上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
ステーションの奥の奥 (ミステリーランド) 今度のはミステリーランドから、山口雅也「ステーションの奥の奥」です。
 まず、先に結論から。
 すごく面白かった!
 タイトルが地味ながらも興味がわく物だったので、結構期待していたんです。
 呼んでみたら、期待していたのとは、ちょっと違う内容のストーリーでしたけど、でも、とても面白かったです。
 ただ、「どこが面白かったか」を書いてしまうと、ネタばれになってしまいそうで、書けないのが歯がゆいところです。
 とりあえず、ネタばれになるのを避けつつ紹介。

 主人公は、推理小説好きな小学生。最近、吸血鬼小説を読んだ主人公は、将来なりたいものに「吸血鬼」と書きました。
 ところが、街は今「吸血鬼事件」が起こっている事から、先生達から変に心配されて、主人公はカウンセラーのカウンセリングを受けさせられてしまうことになってしまいます。
 叔父と一緒に面談を受け、それをやり過ごした主人公は夏休みを迎えます。両親からの言いつけで、来週から夏期講習に行く事になってしまった主人公は、自由研究のためにと口実を作り、東京駅について調べるため、叔父さんと一緒に東京駅直結の「ステーションホテル」に向かいます。
 そこで彼らは、今は使われていない閉ざされた通路、「ステーションの奥の奥」について知り、そこに忍び込むのですが……。

 という感じで、冒頭は主人公や周囲の人の紹介シーンを織り交ぜながら「作文とカウンセリングについて」のシーンが描かれ、その後で、タイトルにもある「ステーション」、つまり本題となる駅のシーンへと移行します。

 一見、本題に入るまでの小説が長いと感じる構成です。
 でも実は、こういったシーンの全てが複線になっていて、終盤に進むと「なるほど!」と唸ってしまいます。
 序盤から最後まで、とても読みやすくて分かりやすい男の子の視点で進むので、一見冗長に思えるシーンもするする読める事もプラスですね。ここで飽きたり、もしも読み飛ばしてしまったら、面白さは半減どころじゃないですから。

 ちょっとファンタジーが入っているので、本格とか、新本格が好きな人には「ファンタジーが混ざった時点でまともな推理なんて出来ないんだから、こんなん推理小説じゃない」と言われそうな内容だとも思うんですが、私はこういうミステリー小説が大好きです。
 謎解きという要素が入っていて、そして面白いなら、それでいいと思うんですよね。
 これは、そういう意味で、とても楽しい本でした。
 あと、ミステリーに興味を持った子供が最初に読んでみる本に、とても向いていると思います。面白くて、でもって、他のミステリーも読んでみようと思える内容になっているから。

 ……そういえば、私が一番印象に残っている本も「ファンタジーが入ったミステリー」だったなぁ。
 そう思うと、ちょっと懐かしくなってきます。
 今度、探して見つかったら、もう1度読んでみようかな。

 そんなわけで、ちょっと逸れましたが、ミステリーランドの中でも、個人的にはかなり上にランクされる1冊でした。

ステーションの奥の奥 (ミステリーランド)ステーションの奥の奥
山口 雅也


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト
2007/08/26 (Sun) 01:19 | | コメントする(0) | Trackback(0)
 暑い日が続いているせいか、夏バテ気味の体調がさっぱり良くなりません。
 しっかりご飯を食べる、しっかり眠る、を心がけているんですが、まだ足りないって事かなぁ。やっぱり。
 とりあえずビタミンのサプリメントを増やして、必ず5時間以上は眠るようにしてみたけど……うん、まあ、サプリメントに頼ってみたり、睡眠が6時間切ってる時点でダメかな、やっぱり。

 あと、体が重くて辛いから、運動をしばらく控えていたんだけど、もしかしたらいっそ動いた方が改善するのかもしれないなぁ……とも思ったりして。
 更に思いっきり悪化する可能性があるから、怖くて試せないんだけど(汗)

 そろそろ長引いて辛くなってきたので、早く直って欲しいです。ほんと。
2007/08/25 (Sat) 00:22 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
魔王城殺人事件 最近は体が本調子じゃないので、早めに布団に入って読書するようにしています(ゲームやパソコンは体の負担が大きいから)。
 本も結構疲れるんだけど、本の方が、眩しくないからまだ多少はね。

 というわけで、最近読んだのはこれ。
 歌野晶午で「魔王城殺人事件」です。
 これも「ミステリーランド」シリーズの中の1冊ですね。

 ストーリーは、いわゆる少年探偵もの。
 友達と「探偵クラブ」を結成し、今度は町外れにある通称「デオドロス城)」の謎に挑む事にした主人公達。
 忍び込んだ敷地内の小屋で、なんと殺人事件の死体を発見! ところがその死体は、ちょっと目を放した隙に消えてしまったのです。出入り口の前には、主人公達がいたのに!

 ……という感じで、少年探偵団が忍び込んだ先で遭遇した死体、そして死体が消えた謎を解き明かしていくミステリーです。
 面白いのは、主人公達が謎を解き明かす! という展開とは少し違うところ。事件を目撃した事で重大な情報を得る子供達だけど、子供達だけでは謎を解くことは出来ないのです。
 テレビや警察からの情報。警察側の人間が、子供の情報を踏まえた上で行う更なる調査。そういったシーンが織り込まれて、最後に「解決」するんですね。
 ここが、単純な少年探偵物とは少し違っていて、でも「どこかに本当にありそうな話」っぽさが増している所かなぁと思います。

 あとは、この作品の「わたしがこどもだったころ」(作者のあとがきっぽいもの)が、面白かったです。
 ミステリーランドの作家さんは、子供にとって楽しい「あとがき」を書く方が多いですね。作品を読み終えた後に、このオマケ的なページである「わたしがこどもだったころ」を見るのが好きです。
 今回も最後で「ああ、そういうことなんだ」と、短い文章ながらミステリー的なお話が楽しめました。本編とあわせて、2度美味しいですね。

魔王城殺人事件魔王城殺人事件
歌野 晶午


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2007/08/22 (Wed) 00:50 | | コメントする(0) | Trackback(0)
 相変わらずぐったりしつつ、夏休みを迎えたら、普通に夏真っ盛りで気温が高くて、体調が全然良くならない今日この頃。

 というわけで、気分転換を兼ねて、美容室に行ってきました。
 でもって、一緒に「クリームバス」というのを受けてみる。

 いやゆる「ヘッドスパ」に似た雰囲気のヘアケアのメニューで、アロマオイルを加えたクリームを髪につけて、ぐにぐにマッサージするという内容。
 ヘッドスパは(刺激が強くて)ちょっと合わなかったので、こっちならどうかなーと試してみようと思ったわけです。

 結論。
 クリームバス、いいわー。

 ふんわりとする香りが心地よくて、頭をぐにーぐにーとマッサージするのが気持ちよくて、もうたまらないのなんのって。
 これは気持ちいい。
 首筋のマッサージもついていたので、そのあたりもぐにぐに。
 ま、そこは正直スッキリしなかったんですが(笑)頭のマッサージと、あと香りの良さだけでも、かなり満足。
 頭皮も、ヘッドスパのときと違って、今のところ調子悪くなっていないので、もちょっと様子見て、まだ今度行ってみようかなーと思ってます。

 で、なんでもこの香り、2・3日くらい残るのだとか。
 実際に、何かの折にふんわりと香りがするんですよねー。
 しばらくの間、この香りで癒されておく事にしようっと。
2007/08/13 (Mon) 00:59 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 アリプロの新しいアルバムの発売日を忘れそうになっていたので、大急ぎで予約ー。
 あっという間に今週発売ですよ。アリプロは、相変わらず発売ペースが速いのですごいなぁ。私が他に好きなミュージシャンは、年に一枚も出ないとかよくあるので、忘れそうになります(10年ぶりの新譜とかあるし/笑)

 そんなわけで、予約完了です。
 タイトルを見てるだけでも、相変わらず楽しそうな局が多そうなので、実物を聞くのが楽しみです。

Psychedelic InsanityPsychedelic Insanity
ALI PROJECT


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2007/08/10 (Fri) 02:34 | 音楽 | コメントする(0) | Trackback(0)
 体がだるくて、いやに重い気がして、でもって、食欲があんまり無い。……ってのは、夏バテですよね、やっぱり。

 まずい、夏バテになってるっぽい。

 最近、急にいきなり暑くなったのに加えて、ちょうどそのタイミングで忙しくて休みが無かったから、多分、そのあたりで一気に来ちゃったんだろうなぁ(汗)
 普段は、ご飯だけはちゃんと食べるようにしているんだけど、今回はしんどかったから、ご飯で手を抜いちゃったのが敗因っぽい。
 やっぱ、あれですね。

 朝:かるーくシリアル
 昼:パンとか適当に
 夜:気分で適当にいろいろなのを食べたり、食べなかったり

 みたいな生活はしちゃいけないですね。うん。
 ……ついつい作るのが面倒になっちゃって、もう食べないでいいやー寝ちゃおうー、とかになるのがいけないんだよなぁ、特に夜。

 というわけで、今日は何とかしなくてはーと、昼にカレー屋さんに行き、でもって帰って来て今はフルーツ缶を開けてみるのでした。
 これからご飯炊いて、ちゃんと食べるぞ、うん。
2007/08/03 (Fri) 22:26 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。