4087743772 ブックオフの100円コーナーで発見して、即購入。
 新井素子さんの「チグリスとユーフラテス」です。

 昔、小学生の頃にコバルト文庫の「星へ行く船」シリーズを読んで以来、好きな作家さんなんですよね。
 コバルト以外の作品はほとんど読んだ事が無いのですが、100円なら迷わず買いでしょう。

 という訳で読み始める……と、怖いですね。やめられない止まらない。あっという間に読み終わってしまいました。

 ジャンルはSF。
 滅びの一歩手前の惑星「ナイン」の最後の住民「ルナ」が、コールドスリープしている人々を目覚めさせ、起こされた彼らによって、惑星ナインの歴史が終わりから始まりに向けて語られていく、逆さまな年代記です。
 SFの賞も受賞している作品なので、割と有名な作品ではないでしょうか。

 出だしの、ルナの描写から驚かされ、ナインの状況に一喜一憂的に楽しまされて。
 ナインへの移住の様子が語られている辺りのシーンが、私はやっぱり好きですね。この手の描写が元々好きなんでしょう。レイディ・アカリが好みなのも大きいのかな。レイディって聞くと、星船の方のレイディがどうしても浮かんでしまいますが。

 エンディングの最後の一文が、またたまらなく良いのです。
 素敵な読後感でした。

 という訳で、SFお好きな方は是非。
 SFといっても難解な描写は無いので、ジャンルだけで敬遠している方とか、ライトノベル系統が好きだという方にもオススメしたいところです。コバルト系統の新井素子作品を読んでいるのと、全然変わらない感触で読めました。
 ……新井素子作品はやっぱりいいですね。たまにとてつもなく読みたくなっちゃうんですよね~。
 うーん、それにしても、私は新井素子が好きなくせに、どうしてまだ読んでいないという作品が多いんだろう(笑)我ながら不思議だ。
 近いうちに揃えて読みたいなー、なんて考えてます。

4087474402チグリスとユーフラテス〈上〉
新井 素子


Amazonで詳しく見る

4087474410チグリスとユーフラテス〈下〉
新井 素子


Amazonで詳しく見る

スポンサーサイト



2005/11/22 (Tue) 15:30 | | コメントする(2) | Trackback(1)
 | HOME |