本日2本目の映画は「ひぐらしのなく頃に」ですー。
 http://www.higurashi-movie.com/

 1本見た後で元気があったらもう1本、これを見ようと考えていたんですね。で、実際に1本目(相棒)を見終わったら、なんかもう1本行けそうな気がしたので、そのまま見てみました。

 実際のところ、ぜーんぜん期待していなかったんですよ。
 だって前情報(キャスト情報)だと圭一は全然冴えないし、沙都子のおさげをはじめとして、女の子キャラもみんな雰囲気が違うし。辛うじて「魅音は言われてみればそういう感じがするかなぁ」くらいだった訳で。
 こういう役者しかいない映画が、面白いはず無いでしょ?

 ……と思いながらも、一応見てみたらですねー。
 これがね、そんなに悪くなかったんですよ。
 いわゆる「鬼隠し編」を、そのまま映画にしたという内容なのですが、うん、見ても別に「損した!」とは思わなかったです。

 まずね、雰囲気がちゃんと「ひぐらし」してる。村の雰囲気とか、村の全景図っぽい風景を写しているシーンとか。学校もそうだし、家もそうだし。空気作りを頑張っている感じがね、好感持てるのですよ。
 もちろん、厳しい見方をしたら、いろいろあるにはあるんですが、全く期待してなかった状態で見たので「十分にちゃんとできてるなー」という感想の方が、先にくるんですね。

 役者さんも、演技自体はさほど悪くは無かったです。原作と雰囲気違ってるところは多かったけど、役者さんたちがみんな無名だったのが幸いしてか、逆にすんなり「ああ、こういう感じのキャラなのね」って受け取れました。これを演技力というのか、雰囲気作り(演出)が上手いというのかはよく分からないけど。
 ただし、これは圭一とヒロイン4人組限定。
 富竹はイメージと違いすぎて、映画を見ている最中にはギャップが埋まりませんでした。チンピラにしか見えない(汗)。
 鷹野さんは……最初の印象が「火サスに出てきそう」でした。つまりオバサンに見えた(汗)いや、間違ってないのかもしれないが、ゲームの印象があると、ちょっと夢が崩れたね……。
 ただし初登場以降では、ちゃんと鷹野さんぽく見えてました。病院でのシーンが「婦長!」言いたくなる雰囲気なのは、仕方ないのだろーか。
 大石は別人だけど、まあ、これはこれで、ってくらい。役者がいいからなぁ。
 知恵先生は、三輪さんが変な方向へ行っちゃった印象。私の中で彼女は学生姿のイメージしかないんですが、あの雰囲気だったら合ってたと思うなぁ。
 前原父は、普通の画家になってたのが残念。まあ、仕方ないんだろうけど(笑)

 で、内容。
 よくできたホラー映画だな、というのが感想です。
 「リング」を思い返すと、あれあれ不思議ですね。普通に面白いと思いますよ(少なくとも「らせん」と比べたら、個人的には「ひぐらし」の勝ち)。
 前半の仲良しシーンは、ちょっとタルく感じてしまいましたが、綿流しが終わってホラーに傾いたら、結構面白くなりました。原作を見終えている状態では、にやにやしながら見れましたよ。制作側も、そこを意識して作っている節がありますし。
 なので原作を最後まで見ていないと、意味が分からないところが多くて「?」ってなるかもですね。

 レナの変貌とか、役者さんはかなり頑張ってたように思います。「嘘だ!」は、ちと苦笑してしまいましたが、「知らない」のところは個人的には好きだ。他も、異常系のシーンはなかなか良かったんではないかと。
 魅音のキャラっぽさとか、梨花ちゃんの舞のシーンも、私は好きですね。
 あと、個人的には「おはぎ」が凄かったね。イタイイタイ。まさかスクリーンを直視できなくなるとは思わなかった。途中で目を閉じて顔を背けてしまうくらいには、すごかったですよ。私が弱いだけかもしれないけど。
 血みどろシーンに関しては、この映画R指定付いてなかったよね?ってのが心配になるくらいの物になってました。あー、直接○してるシーン無いから大丈夫なのかも。とりあえず、血まみれでした。

 そんな感じで、個人的には「あれ、普通にそこそこ面白いじゃん?」って映画でした。

 ちなみに、パンフレットが2種類あって、通常版と、通常版にアニメ版キャストのCDが付いているという限定版とがラインナップされてました。
 実写映画にアニメ版のCD付けるなよ、と思わないでもないですが(笑)せっかくなので限定版を買って来ました。ぼちぼち聞いてみようと思います。
スポンサーサイト



2008/05/10 (Sat) 23:58 | 映画 | コメントする(0) | Trackback(0)
 相棒の劇場版を見てきました。
 気持ちは公開初日に行きたかったのですが、ずーっとオシゴトだったので、そうもいかず。公開後の初休日となった今日、映画館に出かけてきました。
 どうせ見に行くんだから、やっぱり前売り券を買っておけばよかったなぁ……とも思いましたが、モーニングショーに中小企業共済センターの割引チケットをつけたら、1000円で見れたので、かなりお得だったのでよかったということにしておこう、うん。

 映画の内容は、なんていうか「映画らしい派手派手展開だなー」って感じでした。
 さすが東映。さすがテレ朝開局50周年映画。てか、スクリーンで初めて記念映画だというのを知ったけど、テレ朝は節目の記念映画がこれでいいんだろーか。……まあ、他に相応しい番組もないか。対抗馬はアニメくらいだよね。
 ちょっと脱線しましたが「ああ、予算たっぷりあったんだろうなぁ」って感じの映画でした。爆発シーンも陳腐なCG合成じゃなくて、ちゃんと本物(か、本物に見えるくらい頑張ったCG)で、演出によって冷めるような事もなく、安心して見れました。
 ストーリーは、いつもの相棒です。シーズン初回の3時間スペシャルみたいな雰囲気を想像しておくと、そんなに外れないんじゃないかしら、という印象。
 事件の規模、エキストラ1万人!みたいなところは、流石に映画だなーって感じではありましたけど。相棒は相棒だなーって思いながら見れる内容でした。

 テーマは、割と重いです。政治ネタを更に突っ込んだ感じ。この突っ込み具合も、あまり普段の相棒には無いかもしれませんね。よくできたなぁ、というか、よくやったなぁというか。すごいものです。
 反面、裏のありそうな政治家関連のオチが「あれー?」と、ちょいずっこけてしまう感じになって肩透かしを食らったりしました。
 なにせ、見終えての感想は「犯罪は空しい」でしたから。間違っちゃいないのだろうが……うーん。
 そんな感じで、ちょっと最後のオチが呆気なかったところが気になりましたが、終盤までの展開は、とても面白かったです。

 とりあえず、相棒が好きなら見て損は無い、という感じでしょうか。

 ちなみに札幌ファクトリーにある「ユナイテッドシネマ」で見たんですが、公開直後じゃないというのに、朝1から大盛況でした。ちょっと驚いた。それでいて自由席だったので、大慌てで席だけ取りました(朝1だったので、着いたらもう開場してた)。
 早めに行ったので、そこそこいい場所が取れて、そのお陰で楽しく見ることは出来ましたが、できれば大作映画は全席指定席制度にして欲しいなぁ、なんて思ったり。
 楽でいいんだよね、指定席。直前までロビーとかでのんびりできるし。

 あとね。
 ショックだったことが1つ。
 またパンフレット買えなかった……!
 前回(仮面ライダー電王&キバ)の時も同じ劇場だったんですよね。仕入れ係(てのがいるのか?)は、絶対に数を見誤っているだろう……相棒は前と違って公開初日に行ったわけではないので、売り切れってのに納得しないでもないですが、まだ公開2週目ですよ? 終了間際ならともかく、今時期にパンフ買えないってのはなぁ……寂しいです。ガックリ。しょーがないんだろうけどさー、けどさー。
 仕方ないので、また通販で買おうか……(調べる)……相棒の方は通販すると、送料と手数料でパンフ代と同じくらいかかるんですか、そうですか……(遠い目)。
 まあ、通販だろうと売り切れてたパンフを買う手段がある、ってのは大きな進化なんでしょうね。その場で買えないのって、個人的にはちょっと切ないのですが、まあ、うん、仕方ないか……。

 ちなみに余談ですが、朝ごはんを食べ損ねたので、チャパタドッグ(ホットドッグ)とチュリトス食べたんですが、映画館フードって、実はかなりボリュームがあるんですね。見終わったら昼ごはんのつもりが、お腹すいてなくてどうしようかと(汗)
 やってみて思ったけど、朝1で映画館行くのって、そんなに苦ではないので、こんな風に休みの日は映画館で朝ごはんを兼ねつつ映画、ってのも楽しいかもしれません。
 またやろう。
2008/05/10 (Sat) 23:57 | 映画 | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME |