上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
 すっかり寝不足です。
 ……や、トリノじゃなくて、お仕事で体がぐったりしている方がデカいと思いはするのですが(笑)

 padomは割と、こういうオリンピックとかの大きなスポーツイベントは好きなので、結構見ていたりします。
 特に冬季五輪は、フィギュアスケートが大・大・大目的。
 実はフィギュアスケートが大好きなんです。
 特定の選手のファン、とかではなくて。あの「綺麗な音楽に合わせて技術を競いながら滑る」という競技自体が好きなのですね。

 という訳で、ペアと男子が終わったわけですが、今朝の男子はすごかったですね。競技の終盤が、日本時間で6時半~7時頃だったので、最終グループ(要するに上位得点の選手)が、その時間に一気に滑るわけですよ。

 身支度しながらだったので、あんまり見れなかったのですが、金メダルを取るような選手はやっぱりお上手。
 日本代表の高橋選手も、序盤に転んだりして悔しげだったけど、それでも頑張って滑っている様子は、ついつい目が離せなくて見ちゃいました(←出勤時刻ぎりぎりなのに、見入っちゃって大変だった)。

 今夜からはアイスダンスで、それが終わると花形の女子フィギュアです。
 どれも楽しみ。
 午前3時からの競技なので、睡魔との戦いが一番手強そうですが(苦笑)出来るだけ頑張って生で見たいなぁ。
 だって、録画放送になってしまうと、上手な選手だろうが何だろうが、省略ばかりされていて、滑りの面白さとか競技の魅力とかが、半減してしまうのだもの……やっぱりこういうのは、生が一番だよなぁ、なんて思っているのでした。
スポンサーサイト
2006/02/17 (Fri) 23:27 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 本日「ぼくらのわくわく大学園祭」に参加されている方から、最新号のネスパを見せて頂きました。
 新作に「織田信長」とかが出てくるらしくて「すごいことになってるなー」なんて眺めておりましたら。

 一番最後のページに、はぴがくファイナルブックの誤植についての告知が。
 新部長さんのお名前が間違っていた、という内容だったのですが。
 が、問題はここから。

わたし「えー、そんな間違いする事なんてあるんだー」
お相手「ほんとにねー。誤植の訂正葉書も来たしー」
 ……なんですと?
 うちにそんな葉書なぞは来ておりませんが。
 どちらも、ファイナルブックを購入したというのは同じだというのに、どうして片方の家には訂正葉書が来ていて、我が家には来ていないのか……謎です。

 ……「現役PAS参加者だけに葉書を送り、そうじゃない人には送っていない」のでは?とか思っていたりはしますけどね。
2006/02/16 (Thu) 19:04 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 最近夢中になっているピンキーストリート。
 今月、初期シリーズのリペイントバージョンがまとめて発売されたので、それらを仕入れに買い物へ行って来ました。

 まず行ってみたのは、ヨドバシカメラ札幌店。
 ここ、先日おもちゃコーナーを覗いてみたら、食玩系が軒並み割引されていて驚いた訳なんですよ。ピンキーコーナーも100円くらい値引きされているのを目撃。
 ここならば、安く仕入れられそうだなぁ、と睨んだわけです。

 結果的には正解でした。
 リペイントは6種類全て揃っていましたし、他に、ずっと欲しいと思っていた「ピンキーベース」が入荷してました。むしろ、ベースを売っていた事の方に感激(笑)市内のありそうなお店はどこにも無い上に、ネットでも品切ればかりだったので、半ば諦めていたら3色全部売っているんだもの。
 ウキウキしながら、まずはベースを全種類1つずつ確保。それから次に、ずっと欲しかったよしこちゃん(001B)を捕獲。

 ……本来、よしこちゃんしか買わない予定だったので、既に超思いっきり予算オーバーだったのですが、ついつい他のピンキーを眺めていたら「この子も可愛いなぁ」なんてウズウズしてしまい。
 ……萌ちゃん(004B)とココロ(005B)にも手を伸ばしてしまいました(汗)
 ダメじゃん私。
「やめとけ、やっぱりやめておけ!」と、胸のうちから声が聞こえたりもしたのだけれど、迷いに迷った末に……買っちゃいました(汗)

 我が家のピンキー、7体に増殖です。

 で、そのあと、アニメイトに行ってみた訳ですよ。
 そうしたら。

ぴんきーディスプレイケース

 こんな物が。
 何かというと、アニメイト限定商品の「ピンキーディスプレイケース」です。その名の通り、ピンキーを飾る為のケース。
 ちょっぴり欲しいなぁと思っていたけど、アニメイトで見かけた事など一度も無く、当然のようにアニメイトの通販サイトでも品切れだったブツ。

 ……どうして今日に限って売ってるんだろう(笑)

 知っていたら、ヨドバシでこんなにピンキー買わなかったのに……と、すっかり軽くなった財布を見ても、もう手遅れ(笑)
 でも、コレを逃すと手に入らなさそうな気がしたので……ははは、今ケースは我が家にありますともさ!(笑)

 お仕事とかで毎日ぐったりしているので、まだ新しいピンキーたちはあんまり触れていないのですが、近いうちに着せ返して遊んだり、居場所作りとかしてあげたいなぁと思ってます~。
 せっかくだし、買ったケースに入れて飾って遊ぶ方向で(笑)
2006/02/14 (Tue) 23:14 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
アヴァロンの鍵_フィギュア


 ユージンから「アヴァロンの鍵」のフィギュアが発売になったので、物は試しで2つだけ購入してみました。
 EXカード(千年の王)欲しさに、ケース買いするかも考えたのですが、やっぱり「十体以上フィギュアがあっても、どうしようもないしなぁ……」という事で、バラ買いしてみるということに。

 結果。

「セラフィー・ルカ(カラー)」
「ディアラ&草薙の燕パーツ(カラー)」
 ……という2つでした。

 まずまずの物が出たのかなぁ? 欲しかったのはディアドラと、あと自キャラなのでローザ、という感じだったので、目当ては出なかったのは残念ではあるのですが、両方ともカラーだったのは喜んで良いのかも。
 燕パーツは相方(←ちょうど燕を引き当てた)が欲しかったので進呈してしまいましたが、残りのルカとディアラは、折角なので組み立ててみようかなーと考えています。
 ルカとディアラの組み合わせって、どうなんだろうなぁ……と、ちょっぴり思ったり思わなかったりはしますけど(笑)
 でも、だからといってローザが出るまで買うってのもアレですよねー。なので自制です、がまんがまん~。
2006/02/13 (Mon) 22:53 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
雪まつり_ナルニア

 最終日になってしまいましたが、行ってきました~。
 画像は大雪像の一つ、ナルニア国ものがたり。

 私は雪像(というよりも氷像)が好きなので、雪まつりは毎年見に行っています。
 雪まつりは、昼に行くか夜に行くかで見え方が大分違うのですが、私は断然夜派。何故ならライトアップされるから。特に氷像は、ライトアップされている方が何倍も綺麗に見えると思います。
 という訳で、今年も夜に行って来ました。

 この日は、冷たい風がビュービュー吹いているような天気だったので、ものすごーく寒かったのですが(汗)雪像や氷像を見るのは、やっぱり楽しいです。
 綺麗だなーと眺めていると、なんだか癒される気分。
 ……寒かったので、あんまりじっくり見ないで、早足で見物して帰ってきちゃいましたけどね(汗)

 でも、この数時間後には取り壊し作業が始まるのだから、何とも切ない話です。残しておくとおいたで、危険だったりするので仕方ないのでしょうけど……あっけないものです~。
2006/02/12 (Sun) 22:41 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 最近、ピンキーストリートというフィギュアを買い始めました。
 フィギュアといっても、全身の色々なパーツが取り外せるようになっていて、自分の好きなようにパーツを組み合わせて、着せ替え人形のように遊べるのが特徴。
 可愛らしいデザインなので、前々から気になってはいたのですが……年末に本屋で見かけた、エア・ギアの限定版がいけなかった。ヒロインキャラクターの姿をしたピンキーストリートが付いていたのですが、このパッケージにあった画像が、可愛くて可愛くて。
 買ってしまったのです。

 ……1つ買ったら他のも欲しくなって、2体・3体と増えていって今に至ってます(笑)
 1つ700円くらいという、お手頃価格なのがいけない。このくらいなら……という気分になって、ついつい手が伸びてしまうのですよねー。

 で、そのエア・ギアの最新刊となる13巻にも、またピンキーが付くらしいので、いそいそと予約してみたり。
 キャラクターはアギトらしいです。
 ピンキーストリートに男の子のキャラクターというのは初めてなのだとか。アギトは男の子というより子供キャラだと私は思っているので、多分、これまでのピンキーのように、可愛らしい雰囲気にはなるのでしょうけど。
 どんな風になるのか楽しみですー。

エア・ギア  13  限定版
icon
2006/02/11 (Sat) 16:41 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 という訳で、幻想水滸伝4、クリアしました。
 ……もう5の発売日までにはクリアできないだろうと思っていたのに(笑)

 というのも日曜日、空いた時間があったので、久々に幻想水滸伝4のプレイを再開してみた訳ですよ。そうしたら、ついつい止めるタイミングを見つけられず(笑)深夜までプレイしてしまった上に、ついつい続きが気になって、月曜火曜と、睡眠時間を削りつつも、時間を作ってプレイを続けてしまいまして……ゲームクリアとなったのでした。

 で、感想はというと……や、普通に面白かったと思います。
 あんまり良い評判を目にしないソフトのような気がするのですが、私は結構好きですね、4。
 まぁ、その。1や2と比較してしまうと4の負けかな、という気はするのですが……3と比較したら、4の方が良かったなぁという感じで。
 まぁ、3の一番良い所は演劇かな、という気分になるので、これは当然といえば当然という気がしなくも無いのですが……。(←3はルック好き的には見なかった事にしたいらしい)

 といっても、気にならない点が無い訳ではなく。
 海が舞台で船を操作して移動するのに船の操作方法が理解しにくくて、それを理解するまでの序盤では酷い目にあったとか、4人パーティ制は、私はあんまり好きじゃないなぁとか。
 で、パーティに入れられる人数が少ないので、108星の大半の影が薄くなってしまったような気も。どうにも「108人仲間がいる」というのを生かしにくいというか。殆どのキャラ、出番無しで終わってしまったような……。海戦で出番が無いと、本当にゲーム本編に絡む事無く終わってしまう感じでした。
 もうちょっと、別働隊のイベントのように、人数の多さを生かせるものがあったらなぁ……なんて思ったりして。
 あと全般的にお金に困ってしまい、イベントを進めるごとに交易でお金を稼がないとやっていけない、という状況だったのも難点だったかも。これが何よりも面倒でした。でも、ある程度キャラを鍛えないと海戦で苦労したりする訳で……さっきの話と矛盾ですが(笑)

 良かった点を挙げるなら、まず間違いなくテッド。サブイベントでの流れが、とっても良かった気がします。ソウルイーターを使うテッドを仲間に出来る、というだけで、まず個人的には高ポイント(笑)
 あとは、見ていると「これは1の○○の先祖だな」的なキャラクターが何人か混ざってて、そういった部分もなかなか面白かったり。
 それと、最終決戦直前の船内も良かったですね。色々なキャラクターの「決戦前夜」を覗き見れるというやつ。
 ああ、こういうのがあると、幻水ぽいなぁと(笑)
 裏返すと、過去のシリーズを知らない人には、こういう点が楽しめないと思うので、その辺りは反対にマイナスなのかもなぁ、という気もしなくはないですね。といっても、「過去の作品を知っていると、小ネタなどをより楽しめる」というレベルだとは思いますけど。
 過去の作品を知らないとストーリーを理解できない……なんて事はないかと。多分。

 ただ、108星を全員揃えたものの……うーん、揃えてみても、あんまり面白いストーリー展開にはならなかったような気も。
 108人目の影が薄いというか、お前ら本当に友達?みたいな事を言いたくなる関係がアレというか。「親分と子分、子分は出世し親分は没落、そこに差し伸べられる元子分からの同情の眼差し」みたいな展開が微妙すぎる(笑)
 彼の設定と扱いと描写がもう少し違っていたら、主人公との関係は、かなり感動的になったんだろうなぁ……とか思うと、ここはイマイチとしか言いがたい感じですね。

 あと、108星を集めたエンディングなので、ベストエンドのはずなのですが、エンディングの展開がイマイチよく解らない……あれはどういうシーンなのだろう。
「最終決戦で行方不明になった主人公の帰還」ぽくも見えるけど、ちゃんとした小船に乗っているから、何だか違っていそう。「エンディング後に旅に出た主人公が、かつての仲間に再会した所」なのかな? でも、それもそれで納得いかない。違っていそう……うーむむむ、謎です。
 そういえばエンディングといえば、恒例の108星のその後が表示される訳ですが、2度「ああ死んじゃったー!」的なシーンのあったキャラクターが、実は結局また命を取り留めていて「余生を静かに送った」みたいな事が書かれていたりして「お前は不死身か!」と突っ込みたくなったりとか、テッドのその後にじんわり来たとか、ああ、この人ソウルイーターに喰われたのね……的なキャラがいたりとか、これは相変わらず眺めていると面白かったです。
 仲間にした後一度も見かけなかったようなキャラクターが半分くらいいたので、どうも過去の作品のような感動さには欠けてましたが……。

 ちなみに、最終パーティは主人公・テッド・キカ・スノウ。雑魚はキカとの協力攻撃で倒し、ボスにはスノウとの協力攻撃を使う、というプレイでした(テッドは勿論ソウルイーター)。
 レベルは58。もう少し上げてやっても良かったかも。ラスボスはかなり苦戦で、「あきらめる」「あきらめない!」の画面を見る事になりましたので。

 まぁ、そんなこんなで、微妙な点がいくつかあるなぁと思いながらも、それなりに楽しんでのプレイとなりました。
 というか、序盤で船に移動にストレスさえ感じなければ、結構途中で投げずに遊べるのではないかと(つまり船の操作が最初で最大の難関)。
 2周目の引継ぎが結構豊富なようなので、繰り返しのプレイを見越して遊ぶなら、結構長い時間遊べそうな気がします~。
 私もそのうち、時間が取れたら2周目やりたいなぁ。取り漏らしたアイテムとか、ミニゲームのクリアとかを目標に。

 ……という訳で、これで晴れて心軽く、5の発売日を迎えられそうです(笑)

幻想水滸伝IV幻想水滸伝IV PlayStation 2 The Best


Amazonで詳しく見る
2006/02/08 (Wed) 20:35 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
 もうすっかり存在を忘れかけていた頃に、ようやく届きました。
 PAS「はぴがく」のファイナルファンブックです。

 前に電話を掛けた時の「1月中に発送予定」は、一応それなりに守られたよーです。
(送り状の日付は1月31日になっていた)
 ……31日に発送した物が4日に届くのはおかしいので、絶対発送したの2月になってからだよね、というツッコミは置いておいて(笑)

 ファンブックは全部で88ページ(表紙・裏表紙含め)。表紙や裏表紙は文字だけで、イラストなどの印刷は無し。なんとなく、卒業文集とか、そういった物を思い出すような物のような気はするので、この方は雰囲気的には良いのかも。
 中は、はぴがくのエリアごとの簡単なあらすじが1ページずつ、テラーからのコメントが1人2ページずつ。あとは、新生徒会とか部長とかの一覧が2ページを裂いて紹介されていて、それから公募されていた人名図鑑+イラスト&コメントコーナーがありました。

 んー、これで、さんぜんえん。
 この価値があるかどうかは人によって判断が変わりそうですね。私なら、やっぱりちょっと高いと感じるかなぁ。
 記念品だと思っているし、思っていたほど悪くは無かったので、まぁ良いかなぁ……とは思ってますが……まぁなんにしても、この大幅な遅延が一番色々とぶち壊しているよなぁ……。

 購入特別の特別アドベンチャーは、あの懐かしい「はぴがくサブアドベンチャー結果シート」に印刷されて到着。
 ……「はぴがく 第9話」と一行目に印刷されているのは、壮絶に突っ込みどころだと思うのですが(笑)
 ちなみに由太が選んだのは同窓会シナリオで、タイトルは「丸秘アドベンチャー901 再会、大人になったぼくら」。著者は瀬尾テラーになっていました。

 内容は……三行目にいきなり、『由太(フルネーム)』なんて表記があって「ん?」と思ったりしましたが(笑/多分これ、本来は『鹿角由太(しかつの・ゆた)』って表記されるのが正しいのだと思う)、お馴染みのアートバトルがあったり、じんわりとさせてくれる描写があったりで、このシリーズの最後に貰う結果としては、割と良い物だったかなーとか思っていたり。
 システム的にはサブ扱いだからなのか、経験値もしっかり120ほど獲得しておりました(笑)
 ちなみに、NPCとして渡瀬玲子と白瀬泰三が登場しています。

 ……残りの3つのアドベンチャーは、どんな感じだったのでしょうね~。ちょっぴり気になる所です。

 そんなこんなで、待ちに待ったファイナルブックも届いたので、これで私にとっての「はぴがく」はおしまいです。
 学園祭の方には参加しないので、風学ともお別れになりそう。
 由太は長く使ったキャラだということもありますが、気に入っているので、またどこかで使える機会があると良いなぁ……。
2006/02/04 (Sat) 15:56 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 2月23日発売予定のゲーム、『魔界戦記ディスガイア2』と『幻想水滸伝V』を予約しました。
 ……2本も同時に。
 しかも、よりにもよって、同じ発売日だっていうのに(笑)

 や、しばらく悩んでいたんですけどね。
 何をどう考えても、同じ日に発売されるソフトを同時に買ったって、プレイできないのは判りきっているし。
 なら、同時に買ってどうするのさ!としか言えない訳で。
 そもそも、幻想水滸伝なんて「はよ4をクリアしてやれよ!」状態な訳だし……(予定を鑑みると多分、発売日前にはもうプレイできないだろうけど……)。

 ……でも予約してしまいました。
 うう、ダメ人間だなと思いつつも、やっぱり欲しいんですものー。
 ディスガイアの方は、前作が面白かったので、今作にもまた期待できそうですし。エトナ出るしフロン出るしラハールも出るし……。
 そもそも、もう既に日本一信者となりつつある私には、絶対に外せないソフトです。
 幻想水滸伝の方も、やっぱり好きなシリーズだし、公開されているムービーなどを見ていると色々と面白そうな内容のように見えますし……シリーズ10周年、なんて銘打たれていると、やっぱり期待してしまう訳です。
 メインはディスガイアの方なので、片方だけに絞るとしたら、諦めるのは幻想水滸伝の方なんですけど……こっちは、予約特典も気になって気になって。
 DVDなんですが、1の頃からのムービーとかCMとか、色々な映像類が収録されているらしいんですよ。

 1のCMですよ、CM! 私これまで1度も見た事ありません。出来がかなり良いとの噂は聞くんですが……うう、そんな特典が付くなんて聞いたら、そりゃあ見たくなるに決まっている訳で……。
 こればかりは、予約しないと手に入らない訳だし……なんて思っていたら、こう……ふふふ、行っちゃいました。2本同時予約。
 積みゲがあるんだから冷静になって……とか自分に言い聞かせてはみましたが、ダメでした(笑)

 という訳で、23日にはソフトが2本届く事になりました。ちなみに幻想水滸伝は通常版(限定版は予約争奪戦に負けた)、ディスガイアは初回限定版での予約です。
 ……問題は仕事の関係で、そもそも多分、ゲームをプレイするような余裕は、私に無いだろうという事ですな(笑)
 買うのはいいけど、プレイできるのはいつになるのやら……じ、時間作るぞ、絶対に作るぞ、うん。

 ともあれ、発売日が楽しみです。

魔界戦記ディスガイア2 特典 CD「魔界アレンジコレクション ダークレーベル」付き魔界戦記ディスガイア2 特典 CD「魔界アレンジコレクション ダークレーベル」付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


幻想水滸伝V 特典 プレミアムDVD付き幻想水滸伝V 特典 プレミアムDVD付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006/02/03 (Fri) 01:07 | ゲーム | コメントする(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。