上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
 結局、買っちゃいました。レイトン教授。
 以前の日記でチラッと書いたら、コメントの方でもオススメ頂いたので、これはやっぱり買ってみようかなーと思っていたら、近所のゲーム屋さんに、ちょうど入荷していたので。
 どこのお店でも相変わらず品薄状態が続いているようなのですが、だいぶ緩和されたって事なんでしょうかね。

 早速ぽちぽちとプレイ開始。
 オープニングの雰囲気は、ちょっとレトロな(良い意味での)中世ヨーロッパ的な雰囲気。ああ、こういう雰囲気って、翻訳推理物の雰囲気に似てるかも(いわゆるホームズとかポワロとかね)。
 「ナゾ」の切り出し方は唐突というか、まあ、こればかりは仕方ないんだろうなぁという感じですが、結構多種多様な問題が出てきて楽しいですね。
 うん、確かに、これは面白い。

 という訳で、もっと早くから注目しておくべきだったなぁと、ちょっぴり後悔しつつ、少しずつ遊び進めようと思っているのでした。

レイトン教授と不思議な町レイトン教授と不思議な町


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト
2007/03/12 (Mon) 00:02 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。