上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
 アニメやったなら、ドラマもやってみよう。
 というわけで、4月になって見たドラマのリスト。

・ケータイ捜査官7
・ごくせん
・絶対彼氏
・バッテリー
・ROOKIES(ルーキーズ)

 ……あ、なんか常識的な本数になってる。
 ケータイ捜査官7は、ドラマという括りもちょっと違うと思うんですが、特撮は一応実写という意味でドラマに混ぜてみました。

 「ラスト・フレンズ」を見たかったのに見逃したことと(しかも2回も)、先週は金曜ロードショーを見たので「パズル」を見損ね、その流れで「キミ犯人じゃないよね」の存在もすっかり忘れ去ってしまっていた事が心残りでしょうか……って、見逃したドラマが多いだけで、本数や時間的には十分多いですね。

 あとは他に「ハチワン・ダイバー」と、月9を見たいなぁとか考えてます。

 それはそれとして「篤姫」を実は毎週見ているのと、特撮で「ゴーオンジャー」と「仮面ライダーキバ」を見ていたりするのを加えると……ああ、すごいや。このところビデオ見まくっている気がしてたけど、そりゃそうだよ、アニメとドラマ合わせてこんなに番組見てたら(笑)どおりで、このところニュースあんまり見なくなったと思うはずだ……ニュース見る時間なんて残ってないもんね、もう。

 ドラマは、それほどハズレがありませんでした。どれも割と面白かったと思うのよ。こっちも、そのうち感想を書きたいですね。記憶が持てば。

 あと、アニメとドラマをあわせて週に15時間超、みたいな生活は、ちょっと無理がありそうな気がするので、見る本数を少し減らしたいと思います。特にアニメ……。
スポンサーサイト
2008/04/21 (Mon) 00:36 | テレビ | コメントする(0) | Trackback(0)
 ひととおり第1話を見終わった気がするので(長かった……)リストにまとめてみようかなぁと思い立つ。というか、もっと早くにリスト作るべきでした。こんなに沢山アニメを見るとは、我ながら思っていなかったんですよ。

・ヴァンパイア騎士
・コードギアスRC2
・ゴルゴ13
・純情ロマンチカ
・絶対可憐チルドレン
・ソウルイーター
・図書館戦争
・ドルアーガの塔
・秘密
・RD潜脳捜査室
・ToLOVEる
・×××HOLiC◆継

 あ、「彩雲国物語2」と「隠の王」の感想書いてないや。
 あとで足そう。
 「マクロスF」は第1話見てません(今更始まったネウロの1話と時間が被ったので、初回はネウロを見た)。なので第1話感想にはならないのだけど、うーん、一応足しておこうかな?
 ええと多分「うちの3姉妹」と「アンジェリーク アビス」も4月からのアニメで、北海道でも放送されているはずなんですが、この2本は普通に忘れました。……かなりの本数になったので、もうこの辺見なくてもいいや(ヘタれて挫折)。

 というあたりを勘案して、見たアニメは全部で16本。
 ……は、はちじかんも何してるんだ私。週8時間ってなんだよ。これまで0分だった人間が何を考えているのかと(笑)

 やってみて思ったんですが、放送中のアニメ全部チェックしてる人って、ほんと凄いわ。
 私はもう、これだけでも時間追いつかなくてきっついですもん。たぶん、ぼちぼち見るアニメ減って行くと思います。次からは、ちゃんと絞って見始めるようにしよう(笑)
2008/04/21 (Mon) 00:23 | テレビ | コメントする(0) | Trackback(0)
 なんか無性にピザが食べたくなったので、Mサイズのピザを出前して、半分ずつに分けて2食にして食べるという行動に出てみました。

 頼んだのは、ドミノピザ
 期間限定メニュー、チーズ&キッチンの「シェフのデミハンバーグ」と「こんがり海老グラタン」……という2つのピザが、なんだか食べたくなってしまってですねー。ハーフ&ハーフにして注文してしまいました。思いきって。
 ネットから注文したので、特典で5%オフ+クーポン追加で15%オフだったので、合計20%オフになって2千円くらいでした。ピザのデリバリーって、なんだか凄く高いってイメージがあったけど、2食だと思えば、普通に2回外食するのとあんまり変わらないんですよねー。うん、頼んでみたら、イメージしてたほど高くてボッタクリみたいな物ではなかった(真顔←普段ピザとか食べない人)。

 味の方は、本当にデミハンバーグとグラタンでした(笑)なんですか、この素敵ピザ。
 ちなみにデミハンバーグがかなりの勢いでツボを突いてくれる味で、個人的にはかなり美味しかったです。ちょっとピリ辛なところとか、小さく刻んだベーコンまで乗ってるところとか。
 グラタンも美味しかったけど、まあ普通のグラタンだよねー……って感じでしたねぇ。

 ちなみに、お昼時を少し過ぎた頃に頼んだので、20分かからずに配達してくれました。すごいなぁ、早いなぁ。びっくりです。

 で、それを昼ごはんと夜ごはんにしたんですが……。
 しまった、やりすぎた。
 まあ、なんといいますか。流石に2食ピザはキツかったようです。
 なんか具合わるい。
 あー、確かにどっちも濃いピザだった。デミソースとチーズたっぷりホワイトソースだし。あとは、脂っこいのが理由なんだろうなぁ。チーズたっぷりのピザなので(名前が「チーズ&キッチン」だし)、チーズが重かったのもありそう。
 うーむ、どちらか半分だけにしておいて、もう半分は野菜系かあっさりした感じのにしておけば良かったかも。むむむむむ、1人ピザはなかなかに大変です。
 美味しいことは美味しかったし、この辺のバランスさえ取れれば大丈夫そうなので、次はもうちょっと考えて違うピザでリベンジしてみようかしら。
 とりあえず、今日は少しでも早く良くなるように、しっかりケアしておこうー。
2008/04/20 (Sun) 23:29 | グルメ | コメントする(0) | Trackback(0)
 さっき気付いた。
 告知が出てた。

 ニコニコ外部プレイヤーというのは、会員制の動画サイト「ニコニコ動画」の動画を、会員じゃない人でも見れるようにするというツールで、最近ちょこちょことブログなどで採用されています。
 これが、うちのブログがある「FC2ブログ」にも導入されました。

 という訳で、早速表示を試してみた。


 これが小さいサイズ。


 これが中くらいのサイズ。

 大サイズもあったけど、うちのブログで設定したらデザインが凄いことになったので、大サイズを置くのは無理そうです。中サイズでギリギリかな。
 ただ、小さいサイズにしてしまうと、今度はちょっと見にくいみたいですね……うーん、やるとしたら、中サイズで置くのがいいかな。
 あと、コメントスペースが無いので、いきなりコメント流れるのを見たら、ちょっとびっくりしますね。ニコニコで見るのと全然違う印象で面白いなぁ。

 これで、そのうちネタにつきたら「今日見たニコニコ動画」みたいなネタでお茶を濁せるようになりましたねぇ。そう遠くないうちに、本当にやるんじゃないかと、自分でも思うところが怖いところ。

 ちなみに動画はせっかくなので、畑亜貴さんの曲をとってきました……。
 どちらも「世界なんて終わりなさい」の収録曲なので、興味を持ったらお買い求めください。
 畑亜貴布教やりやすくなったのはいいですね。うん。

世界なんて終わりなさい世界なんて終わりなさい
畑亜貴


2008/04/19 (Sat) 01:59 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 実は4月からのアニメで、かなり楽しみにしていたアニメの1つです。
 その名も「ゴルゴ13」。
 漫画でおなじみ、スナイパーのデューク東郷さんが出てくる、あのゴルゴ13ですよ。よりにもよってアニメ化です。そしてキャストが舘ひろし。
 これはもう、見るしか。

 というわけで、地方ゆえに放送日が1週間近く遅いという悲しみを乗り越えつつ、見てみました第1話。
 舘さんのゴルゴは、思っていたよりも普通の人でした。ゴルゴ13は、もうちょっと渋くて無口な感じをイメージしていたのね。そういえば、舘さんってあんまり、声が渋い(というか、低い)人ではないですよね。
 脳内イメージと違うというだけで、決して下手ではありませんでした。本職が俳優という人は、おおむね声優しても上手だと思うのですが、舘さんもやっぱりそういう感じでした。

 内容は……ええっと。漫画の方で毎回のお約束だからといって、アニメにまでベッドシーンは入れなくてもいいと思うのですが、いかがだろう。なんつーか、そのシーンが実に深夜アニメらしいシーンに成り下がってしまったので、そこまではまだ本編の独特の雰囲気があったのに、そこで一気に大崩れした気がしたのですが(私の中では)。
 それとも、ゴルゴ13の読者や視聴者は、こういうのに期待している人ばかりって事なんだろうか。別に、そんなことは無いと思うんだけど。

 その辺が気になったくらいで、あとは、まあ。
 ストーリーあんまりちゃんと本気で見てなかったせいかもしれませんが、まあ、大ハズレという訳でなく、かといって大当たりという事もなく、まあフツーに出来上がった作品って感じでした。

 あと、ゴルゴ13はOPED、歌じゃなくて局だけのほうが渋くていい気がする。個人的なイメージ。
2008/04/19 (Sat) 01:08 | テレビ | コメントする(0) | Trackback(0)
 今夜の金曜ロードショーだったので見てみた。

 まさか、開始5分で泣ける映画だったとは……!

 知らんかったー。親が子供を捜して三千里、なストーリーなのは知ってたけど、まさか冒頭がこういう内容だったとは。
 これは泣ける。とんでもなく泣ける。
 既に涙腺がっつり来ている状態で見始めたら、そりゃあ胸にくるのなんの。そのバックストーリーを知ったら、マーリンお父さんが子供のニモを心配しまくりなのはよくわかる。何が何でも助けなくちゃ、ってなるのも、すごくよく分かる。
 それでいて、ニモが親の心子知らずになってしまうのも、また分かるわけですよ。

 子供を探して海の果てまで行っちゃうマーリンと、お父さんにもう1度会いたくて奮闘するニモ。旅の途中に遭遇する魚達などもあわせて、これがもう、とんでもなく楽しいんですよ。
 途中の旅の光景が、冗長というか間延びするというか、大げさすぎるというか。そこまで必要だったかな?と思わないでもないけれど、それはそれで後半部分の伏線になっているわけで。
 これは、人気があるのが、よく分かります。
 なんというか、大当たりの映画でした。

 こういうのが見れるから、週末にテレビ放映される映画は、なかなか侮れません。
2008/04/18 (Fri) 23:09 | 映画 | コメントする(1) | Trackback(0)
 唐突ですが、最近、ラジオ体操を日課にするようになりました。

 いや、一応理由はあるんですよ。
 WiiFitしたいけど、その時間すら満足に取れない、という時には、寝る前のおふとんストレッチにラジオ体操を加えて、それとなく1日の運動にすることにしました。
 要するにサボリですね(笑)
 1日が28時間くらいあれば、ゆったり1~2時間運動に回せるのですが、まあ、こればっかりは仕方ない。

 ラジオ体操というのは、なかなか侮れないもので、ちゃんと習慣にして続けると結構体にいいものだったりします。昔、子供の頃にやってた時の感覚と、今やった時の感覚を比べたら、「昔は体が動いていたなー」「まだ今よりは柔らかかった」「こんなに痛くなかった」と、色々な意味で切なくなれます。
 首を動かす運動とか、明らかに首に異物感を感じるようになったからね。そりゃあもう超絶悪くなってますよ体。
 ついでに書くと、昔は暗記してたラジオ体操を、今ではすっかり忘れてしまい、もうお手本が無いとマトモに踊れないのは悲しいかぎり。あの頃は、お手本役とかもやってたのになぁ……長い時が経ったものです。

 ま、それはともかく。
 地道に続けているストレッチの効果を、最近少しずつ感じるようになったので、ラジオ体操も続けたらきっと、ちょっとずつ体の動きがスマートになるのを感じられるんじゃないかしら? なんて思ったり。
 今の激しい肩こり腰痛の解消には、とにかく柔軟性をつけて患部を動かせるようになることが一番なので、地道にちょこっとずつ頑張ります。
2008/04/17 (Thu) 22:41 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 全部の作品について語るのが、そろそろしんどくなってきたので、あんまり語りの無い作品を、ひとまとめにしてしまう方法に出ました。
 おぼえがき程度には、まとめておかないと、忘れてしまうからなー(もう既に忘れ気味)。

●ヴァンパイア騎士
 とりあえず見てみました。ヴァンパイア騎士
 タイトルの通り、メインは吸血鬼。吸血鬼の愛憎劇とかが描かれています。原作物で少女漫画。実は雑誌の方を見ているのでストーリーは全部知っています。
 少女漫画にしては、かなり突っ走っている作品ではないでしょーか。設定とか、最初の頃のから読み返すと、ちょっぴり破綻してない? って気分になるのですが(原作の方ね)。改めて第1話の内容を見てみると、この辺とか、この辺とか、おかしいんじゃない? って気分にさせられてしまいます。

 そこをあんまり気にしなければ、絵はそれなりに綺麗だし、内容もそれなりなので、悪くは無いアニメかなぁと思うような気はします。
 ただ、ソウルイーターの時もそうだったんですが、ストーリー知ってると、あんまり「次も見よう」って気にならないのは何故なんだろう。原作物でも、そう思わないものはいっぱいあるのに。うーん、不思議。
 というわけなので、次からは見ないかも。アニメよりも原作の続きが気になる今日この頃。


●純情ロマンチカ
 北海道で見れるアニメには、おおむね挑戦しているわけです。
 初回くらいは見てみよう、と。
 ……ということは、これだけ外す訳にもいきません。

 そんなわけで、純情ロマンチカ
 いわゆる「ぼーいずらぶ」です。
 実は、この系統は苦手分野なんですね。ふはははは、見たらどうなるか、なんとなく想像はつくぞ。でも、せっかく放送圏なんだから、一応見てみようかなーと思ったわけです。

 うん、まあ、私腐女子さんではないので、ちょっと一歩引いたところから見てました。
 今回は、本格的なストーリー展開に入る前に「ふたりのなれそめ」をするという話だった、ってことでいいんでしょうか。展開が速いというか、流石に30分でノーマルが目覚める様子を描くのは無理があるだろう……ということで、超展開をほけーっと見てました。
 うーむ。展開が速すぎるのが全ての問題のような気はする。じっくり描いていれば、多分それなりに普通の人でも見れるんだろう。主人公の心の揺れ動きとか、きっと面白いに違いない。
 だが、あまりにも流れが速すぎたので、流石にこれにはついていけない。置いてきぼり。

 まあ、内容が内容なので、知らない人は論外というか蚊帳の外というか、まったく気にしていないのかもしれないけど……来週以降もこの調子なら、見続けるのは大変だろうなぁ。
 しいて言うならば、動物キャラが可愛かったので、その点では和み癒しに満ちた作品でした。EDかわいいよED。

 ちなみに印象としては、ばかっぷるラブコメなんですが、これで正しいのかなぁ……。


●絶対可憐チルドレン
http://www.z-child.com/
 これが週刊少年サンデーの漫画だということに、軽く衝撃をうけますね。
 超強力エスパー3人娘の活躍とか日々の日常とかを描くアニメ……のはずなんですが、見てみたら想像以上に少年漫画っぽさが無い。
 ちなちゃの漫画にしか見えん……(りなちゃ=りぼん・なかよし・ちゃお)。
 キャラもストーリーも悪くは無いんですけど、サンデーにこういう作品が載って、しかもアニメ化までされているという事実には、ちょっと驚きますね。まあ最近はジャンプだって少女漫画が載る時代なので、週刊少年漫画誌って、こんなものなのかもしれません。

 みたいな事を思いながら見ました。作品自体は割と好きかなぁ。


●RD潜脳捜査室
http://www.ntv.co.jp/RD/
 ネット局に含まれていたので、物は試しで見てみました。
 うーん。
 この手のアニメにありがちですが「謎」の部分が多くて、いまいちしっくりきません。むむむ、と眉を寄せたままで時間が過ぎて、終わっちゃった感じ。
 おじいさんと女の子の交流はほほえましくてよかったけど、それ以外は何をどう感想をまとめたらいいのやら、って感じです。
 見続けたら、じわじわ面白いのかしら。んー、私にはもう少し、気楽に見れるアニメがいいです。


●秘密
http://www.ntv.co.jp/secret/
 放送地域外ですが、ツテを頼って録画してもらいました。
 原作コミックが好きなので、見てみたかったわけですよ。
 結果。
 ……ああ、うん。なるほどね。
 原作を期待したまま見てはいけないアニメでした。期待していなければ、そこそこ楽しめたかもしれないけど、これは原作好きな私には、ちょっとキツいかも。
 ……次からは録画いらない、って言っておこうかなぁと思わされました。
 しかし、放送地域に住んでいて見れる環境で「あーあ」ってなるのと、見れない環境で何も知らず「見てみたいよう」ってなっているのと、どっちがいいんだろうなぁ。


●コードギアスR2
http://www.geass.jp/index.html
(これだけ2話まで見ました)
 深夜枠から、土曜6時枠が移動して新設された、日曜5時枠へと移動してきた脅威のアニメ。
 制作陣が「本当はこの時間に放送したかったけど、既にタイアップ番組が決まっていて深夜になった」と残念がっていた、その枠で放送される事になったからなー。しかも、前作はその土曜6時のアニメにダブルスコア以上の視聴率を取ったし。すごいものです。

 前作の方は、特別放送された最終話しか見ていないのですが、それでも前作の設定をまるっきり無視して進んでいく1話はすごいなぁと感じました。
 ちゃんと、ヘンテコ展開になっている理由は2話あたりまでに、ある程度説明されるんですが、設定持越しでザクザクと進むよりは、こういった進み方の方が、私のように「見た事は無いが大枠くらいなら知っている」という人には馴染みやすかったですねー。完全に新規の人とか、反対に前シリーズを毎回欠かさず見ていたような人の感想は、また違うんでしょうね。そう考えるとちょっと面白い。

 なかなか派手目の展開で面白かったので、とりあえず次回以降も期待してみようかと。



●×××HOLiC◆継
 http://www.tbs.co.jp/holic/index-j.html
 前に放送されていた続きからはじまる第2シリーズ。前のシリーズは放送されていたのに、第2シリーズは放送から漏れてしまって涙目な北海道ですよ。
 というわけでビデオ貰って見ました。2話一気に見たので、2話までの感想。
 雰囲気は、前のシリーズと一緒。原作の雰囲気を出しつつミステリーだったり伝奇だったりホラーだったりと、ダークさとシリアスさを漂わせつついい感じです。主題歌も同じスガシカオなので、全然印象が変わってません。ファンとしては、何も変わっていないところを強く評価したいです。
 ああ、大きな違いを挙げるなら、1話完結じゃなくなりました。が、これは、今扱っているエピソードが連続しているからなので、これが済んだら1話完結に戻る……のか? 書いててなんですが、ここら辺からのHOLiCは原作だと割とストーリー続きっぱなしだった気がするので、オリジナルが入らなければアニメも連続になっていくのかも。
 第1話としての感想になっていない気がしますが、相変わらず面白くていいですね。放送局が減ってしまったのが、凄く残念です。


●ToLOVEる
 http://www.tbs.co.jp/anime/to-love-ru/index-j.html
 関東では、HOLiCとあわせて1時間枠だそうで。一緒に録画してもらって見ました。原作は、何故ジャンプに連載されているのか不思議でならない超えっちまんが。
 アニメ雑誌を見たら、スタッフが「放送の限界に挑戦します」とコメントしていたので興味を持ったんですが、確かに夕方放送のアニメではできないんだろうなーという演出が満載でした。オープニングとか。お風呂とか。裸で添い寝とか。変にえっちくした変身……じゃなくて着替えシーンとか。でも純情ロマンチカの方がよっぽどヤバい。
 まあ、どこからどう考えても、アニメも突っ走る気満々みたいですね。なんつーか、テレビアニメの限界が見れそうな作品ぽいので、実は結構見る価値があるのではと思ってます。内容も、エロ方面に突っ走らなければ、そんなに悪くは無いんですけどね、一応。


●図書館戦争
 http://www.toshokan-sensou.com/
 アニメの第1話を見るのも、そろそろラストでしょーか。
 これも北海道では放送が無いので、録画して貰いました。
 この作品は、小説が原作です。昨今には珍しくライトノベルじゃない……でいいのかな。発行元的にはラノベなんですが、形態が文庫じゃなくて単行本なので、一応文芸書なんですよね。でも戯言シリーズがラノベ扱いなら、これもラノベかしら。
 内容は、原作はぐっと我慢しつつ、漫画版(LaLa版)を追いかけているので、ある程度は見知った状態での視聴です。
 漫画との比較ですが、かなり原作の内容をじっくりと扱っている気がします。印象的なシーンをしっかり扱っていて、そして、とても面白いのです(ただし、ここは「漫画とアニメの両方で同じシーンをはしょった」可能性があるのですが)。
 一番いいと思ったのは、主人公が「白馬の王子様」を回想するシーンで、あえて声をいれずに、王子様の言葉を「字幕」で表現したところ。これは、とてもいい演出だと思ってます。ここに声が入っていると、安っぽくなりそうだし。あえて声を入れないことで、ぐっと良いシーンになっていると思うのですよ。
 あとあと、このシーンの真相を思い知る時とかが楽しみになりますしね。

 漫画を見たときに思ったんですが、これは、かなり原作が面白いんでしょうねー。読みたいなぁ。とりあえず漫画やアニメを追うつもりなんですが、我慢しきれなくなりそうです。

 ……って、今アドレス張るのに公式見たら、なんか北海道での放送追加されてるじゃあないですか! なんてことだ! 嬉しいぞ!(笑)
 4月27日から日曜深夜26時から。……よ、ようし。これはまた、第1話から順番に見よう(笑)
2008/04/15 (Tue) 00:21 | テレビ | コメントする(0) | Trackback(0)
 そろそろ、何を見て、何の感想を書いていなくて、あとなに見ていない番組が残っているのか、だいぶ頭がぐちゃぐちゃになってきました春の新番組。

 それはともかく。

 今回の感想はソウルイーターです。
 本当の表記は英字らしいのですが、かと思えば公式サイトでもカタカナ表記。とりあえず、書きやすいのでカタカナにしておきます。

 ストーリーを簡単にまとめると、死神の武器「デスサイズ」を完成させる為に奮闘する「職人」と「武器」の二人三脚が描かれる戦闘アニメです。原作は漫画。

 CMで見た時の印象は「声が微妙だなぁ」だったんですが、本編を見たらCMよりは良かったかな。でもまあ、なんというか……新人さんなのかな? イマイチ声がピンとこないというか。主役コンビが両方とも今ひとつに感じてしまいました(これは個人的な趣味とかもあるのかもしれませんが)。

 映像の方は、ぐるんぐるん動き回っていて楽しいですね。原作からしても動きが魅力になる作品のはずなので、今後も、ぜひぐるんぐるん動きまくって欲しいですねー。派手な動きがあって、「動」の部分が楽しめるのなら、面白い作品として楽しめそうです。
 声は、回を経るごとによくなっていくことに期待です。

 あと、この作品は「レイトショー」と題して、再編集版が深夜に再放送されるという試みがあるので、こちらの出来が楽しみですね。ドルアーガの塔みたいな造りでは無いと思いますが、2本まとめて見てみたら、新しい発見とか面白いところなどがあるかも、しれないし。
 レイトショーの方も見てから、もう1回感想をかくつもりです。
2008/04/14 (Mon) 23:52 | テレビ | コメントする(0) | Trackback(0)
 見に行ってしまいました。
 仮面ライダー&キバ クライマックス刑事
 最初は、そんなに行くつもりなんてなかったのよ。
 でも、なんだかふと見たくなってしまったのよ。

 そんな訳で、市内で唯一の公開劇場がある、札幌ファクトリーまで行ってきました。
 公開初日だけあって、全席指定。驚いたことに、上演30分前に着いたら、もうほとんどいい席は埋まってました。前から5列目(少し端の方)みたいな席になりましたが、1回遅らせるほどじゃないよなー、と、そのまま一番近い回で見てくることに。
 とりあえず、飲み物とかチュリトス(お菓子)を買って座席へ。

 視線高っ。

 ちょっぴり首が疲れそうです。でも、まあ、最近視力が落ちている私には、遠いよりはこの方がいいだろうきっと、うん。
 シアター内は、ざっと見た感じ、親子連れそこそこ+大きなお友達そこそこ。子供といっても、わんわん泣き出すようなおちびさんは、いなかったように思います。そこそこ年齢高めというか、小学生くらいばかりだったような印象。ちょっと上(高学年か中学生くらい)の女の子グループとか、制服姿の女の子とか、そういった子もチラホラ見ました。
 私みたいなパターンは、流石に少なかったなぁ。当たり前か。

 内容は、実にいいお馬鹿映画。わりと本編も無視して「もしも」な感じで進みます。
 でも、それでいてちゃんと、本編でのいいところとか反映されていて、電王をずっと見てた人なら、がっつり楽しめる内容なのではないでしょーか。
 ネタバレを和らげつつ、印象的なシーンをまとめると、

・この映画ではイマジンやデンライナーが公的機関(警察)に認知されている模様
・デンライナーの内部はすっかり警察署
・国会議事堂とか出てくるとは思わなかった
・おねーちゃんとリュウタロスの交流。リュウタロスファンなら号泣できるレベル
・うっかり事故で良太郎以外に憑依しちゃうタロスたち
・ところで電王の設定忘れ去られてない?

 って感じでしょうか。
 設定とか、私の記憶では今回の映画の内容と矛盾があるように思うんですが、そういうのあんまり気にしないで、すかーっと見て楽しんで「ああ面白かった」って感じになれる、かなりいい娯楽映画じゃないかなーと思うのでした。
 番外編というかなんというか、TVの続きを期待していた人には全然違う内容になっていると思われますが、私にはこの方向性は面白かったです。電王らしいというか。

 で、まあ、基本は電王組ばかりが出てくる内容だったので、キバの出番は、ほんの少しでした。多分、一番キバ組が目立っていたのは、本編前に上映された「モモタロスのキバっていくぜ」ではないかと(笑)
 現代側は脇役+戦闘シーンちょっぴり。過去編は本当に一瞬という感じでした。正直、ほんとのオマケですね。期待していたら、凄まじい勢いでガックリでしょう。タイトルにいるので、もうちょっと出るんじゃないかと考えていたら、かなりの脇役ぶりでしたから。
 まあ、この映画を見に行く人で、キバに期待しているような人は、あんまりいないと思いますけどね。

 ちなみに、残念だったことを上げると……初日だったのにパンフレットが品切れしていたこと。
 これは、想像以上に売れまくったという事でいいんでしょーか。
 でも、初日で売り切れだなんてのは初めてだったので、ちょっと驚きました。
 映画に行くたび、必ずパンフレットをコレクションしているので、正直かなりガックリなのですが、まあ、無い物は無いので、仕方ないんだろうなぁ……。
2008/04/12 (Sat) 22:55 | 映画 | コメントする(0) | Trackback(0)
 早速遊んでみた。

 こーれーはー、面白い。

 すごいわー。甘く見てましたハンドル型コントローラ。気が付いたら、体を乗り出して右へ左へハンドルを切ってる(笑)これは、すごく楽しいです。
 まだ、1人用プレイを少し触ってみただけなんですが、ついつい熱中して「もう1レース!」って気分になってしまうから困りもの。おそろしや。

 操作は、ハンドルのお陰ですごく簡単です。走る時に2ボタンを押して、ドリフトする時はそのまま1ボタン。左右の移動はハンドルを傾けるだけ。アイテムを使いたくなったら、使いたい方向に十字キーを入れればいい。
 ドリフトはオートにすることもできるので、その場合は「2ボタンを押しっぱなしにしてハンドルを左右に切る」だけで遊べます。
 なんだこれ。
 家庭用ゲーム機というか、ゲーセンでカーレースゲーム遊んでる感じ。
 すごいなー、最初はおっかなびっくりだったけど、本当にちょっと傾けるだけでもちゃんと反応して左右の位置を微調整できるんだもの。ゲーム機の進化を見ました。
 センサーの角度のせいなのか、どうも「まっすぐ走る」のが苦手なんですが、これは多分、センサーの位置を微調整したら、何とかなるんだろうな……いやあ、Wiiは本当に面白いゲーム機です。

 しばらく遊んでいたら、カートの種類が1つ増えて、隠しキャラが1人出現しました。まだ「?」マークのところがチラホラあるので、結構遊びがいがありそうです。
 当分、家でハンドルを握る日々になりそう(笑)
2008/04/10 (Thu) 23:24 | ゲーム | コメントする(2) | Trackback(0)
 最近、テレビの話題が多くなったので、記事が増えて手遅れにならないうちに(笑)「テレビ」カテゴリを増やしてみました。
 ついでに少し順番を入れ替えて、記事が多目のカテゴリを上の方に動かしたり。

 カテゴリ、しばらく気にしていなかったけど、「PBM/PBW」「ちびギャラリー」「引っ越し」あたりは最近まったく使ってないので、このままカテゴリとして残すか、それとも消してしまうかで少し悩み中。
 特に、ちびぎゃらは雑記の中に戻しても十分そうなので、削ってしまおうかなぁ……。

 PBM/PBWは、関連記事を全部検索できるワードが無いし、また何かそのうち記事にすることもあるかもしれないので、残すつもりですが。
 問題は、引っ越し。引っ越しなんて、そうそうやらないんだから、更新頻度は低くて当たり前なんですよね。カテゴリ分けしておいて、どこかで役立ったり便利なことがあるかというと……うーん、どうなんだろ。引っ越し関連記事をひとまとめに読める、くらいの利点はありそうですが、逆に言うと、それが必要かって話で……むむ。
 まあ、そのうち消えているかもしれませんが、そういうことですよってことで。
2008/04/09 (Wed) 23:39 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 というわけで、水曜日がやってきました。勿論今夜も見ましたよ。
 このドラマはセブン萌えすぎる。
 最初は「地味な展開だなぁ」「第2話だし、のんびりいくのかな?」とか思っていたら、ちょっとずつ助走して、後半になればなるほど面白くなっていくという、見事な盛り上がりでした。
 30分の番組は、あっという間で少し物足りないけど、密度があってメリハリが効いていて、見ごたえはありますね。

 今夜のセブンは、ケイタ(主人公)にマナーモードにされて喋れなくなったので、メールでいろいろと話しかけて煙たがられてみたり、固くて真面目で目上視線から口やかましいので「ケータイなんだから、もうちょっとこっちにあわせた喋りしろよ!」「どんな喋り?そのくらい自分で調べろよ!」とケイタに言われてしまったり(ここは後半の伏線にもなっている)。
 オプションパーツの『シーカー』を、「あれ、どう装備するんだっけ?」って顔しながらせっせと手動で装着してみたり、装着後に決め台詞と共にポーズとを取って「格好いいと思ってる?」と真顔で突っ込まれて、言葉に詰まってたじろいだり。
 自転車のかごの中でガコガコ揺られたり、サーバールーム内で肉弾戦したり。
 最後に序盤の展開を踏まえて「やる、じゃん」とくだけた物言いにチャレンジしてみたら、使い方間違ってると言われて、あれ?ってなるとか。

 いやあ、セブン萌え要素満載の30分でした。特に中盤以降。
 もちろんセブンだけしか褒めるところが無いわけではなく、ストーリーもちゃんと面白いですよ。
 特に、悪事を働いているフォンブレイバー01とゼブンが直接対決するシーンは、じっくり扱われていて良かったですね。2人の関係や、ゼロワンが悪事に走った理由なんかが、とても分かりやすく理解できるシーンだったし、ちゃんとケイタのいいところも描写されていたし。
 ケイタが、すごく優しくていい子で、それを目の前で見たセブンが「やる、じゃん」と歩み寄ろうとする……という流れは、組んだばかりのバディの絆が深まるシーンとして、とてもよかったと思う。
 悪に誘われても揺らがずに断ったセブンでしたけど、あのタイミングで更に「正義」の側に繋ぎ止めるという演出にもなっていたし。話作りが巧みですね。

 あと、このシーンが良かったのは、CGの出来が良かったというのもあるんでしょうねー。最近のCGって、本当にすごいや。番組と雰囲気を合わせてあるのもあるんだろうけど、チープな番組によくある「あからさまなCGで萎える」という事が全く無いので、違和感無く楽しめます。
 CGのよさは、ごく普通の会話シーンとかにも現れるからなー。CGに違和感があると、画面を見ていてイマイチ感が漂うんですが、この番組は朝の特撮番組などと比べても、それが無いので、とてもいいんですよね。だから安心して見れて楽しめる。いい作品です、本当に。

 本編が面白くて、そしてセブンがあまりに可愛いので、「ゼブンのおもちゃって喋るんだよねー。今月末の発売かー、買っちゃおうかなー?」とか思いつつ、また来週を待つのでした(笑)
 予告を見ると、次回はサードがメインになるようなので、これまでの話とはまたちょっと違った雰囲気になりそうで楽しみです。
2008/04/09 (Wed) 20:20 | テレビ | コメントする(0) | Trackback(0)
 新番組をいろいろ録画していると、そろそろ追いつかなくなってきますね。

 それはさておき、今度の番組はサラリーマンNEOです。NHKで日曜日23時から。NHKだけは全国一斉放送なので、日時が狂わないところがいいですね。

 サラリーマンNEOは、その名の通りサラリーマンを題材にしたバラエティー番組。ドラマっぽいのとか、コントとか、色々混ざっているけど、その混ざり具合がまた面白いのです。
 初回放送ということで、ドキドキしつつ待ち構えてみれば、いつもどおりの雰囲気で安心しました。
 この番組ではやっぱり、サラリーマン体操が一番好きなんですが、今回からは中越典子さんが増えてましたね。一緒に踊ってる。すごいや。このコーナー、何気に踊るの凄く大変だと思うんですが、(ぷるぷるしていたけど)ちゃんと一緒に踊っているところはすごいと思う。

 他のコーナーも面白くて、あっという間に終わっちゃいました。あー、やっぱりサラリーマンNEOはいいなぁ。曜日が前と変わってしまったけど、日曜日の方がある意味見やすいので、これはこれで見逃しにくくなっていいかもしれません。
 というわけで、また次回が楽しみ。
2008/04/08 (Tue) 22:07 | テレビ | コメントする(0) | Trackback(0)
 とりあえず片っ端から新番組を見てみようキャンペーン。

 というわけで、今度は「ドルアーガの塔」です。
 元はゲームですが、ゲームの方は遊んだことがありません。でもアニメのメインキャラは別にゲームと関係ないらしいので、どっちにしてもあんまり関係ないのかも。

 この作品の面白いところは、第1話に「表」と「裏」の2つがあること。
 表が地上波放送版で、裏がGyao放送版だそうで。
 とりあえず、録画予約してみた第1話の方から。

 いや、まあ、なんていうか。
 素敵な第1話でした。
 これは画期的。面白かったけど(笑)主人公は勇者です、という壮大なストーリーを30分やった上で、最後の最後で地の底まで叩き落すこの展開。途中までのノリといい雰囲気といい大好きです。

 ここまで見た上で、裏1話を見てみれば、そりゃあもう面白いのなんのって。
 表とのシンクロぶりや「ああ、実はこういうことだったのね」というシーンやら。主人公に向かってばーかばーか言いながら見れるアニメって貴重だと思うわけです。
 それでいて、表とは関係のないキャラのシーンなどもあって、この後どうなっていくのかなーと思わせぶりな演出もいろいろ。こういう仕掛けは上手ですね。
 でも、地上波放送だけの人は、このシーンを見れないわけで。なので、今後関係があるとしても「知っていたらニヤリとできる」ってくらいなんでしょうねー。

 表と裏があるのは、どうやら今回だけらしいのですが、とても楽しい試みで、両方見ても飽きが来ないし、かなり面白かったです。
 んー、できれば、Gyaoの方はもうちょっと配信を長くして欲しかったかな。ちょっと短すぎる。ビデオ録画して、後からゆっくり……ってタイプの人だと、大体見逃しちゃうもの。私も危なかったし。宣伝効果とか何か狙いはあるんだろうけど……せめて1週間くらいは見れるようにしておいてほしいなぁ。

 ちなみに、一番謎が残ったのはオープニングで、何故か学園生活を送っている風景が描かれていることなんですが、これ実は後々の伏線にでもなってるんでしょーか。
 ありがちなものとしては「実はネトゲ」という「.hack」ですっかり定番になってしまった方式なんですが、それとはちょっと違いそうな気はするんだけど……んー、どうなんだろうなぁ。そのうち分かるのかなぁ。

 とりあえず「一応1話を見ておくか」くらいで全然期待していなかったのに、予想外に超面白かったので、1回限りのつもりでしたが、次もまた見てみたいと思います。
2008/04/07 (Mon) 00:32 | テレビ | コメントする(0) | Trackback(1)
 しまった。
 なんてことだ。
 録画しておくんだったー!

 今夜のロスタイム・ライフを見ていた訳ですが、今回の出来が素晴らしすぎる。
 もうね、途中で涙腺緩んじゃって大変ですよ。
 コミカルなシーンもあったけど、進むうちに号泣ポイント満載なんだもの。
 エンディングで今日の流れを見て、この展開に至るまでに実はちゃんと伏線が張ってあったことに気付いて、すごくもう1回見たい気分になった訳ですよ。見れないけど!
 ああもう失敗したなぁ。これは録画しておくべきだった。

 軽くネタバレになりますが、今日はまず死ぬ瞬間の様子と、そしてそこで出現した審判と実況解説がとにかくコミカルすぎて、冒頭から笑いが止まらないわけですよ。
 雪被りながら入ってくる副審とか。階段から落ちてスコアボードの心配をする副審とか。突然押入れを開けたらそこにいる実況解説コンビとか。
 エンディング見てたら、おかーちゃんが合間合間のシーンで胸を押さえてるのよ。
 実は伏線だよねこれ。すごいなぁ。そういや冒頭で、主人公が死因について妙に詳しく独白しているシーンがあったけど、これも実は伏線の1つだよね。解りやすいが面白くて納得できる。すごいなぁ。
 ああもう、もう1回見せて欲しいです、ほんとに。

 内容に触れる感想を書くのは難しいので、ネタばれっぽい内容は、ここまでにして。

 今夜は大泉洋さんの回で、かつ一応の最終回という日だったので、そこそこ期待していたのですが、そこそこどころか、とんでもなく面白い話でした。
 「ひきこもり編」って付いているだけあって、ひきこもりっぷり満載の生活が描かれているんですが、そこがまたいいのね。残念ながら「ああ、わかるわかる」って思わず頷けてしまうシーンばかりな上、このひきこもり生活をじっくり描いているからこそ、後半の感動に繋がるわけで。

 すごく良かったです。
 未だに話を聞かないので、難しいのかもしれないけど、これは是非DVDになって欲しいですね。手元に置いておきたい作品です。

 次からは延長戦と題して前後編の放送があるので、こちらも楽しみ。
2008/04/06 (Sun) 00:21 | テレビ | コメントする(0) | Trackback(0)
 4月10日発売予定の、マリオカートWiiを予約してみました。
 せっかくWiiあるから、何かソフトを買ってみようかなーと思っていたのですが、ちょうどマリオカートが出るようなので遊んでみようかなと。
 車のハンドル型のコントローラーが同梱されるようなので、そこが面白そうかなと思ったのも理由だったりして。Wiiのリモコンをくっつけて使うようなのですが、車を運転しているような、にわかドライバー気分が楽しめそうです(笑)
 アクション苦手なので、適正が無いような気がするところが不安ですが(笑)とりあえず発売日を楽しみにしておこうと思います。
2008/04/05 (Sat) 00:09 | ゲーム | コメントする(2) | Trackback(0)
 稼動からかなりたちましたが、ようやく遊んできました。
 遊ぼうとしたらカードを忘れ、今度こそと思ったら持ってきたカードが違うカードて……。
 2度も裏切られた気分になったわけですが、3度目の正直で、ようやく正しいカードを携えてマジアカ5デビューです。

 まず、先生がアメリアになっている事に大ショックを受けえる。
 2の時からずっとお世話になって来た、あの毒舌Sのリディア先生はどこへ……!
 とうとう担任設定を持ち越せなくなってしまったんですね。
 これは、すごく残念。

 気を取り直して。
 予選でルートを選べるのは面白いですね。自分の得意ジャンルを選ぶか、形式優先にするか。多数決とはいえ、苦手なところに行ってしまうと大変なので、選択画面がとてもハラハラします(笑)
 で、早速、新形式のスロットが出たんですが……す、すろっと、答えにくい。慣れなんだろうけど、最初はどう答えたらいいのかサッパリ解らなかったし、分かった後も、あのくるくる~っと回すのがどうにも慣れないというか……もうちょっと慣れたら変わるのかしら。

 他のクイズは、それほど劇的に変わった!って感じは無かったですね。4と5で一番の置き換わったのはイラストで、後は些細な変化かな、って感じ。イラストは、新作になればなるほど私の好みから離れていくのが、実に残念なところです……近作は優勝画面だけじゃなくて、普段のキャラの立ち絵までアニメ絵になってしまったし。キャラがどうも可愛くなくなってしまった感じがして寂しいです。

 あと。
 遊んで思ったけど、先生って偉大だわ。ガイドしてくれる先生によって、ここまで雰囲気が変わるゲームだったんですね、マジアカって。アメリア先生は普通だ、超普通すぎる。それが決して悪いわけではないけど……リディア先生カムバック。
 あー、リディア先生に戻したい。早く戻せるといいなぁ。
2008/04/04 (Fri) 23:19 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
 すっかり忘れていたドラマがありましたよ。
 NHKだから油断していました。バッテリーのドラマ版が、今夜8時からスタートです。

 昨日、Wiiのテレビ番組表を見ているときに「バッテリー」の文字を見て「そういやこれ今期のドラマだった!」と思い出したんですよね。
 ああ、危ない危ない。そうじゃなかったら見逃してた。

 ちなみにバッテリーは、あさのあつこさん原作の児童文学。野球少年の物語なのですが、子供視点での語り口が素晴らしくて胸にじんじんときます。1度読み始めると、続きが気になって気になって止まらなくなるので、なかなかに読むのが怖い本です(笑)

 というわけで、今日もまた8時少し前から、コタツの前で待ち構え。
 まず、主人公の巧がイメージピッタリ。巧ってこういう感じだよね、と冒頭から思わず納得してしまいます。実際に喋るところを聞いたら、声はもうちょっと低目がイメージかなぁと思ったけど、よく考えたら12歳なので、このくらいの年頃なら、こんなものかなぁ。
 相方、豪はイメージよりもひょろっこい感じでしたね。もうちょっとがっちりずっしり大柄なイメージでした。見ていくうちに、豪の性格には似合っている子だとは思ったけど、でも設定が設定なので(超天才ピッチャーの球を受けるキャッチャー役なので)、もうちょっとガッシリさが欲しかったかも。見ていくうち、後半に差し掛かる頃には気にならなくなったけどね。

 ストーリーの驚きポイントは、豪がお受験で別の中学に進学する展開になっていたことですね。小説にいたキャラが1人減って、豪が2人をごちゃ混ぜにした設定になっちゃってる。
 うへー、なんという改変! という気分にはなったけど、見ていくとなるほど、一応ちゃんとまとめてある。ただ……さすがに超進学校に合格した野球少年が、その中学の寮まで行ったくせに戻ってくるって設定は、ちょいご都合主義かなとも思う。
 で、そう思いつつ公式サイトに行ったら、次回予告が、

 巧とのバッテリーのために進学先さえ変えた豪は愕然とする。

 ……なのよね。
 見た瞬間「ああ、なるほど」と納得ですよ。これはいい。2巻を読んだから言えるのかもしれないけど、このシーンは絶対に、こっちの設定の方がよくなると思う。
 ドラマの都合上、キャストを1人減らしたいという思惑があったことは確かなんだろうけど、そこで、それをうまく利用したのは凄いですね。プロってすごいなぁ……。

 他にも、病弱な青波にべったりなママン役の斉藤由貴さんが、視聴者をじりじりとさせてくれる素晴らしい演技で表現していたり、青波もしっかり雰囲気が再現されていたり、かなりいい感じ。
 野球シーンも、出演者の演技に加えて、CGがうるさく感じない程度にそっと添えられていて、そのバランスがお上手。とても落ち着いて見れます。

 難点があるとすれば音楽。Mr.Childrenの主題歌は非常に素晴らしく、見ているだけでじわじわと胸にくるくらいの仕上がりだったのですが、BGMが今ひとつ。ピンとこないというか。まだ第1話だから、まだまだこれからなのかもしれないけど、今後のシーンもこういう曲調ばかりだと、ちょっとテンション上がらないかも。
 あと、大人相手に野球勝負するシーン。ここがちょっと物足りなかった。扱いがあっさり過ぎて悲しいというか……あっけなく終わった上、不完全燃焼っぽい気分になりました。むーう。

 でも、そこら辺を差し引いても、これはいいドラマ。
 昨日のケータイ捜査官7に続き、こっちも視聴を続けようと思います。
 そういえば、次の回ってどこまで進むのかな? 2巻目はイベント盛りだくさんだし、全10回らしいので、途中までになりそうな気がするけど……ああ、でも、来月には追い越されてしまうよね。
 ……ああっ、早く3巻読まなくっちゃ!
 ドラマに追い越される前に、続きを読みたいー!
2008/04/03 (Thu) 22:06 | テレビ | コメントする(0) | Trackback(1)
 まずい。
 これは面白い。

 というわけで、期待の新番組「ケータイ捜査官7」を見ましたよ。
 堂々と「ケータイ捜査官7見るから帰ります!」と宣言して会社から帰ってきて、1時間コタツに入ってテレビに首ったけ。

 こーれーはー面白い!

 まず、展開がサクサクして早い。携帯ロボット「セブン」の大真面目なのに変という設定と、その言動の軽妙さも面白い。
 主人公は等身大、ごくごく普通の男の子。強いわけじゃないし、熱血漢でもない。だけど心優しくて一生懸命で、いい主人公。
 わりとシリアスな展開の癖に、コミカルなネタの仕込み具合もいい感じ。
 特に「ぴっ、ピザボンバーです!」「頼んでませんー!」(どっちも絶叫)のやり取りは、とても素晴らしかったと思う。

 惜しいところがあるとすれば、シリアスシーンが燃えないところ。戦闘シーンはいいんだ。組織の本部っぽいところでの会話や、エンディングがイマイチに感じるのは、たぶん役者の演技力のせいだ。
 主人公もそうだけど、特にヒロイン(なのか?)のテンションが悪い。組織で事情聴取しますのやり取りとか、どうにも……キャスティングミスなのか設定ミスなのかは知らないけど、このドラマで1人だけ浮きすぎ。
 慣れるんだろうか。それとも何かの伏線なんだろうか。彼女が出てくるだけで、げんなりしてしまうのですが。うーむむ。

 でも、些細な範疇かなー、という感じではあります。あと好みもあるだろうし。全体的に見て、とても楽しくていい内容でした。つか、セブンいいよセブン。大真面目なのにお馬鹿だったり、ツッコミだと思っていたらボケだったり、何気に萌えキャラだったり。たまらん。
 これは来週からも見よう。
 見ていない人にも、ぜひ全力でオススメしたいところ。

 放送は毎週水曜19時から。今日は1時間でしたが、通常はは30分番組です。
 今日見た感じだと、30分でも十分に面白くなると思う。

 あと、今日知ったんですが、このドラマって1年間なんですね。すごいや。つか、ドラマっていうか、特撮番組のくくりなんですね。なるほど、そっちの方がしっくりくるかも。
2008/04/02 (Wed) 20:31 | テレビ | コメントする(0) | Trackback(3)
 実は5月頭に東京に行くのですが(仕事で)、前泊かつ夕方から若干フリータイムがあるので、物は試しでこんなんネット予約してみました。

こちらは執事喫茶 Swallowtailです。
件名の通り、お席のご予約が完了致しました。


 というわけで、執事喫茶 Swallowtailの予約争奪戦に勝利しましたよ。

 ここは、いわゆる「メイド喫茶」のようなお店で、その名前の通り、執事さんが給仕してくれるという喫茶店です。
 完全予約制で、予約開始は1ヶ月前から。
 そして、予約開始からあっという間に全席埋まってしまうという、超人気店なのです。

 タイミングが一応平日とはいえゴールデンウィークなので、かなり厳しいんじゃないかと思っていたのですが、待ち構えて時間ちょうどにアクセスしたら、何とか確保できました。
 ちなみに、確保後に改めて予約ページを見てみたら、もうほとんど埋まってました。
 この時点で予約開始から約1分。
 残っていた席も、あっという間に無くなってました……。
 こ、こわー。凄い店だ。

 実は、本当に取れるとは思ってなかったので、取れてから「どうしよう?」って感じなんですが(笑)
 とりあえず予約手続きを完了して、メニューとかを、ぼへーっと眺めてみたり。
 サイトを見ていても、店のシステムがいまいちピンとこないのですが(馴染みが無い世界すぎて)、とりあえず行って初心者らしく、ゆるゆる過ごして来ようと思います。

 ……ツンデレお嬢様プレイとかしたら、付き合ってくれるんだろうか(たぶん無理)。

 飛行機到着から予約時刻まで、あんまり余裕が無いので、あとは当日飛行機がスムーズに飛んでくれるように祈っておこう。たぶん、30分以上遅れる事があったら間に合わないからなー。ぐぬぬ。やむを得ないのですが、ちょっとハラハラします。
2008/04/02 (Wed) 01:28 | 雑記 | コメントする(2) | Trackback(0)
 といってもソフトの方じゃありません。
 前に少し話題にした「ねんどろいど 初音ミク」(つまりフィギュア)が我が家にやってきました。

 早速開封して、パーツ組み替えて遊んでみたり。
 可愛いです。
 想像以上に造形が可愛くて、いろいろいじった後で飾ってしまいました。
 稼動するフィギュアって、こんなに面白いのねー。

 組み換えできるフィギュアの性なのか、ミクのおさげ部分が1度外れてしまった後、接合部が緩くなってしまって、ちょっと動かしただけで抜け落ちてしまう+緩いせいで大雑把にしか稼動させられなくなったという難点がありましたが、そこさえ除けば大満足。

 3000円の価値ありました。これは可愛い&楽しい。
 ピンキーストリートは稼動させられないからなー。もちろん、ピンキーは着せ替えできるという要素があるので、性質が違うんですが……ああでも、動くフィギュアの楽しさを知ってしまいました。
 リボルテックが人気な理由も、何となく分かった気がします。
2008/04/01 (Tue) 23:11 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。