上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
ななつのこ (創元推理文庫) 最近、慌しいながらも読んだ本がこれ。
 加納朋子さんの「ななつのこ」です。
 最近マイブームになっている、加納朋子さんのデビュー作。やっぱり読むならデビュー作をという事で手に取りました。

 ほんわかした雰囲気の表紙の通り、内容も、どことなくほんわかしています。
 ある日、主人公が手に取った1冊の本。それが「ななつのこ」。
 田舎暮らしの少年と、少年の身の回りに起こるちょっと不思議な事件と謎、そして、その話を聞いて謎を解き明かしてしまう不思議な女性……そんなストーリーが収録されている短編集「ななつのこ」。
 それを読んだ主人公は、ふと、作者にあててファンレターを書き始めます。身の回りに起きた「ちょっと不思議な事件」を添えて。
 すると、その手紙に届いた返事には、事件を解き明かす鍵が書かれていたのです……。

 という感じで、主人公の少女と「ななつのこ」の作者が、「ななつのこ」のエピソードを交えながら交流していく様子を綴った、ちょっと不思議な感じのするストーリーです。
 いわゆる「推理小説!」って感じの本ではありません。人が死ぬような事件は最初から最後まで起こりません。あくまでも、あるのは日常と、そんな日常にある「ちょっと不思議」な出来事だけです。
 でも、その不思議さ加減がいいんですよね、これが。
 終盤になって、そこまでのストーリーが収束して1つになってエンディングになる展開は、「このちょっとしたエピソードに、こんな意味が!」と驚かされつつも、とても気持ちのいいものです。

 一般的な人がイメージする「ミステリー」ではないけど、確かにこれは紛れもなくミステリーで、そして、とても面白い。
 ……という、とても素敵な1冊でした。
 って、同じような事を前の感想でも書いた気がするけど気にしない(笑)こういう作風の作家さんなんだなぁ、というのを改めて再確認した気がします。
 陰惨な話は嫌だけれど、ちょっと不思議な感じのする作品を読みたい、って人には、太鼓判を押して薦めたいですね。

 この本を読んでみても、やっぱりハズレが無いので、加納さんの本は全部読みたいものだなぁ。
 あと、この「ななつのこ」の関連書として、作中に登場する方の「ななつのこ」を絵本として実際に出版した物があるようなので、こっちも1度見てみたいですね。読んでみたら、すごく楽しそう。うん、探してみよう。

ななつのこななつのこ
加納 朋子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト
2007/10/21 (Sun) 22:06 | | コメントする(0) | Trackback(0)
いちばん初めにあった海 加納朋子さんの本を本格的に読んでみる事にしたので、いろいろ見比べて、これをチョイス。
「いちばん初めにあった海」です。
 本当は、デビュー作だという「ななつのこ」から読んでみるつもりでいたんですが、カバーに書かれていた「胸いっぱいに広がる、ぬくもりあふれたミステリー」というアオリ文章に、なんだか心惹かれたので、これを選択。

 この本には、表題作となる「いちばん初めにあった海」と、もう1本「化石の樹」という、2つの話が収録されています。
 まず、この構成が上手い。
 しばらく気付かなかったけど、気付いたら普通に感嘆です。なるほど、これは文学小説っぽくも見えるけど、紛れもなくミステリーだ。

 で、内容はというと。
「いちばん初めにあった海」は、1人暮らしをしている女性が主人公。ある日、見覚えの無い本を見つけて、開いてみたら、その中には見覚えの無い人物からの手紙が挟まっていて……という内容。
 彼女は、母親を失ってしまった傷を抱いているという設定です。なのですが、読み進めていくと、彼女が抱えているものは、それだけではないと分かります。「それが何なのか思い出せない」という主人公と一緒に、読者も一緒になって、失った記憶を追いかけていきます。
 それがなんであったのかを知るシーン、そしてエンディングでは、思わず感嘆の息をつきましたね。うん、こういうの大好きなのもあるんだろうけど、非常に上手い。

 本に、癒しと再生の物語……って書いてあったのですが、まさにテーマはそれです。
 失ったものがあり、それを癒して、再び立ち上がるところまで。
 そういうテーマがぎっしりと描かれている、素敵なお話。
 失った記憶を探る部分はミステリーですが、でも、どちらかというと素敵な文学小説を読んだ気分です。や、文学小説って読まないけど。勝手なイメージなので、ちゃんとした人から見たら、変なこと言ってるなぁってなるかもしれません(笑)

 で、もう1作の「化石の樹」では、主人公は別の人物に変わります。視点から男性だと分かります。つまり、「いちばん~」とは別人。
 ここでは、「いちばん~」とは全然違うストーリーが描かれます。彼が子供の頃に見た、化石の樹のはなし。出会った不思議な女の子のこと。
 それから、譲り渡されたノートと、それに描かれた、とある女性の手記の内容。幼稚園にやってきた、ある親娘について描かれます。

 扱われているのは虐待です。母と娘の関係。心に痛いけど、それほどキツく感じないのは、作者の上手さなんだろうなぁ。キャラクター性、雰囲気、文体まで全部素敵すぎる。
 ここで残される謎は、母の唐突な死と、娘が呟いた不穏な言葉。もしかして、本当に娘が母を殺したのだろうか……?

 といった謎を追いかけていくのですが、「いちばん~」よりも短い話なので、「いちばん~」の後で読むと、割とあっさり終わった気分になれます。
 ただし、面白さは引けを取りません。じっくり読むと、「いちばん~」の時から仕込まれていた複線に気付かされて、かなり楽しいです。両方読んだあとなら、これがまぎれもなくミステリーだという事が、よくわかります。
 私個人の趣味でいうなら、2つの短編を比較すると、こちらの方が好みかもしれません。もちろん、2編揃っていなければ、そもそもの面白さが半減なのですが。

 それにしても、いまのところ、4冊読んでどれも当たりっていうのは、すごいかも。
 きっと、私に合う作家さんなんでしょうね。
 これは残りの作品にも期待です。早く読まなくちゃ。

いちばん初めにあった海 (角川文庫)いちばん初めにあった海 (角川文庫)
加納 朋子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 
2007/10/19 (Fri) 00:33 | | コメントする(0) | Trackback(0)
remains 最近、ZABADAKというグループがマイブームです。
 前から聞いていたグループではあるのですが、最近になって、昔の曲(ZABADAKは80年代デビューのグループです)を集めてみようと思ったのですね。

 というのも、ZABADAKは大まかに分けると「のれんわけ」の前か後かに分かれるのです。
 私はのれんわけによってZABADAKを去った上野洋子さんのボーカルが好みなので、初期の方のZABADAKが好き。
 昔の曲をあんまり知らないのに、初期ZABADAKが好きというのも面白い話ですが、これは、大昔に貰ったMP3にZABADAKが入っていて、その曲が気に入っていた……ってのが理由です。ちなみに、その曲は「満ち潮の夜」。

 で、さあ曲を集めるぞーと思った私に立ちはだかる障害。
 それは。
 ……初期ZABADAKのCDは、大体全部廃盤になっているのでした……(涙)。

 というわけで、ヤフオクでプレミア価格とにらめっこしつつ、格安出品されているタイミングを見計らって、できるだけ安くで落札するというのを目論見つつ、Amazonで唯一在庫のあった、のれんまえZABADAKのCDをGETです。

 前置きが長くなりましたが、そのCDがこれ。
「リメインズ」です。
 収録されているのは、のれんまえのZABADAKの中でも、比較的後半に発売されたCDSの楽曲(表題とカップリング曲の詰め合わせ)です。
 他のアルバムには未収録の曲が多いというレア楽曲集……という位置づけだったらしいのですが、CDSの方が既に廃盤になっている上、のれんまえのアルバムも、ほぼ全滅なので、今ではむしろ入手の敷居が低いです。全然レアではありません(笑)

 収録されている曲は、しっとりした曲、軽快な曲、色々揃っていていいですね。
 満ち潮の夜を聞いていると「民俗音楽のグループ」というイメージがあったんですが、常にそれ一色ってわけではないのですね。当時のポップスらしい雰囲気もあって、なんだかいいなぁという気分。
 波長の合う音楽って、やっぱり大切ですね。

 一番のお気に入りは「星狩り」。
 あれだ。ちょっとポップな曲調に不思議系の歌詞という、そういう組み合わせが好きなんだねきっと(笑)
 その次だと「光の人」。上野さんボーカルじゃないけど、これはとてもいい曲。うん、これはアルバムを買ってみてよかった。
 もう10年以上前の曲ばかりだけど、素敵な音楽に時間は関係ないものですね、やっぱり。

remainsremains
ZABADAK


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2007/10/18 (Thu) 01:02 | 音楽 | コメントする(0) | Trackback(0)
魔女の死んだ家 そろそろ、未読のミステリーランドも減ってきたと思いつつ、今回読んだのは「魔女の死んだ家」。タイトルもそうですが、手に取った本の雰囲気が、ちょっとダークな感じだったので、なんとなく敬遠していたんですよね。

 これが、読んでみたら面白かった。
 ついつい面白くて眠るのを忘れて読みふけっちゃいましたよ。

 ストーリーは、とある子供の視点からスタート。
 子供が、母親と二人暮し。使用人はいるけど、父親はいない。
 母親は、いろいろな人を家に招いている。その辺りの行動から「魔女」と囁かれている彼女は、ある日、その「家」で死んでしまいます。

 ここまでが子供の視点で描かれた上で、その後は、「彼女の死について聞かれた人が話す」という形で、いろいろな人が「魔女」について語っていきます。
 これが、人によって語っている内容が全然違う。なので、読者は
「魔女って、本当はどんな人だったんだろう?」
「魔女の死には、実際のところ、どんな秘密があったんだろう?」
 と、あれこれ頭を悩ませながら、読み進めていくわけです。

 最後には、彼らが全員揃ったところで、「魔女」について、彼女の死について、真相が明らかになって、おしまい。

 ザッピングというか、小説としては特殊な形態が取られているけど、これが、わかりやすく噛み砕いた文体で書かれている(ように思う)から、あんまり読むのは難しくないです。
 むしろ、するするっと読めて、その上で更に先が気になってしまうという、かなり魅力的な本でした。
 一人一人の視点によって語られているので、1章の区切りがいいのも理由かな。
 次々と出てくる、思いっきり食い違ってる情報に頭をぐるぐるさせつつ、いろいろ予想して読んで、最後の解決編ですっきりさせる……といった、ミステリーらしさを堪能できてよかったです。

 毎度の事ですが、ミステリーランドは変に敬遠すると、敬遠した事を後悔しますね。
 これは、とてもいい本でした。
 全然読んだ事のない作者さんだったけど、他の作品も読んでみたいと思います。うん、こういう出会いがあるから、ミステリーランドは止められませんね。

魔女の死んだ家 (ミステリーランド)魔女の死んだ家 (ミステリーランド)
篠田 真由美


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2007/10/15 (Mon) 00:05 | | コメントする(0) | Trackback(0)
ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド) ミステリーランドの新刊(と呼ぶには発売から結構過ぎちゃったけど)の、「ぐるぐる猿と歌う鳥」を読みました。
 作者は加納朋子さん。「ささらさや」や「てるてるあした」の人ですね。この2冊を見て、とても好きになってしまった作者さんだったので、ミステリーランドで本を出すと知って、とても期待していました。

 舞台は九州。とある企業の従業員と家族が暮らしている平屋の団地。ここに引っ越してきた男の子と、その子が通う小学校、小学校で親しくなる子供達。けど、この団地に暮らす子供達は、とっても大きな「秘密」を共有していて……。

 といった内容で繰り広げられるミステリー。現実的に有り得るかどうか、をさておいて、とても面白い内容でした。
 リアルかどうかを重視するのは、子供向けのストーリーでは、ある意味邪道だと思うのね。ファンタジーなんだし。夢があるかどうか、の方が、よっぽど大切だと思います。
 タイトルになっている「ぐるぐる猿」と「歌う鳥」も、作中にきちんと登場します。ここも、現実には有り得ないだろうとツッコミを入れたくなるんですが、そういうの抜きにすると、とても楽しいと思うんですよね。
 やっぱり、ミステリーランドはいいなーと思う瞬間です。

 というわけで、個人的にはかなり楽しかったです。
 加納さんの本は、私には外れが無さそうな気がしてきたので、また違う本も読んでみよう。

 あ、余談ですが、九州弁に戸惑う主人公の心理は、九州弁を知らない読者の心理を代弁していていいですね(笑)
 方言って、その地域の人以外には、外国語以上に謎な言葉になりますよね……。

ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)
加納 朋子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2007/10/09 (Tue) 12:49 | | コメントする(2) | Trackback(0)
 というわけで、去年出たキラミューの続編「キラキラ☆ミュージックナイト」の発売日が近付いて来たので、ぼちぼち予約を入れました。
 前情報によると、楽曲は新しくなっているらしいとか、対戦できるキャラも増えているらしいとか、いろいろ要素が追加されているようで楽しみです。

 とりあえず、出ている限りだと引継ぎとかは無いようですね。
 それでも、発売日までに、少しでもコンプリートに近づけたいと思ってしまうのは、ゲーマーの性でしょうか(笑)
 発売日は12月。
 今から楽しみです。

ピンキーストリート キラキラ☆ミュージックナイト(初回限定版:イービル ピンキーフィギュア同梱)ピンキーストリート キラキラ☆ミュージックナイト(初回限定版)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




2007/10/03 (Wed) 22:37 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。