上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- | スポンサー広告
 今週がちょうど全国大会だったので、またプレイしてきました。
 やはり、なんだかんだで全国大会の時にしかプレイしないという私……。
 でも今回だけはどうしても参加したかったんですよね。
 学期末。つまりQMA2最後の全国大会ではないかと、巷では言われていますので。最後の大会を逃してしまうと寂しいですからね~。
 来月再来月頃には、QMA3がデビューなんでしょうね。きっと。

 という訳で挑戦開始。
 3位になって1人抜き……の後、さくっと最下位になって挑戦終了(笑)

 流石に1人だけというのは寂しかったので、もう1回挑戦。
 今度は2人抜いたところで、やっぱり敗退。
 てゆーか敗退した時、対戦相手が1回目の時に遭遇したのと同じ人だったりしたのって、それって……とか思いつつ、3回目の挑戦。
 1回目と2回目の時に遭遇した方とマッチングしまくりつつ、4人抜いたところで終了。

 結論:どうも参加者の少ない時間帯だったらしい。
 いやぁ、だって、3百円のプレイで同じ人と3回くらい遭遇するのって、他に理由が思いつかないもの……で、相手が強いのでは……何回挑戦しても、これは記録更新できるとは思えなかったので、4人抜きの時点で終わりにしてしまいました。

 で、気分転換に全国トーナメントの方へ移動したんですが……。
 プレイヤーは他に2人だけ。残りは全てCOMでした。
 ……何をどう考えても、参加している人数の分母が小さいんでしょうなぁ。全国大会もトーナメントも過疎というのは珍しい。
 で、そのお二人のプレイヤーさんは、1回戦で敗退していってしまいましたので、結局1人で寂しくトーナメントを勝ち抜いて、最終的に2位という結果でした。
 んー……なんかこう、寂しいというか空しいというか。そんな心境ではあるんですが、決勝まで行った事は行ったので、喜んでおくべきなんでしょうねぇ、うん。

 で、久々にランクアップして、現在は大魔導士9級です。
 この様子だと、多分2の間に大魔導士を卒業する事は無さそうかなぁ。なにせ、10級になったのが7月ですからね(笑)そりゃあ、ココ最近ずっと全国大会ばかりだったので、当然といえば当然の事なのですが。
 うーん。できれば、賢者に上がりたいものですが……。

 ……と、ちょっと諦めモードになっていた所、近所(徒歩10分弱)のカラオケ屋さんにQMAが置いてあるという情報をGET。
 そろそろバージョンアップされそうだというこの時期になってから、今更ながらに設置されたらしいという話なのですよ。
 実際に見てはいないので、近々確認に行ってきますが……本当に設置されているのなら、ちょくちょく通ってみようかなーと思ったりしてます。
スポンサーサイト
2005/11/25 (Fri) 23:52 | ゲーム | コメントする(1) | Trackback(0)
4087743772 ブックオフの100円コーナーで発見して、即購入。
 新井素子さんの「チグリスとユーフラテス」です。

 昔、小学生の頃にコバルト文庫の「星へ行く船」シリーズを読んで以来、好きな作家さんなんですよね。
 コバルト以外の作品はほとんど読んだ事が無いのですが、100円なら迷わず買いでしょう。

 という訳で読み始める……と、怖いですね。やめられない止まらない。あっという間に読み終わってしまいました。

 ジャンルはSF。
 滅びの一歩手前の惑星「ナイン」の最後の住民「ルナ」が、コールドスリープしている人々を目覚めさせ、起こされた彼らによって、惑星ナインの歴史が終わりから始まりに向けて語られていく、逆さまな年代記です。
 SFの賞も受賞している作品なので、割と有名な作品ではないでしょうか。

 出だしの、ルナの描写から驚かされ、ナインの状況に一喜一憂的に楽しまされて。
 ナインへの移住の様子が語られている辺りのシーンが、私はやっぱり好きですね。この手の描写が元々好きなんでしょう。レイディ・アカリが好みなのも大きいのかな。レイディって聞くと、星船の方のレイディがどうしても浮かんでしまいますが。

 エンディングの最後の一文が、またたまらなく良いのです。
 素敵な読後感でした。

 という訳で、SFお好きな方は是非。
 SFといっても難解な描写は無いので、ジャンルだけで敬遠している方とか、ライトノベル系統が好きだという方にもオススメしたいところです。コバルト系統の新井素子作品を読んでいるのと、全然変わらない感触で読めました。
 ……新井素子作品はやっぱりいいですね。たまにとてつもなく読みたくなっちゃうんですよね~。
 うーん、それにしても、私は新井素子が好きなくせに、どうしてまだ読んでいないという作品が多いんだろう(笑)我ながら不思議だ。
 近いうちに揃えて読みたいなー、なんて考えてます。

4087474402チグリスとユーフラテス〈上〉
新井 素子


Amazonで詳しく見る

4087474410チグリスとユーフラテス〈下〉
新井 素子


Amazonで詳しく見る

2005/11/22 (Tue) 15:30 | | コメントする(2) | Trackback(1)
 先週半ば頃にリリースされた「スタンプメイトダブル」を、いつものようにがしゃがしゃっと回してGETしてきました。
 お値段は1回200円。

 今回の物は、普段の商品よりも若干大きめですね。
 スタンプつきですし、なので結構お得感。
 包装も気合が入っている気がします。紙を周囲に巻いて、ビニール袋の中に入れ、その余分な部分をぐるぐるぐるぐるっと巻いて、セロテープで止めてある……という感じです。
 しっかり包装してあるのは悪くないと思うんですが……ちょい過剰な気がしなくもないです。包装が厚いのに加えて、白い紙に覆われている為、開封しないと何のキャラなのか、カラーなのかモノクロなのか、どうにもこうにも解りにくいという……。
 今回、キャラごとに土台の色が違うので、それでキャラ自体は見分けられるんですが、いくつか開封してみないとバージョンがわからないというのがありました。

 で、そんなこんなで、今回GETしたラインナップ。

カラー
 ずっとマツ
 オンブパンダ×2

モノクロ
 ボン恋心
 わんこそば
 ずっとマツ
 おめでとウサギ

 ……という、以上7個でございます。
 パンダがダブって、サルが一つも無し。でも割とバランスは良い方でしょうか。
 個人的にメインはスタンプなので、お目当てのウサギやボンが手に入ったので、気分的にはそこそこ満足な感じです。
 出来ればやはり、カラーで欲しいというのはありますが、高望みしすぎない方が吉でしょうか(笑)
 どうやら今年はまだこの先も、ちびギャラ関連の新作が複数出るようですし……そんなこんなで、スタンプメイトダブルは一段落にして、資金は温存かなー、なんて気分になっちゃってます。 

 ……いや、まぁ、きっと、見かけたらふらふら~っと回しちゃうんでしょうけど……。
2005/11/21 (Mon) 23:22 | 雑記 | コメントする(2) | Trackback(0)
 はっぴーばーすでー私。

 という訳で、11月18日は誕生日だったりします。
 実はミッキーマウスと同じ誕生日なんですよねー。
 という訳で、いつか誕生日をディズニーランドで過ごしてみる、というのが、ささやかな夢だったりします(笑)

 さて、今年の誕生日は、18日を挟んで17~19日の三日間、誕生日のお祝いと称して、旭川旅行に行ってまいりました。
 という訳で、実はこれは当日ではなく、後日書いたものだったりします(笑)

 旭川旅行のメインは、プロジェクトXにまで登場しちゃって、もうすっかり全国的な観光地になりつつある、旭山動物園。
 それに加えて、美味しいラーメンを食べたりとかしてきました。
 ……途中で発熱してえらい目に遭いましたがね!orz

 そんなこんなで、色々と面白かったので(函館旅行記も無理やり強引に終わらせましたし)、旭川旅行記なんてものも書いてみようかなー、なんて、ひっそりと計画中です~。
2005/11/18 (Fri) 22:10 | 雑記 | コメントする(2) | Trackback(0)
 という訳で、帰宅前にベイエリアでお土産を物色です。
 既に羊羹を確保してはいましたが、その他にも美味しそうな函館土産っぽいお菓子をチョイス。
 それから、自分用に、トラピストクッキーを買ってみました。小さめの箱で500円位のものを1つ。
 実は一度も食べた事が無かったんですが、クッキーというかサブレという感じで、サクサクしていて美味しいですね。そして、思わず牛乳が欲しくなる味……。
 値段の割りに量が多めで安価な感じですし、これは行く度に1箱買ってみても良さそうだなぁ、なんて思ったり。

北海道第一歩の地 さて、ベイエリア周辺には、観光スポットがいくつもあります。
 という訳で、買い物ついでに巡ってみた場所についてなぞ。

 まずはこれ。
 一目瞭然、見ての通りの「北海道第一歩の地碑」でございます。
 由来もそのまんま。
 北海道上陸最初の地というのを記念した場所だとか。

 ちなみに、ラッキーピエロから徒歩約5分くらい。すぐ向こうに赤レンガ倉庫郡が見えるという立地です。
 ……あんまり威厳無いね(笑)
 でも、倉庫郡周辺には結構な人がいたのに、ここまで来る人はとても少ないらしくて、実にのんびり写真撮影できました。
 あんまり離れていないのに、本当に目と鼻の先という場所なのに……観光地って面白いなぁ、なんて思ったり。

日本最古のコンクリート電柱 次はこちら。
 日本最古のコンクリート電柱です。
 なんと、今現在でも現役だとか。

 こちらはラッキーピエロから、上の碑とは反対方向(海じゃなくて街側)に歩いて、5分くらいでしょうか。
 が……大体の場所は地図で確認していたのに、見回しても見つからない。「あれ、おかしいな?」なんて思い始めた頃に、ふと目の前に視線をやってみたら……ありました(笑)
 本当に本当に、ごくごく普通に使われているんですね。上のような案内板が横にあったんですが、無ければ「四角い電柱なんて珍しいなー、古いのかな?」程度で終わってしまったでしょうねー。
 だって、マンションのすぐ前、ごく普通の交差点側の歩道に立っているんですもの。地味だわ(笑)
 街並みにすっかり溶け込んじゃってます。
 電柱全体を撮った画像もあるんですが……これはどう見ても平凡な街の風景にしか見えん! という感じでした。
 意外性は函館観光の中で、一番あったかもしれません。

立待岬 その後、いよいよ函館に別れを告げて、帰宅……の、前に。
 ちょっと寄り道して「立待岬」を訪れてみました。
 岬に限らず、自然景観に弱いんですよね、私。
 
 ここは坂を上って、ぐんぐん登って……という感じの場所。石川啄木とか与謝野晶子にちなんだ碑が近くにあります。忘却しましたが、この手の詩人さんの墓もあったような気がします。
 というか、岬まで行く途中の道、もろに墓地を突っ切ってるんで、そういうのが苦手な方は安易に行かれない方が良いかもしれませんね。
 全然知らなかったので、勿論びっくりしましたよ(笑)

 で、岬からは函館周辺の景色が一望できて、とても眺めが良かったです。
 なんでもここ、天気の良い日には下北半島(青森)などを見る事もできるとか。
 この日は結構天気が良かったので、案内表示を元にして、見えるかどうか試しに挑戦です。

海 日差しが強いので画像ではわかりにくいですが、うっすらと陸地らしきものが見えましたよ。
 海の向こうって、遠いようで近いんですね。
 函館と青森の距離が、私の中ではぐんと近いもののように感じられました。

 で、綺麗な景色を楽しんだら、いよいよ函館にお別れです。
 あとは車で国道36号線を、ひたすらまっしぐら。結局函館を出たのが16時くらいになってしまった事もあって、札幌に帰って来たのは、深夜になってしまいました。
 でも、もっと居たかったと思ってしまったくらい、とても良い街でした、函館。
 また機会を作って是非是非行きたい場所です。


 そんなこんなで、長々と書いてきた函館旅行記も、これでおしまいです~。
2005/11/17 (Thu) 09:53 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
ラッキーピエロ そんなこんなで朝食のため、ラッキーピエロに入って、バーガーの注文です。
 実は、ここでは是非に食べてみたい物がありました。

 それはフトッチョバーガー。

 一個700円くらいする(詳しい金額忘却。+消費税くらいだったと思います)巨大ハンバーガーです。
 一日20個限定、というのは店に行ってから知りました(笑)

 ……観光で行くような人は、人気No1のチャイニーズチキンバーガーとかを頼むのがセオリーだと思うんですが(笑)
 一人じゃなくて相方がいるから、多分恥ずかしさはさほどでもないだろうし、どんなものなのか拝んでみたいという欲求が勝って、思い切って注文しちゃいました。

 という訳で、待つことしばし。
 10分ほどかな。

フトッチョバーガー やって来たブツがこれ。
 大きさは15~20センチ、ってところでしょうか。
 ブツにも驚きましたが、カランカランとベルを店内に響き渡らせながら、店員さんが運んで来たのにも度肝を抜かれました(笑)
 そして「このたびはフトッチョバーガーのご注文、ありがとうございます★」的なメッセージを朗々と残して、皿を置いて戻っていく、店員のおねーさん。

 ……こ、これはちと恥ずかしい。一人じゃなくて良かったよ、とか思いつつ、写真撮影してナイフとフォークを握ります。
 当然ながら、丸かぶりするような根性と勇気はありませんので、妥当にナイフで切ってフォークで食べます。
 が、これが結構難しい。なかなか思うように切れてくれない。というか「上から下までほそーくあつーく切って食べよう」とか思ったのがいけなかったんでしょうねー(笑)当然かのように、崩れ始めてしまいました。

 で、崩れかけさせつつも食べてみたお味はというと……いやぁ、美味しい。うん、この大きさでちゃんと美味しいのならば、お腹が空いている時にはアリだと思います。あの演出さえなければ。
 ……いや、若いおなごが晒し者なのは、やはし少々キツいですよ、うん。

お持ち帰り ちなみに、人気No1の超有名バーガー、チャイニーズチキンバーガーは、お持ち帰りという形で購入しました。
 もし食べられそうだったら店内で……というつもりだったんですが、予想通りにフトッチョ食べきった所で「もう1個食べるのは無理」という結論に達したので、そのまま持ち帰る事に。
 後ほど食べてみましたが、これもまた美味しい。味付けが好みだったのも大きいでしょうけど、評判なのも頷けるなぁ、なんて思ったり。

 安くてボリュームがあって美味しい、というお店なので、人気なのもわかりますねー。
 ラッキーピエロに勝てず、マクドナルドが撤退した……なんて話もありますが、本当でも不思議ではない気がします。

 ここは他にも、カレーやらデザート系やら、あれこれとメニューが豊富でしたので、次に行ってみる機会があったら、バーガーだけじゃなくて、それらも食べてみたいものです。

 という訳で、食事を済ませたらお買い物ですー。
(その9へ続く)
2005/11/16 (Wed) 09:18 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
 という訳で3日目。
 昨日あまり立ち寄れなかった、赤レンガ倉庫郡を観光しつつ、お土産を購入しよう! という事で、チェックアウトして出発です。

 が、その前に。

やきとり弁当 ホテルで食べた、これについて書かねばならないでしょう。
 夜景帰りに購入した、ハセガワストアのやきとり弁当です。

 ハセガワストアは、函館ローカルのコンビニ。
 ここで販売されているオリジナルのお弁当が「やきとり弁当」です。
 その名の通り、焼き鳥をご飯の上に乗せただけ、というお弁当なのですが、これが美味しいと評判なんですよね。
 で、ただのコンビニ弁当のはずなのに、道内外からの観光客がぞろぞろ来ては買うという品なのです。

 という訳で、ハセガワストアに一度行ってみて、これを食べたいなぁ、なんて思っていまして(笑)
 夕方にハセガワストアを見かけたのを良い事に、夜景見物後に立ち寄って購入して来たのでした。
 ちなみに、そのハセガワストア。店内に飲食ブースがあって、ちょっと衝撃でした。コンビニの中でお弁当を食べたりするのって、結構珍しい気がしましたので。他にもメニューには色々とあった気がするんですが、詳しくは忘却の彼方(汗)

 そんなこんなで、電子レンジで温めてから食事開始です。
 ちなみに購入したのは「小」サイズの「タレ」味。
 味はタレの他に、塩と塩だれという三種類があるんですが、タレ系の方が味が染み込んで良いだろうという事から、オーソドックスに普通のタレを選んでみました。
 で、その他に美味しそうに見えた「牛手巻き」という串を購入したので、それも一緒に乗せちゃって、付属の紅しょうがを載せて完了です。

やきとり弁当+牛手巻 ちなみに、出来上がり(?)は、こんな感じです。
 本当に、ご飯の上に串乗っけただけ。工夫というと……海苔乗せてあるくらい?(笑)
 あ、やきとり弁当といっても、鳥ではなく豚串ですです。豚串を「やきとり」と呼ぶ文化があって、このやきとり弁当は、そこから来ているものですので。

 で、そんなこんなで食べてみる。
 うん、普通の豚串で美味しい、という感じですね。
 少々焦げているのがあんまり好みじゃないけど、でもまぁ良いのではないでしょうか。
 ご飯の方もタレが染み込んでいるし、合う味だなぁという印象。串が多くてご飯が少な目という気がしましたけど……これは2串追加しているので、当然でしょうねぇ。普通に食べる分には、それなりのバランスかと。
 割とすぐに食べきってしまったので、もう少し大きいサイズにしてみても良かったかも、なんて思ったり。

 そんなこんなで、ホテルを出て、まず目指したのは……。

ハセガワストア

 昨日訪れたハセガワストア、のお隣。

ラッキーピエロ

 ラッキーピエロです。

 ラッキーピエロは、ハセガワストアと並ぶ、函館ローカル店舗。
 ハンバーガーショップです。
 ここもまた有名で、函館に行くなら一度食べに行ってみたいと思っていた訳なんですよ。
 朝からバーガーはどうかなぁ、とも思ったのですが、このタイミングで食べないと、もう食べる機会がなくなってしまいますので、いそいそと入店です。
 それにしても、この二店が左右に並んでいるとは、函館のベイエリアは面白いなぁと思ってしまったり。

 そしてまた続く。
2005/11/16 (Wed) 08:30 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
 函館の夜景を眺めて、やりたい観光は概ね全部済ませた訳なのですが、実はまだ、やり遂げられていない事がありました。
 それは。
「活イカを食べること」でした。
 あれですよ、イカは朝食べてはいますが、それだけじゃ満足できなかったのですね。
 函館まで来たのだから、活きのいい、生簀で泳いでいるようなイカを捌いてもらって食べたいな、というのがあった訳なのです。
 函館について調べている時に、とにかく捌きたてのイカを食べるのが楽しそう(美味しそう)だったので、是非に! と。

 という訳で。

居酒屋ココ

 そういうイカを食べることが出来る、居酒屋に行ってみる事に。
 本当は他に目をつけていたお店(ホテルの近くの居酒屋)があったのですが、なんとこの日(月曜日)は定休日でお休み。少し足を伸ばして、その次に目をつけていた居酒屋「ココ」さんへ。
 ちなみに行ったのは、函館駅の近くにある大門店です。

 この時、既に時刻は22時過ぎ。もしかして売り切れたりしていてアウトかも、と少々危惧していた訳ですが……中に入ると。
 途端に目に入る生簀と、その中で泳いでいるイカ
 という訳で、全然フツーにセーフでございました。
 上の画像でも少し見えていますが、店に入ると大きな生簀がたくさんあって、その中を色々な魚が泳いでいました。こういうお店って初めて見ましたので「うわー、すごいなー!」と、個人的にもちょっと感動物だったり(笑)

活イカ で、こちらが注文した活イカ1300円。
 イカソーメンとイカ刺しが選べたんですが、イカソーメンは朝ので大満足だったので、イカ刺しを選択です。
 でね。
 このイカ刺し。
 足がうねうねと動いているんですよ。
 ……活イカを食べたい、と思った動機が、新鮮でまだ動いている状態のイカを食べたい! というものだったので、出て来たイカを見て、もう既に感動状態です(笑)
 早々に足の部分を口へ。
 動いてる動いてる、舌に張り付く吸い付く吸盤が痛い~(笑)
 うねうねと動くわ、舌に吸盤が吸い付いてくるわで、食べながらの感触が楽しい楽しい(笑)
 噛んでも動き続けてるんですから、イカってすごいですねー。
 味の方も、コリコリしていて美味しかったですよ。もう、とにかく食べたいと思っていた活イカだったので、実際に食べてみての感触に思いっきり感動しつつ、しみじみじっくりと味わせて頂きました。
 どうせイカを食べるならば、絶対に活イカの方が良いなぁと実感しました。はい。

 という訳で、イカを食べてホテルに戻ったのが23時過ぎ。
 もうすっかりくたくたになってはいましたが、めいっぱい函館を楽しんで、とても充実した一日でした。

(その7へと続く)
2005/11/15 (Tue) 20:49 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
 という訳で、坂を上って函館山ロープウェイ乗り場へ。
 大体、徒歩10分~15分位でしょうか。
 途中タクシーの運ちゃんに「乗って行きなよー」「上まで大変だよ~」と、何度も何度も声を掛けられたのが、少し鬱陶しかったですが(苦笑)
 確かに上り坂は厳しいんですが、徒歩が厳しい距離でもないのに。でも、タクシー的には狙い目なんでしょうねー、函館山を見に行く観光客って。

 まぁ、そんなこんなで、ロープウェイ乗り場到着。
 観光バスなどでそこそこ混雑している中、チケットを購入して、早速ロープウェイの中へ。
 列の先頭にいましたので、それなりに景色の見える位置を取って、ぐんぐんロープウェイが登っていく中、街並みを眺めてみたり。
 いやぁ、これだけでも十分に綺麗な景色でしたよ。
 否が応でも期待が高まりますし、山頂までロープウェイってのは良い物ですね。

 でもって。

函館山 山頂到着です。
 ちょっと見えにくいですが、まずは函館山と書かれた碑の前で一枚パチリ。
 この位置からも夜景は見えるのですが、もっと綺麗に見えるであろう、展望台の方へといそいそと移動。
 ちなみに、ちょうど観光客がやって来る時間帯だったのか、周囲は大混雑。団体客の記念撮影が次々と入れ替わり立ち代り行われているわ、先生らしき人達が「急げー、早くしろ~!」と生徒に呼びかけている声が響き渡っているわ、おばちゃん達が大騒ぎしているわ……で、ものすごーく賑やかでした。
 ので、あんまり落ち着いて景色を楽しむ、という雰囲気では無かった事は少々残念。
 まぁ、こればっかりは観光地なので、仕方ないんですけどね。
 可能ならば、遅い時間になってから、自家用車で山頂まで登るのが良いのかも、とちょっぴり思いました。
(22時までは規制が掛かっていて、自家用車では山頂まで行けません)

 話は戻りまして。
 そんな状況だったので、展望台も混雑していたのですが、少し待って良い位置を確保。
 いやぁ、綺麗ですね~。
 かなり風が強かった事もあって、結構寒かったので、長時間外にいるのは少々辛かったのですが、でも景色が綺麗なので、ずっと見ていたいなーという気分になるなる。

函館山夜景 で、携帯を構えて何枚か写真を撮った訳ですが、今になって見返してると「やはり実物には勝てないなぁ」という感じ。鮮やかな夜景は、本当に本当に、この何倍も綺麗でした。
 世界三大夜景、なんて言うだけあるなぁと思ってしまいました。
 ……まぁ、撮影については、私の腕が大した事無いのと、風が強かったので結構ブレてしまい、ちとボケた物になってしまったというのも大きいでしょうが(笑)

 で、ひとしきり眺めているうちに、指がかじかんで結構大変な事になって来てしまったので、まだまだ見ていたいという気持ちはあったものの、建物の中へ。
 土産物を中心としたショップがあったので、そこでお土産をチェックして、函館山限定仕様の五勝手屋羊羹を購入してみたり。
 五勝手屋羊羹って有名なんですが、実は食べたこと無かったんですよね……という訳で、家族用+自分用という意味で、5本入りの箱を1つ買ってみる事にしてみたり。帰宅してから食べてみましたが、とても美味しかったです。家族からも好評。良い土産だったなぁなんて思ってみたり。

 この館内にはミニシアターもあって、ちょうど函館について扱った作品が上映されていました。10分くらいで100円。
 少し休憩も兼ねて、ちょっと見てみようかなーと中に入ってみたのですが、皆さん目当ては夜景だけだからか、中はガラガラ。他に年配のご夫婦が1組いただけで、静かな中でのんびりと鑑賞。
 しましたら。
 最後にね、ちょっと嬉しい演出があったんですよ。
 函館の景色が映って幕、という感じで、スクリーンが上に上がって、その後ろにあった幕が左右に開いたと思ったら……その後ろがガラス張りになっていて、外で見て来た夜景が綺麗に広がっていた訳です。
 これは上手いなーと感心。
 感心しながら、暖かい場所で喧騒や人混みとは無縁に夜景が見れました。次の上映時間までの関係もあるので、2、3分位ではありましたけどね。
 上映された作品自体も、函館の歴史がわかりやすく見れる面白いものでしたし、これは有料でも見てみてよかったなぁ……というか、100円でこれなら十分すぎます。出した金額の三倍くらいは楽しませていただきました。これ、いつも上映されているのかは解らないのですが、行かれる方は見てみては如何でしょうか。

 そんなこんなで、山頂には1時間ほど滞在して、21時過ぎにロープウェイで下山。
 この頃には結構混雑も一段落していたので、やはり少し遅めの時間を狙った方が、のんびり出来るのかもしれませんね。交通機関の関係もあるので、なかなかそうもいかないかもしれませんけど。

 という訳で、ロープウェイ乗り場へと戻り、周辺の教会(ライトアップされている)を見て回りながら、坂道をゆるゆると下って戻って行くのでした。
 本当は、教会はもっとじっくりと見学してみたかったのですが、残念ながら時間が足りませんでしたね。次に函館に行くなら、この辺りの散策をメインにしてみたいものです。
 ちなみに、ライトアップされた教会はどれも綺麗でした。周辺も、(函館山での喧騒の直後だからか)とてもとても静かで、落ち着いて見物する事が出来ました。ので、ライトアップされた教会を見るのには、結構この時間帯が良さそうだなぁと感じたり。
 ……人気が少ないので、ウロウロするには少々心細い感じで、ちょっと不安ではありましたけどね。

 という訳で、観光の様子はまだまだ次に続きます~。
2005/11/14 (Mon) 21:16 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
 さて、次はいよいよ函館山の夜景を見に……行く前に、少し早いけれど、晩御飯にする事に。
 朝市でお腹一杯ご飯を食べたからか、昼食が入らなかったので、夜景を見てから夕食だと、多分途中でお腹が空いて来るだろうと思ったので、先に食べておいた方が安心かなぁと思ったのですね。

 という訳で、予め目をつけていたラーメン屋さんに行ってみる事に。
 函館駅から程近い「星龍軒」さんというお店です。
 昔ながらのラーメン屋さん(中華料理店)という雰囲気の店内に入って、やはりここは……と、注文したのは塩ラーメン。

星龍軒塩 という訳で、こちらが注文した塩ラーメン。
 あっさりした見た目の通り、味の方もあっさりとした感じで、これがまた美味しい。
 するするするっと、お腹の中に入っていく入っていく(笑)
 あっという間に完食してしまいました。

 いやぁ……我ながら、いいお店に目をつけていたものだなぁとか思ったり(笑)
 ちなみに塩ラーメンは480円でした。

 700円くらいが相場の札幌のラーメンに比べて、函館のラーメンは全体的に安いお店が多いようですよね。
 安くて、そして美味しい……というラーメン屋さんが多いのは、とっても羨ましい話です。
 

星龍軒ワンタン ちなみにこちらは、相方が注文した、ワンタンメン塩味。
 ワンタンを味見させて貰ったのですが、これがまた美味しかったです。
 塩味のラーメンにはワンタンが合いますね~。

 こちらのお値段は、確か100円アップで580円……だったはず。

 で、美味しく頂き終わった後は、最寄の市電の駅までてくてくと歩いて、夜景……を見に行くには、まだ少し明るいから早そうかな、という訳で、途中の港沿いにある、赤レンガ倉庫郡をぶらっと一回りしてから、ロープウェイ乗り場へ向かうことに。
 ライトアップの仕方が上手なのか、結構いい雰囲気になっているような気がしました。お店もなかなか面白くて、石の専門店やクリスマス専門店では思わず見入ってしまいました。
 いやぁ、わざわざ函館まで来て、そんなお店見なくても……と、後から思い返すと思いますが(笑)
 あとはやはり、土産物屋の系統が多かったですね。荷物が増えちゃうと大変なので、お土産の購入は後回し。

 端まで歩いてみたら、ハセガワストアとラッキーピエロ、という、函館の二大有名店(だと私は思う)が並んでいるのを見つけたので、夜景を見た後、買い物して変えることにしようかなー、なんて思いつつ、いよいよ夜景を眺めに、ロープウェイ乗り場を目指します。

 という訳で、その5に続く~。

2005/11/09 (Wed) 20:09 | 旅行 | コメントする(1) | Trackback(0)
 間が空きに空きまくってしまいましたが、函館旅行記の続きです。
 ちなみに、その1はここ、その2はここにあります。

 さて、朝ご飯を食べたら観光開始です。
 まずは朝市から徒歩1分くらいだと思われる函館駅に向かい、そこの観光案内所へ。
 ここで市電の一日乗車券を購入するのが目的です。
 函館市電の一日乗車券は、券というかミニブックのようになっていて、表紙に使用日が記入される形式。
 中には観光案内や地図、メモスペースとかがあって便利です。乗車券と提携しているショップでの割引があるという告知まで載っていて、結構お得感がありました。

 で、函館駅前から市電に乗って、目指すは五稜郭公園です。
 しばらく揺られていると、すぐに最寄り駅に到着。
 あっと言う間ですね。

タワー建設中 で、てくてく歩いて10分ほど。
 五稜郭タワーが見えてきました。

 ……見事に建設中です(笑)

 実は、五稜郭タワーは、06年春に向けて立替中らしいのですね。
 手前に写っている大きい奴は、その建設中の新五稜郭タワーなのです。
 でっかい。

 それに比べてちと小さな、左の方に見えている奴が、現五稜郭タワーなのですね。
 大きい方に登りたかったよ、とつい思ってしまったのは内緒です(笑)
 でもまぁ、古いのに登れるうちに、来れて良かったなぁ……と思う気持ちも、あったりはするんですけどね。
 ちなみに、この写真を撮った左側に、初日に行った「あじさい」(この日は休業日)があったりします。

五稜郭公園 で、一日乗車券による割引を受けつつ料金を払って、ガイドさんの案内を聞きつつ、エレベーターでタワーの上へ。
 右は、上から撮影してみた五稜郭公園です。
 いやぁ……思っていたよりも、かなり大きい場所でした。
 ちょっと散策してみようと考えていたんですが、この広さでは見て歩くのは大変そうだという事で、タワーから眺めたあとは、公園の入口付近を見てみるだけに留めて、次の観光に移るという結論に達しちゃいました。
 多分、全体を見て回っていたら、ここの観光だけで、力を使い果たしていたと思うので……。

五稜郭跡 んで、タワーから降りて、公園の入口まで行って、撮影してみたのがこの一枚。
 右の看板の方には、五稜郭公園について詳しく書かれていたので、読んでみるだけでも面白かったですよ。
 他にもタワーの1階に展示室があったりして、五稜郭公園にはこういう歴史があるのね~、なんて勉強になったり。

 そんな訳で、またもう一度来てみたい場所だなぁ……と思いつつ、五稜郭公園をあとにして、来た道を引き返して市電の駅へ。
 せっかく一日乗車券だし、函館の町を眺めてみよう! という事で、市電の端の駅まで行っている事に。
 という訳で湯の川を目指し、引き返して反対側の終電まで市電に揺られてみました。
 そろそろ足が少し疲れていたので、休息も兼ねて。

市電 途中、市電の倉庫があったのですが、その前に記念碑があったのを見つけたので、途中下車して一枚ぱちり。
 残念ながらこの日は運行されていなかった、クラシックな車両「ハイカラ号」も、車庫の中にいる姿をちらっと見ることが出来ました。
 次に函館に行く事があったら、今度は是非にハイカラ号に乗ってみたいものです。

 で、そうこうしながら五稜郭付近を通り過ぎ、函館駅前まで戻り、反対側の終点まで行って……という移動を繰り返し、乗り換えつつ、次の目的地は「函館連絡線記念館・摩周丸」です。
 函館駅から徒歩で行くような距離なので、スタート地点である函館駅前に戻って、そこからてくてく歩きます。
 函館朝市の隣、くらいの位置で、朝の時点で場所を把握してあったので、迷ったりする事もなく、すぐに到着です。

摩周丸 という訳で、摩周丸の後部にてぱちり。
 ここは青函連絡船として使用されていた「摩周丸」を海に係留したまま、内部を改装して、博物館として利用している場所です。
 函館に行くなら見てみたいと思っていたので、チケットを購入。
 館内に入る、というよりも、乗船するという雰囲気で、中へ。

 中には、青函連絡船の歴史についての資料や映像がたくさん。模型も飾ってありましたし、当時使われていた備品、乗組員の制服の展示もありました。
 船長服を着て写真撮影できるコーナーなどもあったのですが、船長が羽織るのに使われたというコートが非常に重たくて、写真撮影するにしても、着るのに一苦労という感じ(笑)
 流石に船なだけあって、見学している最中にも足元がぐらぐら揺れていたんですが、これもまた面白いなぁとか思ってしまったり。でも、船酔いに弱い人には、あんまり向かない施設かもしれない。結構揺れていたからね。

 結局、1時間ほど見て回って、周囲が暗くなり始めた頃に下船。館内にいたおじさんに「そろそろ汽笛が鳴るから聞いて行くといいよ」と教わったので、隣にある公園で5分ほど待機して、鳴り響く摩周丸の汽笛を聞いてから、船の側を離れる事に。

 ……というところで、その4に続く。
2005/11/09 (Wed) 19:08 | 旅行 | コメントする(0) | Trackback(0)
 ちびギャラリー関連の記事が結構多い事に気付いたので、新しくカテゴリーを増やしてみました。
 こうして見てみると、アヴァロンの鍵よりも、いつの間にか関連記事が多かったんですね……そりゃあまぁ、新しいグッズが出るたびに集めたりとかしているから、当然といえば当然かなぁ。

 そんな訳で、カテゴリを用意しましたし、またあれやこれやちびギャラ関連の記事を書いていきたいと思います。
 今後とも、どうぞよしなに~。
2005/11/06 (Sun) 02:29 | 雑記 | コメントする(2) | Trackback(0)
 という訳で、本日到着です。祝日が間に挟まってしまったからか、ちょっと到着が遅かったですね。

 リアクションは、A043700「封印されし記憶の守護者」。前回から引き続いて、記憶宮殿にてドラクルとあれこれ(主にバトル)、という内容でした。
 結果は、ホリィ陣営がロジック達を抑えつつ、ドラクルに勝利。
 でもってドラクルから記憶を得つつも、肝心な情報は結局始祖じゃないとわからん、ということで、眠っている始祖を起こしにその居場所、富士山を目指す形に。
 まぁ、ホリィサイドにいるPLとしては、結構いい状況なのですが……どうにも前回からの流れ(戦闘開始→一時撤退で次ターンに持ち越し→苦戦したけど君たちの勝利だよ♪→迷子もドラクルんのお陰で見つかったし、良かった良かった。次もまた頑張ろう☆)が、ちと予定調和臭がしていて、微妙な気分になってしまっていたり……。
 や、予定調和でも全然構わないのですが、あんまりそういう気分にならない書き方というか、展開のさせ方というか、そういうの無いのかなぁ……と思ってしまったのですよ。ちょっぴりね。

 で、それはさておき。
 BPは、1550でした。前回から+240ですね。どうやら今月、ドレーガゲームでは+0、夜会のミニゲームでは+40になっているらしいので、差し引いて、シナリオ単体での上昇は200かな?
 ……おお、今までで郡を抜けてBPが増加しているような気がする。珍しいですね。何がこんなに影響したんでしょうか。
 私のアクションは、概ねドラクルとの会話だった訳なのですが……リアクションで採用されていたのは、ロジックの悪口だったぞ(笑)それを聞いたホリィによる評価、とかだったら面白いのですが(笑)

 あ、という訳で、鈴音の今回の行動は、ロジックとの会話。アクションの一部がそのまま採用された格好でした。
 といっても、行動(ドラクルとロジックの共闘を止めさせる)自体はあんま成功していませんが、BPだけじゃなくて描写された範囲も今までで一番長かった感じなので、まぁ良いのではないのでしょうか……とか思ってはいたり。
 だって……あんなに出す前から溜息をついていたアクションだったのにねぇ……結果が来たら、描写度合いもBP上昇具合も、今までで一番って……(苦笑)

 次回どうするかはまるっきり未定です。ロジックが追いかけてくるらしいので、たまに防御に回ってみるのも面白いかなと思わないでもないですが、そういうのには向かないキャラなので、探索しているかテキトーに攻撃しているのかの、どちらかでしょう。多分。

 今回、たまにこの機能を使ってみようという事で、ちょっぴりだけオマケあり。
>>続きを読む
2005/11/04 (Fri) 23:58 | 雑記 | コメントする(0) | Trackback(0)
 しばらく不定期にじゃんじゃか買っていたら、自分でも、何をどれだけ持っているのか把握できなくなってきたので、リストを作ってみる事にしました。

●カラー
「ギュウギュウ詰め」×3
「強くなるトラ」
「ハムスター走る」
「涙サル」
「警戒すずめ」
 以上計7個

●モノクロ
「涙サル」×2
「強くなるトラ」×2
「どんまいオムライス」
「挑戦ボン」
「ハムスター走る」
「待ちウサギ」
 以上計8個


 ぜ、全部で15個も買ってたのね。うわぁ、気が付いたら、かなりの数を買ってるなぁ。確かこれ、1BOX12個入りだから、それを1つ丸ごと買っちゃったようなものだものね。
 でも、まぁ、これだけ買っても3750円なので……アヴァロンの鍵とかと比較すると安いし、まぁ良いかとか思っちゃってる自分がいる……うう、なんか堕落している気がするぞ(笑)

 リストにして思ったのは、まず、なんといっても「ギュウギュウ詰め、3つも持ってたのか!」ですね(笑)
 複数持っているのはちゃんと把握していたんですが……ふ、2つだと思ってたよう(汗)3つもあったのか。
 あと、意外とカラー揃ってますね。モノクロばかり出ている印象だったのですが……これは最近買った3個(ちなみに別々に買った)がどれもカラーだったりしたのの影響……かも。
 モノクロの方は、まぁこんなものでしょうか……でも、てっきりコンプしているかと思いきや、まだ持っていない物があったりとかして、ちょっぴり意外。

 という訳で、このリストの穴を埋めるべく、またちょくちょくと買い足すのですよ、はい。

 ……ここで一緒にトレード募集とかしてみたら、誰か応じてくれる人がいないかなーと、ふと思ったりしたので、せっかくなのでついでに書いてみる。
 考えてみても良いよん、という方がいらっしゃったらご一報下さい。

※こちらが欲しいもの
「待ちウサギ(カラー)」「挑戦ボン(カラー)」

※こちらが提供できるもの
 上のリスト参照。
 基本はダブっている「ギュウギュウ詰め(カラー)」でお願いしたい訳ですが、手持ちのどのフィギュアよりも上2つが欲しいので、それ以外の希望でも応相談。複数希望でも考えまする。
2005/11/03 (Thu) 10:49 | 雑記 | コメントする(8) | Trackback(1)
 ……という気分。今まさに。

 という訳で、今日で忙しかった時期が終了しました。いやあ、最終的に話が決まらないまま、流れで半月お仕事する事になってどうなる事やらと思いましたが、無事に終わってよかったよかった。
 比較的良い形で進行し、終わったので気分も軽いです(笑)

 blogを書いていない間も、ネタ自体はそれなりにあったのですが、さっぱり更新できず……でも、明日以降は前のよーに更新する予定。多分ね。
 あと、あちこちのサイトにも顔を出しまふ。

 とりあえず、書いていない間の目ぼしい出来事は……

 ちびギャラリープラスいち、日々の帰宅時にちまちまと購入。購入を重ねるうちにすっかり部屋には箱の山が。
 ……でもやっぱりウサギがなかなか出てくれません。しかし、こんなに沢山買ってどうするよ私。しまいにはカラーなのにダブったやつまであるぞ(でもウサギのカラーが欲しいからと買い続けるダメ人間な私)。

 アルスラーン戦記の期間を読み返すために、BOOKOFFに。どっさりと一冊100円コーナーで買い込みました。
 一緒に新井素子も何冊か入手したので読むのが楽しみ。
 どうでもいいですが、規模の大きいBOOKOFFの恐ろしさを思い知りました。……一度いったら、読んでみたい本が山ほどあって、店の中から出て来れなくなる(大汗)

 招待して貰ったのでmixiをはじめる。
 コミュニティサイトとしては、閉鎖的なのが気になっていた訳ですが、それがある意味で良い方向にいっているコミュニティだなと思ったり。あと、イメージよりもかなり規模が大きくてビックリ。あんまり閉鎖的な印象を受けないのは、多分そのせいでしょうね。

 アヴァロンの鍵「円卓の召喚符」は到着している訳です。まだ追加リフィルをバインダーにセットしただけで、他はさーっぱり全く何も手に付けていない訳ですが。
 そうしたら今度は、フィギュアが出ると聞く訳ですよ。しかもその中に、ランダムでEXカードが封入されるらしい。
 …………か、買えって事ですか、これは? ものの見事に萌え系女の子のフィギュアしかない、1個630円(うろおぼえ)のフィギュアを。
 12個入り1BOX、という構成で、BOX買いすると、EXカードは確実に入手できるらしいけど……12個もフィギュアいらないよ。でも、バラで買って12個以内にEX入手する自信もないよ。…………や、やっぱ、買うしか? でもな、勿体無いよ。あーうー。
 ……決めがたいので、発売は来年2月らしいし、しばらく悩み続けている予定。

 やたら外食しまくり。半月で10回以上外食しているってどうなんだろう。
 ただ、体に悪いものを食べた記憶もあるけど、概ね美味しい物を食べるという意味での外食なので、アリといえばアリかな。
 外食のうちいくつかは、写真撮影してあるので、そのうちblogに載せるかも。確かラマイ(スープカレー)とHOKKAIDOミルク村(アイスクリームバー、かな)は撮ったはず。

 サモンナイトクラフトソード物語~はじまりの石~を予約する。
 ……積みゲがまだまだ山のようにあるのに、それでもゲームを予約してしまうダメな私。とりあえず、発売までに2本以上消化すれば勝ちだと勝手に決めて、積みゲ消化に取り掛かる予定。
 とりあえず選んだのは「幻想水滸伝4」。1年ぶりのプレイなのでストーリー忘れかけてて少し焦りましたが、おぼろげに思い出したのでコンティニューでプレイ続行。


 ……みたいな感じ?
 という訳で、しばらくはのんびりゆったり過ごしつつ、積みゲを消化する一方で、読書の秋にでも勤しんでみようかと思っています。
 最近は本を読んでいなかったので、本を読んで、あとは久々に創作なぞしたいなぁという気分だったり。まぁ、まだ何を書くかは決めてない段階ですけどね。
2005/11/01 (Tue) 23:46 | 雑記 | コメントする(2) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。