そろそろ、何を見て、何の感想を書いていなくて、あとなに見ていない番組が残っているのか、だいぶ頭がぐちゃぐちゃになってきました春の新番組。

 それはともかく。

 今回の感想はソウルイーターです。
 本当の表記は英字らしいのですが、かと思えば公式サイトでもカタカナ表記。とりあえず、書きやすいのでカタカナにしておきます。

 ストーリーを簡単にまとめると、死神の武器「デスサイズ」を完成させる為に奮闘する「職人」と「武器」の二人三脚が描かれる戦闘アニメです。原作は漫画。

 CMで見た時の印象は「声が微妙だなぁ」だったんですが、本編を見たらCMよりは良かったかな。でもまあ、なんというか……新人さんなのかな? イマイチ声がピンとこないというか。主役コンビが両方とも今ひとつに感じてしまいました(これは個人的な趣味とかもあるのかもしれませんが)。

 映像の方は、ぐるんぐるん動き回っていて楽しいですね。原作からしても動きが魅力になる作品のはずなので、今後も、ぜひぐるんぐるん動きまくって欲しいですねー。派手な動きがあって、「動」の部分が楽しめるのなら、面白い作品として楽しめそうです。
 声は、回を経るごとによくなっていくことに期待です。

 あと、この作品は「レイトショー」と題して、再編集版が深夜に再放送されるという試みがあるので、こちらの出来が楽しみですね。ドルアーガの塔みたいな造りでは無いと思いますが、2本まとめて見てみたら、新しい発見とか面白いところなどがあるかも、しれないし。
 レイトショーの方も見てから、もう1回感想をかくつもりです。
スポンサーサイト



2008/04/14 (Mon) 23:52 | テレビ | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME |