今回の本は、講談社ミステリーランドから、法月綸太郎さんの「怪盗グリフィン、絶体絶命」。
 法月さんの本は1回読んでみたいと思っていたのですが……その。タイトルがこう、私の好みから外れていたので、ミステリーランドの中でも後回しにされていたという、ちょっと申し訳ない1冊です。
 いやその、なんていうか。
 こういう直球ストレートで、かつこういう表紙って、いかにも~な感じがして、なんとなーく敬遠していたのですよね、はい。

 で、読んでみたらどうだったかというと……。
 読まず嫌いはいけないね、という結論になったのでした(苦笑)。

 さて、この本のあらすじ。
 タイトルからも解るように、主人公の名前は怪盗グリフィン。保険会社から頼まれて、美術品の窃盗事件に対処したりとかしている、そんな怪盗の青年です。
 そんなグリフィンの元に、ある日もたらされた依頼は「美術館にあるゴッホの自画像を、人知れず入れ替えて欲しい」というもの。
 依頼を受けたグリフィンは、計画を練って美術館へと向かうのですが……。

 ……といった流れで始まるストーリー。
 この美術館での事件の後「絶対絶命」に陥ったグリフィンは、やむなく盗みを働く為に、とある島へと向かうのでした。
 そこでまた、グリフィンに迫る絶体絶命。
 それを潜り抜けたら、やっぱり絶体絶命。
 そんな怪盗グリフィンを待ち受ける結末とは!?

 といった調子で進む冒険活劇です。
 タイトルを見くびっちゃいけませんね。絶体絶命を上手く潜り抜けるところが面白い。「切り札は最後まで取っておくものだ」というセリフが、登場人物たちの間から何度も出てくるのですが「本当に本当に最後まで切り札を温存してたのはだーれだ」って感じで楽しいです。
 いやあ、タイトルとか表紙とかで読まず嫌いしちゃダメですね。これは面白かったです。
 ミステリー要素をたっぷり含みながら進んでいく冒険活劇なので、ついつい目が離せなくなってしまって、気が付いたら一気に読んでました。

 事件がくるくる引っくり返ったり、「よし、成功!」と思ったら、次の瞬間に「あれ?」って展開になってたり……。
 ミステリーのミステリーらしさを色々と楽しめました。
 オススメです。

 そういえば、ミステリーランドシリーズには「わたしが子どもだったころ」という、作者の後書きページがあるんですが、この作品の文章が、とても素敵でした。
 なので、ちょっと引用してみます。
「わたしが子どもだった頃『エルマーの冒険』という本を、夢中になって読みました。あまりにも面白かったので、すべての場面を暗記するぐらい、何度も読み返しましたが、作者の名前はおぼえていません。
 この本も、そんなふうに読まれればいいと思っています」
 ……とっても素敵だなぁと、胸の奥底からじんわりと思うのでした。

怪盗グリフィン、絶体絶命怪盗グリフィン、絶体絶命
法月 綸太郎


Amazonで詳しく見る

スポンサーサイト



2007/06/29 (Fri) 01:03 | | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME |