ナルニア国ものがたりも、4冊目まで来ました。
 全部で7冊だから折り返しですね。うーん、早いなぁ。もうあと半分で終わってしまうのかと思うと、ちょっと寂しい。

 さて、4冊目は今までと少し変わって、ユースチスとその友人のジルが主人公です。4兄妹が出て来ないと、なんだかちょっと雰囲気が違いますね。そして、ユースチフの変わりっぷり。前作の冒頭とは、本当にえらい違いです。

 ストーリーは、ナルニアに行った2人が、アスランから行方不明の王子・リリアンを探すように求められ、その旅路を描く……という感じ。
 途中出会った、泥足にがえもんを加えて、3人で旅をしていく様子が描かれます。
 カスピアン王子の変化、リリアン王子の正体……などなど、しんみりしたり「やっぱりなぁ」と思ってみたり。王道っぽい展開が続くのですが、でもやっぱり面白い。
 王道ストーリーなのに面白いと思わせるというのは、本当にいい作品である証拠だと思うわけで。すごいなぁと思ってしまいます。

 あと……ジルとユースチスの二人が、あちこち実に「子供」な感じでダメっぷりとかを露呈する中、泥足にがえもんがしっかりと「大人」として二人をフォロー……という感じで進むので、これまでのように子供達が大活躍! 爽快! ……みたいな印象はあまり無いですね。
 むしろ、その様子にハラハラしたり「しっかりしろよー」という気分になったり(笑)
 それはそれで面白いのですが……ただ、そこまでの展開は、ちょっと間延びした印象でしたね。平坦に進んでいくせいでしょうか。
 もっとも、そのシーンがあるからこそ、泥足にがえもんのカッコよさと、終盤の展開が際立つわけで……。そこまで読んだ上で、終盤に差し掛かると、あとはもう読むのを止められなくて一気に進めてしまいました。
 助走はじわじわ、加速したら後は一気にゴールイン……なんて印象の1冊でした。

 ところで、タイトルにある「銀のいす」。
 この単語が明確に描写されていたのは、本文では、たった1度だけだったのですけど……それでも、読んでみると、タイトルにするのに、しっくりと来る単語で、ここでもまた感心してしまいました。
 巧いなぁ。

銀のいす ナルニア国ものがたり (4)銀のいす ナルニア国ものがたり (4)
C.S.ルイス 瀬田 貞二


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト



2006/05/22 (Mon) 22:45 | | コメントする(0) | Trackback(0)
 とりあえず、今日はネット回線についての電話を再びした(NTTから掛かって来た)訳ですが。

NTTのヒト「やっぱり、その物件ではBフレッツは使えませんねー」
わたし「は?

 曰く、個人で回線引いて下さいねー、とのこと。
 待て待て。マンションタイプ対応物件だって話したじゃないか。
 3日間掛けて調査した結果がそれかい(汗)

 ありえん。これは有り得ない。
 このまま言いなりになって契約なんぞできるか! とか思いながら電話を切る。
 と、5分後にまた着信。
 タイミングが悪く、出られずにいたら、留守電にメッセージ。

NTTのヒト「さっきのアレ間違いでした。マンションタイプ使えます」

 ……は?(゚Д゚)
 3日間掛けた調査結果が、どうして5分で覆るんだ!
 NTTって、こんなにどーしょーもない会社でしたっけ……?
 しかも、留守電にそういう連絡だったので、仕方なく再連絡する羽目に。

わたし「●●さんという方からお電話があったのですが」
オペレーターさん「…………●●という名前の者はいないようで……」

 なんでじゃああああっ!

 もうね、このあたりですっかり疲れ果ててしまいましたよorz
 結局このオペレーターさんが色々調べてくれて確認を取ってくれて、さっきの電話のヒトにまではたどり着きました。
 そこからが、また疲れるわけです(汗)
 Bフレッツ回線の契約だけで良いって言ってるのに、新規にプロバイダ契約させようとするし、「こちらがオススメですよ」と、ダラダラとプロバイダとのセットプランの説明を始めるし!
 どれだけNTTとの電話に時間を食われれば良いんだorz

 そして「必要ありませんから!」の連呼の後で、向こうが口にしたのが、「んじゃ、詳しい事はまた確認して後日連絡します」の一言。
 …………また電話に付き合わないといけないのか…………。
 もちろん、この先の平日は仕事中なので「午前の連絡でもいいですか?」とか聞かれても出られないので困ってしまう訳で。夕方にしてくれと言っても「こちらの勤務時間の関係で無理」と返されるわけで!
 結局、こっちが譲歩して昼休みに電話を受ける事にしましたけど!!

 ……ああもう、すっごく疲れた……。
 せめて次からは、電話するヒト別の人にしたい……orz
(今日の電話の人は、喋り方が色々な意味で人の神経を逆なでするタイプだったのだ。合間合間に、鼻で笑うような軽い笑いが混ざる所とか。相手がこの人だったことで、疲労が5割増とかになっているに違いない……と思う私)

 あと、何をどう足掻いても、引っ越しまでには回線を引くのは無理そうな感じですね。
 繋がるまでどうしようかなぁ……真剣に対応を考えないと。うーむ……。
2006/05/22 (Mon) 22:15 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME |