上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
ラインの虜囚 今回の読書はこれ。
 最近すっかり「次は何を読もうかな」状態になっている、講談社ミステリーランドのシリーズから、田中芳樹さんの「ラインの虜囚」です。

 田中芳樹さんといえば、過去に記事にした「アルスラーン戦記」とか「創竜伝」とかで有名な作家さん。
 ぶっちゃけ、この辺りを読んでいると、とてもではないのですが「児童文学を書くとは思えない」ような人なので、本当に児童書になっているのだろうか……と思いつつも、読み始めたわけですが。
 結果から書くと、これがとっても面白かった。しかも見事に児童文学しまくっている内容。
 こういうのも書く人なんだ、と、目からウロコがぽろぽろ、てな状態。

 内容は、祖父を訪ねてやって来た女の子が、死んだ父親の名誉回復をするために、祖父から命じられた任務の達成を目指し、街角で偶然出会った3人の男性と一緒に旅に出る……というもの。
 舞台は1830年のヨーロッパ。その頃の時代背景なんかを織り交ぜつつ進むストーリーは、ぐいぐい引き込まれてとっても楽しい。
 少年少女向けの冒険小説が好きな人には、文句なしでオススメしたい1冊です。

 で、この本の最後に作者からのメッセージがついているのですが、そこにあった「面白い児童文学の条件」が面白かった。

1:舞台が外国であること
2:時代が現在とは別の時代であること
3:子供が登場しないこと

 ……これから外れた作品が全てつまらないというわけではないのです。特に3番。てか実際に、この本自体、3の条件は守られていないのですが。
 1つめと2つ目だけ見れば、面白いと言われている児童文学は、その多くがこれを満たしていると思うのですよ。
 なので、ああなるほどーと最後に唸ってしまったり。
 そういう意味でも、1つプラスになった気がするので、個人的には評価アップだったりして。

 ともあれ、面白い1冊でしたので、冒険小説の好きな方はぜひ。

ラインの虜囚ラインの虜囚
田中 芳樹


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト
2006/08/30 (Wed) 23:35 | | コメントする(0) | Trackback(0)
COLLECTION SIMPLE PLUS 買うかどうしようか悩んでいた、ALI PROJECTのアルバム「COLLECTION SIMPLE PLUS」を買いました。
 私の中で一番好きな歌手さんは畑亜貴さんな訳ですが、その次は誰かなぁと思い浮かべた時に出てくるお1人(というかグループ)が、ALI PROJECTなのですね。
 どうも根本的に私の趣味はこういう系統らしくて、やっぱりどこか黒い感じの歌詞なのが特徴です。

 で、このアルバムは、ALI PROJECTが出したシングル曲を集めたアルバムです。どちらかというと古めのシングル(=最近の曲は収録されていない)というのが1つの特徴で、あんまり昔の曲を持っていない私には、割と良いタイミングで出たアルバムだったのです。
 発売前後にすごくすごーく買うかどうか悩み、「悩むうちはとりあえず買わない」という、非常に後ろ向き(笑)な私のモットーの元に保留していたのですが、結局買ってしまいました。

 いやぁ、もうちょっと早く決断しておけばよかった(笑)

 ポップ・キュート系からスタートして、少しずつ黒い方向へと進んで、そっち系の楽曲へ……という感じで収録されているのですが、順番に聞くのが楽しい楽しい。
 概ね、前半の曲が知らないもので、後半は知っていて気に入っている曲……という感じになっていたので、後半に差し掛かると楽しいという(笑)

 ちなみにこのアルバムには限定版と通常版があり、私は限定版の特典になっているPVディスクよりも、通常版にしか入っていないボーナストラックを選んで、通常版を購入することにしたわけですが……このボーナス曲がまた良い感じで、そういう意味でも買ってよかったなぁと思ったりして。

 ……日頃あんまりCDを買わないので、悩みに悩んでいたわけですが、もうちょっと思い切ってCD買うのも良いかもなぁと思うpadomなのでした。

COLLECTION SIMPLE PLUSCOLLECTION SIMPLE PLUS
ALI PROJECT 宝野アリカ 片倉三起也


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006/08/29 (Tue) 21:53 | 音楽 | コメントする(3) | Trackback(0)
くらのかみ 今度の読書は「ミステリーランド」繋がりで、小野不由美さんの「くらのかみ」です。
 小野さんというと「十二国記シリーズ」という小説シリーズが面白いのですが、この作品もまた違った面白さでした。

「本家」と呼ばれる山奥の家に集まる事になった親戚達。子供達はあるとき、「5人だったはずの子供が、何故か6人になっている」ことに気付きます。
 誰が増えた子供なのか? 何故かそれがわからない。
 疑問に思うものの答えは出ません。
 そんな中、彼らの周囲では、子供達や、その両親を狙ったいくつかの事件が起きて……。
 ――というストーリー。

 大きな謎は「事件の犯人は誰なのか」と「増えた子供は誰なのか」という2つで、それが平行しながらストーリーは進みます。
 でも、そんなに大きな謎じゃありません。特に、増えた子供が誰なのかは、すぐ見当が付くんじゃないでしょうか。
 で、この謎の真相から、もう1つの謎を紐解くという展開で、頭が混乱しそうになりますが結構楽しかったです。

 ただ、最後に「本当はいなかった子供」が誰なのか判明した時のオチは、あんまり好きじゃないかなぁ。
 もうちょっと、ひと盛り上がり欲しかったところだったので、あっけなかったというか、目が点になって終わったというか(笑)

 エンディングは個人的にはイマイチでしたが、そこに至るまでは、とても面白かったです。
 ……で、次はどのミステリーランドにしようかなーっと。

くらのかみくらのかみ
小野 不由美


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006/08/17 (Thu) 23:34 | | コメントする(0) | Trackback(0)
「ひぐらしのなく頃に」という同人(自費出版)のPCゲームがあるのですが、本日最新作をGET。
 遊んでいる時間はあんまり無さげなのですが(、、
 少しずつ少しずつ、ちまっちまっとやりたいなぁと思ってます。

 少しは余裕ができるかと思ったら、あんまり時間が取れないです。げふんぐふっ。
2006/08/13 (Sun) 23:21 | 雑記 | コメントする(4) | Trackback(0)
そして二人だけになった―Until Death Do Us Part お次はこちら。
 同じ森博嗣さんで「そして二人だけになった」です。

 事故によってシェルターの中に閉じ込められてしまった6人。
 1人、また1人と順番に死んでいって、最後に残ったのは、天才とそのアシスタントという2人だけ。
 自分が犯人じゃないなら、犯人はもう1人のあなたしかいない……。

 という展開で進むミステリーです。
 あれですね。「そして誰もいなくなった」のオマージュですね。
 内容も、ちらほらと「そして誰も~」を思い出すような感じになっていました。

 基本的に、最後に生き残る2人の視点が平行しながら、ストーリーは進みます。
 で、それを見ていると、最後に2人が残った所で「さぁて犯人はだぁれ?」という事になってしまうんですよね。
 というか、まぁ、冒頭を読み終えた時点で犯人の目星をつけていたので「ああまぁやっぱりそういうことなのかな?」と読み進めたわけですが…………。
 終盤を読むと大混乱。推理が当たっているのか外れているのか、そこまで真実でそうじゃないのか分からないままに本編自体が終わってしまいました。
 ……これって結局どういう意味なのだろう。うーん。

 個人的には最後にスッキリしないと嫌なので、解けない謎が残るミステリーは苦手です(笑)
 面白いんですけどね。嫌いではないんですけど。
 誰か正しい回答を教えて下さい、という気分になるのが苦手なのです。

 この本の場合も、面白くないわけじゃないんですが、ちょっと悶々としたものが残ってしまう読後感になってしまったのでした。
 こういうタイプが好きな人にはオススメしてみます。苦手な人は、私と同じ事になりそうなので、止めておいた方が良いかもです(笑)

そして二人だけになった―Until Death Do Us Partそして二人だけになった―Until Death Do Us Part
森 博嗣


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006/08/12 (Sat) 14:43 | | コメントする(0) | Trackback(0)
探偵伯爵と僕 前から読んでみたいと思っていた、講談社のミステリーランドシリーズに手を出してみました。
 ミステリーランドというのは、推理小説作家さんたちが「子供」あるいは「いつか子供だった大人」を対象に書いている、ミステリージャンルの児童書です。
 昔、ミステリージャンルに分類される児童書を読んでわくわくして、本格的な推理小説(具体的にはクリスティー)を読むようになった私としては、こういうのはすごくツボを突かれてしまうのです。
 といっても、ハードカバーだし、お値段もそこそこだし……と、なかなか手を出せなかったのですが(1冊読むとシリーズ全部読んじゃいそうなので)、えいやっと1冊読んでみることに。

 で、どの本にするかは少し迷ったのですが、最近ちょこちょこと未読本を読んでいた、森博嗣さんの「探偵伯爵と僕」にしました。

 ストーリーは、ある日「僕」が公園で出会ったおじさん「探偵伯爵」と一緒に、いなくなった友達の行方を探す――というもの。
 児童書というジャンルではありますが、侮ってはいけません。内容は非常に黒いです。子供が読んだらトラウマになるんじゃ無いかとちょっぴり思いつつ、自分の過去を振り返って「まぁ、そんなことも無いか」と思い直したり。
 ただ、刺激はかなり強そう。衝撃的というか。
 文体が少し変われば、普通に推理小説のコーナーで扱われているだろうな、という内容でした。
 あとは最後のオチ。驚くというより「は?」と唖然としてしまう、この展開は……児童書向けでは無いだろうなぁ(笑)

 とか何とか書いてますが、子供向けが念頭に置かれているので、とても読みやすくて面白い小説です。大人が楽しめる児童書という言葉がピッタリ。
 本を読んでよく思うのですが、もっと早く読んでおけばよかったなぁ……という気分になっちゃいました。
 これなら、他のシリーズも俄然期待ですね。次は、どのミステリーランドを読んでみようかしら~。

探偵伯爵と僕探偵伯爵と僕
森 博嗣


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006/08/12 (Sat) 14:28 | | コメントする(0) | Trackback(0)
 blogすっかり放置中。
 いやぁ、この位の時期に仕事が忙しくなるというのは、ずっと前から聞いていたので、ある程度想像は付いていたのですが。
 最後に外が明るいうちに帰宅したのがいつなのか思い出せないとか、昨日に至っては日付が変わるまで会社にいたとか、そんな日々を送っておりまする。
 いやぁ、起きる→着替えて会社→帰宅して即布団、なんて一日を体験できるとは思いませんでした。貴重な体験だと割り切りましたよ!(笑)
 その上、ここ1週間ほど北海道は暑い日が続いていたりするので、会社は暑いわ帰宅しても暑いわで、どうにも身体の疲れが抜けない感じだったりして。

 そんなこんなで、自宅であまりパソコン触ってないので、blog放置状態だったのでした。すみませぬ。
 来週くらいになれば少し落ち着いて元のような状況に戻れる……はずなのですが。
 そうなるといいなぁ……。
2006/08/10 (Thu) 23:40 | 雑記 | コメントする(2) | Trackback(0)
地獄少女 1 (1)地獄少女 2 特装版 (2) 最近読んだ本。
 講談社の「なかよし」に掲載されているマンガ「地獄少女」です。
 同じタイトルのアニメのコミカライズ版(アニメが原作)というパターンのマンガで、アニメの方のあらすじが面白そうだったので、コミックスを手に取ってみたのでした。

 基本的なストーリーは、「地獄通信」というサイトにアクセスして、呪って欲しい相手の名前を書くと、「地獄少女」が、その人を地獄に落としてくれる……というもの。
 毎回1話完結のストーリーで、地獄少女に依頼をする人・された人を巡る人間関係が描かれています。

 で、2冊まとめて読んだのですが、これが面白い。
 基本はホラー系なのですが、不条理系の内容ではないので、するするっと流れるように読めるというか。
 なかよしに載るにしては、ちょっとキツイ内容なんじゃ……と思ったのですが(アニメの方ではあまりにあまりで、放送できずお蔵入りになった話があったそうなので)、可愛らしい絵柄だったり、表現が和らげてあったりで、そんにおどろおどろしたものにはなっていないというのは、プラスなのかもです。
 かといって、子供向けかというと、あんまりそういう雰囲気でもないので、面白く読めたんでしょうね。

 気になった点を1つ挙げると「随分と気軽に他の人を呪っちゃうんだなぁ」という話が、ちらほらあった事でしょうか。
 これは個人の価値観の差なのかもしれませんけどね。
 それとも、なかよし読者的に納得できるラインだってことなんでしょうか。
 もちょっと、葛藤部分が描かれていたら良いなぁ、なんて思うのですが……それが無いので、割とライトな読後感なんだろうと思うと……うーん、一長一短なので仕方ないのかも、ですね。

 普段はあんまりホラー系の作品って読まないのですが、これは面白く読めました。なかよしの漫画を読むなんて、随分と久々でしたが、年甲斐も無く(笑)思い切って読んでみて良かったです。
 続きが出たら、また買ってみたいと思います。

地獄少女 1 (1)地獄少女 1 (1)
永遠 幸


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
地獄少女 2 (2)地獄少女 2 (2)
永遠 幸


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006/08/01 (Tue) 23:36 | | コメントする(4) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。