくれるというのを事前に調べておいたので、その事を受付のおねえさんに聞いてみると、あと10分くらいで次の回が出発するとのこと。
 「敷地に入ってすぐのところに待合室があるので、そこでお待ちください」と案内されたので、まずはその待合室の中へ。
 ここがねー、まず、すごいのですよ。しょっぱなから。椅子もゴミ箱も、喫煙室の灰皿も全部「樽」なの。ウイスキー工場だからって、ここまで樽尽くしにしなくても!ってくらい樽がいっぱい。
 でも、こういうの好きなので、この時点でもう、わくわくしまくりです(笑)

 しばらくして、やってきたお姉さんの案内で、早速ニッカウイスキーの工場見学をはじめます。

ニッカウイスキー_蒸留棟01 ウィスキー作りは、まず、麦芽を乾燥させ、発酵させた後、この「蒸留棟」という建物の中でウィスキーを蒸留するのだそうです。

 ちなみに余市の工場では、石狩平野で採れた麦を使っているのだとか。


ニッカウイスキー_蒸留棟02 下側は、こんな感じの窯になってます。
 本当にウィスキー作ってる場所なので、ちゃんと火もついてます。実際、室内に入ったら、むあっとした熱気を感じたというか、ちょっと蒸し暑かったです。
 それにしても、今の時代でも、こうやって炭を燃やして蒸留するんですね。もっとハイテクなのかと思ってた。工場とは言うけど、けっこう昔ながらというか人力というか。でも、それがいい!って感じもする。


ニッカウイスキー蒸留棟_03 お姉さんのガイドによると、この画像の真ん中に映っている窯(ちなみに、これは「ポットスチル」という物なのだそーです)は、このニッカウイスキーの余市工場が設立された時から使われているのだとか。
 てことは、これ、70年も前から使われる物なのか。そんな昔から道具を使い続けていて、しかも今でも普通に現役だなんて、すごすぎる。
 歴史を感じますね。


ニッカウイスキー蒸留棟04 で、ガイドさんの説明が一区切りついたところで、ちょうどタイミングよく、作業員のお兄さんが窯を開けて、新しい炭を入れはじめたんですね。
 ラッキー!
 もちろん、見学させていただきました。
 お兄さんが脇に置いてあったスコップを持って、ジャッジャッジャッ……と5回炭を放り込んでいきます。
 で、放り込んだら手早く扉を閉じて、また隣の窯で同じ作業を繰り返していくんですね。
 炭を放り込んだ瞬間、凄まじい勢いで釜の中が燃え盛っているのが見えて、もう、とにかく凄かったです。ちなみに熱気も半端じゃなくて、一瞬にして物凄い汗をかきました。
 ここで作業する人って、かなり汗をかくんだろうな。大変だ。

 蒸留棟を出たら、次は貯蔵庫見物です。
 (長くなってきたので、「その2」に続きます)
2008/07/17 (Thu) 01:07 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
 唐突に「ウニ食べたい!」という気分になったので、ウニを食べに行ってきました。
 といっても、ウニなら近所でも食べられます。ただ食べるなら、近所のスーパーでウニ買って来ればOKなわけで。
 でもねー、やっぱり美味しいウニが食べたかったんですよー。
 特に、昔はウニ駄目だった自分としては、美味しくないウニでガッカリするのと、ちょっと遠出してでも美味しいウニを食べるのとならば、断然後者の方がいいわけで。

 そんなわけで、余市まで行って来ました。
 余市は、札幌市のお隣の「小樽市」の、更にお隣にある街。海鮮なら、港町の小樽で食べればいいんじゃない?とも思うのですが、そこには私が小樽のいい海鮮屋さんを知らないという致命的な問題がありまして。
 なので、前に行って美味しかったことが確実に分かっているお店にGOです。

柿崎商店 というわけで、行ってきたお店はここ。
 柿崎商店さんです。

 ここはそもそも、JR余市駅から徒歩5分くらいのところにある商店なのですが、2階に定食屋さんが付いているのですね。
 その2階にあるのが、この海鮮工房。
(でもみんな「柿崎商店」としか呼んでない気がする)


 最初に行ったのは、もう3・4年くらい前になるでしょうか。美味しいお店があると連れて行って貰った時に、イクラ丼を食べて、えらく感動したものです。まず安い(600円くらいだった。うろ覚え。いくら丼にしては破格すぎる値段)。そして量が普通にある。でもって、美味しい。
 下の店で売っているのと同じ物を、そのまま定食として出してくれるらしいので、それで安いみたいですね。イクラ丼って、普通1000円以下じゃ食べられないよー。

 そんなわけで、とにかく安くて美味しい海の幸が食べられるという、とてもいいお店。最初に行った時以来、もうずーっと好きなお店です。
 遠いので、頻繁には行けないけど……こう。
 無性にウニが食べたくなったら、無性に柿崎商店に行きたくなってしまったのです(笑)

 というわけで、辿り着いた日曜日の午後13時。
 お昼時だけあって、お店は大混雑。1階の階段下まで列ができてました。
 お隣にある駐車場は満車どころかパンク状態で、誘導員さんが「入れません! 無理です!」って新しく来た車に「×」ジェスチャーしてました……すごい。
 これだけ見たら「うひゃあ」「帰ろうかな」という気分ですが(笑)このお店は広いので、そんなには待ちません。
 15分とか、そのくらいで中に入れました。

 ちなみに待っている間、ときどき下からお店の人が来たんですが、これがね、発泡スチロールを抱えているの。で、その中身が「大量のウニ」。
 ちゅ、注文が多いから、下から店売り用のウニを補充してるのかな……?
 ということは、ウニ丼の品切れまで猶予は無いかもしれない。でもって、店売りウニも、そう遠くないうちに品切れするのかも?
 なんて事を想像していたので、ちょっとヒヤヒヤでした(笑)

 で、柿崎商店は食券制なので、まずは店頭のメニューを確認です。
 う、ウニが白カップしかない……!

 このお店のウニは「赤」と「白」の2種類で、それぞれに「折」と「カップ」があります。
 折は、ウニを綺麗に板に盛り付けた物。カップは塩水に入ってる物。折よりもカップの方が安いです。ちなみに、白はムラサキウニ、赤はバフンウニのことです。
 そんな4種類の中で、私が食べたかったのはバフンウニ。つまり赤ウニの方だった訳ですね。しかもできれば折が食べたかったのです。

 が、無かった。
 残念……(しおしおしお)。
 んー、時間が時間だったので、入荷したけど品切れだったのかしら……早めに出ればよかったなぁ。
 まあ、とりあえず、白だろうとカップだろうと、ウニがあったので良しとします。
 本当はえびが食べたかったけど、どうやら今日は無かった模様。じゃあイカ……と思ったら、冷凍だそうなので、じゃあこれもパスしようかなぁ。
 じゃあ、どうしよう。うに丼だけにするか、他に何かつけるか……とか思ってたら、こう、いくら丼に目が行って離れないんですね。
 あああ、いくら大好きなんだよなー。目当てはウニだけど、絶対に丼2つなんて食べきれないけど、でもいくらは大好きなんだよね!
 ……そんな感じで、今回は豪勢に、ウニ丼+いくら丼のダブル注文にしました。ははは(笑)。

 ちなみにお値段は、うに丼(白カップ)が1320円、いくら丼が780円でした。
 ……いくら丼、ちょっぴり値上げしてますね(´・ω・`)前は720円くらいだったのに。これでも十分に安いから、別に気にならないけど。

柿崎商店_白カップうに丼 さて、食券を受け取ったら、席で待つことしばし。
 前の番号が呼ばれるのを聞きながら、まだかなーまだかな?と、待ちくたびれた頃にやってきたのがこれ。
 ウニがたーっぷり乗ってます。もう写真なんていいよ!とすぐさま食べ始めたい気持ちを抑えつつ記念撮影して、いざ最初の一口。

 美味しい~。

 たまりません。美味しいよ。とろとろーっとして、口の中にウニの美味しさが広がります。
 ああ、ここまで何時間もかけてやって来て、行列に並んで待った甲斐がありました。
 これですよ。ウニってのはこういうのですよ。ちまっとしたウニ丼じゃなくて、たっぷり満喫できるうに丼。やっぱり、こうじゃなくっちゃいけません。

柿崎商店_いくら丼 続いて、いくら丼の到着。
 見ての通り、たーっぷりいくらが乗ってます。
 そして一口食べれば、いくら独特の味が広がります。あー、お醤油とかを掛けなくても十分に美味しい。で、食べ切れなかったいくらが崩れていくところも、こう、なんていうか充実感があります(笑)

 ウニを一口食べて、いくらを食べて……と、交互に2つの丼を食べるとか、かなり贅沢な感じです。ちなみに画像には映ってませんが、どちらも味噌汁と漬物がセットになってます。これがまた、海鮮丼には合うんですよね。ああ、すごくいいです。とても素敵なお昼ご飯です。

 さすがに量が多すぎたので(ご飯少なめで、って頼んだけど、どうも普通の量で来たっぽい)、と注意からは上のうにといくらだけ食べて、ご飯は少し残しました。食べすぎで動けなくなったりしたら、流石にちょっと困ってしまいますからね(汗)

 いやー、でも、ほんと美味しかったです。
 しあわせ。
 来月くらいまでウニの時期が続くはずなので、余力があれば、もう1回くらい行きたいものです。まあ、休みの都合とかで、ちょっと難しそうだけど。
 でもいつか、そのうちまた行って来たいと思います。
2008/07/17 (Thu) 00:24 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
 てへ。

 というわけで、会社を辞めることを止めることになりました。
 いろいろあって、最終的に「もう半年働いて!」という形で落ち着きました。

 ううむ。
 互いに「じゃ、そういうことで」で終わったはずの話だったのに、半月経てこういうことになりましたよ。
 まあ、とりあえず、もうちょっと頑張ります。

 引っ越しも無くなったので、荷物を整理する必要もなくなったのですが、それはそれとして部屋がごちゃごちゃとしているのは事実なので、少し手持ちのコレクションとか細々とした生活用品とか、着なくなった洋服とか、見直してみたらいろいろと処分できそうなものがあったので、ちょっとずつ手を加えていこうと思います。
 予想外のところで、CDとお人形が多かったんだよなー。いつの間にか、こんなに買ってたとは。やっぱ働くようになると、趣味にかけるお金が増えるとゆーことですね~(ゲームは、プレイする時間が減っただけで、買う額はあんま変わってない)。
 暑い時期なので、荷物をいじるにはあんまり適さないけれど、ちょっとずつ手を入れていこうっと。
2008/07/16 (Wed) 23:08 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
クイズマジックアカデミーDS(初回限定:特製オリジナル e-AMUSEMENT PASS同梱)
 ちょっと離れている間に、DS版の発売日が決まってました。
 9月12日。
 「くいず」の日、ってことですね。いい発売日だなぁ(笑)
 ネットショップでの予約が始まっているのですが、初回特典が限定ePASSな辺り、良く分かっていらっしゃるって感じ。
(ePASS=e-AMUSEMENT PASSのこと。ゲーセンで使うセーブデータ用カード)

 ネット対戦が出来て、追加問題がDLできるという仕様のようなので、普段ゲーセンで遊んでいる人ならば、間違いなく買いだろうなぁ。
 バグとか、通信の重さとかに不安はあるけど……。

 個人的には、近所にゲーセン無くて思うように遊べないというゲームだったりするので、いつでも自宅で手軽に遊べるようになるのは、嬉しいですね。
 流石にアーケードの方とデータに互換性は無いだろうけど、それでも十分そうな気がする。
 たぶん、互換性無くても、きっと同じようにユリ使うから感覚的には一緒だと思うし(笑)
 今となっては、もうユリ以外のキャラを使うとか考えられん。先生もやっぱりリディア先生じゃないとしっくりこないとか。慣れとは、恐ろしいものです(笑)

 ま、というわけで、特典も逃したくないし……で、とりあえず予約入れてきました。

クイズマジックアカデミーDS(初回限定:特製オリジナル e-AMUSEMENT PASS同梱)クイズマジックアカデミーDS(初回限定:特製オリジナル e-AMUSEMENT PASS同梱)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2008/07/11 (Fri) 02:28 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
魔界戦記ディスガイア 魔界の王子と赤い月
 というわけで、買いました。
 DS移植版ディスガイア。
 PS2版を持っているけど、携帯機で遊べるのなら、それはそれで良いような気がしたので。あと、予約特典のプリニータッチペンが! プリニーが可愛すぎるのよ!(特典目当てに買うとか本末転倒)

 内容は、さすがにDSへの移植なので、イベントボイスが結構カットされていますね。散々遊んだので脳内補完できるからいいけど、最初に遊ぶならPS2版の方がいいでしょうね。このゲームはイベントボイスの有無が面白さに結構響きます。
 あと、ボイスがカットされているので、多分そうだろうなと思ったら、歌もカットされてました。しおしお。「赤い月」が大好きなのに、てかタイトルにまでなったのに、肝心な歌が脳内再生ってちょっと泣ける。

 その割に、次回予告が新録です(笑)全部新しくなってるっぽい。すごい力の入れようです。
 でも私はエトナ+αのキャラクターたちが好き勝手やってる旧版のがすきかなぁ。今回の新しい奴もネタまみれなので面白いことは面白いのだけれど。

 戦闘画面は「DSってこんなに派手な戦闘大丈夫なんだ!」ってくらい動きます。ここはPS2版と遜色ないのではなかろーか。戦闘ボイスもPS2版と同じくらい入っているので、戦闘シーンに関しては不満無し。たまにもっさりするというか、処理が重たい時もあるけど、ストレスには感じませんでした。

 あと、追加要素の1つプレネールさん(新キャラ)。たぶん条件は「2周目以降であること」だと思うのだけど、仲間にしたら強いこと強いこと。銃使いで本人もそこそこの強さな上、固有技のうしゃぎさんが強いんだな、また。もうすっかりプレネールさんのいない生活が考えられないくらい。

 一番の違いは、やっぱ声だなー。掛け合いが面白いゲームなので、PS2の方をオススメしたい気分ではあるのですが、携帯機で欲しいって人相手なら、それはそれで全力プッシュしたい感じです。
 面白いよ。
 ちなみに、何故かもう30時間以上遊んでます。旧作でも200時間くらい遊び倒したはずなのに、どうしてだ(笑)

魔界戦記ディスガイア 魔界の王子と赤い月魔界戦記ディスガイア 魔界の王子と赤い月


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2008/07/08 (Tue) 00:58 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
 家に「そういえば、前に買った梅酒が結構残っていたなー」というのを思い出して、久しぶりに飲んでみたら、見事に悪酔いしました。
 そこそこ割って飲んだのに、一気にくらくら~っときて、ほぼ酔い潰れの状態。
 ……1時間爆睡したら回復したので、普通に疲れていただけなのかもしれないけど、普段はお酒で酔って倒れこむようなことは無いので、かなり複雑な気分になったりして……。

 しんどいのかなぁ。
 しんどいんだろうなぁ、今の状態。やっぱり……。
2008/07/08 (Tue) 00:24 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 いろいろあった+暑くなった、とかの複合でぐったりです。
 だるんだるん。

 そんな昨今、唐突ですがアロマテラピーをはじめました。
 といっても、100円ショップに行ってみたら
「最近の100円ショップって、こんなのまで扱ってるのね!」
 というぐらい、アロマの小瓶が置いてあったからなのですが(笑)

 しかも、私が大好きな、イランイランの香りがある!
 ……別の買い物の為に行ったのに、即買いしてしまう私(笑)

 いやー、どうも最近疲れを感じていてですねー。
 アロマ系のリラクゼーションに、興味はあったのですが。いかんせん高いので、引っ越しがどーのと考えている状況では手が出せなかったのですね。
 でも、まあ。100円の小瓶を1つ買うくらいならいいかな~って。

 というわけで、小瓶をあけて香りをふんわかやったり、コットンに2滴垂らして枕元に置いて、香りを程よく感じながら眠ったり。
 ああ、いい感じだ……癒される……。
 ほんのり、しあわせ。

 ちなみにイランイランとゆーのは、アジアンっぽい感じの香りがする花の香油です。
 ストレス解消とかにいいらしーですよ。
 世の中には色々な香りが溢れていますが、私はこれが一番落ち着きます。買おうとすると、結構なお値段するから、今までは手元に置くこと無かったんだけど……100円って、すごいな~。
 惜しみなく使ってしまおうっと。
 まあ、使いすぎると、香りが強すぎて気持ち悪くなるけど(笑)
2008/07/05 (Sat) 00:05 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。